From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>るうこさん うひ..
by alexsea at 06:32
>亜紀ちゃん お子..
by alexsea at 06:30
お久しぶりです♪ポルトガ..
by るうこ at 21:30
今回の旅行記も楽しく読ま..
by 亜紀 at 18:22
Alexさん、お久しぶり..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 21:23
以前の記事
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


イタリア2009: サン・ジミニャーノ / ヴォルテッラ (Day 10)
 願いが叶ったのか、本日は快晴! ホテルで朝食を済ませた後、世界遺産の町サン・ジミニャーノ(San Gimignano)へと約50分の車の旅に出発する。

 サン・ジミニャーノは「塔の町」として知られていて、昔は60くらい町の中に塔が立っていたらしいんだけど、今では14の中世時代からの塔が立っている。城壁の外の駐車場に車を止め、大きな門をくぐり抜けて町の中に入る。町の中心はチステルナ広場で、ここからはニョキニョキとそびえる塔がいくつも見える。チステルナとは「貯水池」の意味で、13世紀に掘られた井戸からこの広場の名前がつけられたらしい。

d0113429_14515472.jpg
「塔の町」サン・ジミニャーノ

d0113429_145287.jpg
チステルナ広場の井戸

 メインの通りはなだらかな坂になっていて、その通りを北の端にあるサンタゴスティーノ教会まで歩いていく。まだ朝10時頃だったので、そんなに観光客もいなくて気持ちいい。サンタゴスティーノ教会の中はとても静かで落ち着いた雰囲気だったけど、写真・ビデオ撮影が禁止されていたのが残念。この教会のすぐ隣にある回廊が、花がたくさん咲いててとても気持ちのいい場所だった。

 メインの通りを戻り、今度はドゥオーモへ。ドゥオーモ自体もう見飽きた感があるけど(笑)、ここのは左側に旧約聖書、右側に新約聖書を描いてあるのが特徴。この絵で人々にキリスト教というものを教育してたんだよね。ドゥオーモの脇の階段では、イタリア人らしきカップルが結婚式の服装で写真撮影をしてた。

 サン・ジミニャーノで一番印象に残っているのは、ロッカと呼ばれる城砦跡。オリーブの木がたくさんある公園を抜けて城砦に上ると、サン・ジミニャーノの町の景色と郊外の景色が楽しめる。ここからの眺めは最高だった。あー、本当に晴れてよかった!

d0113429_14531119.jpg
ロッカの上から町を見る

 町を後にする前にチステルナ広場のカフェに入って、サン・ジミニャーノで有名なワイン、ヴェルナッチャ・ディ・サン・ジミニャーノ(Vernaccia di San Gimignano)を飲むことにする。これはなんと、初めて1966年にD.O.C.( 原産地統制呼称)に登録されたワインらしい。そしてその後、白ワインとしては2番目に1993年に上のクラスのD.O.C.G.に昇格。飲んでみると、とてもフルーティーで軽く、どことなくピノ・グリージオに似た雰囲気を持ったワインみたいだな。カフェでこのワインを飲みながら、チステルナ広場を行き交う人々を眺めるってのは、とても贅沢な時間だと思った。

d0113429_14533882.jpg
ヴェルナッチャは軽くてなかなかだった

 ちなみにD.O.C./D.O.C.G.はフランスのAOCと同様に、法律で定められた地域や製法を守っている製品のことで、政府がその品質を保証しているようなもの。D.O.C.G.はD.O.C.よりも上で、イタリアワインの最上位に位置づけられる分類のこと。こういうものがついていなくても美味しいワインは山ほどあるけど、一応このマークがついていれば少しは安心できると、こういうことでしょうか。

 さてさて、また車を走らせて、ヴォルテッラ(Volterra)の町まで約30分の旅。サン・ジミニャーノとヴォルテッラの間にはブドウ畑がずーっと続いている場所があって、青空の下それがものすごくキレイだった。ワインのせいか、ヴォルテッラに着く頃には膀胱が破裂寸前で大変だったけど(笑)。

 町の中ではまずランチを食べることにする。調べておいたレストランLa Vecchia Liraに行ったんだけど、…なんか閉まってる?? よく見るとドアのところに張り紙がしてあって、政府によってクローズされたみたいなことが書いてあるらしい。えーん、なんだよそれ。仕方がないので、ガイドブックに載っていた「ヴォルテッラ一のピザが食べられる」とされる、Pizzeria Ombra della Seraに入ってピザを食べる。12時過ぎだったのに、客が僕らだけしかいなくて本当に大丈夫なのか?!って感じだったけど、ピザは確かにすごく美味しかった。美味しいピザって、上に載ってる具も大切なんだけど、ピザ生地の味が違うんだよね。小さいのを頼んだんだけど直径30cmはあって、もちろん食べきれずに残してしまったのが残念。そういえば今回イタリアに来てから、ピザは初めてだった。

d0113429_14541866.jpg
今回イタリアでは初めてのピザ!

 ヴォルテッラの町にはエトルリア博物館があるんだけど、この季節は午後1:45で閉まってしまうのでダメ。ゆっくり歩きながら町並みを見ること以外あまりすることがない。それでも特産品のアラバスターの店を見てまわったり、結構楽しかったかも。ヴォルテッラはトスカーナ地方ではかなり人気が高い町らしい。確かにいい町ではあるんだけど、僕の心にはあまり響いてこなかった。今まで色々な丘上都市を見てまわっていたせいで感覚が麻痺してるのかな? 何泊かすると良さが見えてくるのかもしれないな。

d0113429_14545648.jpg
ヴォルテッラの門には侵食された彫刻が

d0113429_14563930.jpg
ローマ劇場の遺跡

 町の北にあるローマ劇場の遺跡なんかを上から眺めた後(冬は週末しかオープンしないらしい)、シエナへの帰路につく。ホテルの裏庭から見えたトスカーナの夕暮れの景色は最高だった。

d0113429_145715.jpg
こういう夕暮れの景色はいつまでも心に残る

 ホテルで昼寝した後は、シエナ最後の夜のディナーに出かける。レストランRistorante Guidoriccioはガイドブックでもインターネットでも人気の高かった場所なので、最初の晩ホテルに着いたときに予約してもらっておいた。ここはカンポ広場からすぐの場所。店のおじさんがすごくにこやかに対応してくれた。

 まず最初にシェフからのプレゼントで、トマトのみじん切りにオリーブオイルを加えたようなものを運んできてくれた。ちょっと甘くてオリーブオイルの香りが鼻に抜けて、とてもいい感じ。すごくいいアペタイザーだった。

d0113429_14575157.jpg
すっきりとした一皿

 パスタコースは、僕は野菜とマッシュルームのリゾットを注文。これは僕のストライクゾーンど真ん中といった感じの料理で、全てがちょうど良い味加減。わき目も振らずに食べきってしまった。

d0113429_14581193.jpg
マッシュルームのリゾット

 メインコースには牛肉の薄切りにハーブのソースをかけたもの。これはコッテリ感が多かった今までのイタリア料理に比べて、独特の味わいだったな。すっきりしていて、ハーブの香りがよくて、それがレアぎみの牛肉にとてもよく合って。…今これを書いてて気づいたんだけど、これって確かどこかの料理本を読みながらずっと前に作ったことがあるかも! その時も、すごくシンプルなんだけど美味しいなって思った覚えがある。

d0113429_14582612.jpg
牛肉の薄切り、ハーブソース

 美味しい料理を食べた後は、シエナも今夜で最後だということで、町の反対側にあるEnoteca Italianaという場所に食後酒を飲みに行く。ここにはレストランもあって、その晩はある団体に貸しきられてたみたいだけど、ワインバーはちゃんと開いていたのでよかった。レンガで洞窟のようなアーチが作られていて、とてもモダンな感じの場所。ここでパーティーをやったら楽しいだろうな。僕は甘いスパークリングワインのモスカト・ダスティを注文。すっきりとした味わいで美味! 一日を締めくくるのにピッタリの味だった。

d0113429_14585153.jpg
Enoteca Italianaはとてもオシャレな感じ

[PR]
by alexsea | 2009-11-03 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/10755588
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< イタリア2009: コルトーナ... イタリア2009: シエナ /... >>