From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>るうこさん お久..
by alexsea at 14:08
お久しぶりです♪日食です..
by るうこ at 12:53
>FIELDSATAN ..
by alexsea at 00:35
おお、シアトルでも見られ..
by FIELDSATAN at 22:49
>amyさん お久..
by alexsea at 12:27
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


イタリア2009: ローマ 1日目 (Day 12)
 今日はいよいよ一週間近く乗っていた車を返して、トスカーナにさよならをする日。いやはや、本当に今回のドライブ旅行は楽しかった。車だと、電車やバスの時間を気にすることがないからすごく自由。好きなところで止まって写真を撮れるしね。それにしても今回はGPSに大感謝だった。はっきりいって、このナビゲーションシステムを持ってこなかったら疲労度100倍だったと思う。あぁ、文明の利器よのう。

 宿の前のカフェで、ペイストリーとエスプレッソで朝食を済ませた後は、後ろ髪を引かれながらコルトーナを発ち、約40分のドライブのあとペルージャに到着。レンタカーを返却して、昼ごはん(僕はサラミの入ったサンドイッチみたいなものだったかな)を買い、ローマ行きの電車に乗り込む。ペルージャからローマまでは特急列車のようなものは直通では走っていないらしく、ローマまで3時間弱かかったけど、電車の窓から他の丘上都市が見えたりして退屈はしなかった。アッシジの駅で、僧服を着た若者とその母親らしき人が乗り込んできたのが印象的だった。その若者はずっとラップトップをいじってた。なんだか僧侶とラップトップって、考えてみると不思議な組み合わせだよなって思った。

 ローマには午後2時過ぎに到着。大きな都市独特の、あのピリピリとしたエネルギーを感じる。駅から10分くらいのHotel Raffaelloまで歩いていってチェックイン。同時に、ローマで行く二つのレストランの予約再確認もしてもらうことにする。

 顔を洗ったり荷物の整理をしたりした後、いざ観光に出かけようとロビーに下りると、予約再確認でトラブルがあったと言われる。翌日行く予定のレストランLa Pergolaは予約OKだったけど、翌々日のIl Pagliaccioに予約が入っていないと言われたらしい。えー?? E-Mailでちゃんと予約して、確認のメールももらったのに! 今から予約しようにもその日は一杯だと言われたらしい。そんなのってないよー! とりあえず、これはこのホテルの責任ではないので、フロントのお姉さんにはお礼を言ってチップを渡した。幸い今日観光するルートからそのレストランはさほど遠くないので、途中で寄って事情を聞いてみることにしよう。

 ローマの町は僕にとってこれが3度目。最初は大学の卒業旅行の時でもうほとんど忘れてるし、2度目に母を連れてきたときはスペイン階段近くに泊まったので環境が全然違う。今回のホテルは駅の近く。ここからまずパンテオンまで歩いて行くことにする。これはパンテオンあたりからスペイン階段までの道が暗くなってからが楽しいってRick Stevesのガイドブックに書いてあったので、事前にちゃんと予定してたことなんだけどね。

d0113429_15125066.jpg
ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂

 ローマの景色の代表ともいえるヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂を横目に見ながら、パンテオンまで歩く歩く。パンテオンは紀元前に「全ての(パン)神々(テオン)」に捧げるべく造られた場所なんだけど、今はイタリアの最初の統一者、エマヌエーレ2世の墓や、ラファエッロの墓がある場所として知られている(映画『天使と悪魔』を観た後ではまた格別!)。丸天井の一番上の穴が開いているような場所はガラスか何かで塞がれているんだろうなと以前は思ってたんだけど、塞がれていないということを聞いてビックリ。今回は雨が降ったときの排水がどうなっているかをじっくり調べた。いくつかの床板に穴が開いていて、そこから排水できるようになってるんだよね。うまく作ってある。

d0113429_15132780.jpg
パンテオンのスケールのデカさは本当にスゴイ

 パンテオン前は観光客の群れでごった返してた。その一角にとてもモダンな感じの光るソファとかがあるカフェがあったので、そこに入ってまたまた一杯飲むことにする。夕方のカクテル、やっぱりいいよねー。ここでもちゃんと美味しいおつまみがついてきた。パンテオンの真ん前ということもあって、かなり高いだろうと予想してたんだけど、他の場所よりはほんのちょっとだけ割高なくらいでホッとした。なにより美味しいお酒を飲みながら観光名所のピープル・ウォッチングができるというこの贅沢は、少しの割高では安いくらいかもしれない。

d0113429_15135828.jpg
パンテオン前のきらびやかなバー

 日が傾いてちょっと空が暗くなってきた頃に再び観光を開始。カンポ・デ・フィオーリ広場からファルネーゼ広場に抜ける道を歩いていく。ファルネーゼ宮はフランス大使館になってるんだけど、見上げると大舞踏室のような場所に描かれているフレスコ画が外からでも見える。なぜかこれが非現実的な景色に思えて、しばし見入ってしまった。予約しておけば見学できるらしいので、今度ローマに行く機会があればぜひ見てみたい場所だ。

 翌々日行く予定だったレストランIl Pagliaccioは、ここから徒歩5分ほどのはず。やっとのことで見つけてみると、まだ開店はしていないようだ。呼び鈴を鳴らすとコックコートを着た女性が出てきた。予約のトラブルのことを話すと、にこやかに中に通してくれて予約帳を調べてくれた。やっぱり彼女が調べても予約が入っていないらしい。でもラッキーなことに一つテーブルが空いているらしいので、そこに予約を入れてくれた。ホテルの人は新しい予約はできなかったって言ったんだけど、キャンセルでもあったのかもしれないな。本当によかった! ここのレストランは絶対に来てみたかったんだ。

 レストランを出る頃には空は真っ暗。ナヴォーナ広場の西のジェラート屋Gelateria Del Teatroで一時停止。事前に口コミサイトを調べたら、ここがローマで一番のジェラテリアだという評判だったんだよね。外は肌寒いのでそんなにジェラートを買ってる人もいなかったけど、僕はコーヒーのジェラートを注文。本当に美味しかった!

d0113429_15142655.jpg
コーヒーのジェラート!

 ナヴォーナ広場の噴水を見て、パンテオンのロトンダ広場に戻った後は、コロンナ広場経由でトレヴィの泉へ。最初にローマに来たときにはトレヴィの泉は工事中だったし、二度目に来たときには朝早い時間だったので人が全然いなかったので、こんなに人で溢れかえっているのは僕にとっては初めて! ライトアップされるとすごく豪華なトレヴィの泉。なるほど、夜のローマ散策っていいもんだなぁ。トレヴィの泉の後はスペイン階段までゆっくり歩いて、そこから地下鉄でテルミニ駅まで戻る。外は結構寒かったんだけど、地下鉄の中は蒸し暑くて死にそうになっちゃったよ。

d0113429_1515177.jpg
ナヴォーナ広場

d0113429_15151513.jpg
トレヴィの泉

d0113429_15152644.jpg
スペイン階段

 ホテルでちょっとゆっくりした後は、ディナーを食べに8時に予約しておいたレストランTrattoria Montiへと向かう。ここはホテルから徒歩10分程度。ミシュランで星こそついていないものの「安くて美味しいレストラン」マークがついている場所で、ネットの口コミサイトで見てもかなり人気のあるところだった。

 まずはラディッキオ(チコリー)のフランにアシアゴ・チーズのソースがかかったもの。ラディッキオの風味が濃厚なアシアゴ・チーズの味に加わって、最高のアペタイザー。よくこんな組み合わせを思いつくもんだ。

d0113429_15154250.jpg
ラディッキオのフランは、なんとなく大人の味

 次はトルテッロとトマトソース。トルテッロとは大きなラヴィオリのようなもので、中に卵が入ってる。ナイフで切ると、中から半熟状態の黄身が流れ出てきた。卵黄+パスタ+軽い風味のトマトソース。これはかなり黄金の組み合わせだ。この料理は、このレストランをネットで調べていたときに他の人が絶賛していたもので、ここのレストランの代表料理の一つらしい。なるほど、それも頷ける味だな。こういうシンプルな味の足し算でスッキリと仕上がってる料理は僕は大好きだ。

d0113429_15161367.jpg
スッキリとしていてキレイな味わいのトルテッロ

 メインコースはウサギ肉で詰め物を巻いたもの。この日のスペシャルの一つだった。すごく美味しいんだけど、詰め物のせいなのか、個人的にはちょっとだけ重たい気がした。それでも残さず食べられたけどね。

d0113429_1519960.jpg
ウサギ肉のメインコースはちょっと重たかった

 デザートは、ヘーゼルナッツのアイスクリームに二種類のソースがかかったもの。これは最高の締めくくり。ミシュランが評価しているだけあって、ここのコストパフォーマンスは抜群だった。最初から最後まで店はずっと満杯で、予約していなかった人たちは1時間以上待たされているみたいだった。このレストランは本当にオススメ。予約をお忘れなく!

d0113429_15192560.jpg
ヘーゼルナッツのアイスクリーム

 こうしてローマの最初の夜は更けていった。
[PR]
by alexsea | 2009-11-05 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/10755631
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< イタリア2009: ローマ 2... イタリア2009: コルトーナ... >>