From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>るうこさん お久..
by alexsea at 14:08
お久しぶりです♪日食です..
by るうこ at 12:53
>FIELDSATAN ..
by alexsea at 00:35
おお、シアトルでも見られ..
by FIELDSATAN at 22:49
>amyさん お久..
by alexsea at 12:27
以前の記事
2017年 10月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


イタリア2009: コルトーナ (Day 11)
 いよいよシエナを離れ、映画『トスカーナの休日(Under The Tuscan Sun)』で有名なコルトーナ(Cortona)に向かう。まっすぐに行くと高速道路に乗るから面白くないので、途中AscianoとSan Giovanni d'Assoという町を経由することにする。このルートは「ラウレンティーナ道路」と呼ばれていて、シエナに来るときにも一部通ったけど、景観の素晴らしい道として知られている。今日はあいにくの曇り空。それでもトスカーナの雄大さは十分に楽しめたけどね。

 シエナを出てから約1時間半ちょっとでコルトーナ到着。今日泊まるホテルのRugapiana Vacanze B&Bに行ってみると、チェックインは午後からだからまた後で来てくれと言われる。荷物とかはまだ車に載せてあったんでラッキーだった。ポツポツと降ってきた雨の中、コルトーナの散策に出かけることにする。

d0113429_1521474.jpg
天気のせいか、なんとなくどんよりとした町並み

 オフシーズンで、しかも今日は天気が良くないせいか、人通りがまばらでなんとなく寂しい感じがする。でもメイン・スクエアのリプッブリカ広場に着いたとたん、『トスカーナの休日』で観た風景が目の前に広がる。クリスマスに聖歌隊が歌っていた市庁舎前の階段。尼僧たちがケーキを食べていた劇場横の椅子。主人公が覗きこんでいた不動産屋の店先…。映画のシーンでこんなに興奮できるなんて、結構僕もミーハーだなぁ(「ミーハー」ってもしかして死語??)。

d0113429_1522884.jpg
コルトーナのメイン・スクエア

 しばし写真やビデオを撮りまくった後は、ドゥオーモの外観を見て(ミサ中だったみたいなんで)、すぐその前の教区博物館に入る。ここにはフラ・アンジェリコの『受胎告知』があって、これを見るためにコルトーナを訪れる人もいるんだそうな。人もまばらの博物館には、素晴らしい美術品の数々や昔の司教が着たローブなんかが展示してあって、思いのほか楽しめた。お次はエトルリア博物館。これはエトルリアの歴史と遺跡から出た品々を展示してある場所で、近年リニューアルされたのか、とてもモダンな感じの博物館だった。

 さて、お昼時なので、調べておいたレストランRistorante Dolce Mariaに行ってみると…閉まってる?! げーん、またですか。やっぱりオフシーズンは休みが多くなるのかなぁ。仕方がないので、ガイドブックで良さそうなところを探してそこに飛び込む。Trattoria La Grottaというレストラン。僕らが最初の客だったみたいなんだけど、店のご主人はとてもにこやかに迎え入れてくれた。

 僕が頼んだのは、まだ飽きないの?って言われてもしょうがない感じのトリュフのパスタ。でもねー、これが美味しかったんだ! トリュフを使ったパスタではここが一番美味しかったかもしれない。薄く削ったフレッシュな黒トリュフの他に、ちょっとだけトリュフオイルも使ってるんじゃないかな。今までのトリュフ料理の中で一番匂いが強かったもの。でもそれがパスタのシンプルな塩味と調和して、身震いしたくなるほどの美味しさ。あー、このトリュフの蠱惑的な香り! 猫がマタタビに恍惚になるときって、こんな感じなのかもしれないな。

d0113429_1525647.jpg
トリュフのパスタは美味しかった!

 ランチでは普通デザートは頼まない方なんだけど、美味しそうなものがあったんで頼まずにはいられなかった。コーヒーのジェラートをバニラのジェラートで包んで、それをエスプレッソの中に入れたもの。この甘苦いデザートは歩き回って疲れた体には最適だった! 予定してなかったレストランなんだけど、素晴らしい大ヒットだった。

d0113429_1531046.jpg
このデザートも最高!

 さて、車から荷物を引っ張り出してきて、宿にチェックイン。この部屋の窓は高い位置についていて、単なる換気口の役割しかしていないみたいで暗めの部屋だったけど、それを補うようにベッドや調度品が洒落たものばかりだったので、結構満足かもしれない。顔を洗ったりしてリフレッシュした後は、再びコルトーナの町へと繰り出す。

 目指すはコルトーナの一番高い場所にあるサンタ・マルゲリータ教会。ここはコルトーナ市民のヒロインらしい、聖マルゲリータの遺体が置いてある場所。…でもここに行くまでが大変だった! すごく急な坂道を15分くらいずっと上らなきゃいけない。周りの町並みや景色はキレイなんだけど、ずっとこの旅行中ムチ打ってきたこの体にはかなりツラかった。でも一番上からはコルトーナの町を含めたトスカーナの景観が見えて、とても気持ちがよかった。

d0113429_1534549.jpg
コルトーナの裏道

 メイン・スクエアに戻ってきてからは、ホテルと同じメイン・ストリートにあるバーに入り、マティーニを注文。イタリアのバーではコペルト(席代)を払う場所が多く、そのほとんどでかなり気の利いたおつまみを出してくれる。ここでも例外なく美味しいおつまみを出してくれた。でもこの時点で4時半。7時にはレストランを予約してあるので、お腹がいっぱいにならないように気をつけなきゃ。あー、でも疲れた体にはジンが染み渡る感じで、最高に美味しいマティーニだった。五臓六腑に染み渡るって、こういうのを言うんだね。

d0113429_154250.jpg
やっぱり疲れた体にはマティーニ

 お土産を買ったりホテルでウダウダした後は、予約してあるレストランRistrante La Bucacciaへ。ここは夫婦で経営していて、奥さんがシェフ、旦那さんが接待係。キアニーナ牛の料理と自家製パスタで有名な場所らしい。この旦那さん、サービスは上々でにこやかに接してはくれるんだけど、なーんかその笑顔が偽物って気がしてならなかった。なぜなんだろう? 他に一人いたウエイトレスに横柄っぽく接してるのを見たからかもしれない。でもこんなことを思ってて、本当はすごくいい人だったなんてことになったら嫌だけど。

 まずトーストにオリーブオイルをかけただけのものが出される。オリーブオイルの風味を十分に味わってくださいということらしい。緑色のオリーブオイルには嫌な香りは全然なくて、素晴らしい風味だった。

d0113429_1543388.jpg
プレーンなブルスケッタ?

 アペタイザーは生ハムとメロン。このメロンが日本のマスクメロンのようなものでもなく、かといってオレンジ色のロック種のものでもなく、黄色っぽくて独特の風味があったな。美味しかったけど。

d0113429_1545677.jpg
生ハムとメロン

 お次はポテトにチーズのソースをかけて、黒コショウをまぶしたもの。これが僕には大ヒットの味! ポテトとチーズなんて、あーた、僕の二大好物じゃないですか。ねっとりと絡まったチーズのソースは、すごくどっしりとしてる。ポテトにチーズソースだけだと重すぎるかもしれないけど、黒コショウをかけることで、その重さを軽減してるみたいな感じ。これはできたら家でも作ってみたい料理だな。メールしたら作り方を教えてあげるって言ってたから、本当にメール出してみようかな。

d0113429_1551164.jpg
ポテトとチーズ

 ここはキアニーナ牛の料理が有名なだけあって、牛肉の料理だけをとってもソースの違いで何種類もある。僕はデザートでお馴染みの甘いワイン「ヴィン・サント」をメインに使ったソースで、それにパンチェッタを加えたヤツを頼んだ。牛肉の品質が素晴らしいのはもちろんのこと、甘めのヴィン・サントのソースとパンチェッタの塩味が加わって、口の中はオーケストラの嵐。うん、この店がキアニーナ牛料理で有名だというのが納得。文句のつけどころのない味で本当にハッピーになれた。コショウはあまり使ってなかったんだけど、VegniのCortona Syrahの赤ワインとなかなかの相性だった。

d0113429_1552877.jpg
キアニーナ牛のステーキ、ヴィン・サントソース

 最後はフルーツが山ほど乗ったジェラートと、甘いデザートワインで終了。いやはや、本当にいい体験ができた。

d0113429_155432.jpg
デザートのジェラート

 この後はホロ酔い気分でガリバルディ広場という場所まで行って、トスカーナの大地に広がる夜景を眺めたりした。今日は天気はあまり良くなかったけど、ザンザン降りだったわけじゃないし、美味しいものもたくさん食べられたし、よかったよかった。

d0113429_1555843.jpg
日の暮れたコルトーナは寂しい感じ

[PR]
by alexsea | 2009-11-04 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/10755606
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< イタリア2009: ローマ 1... イタリア2009: サン・ジミ... >>