From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
Alexさん、お久しぶり..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 21:23
昭和後期こどもの歴史研究..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 23:29
>亜紀ちゃん 最近..
by alexsea at 05:31
素敵な夏の週末だね〜(^..
by 亜紀 at 11:26
>昭和後期こどもの歴史研..
by alexsea at 14:38
以前の記事
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


アリゾナ&テキサス2010: セドナ (Day 4)
 朝7時起床。8時にはセドナに向けて車を走らせる。iPhoneを車につなげて「唄って楽しいプレイリスト」をセット。80sの音楽とか、竹内まりやとか渡辺美里とか、最初の一時間くらい、喉が疲れてくるまではずーっと唄いながら運転してた。今までのツーソン近辺の景色とは違って、もっとアップダウンのある道。長い長い坂を登りつめた後の平原のような場所が結構キレイだったのが記憶に残ってる。

 セドナまでは約2時間の旅。フリーウェイから降りてしばらく進むと、写真で見たことのあるような赤い岩山が見えてきた。この時点ではそれぞれの岩山の名前なんて知らなかったんだけど、やっとセドナに来ることができたんだっていう達成感でいっぱいだった。ここは7年くらい前から来たいと思ってた場所だからね。179号線をキレイにする工事は2010年の春に完了する予定だったんだけど、ウェブサイトを見るとこの時点で94%終了とのこと。地図に載っているよりもラウンドアバウトがたくさん増えていて、セドナの “The Y” に着く直前のTlaquepaque辺りでまだ工事をやっていた。

 今日のランチはセドナの最高級リゾートの一つ、L’Aubergeのレストランで。予約の11時よりも30分も早く着いてしまったんだけど、にこやかに迎え入れてくれてよかった。ちょっと曇っていて風も強い日だったんだけど、十分な暖かさだったので外で食べることを希望。通されたテーブルはオーク・クリークという小川のすぐ脇のテーブルで、まさにこれ以上ないというくらいのロケーション。日曜のブランチなのでブフェ形式の食事しかないと聞いてちょっとガッカリ。個人的にブフェ形式の場所で美味しい料理を食べたことがあまりないから。まぁそれしかないんだったらしょうがないので、ミモサとコーヒーを注文してから、サーバーに連れられて料理のある部屋へ。
d0113429_1232556.jpg

 さすが最高級リゾートの一つと言われている場所だけあって、ブフェもかなりハイレベル。僕はメインの料理にチキン、ビーフ、ブラック・バスを少しずつ、それにマッシュドポテトと、ラタトゥイユ風サラダとイタリア風サラダを取ってきた。他にもアペタイザー風なものもたくさんあったしシーフード・バーもあったんだけど、あまりお腹をふくらせたくなかったので、そこらへんはパスすることにした。結論から言うと、今までのブフェ形式のレストランの中で、一番美味しい料理だった。チキン、ビーフ、ブラック・バスと、それぞれに違う調理法でソースも異なるので食べ飽きないし、ラタトゥイユ風サラダは野菜の味が濃くて本当に美味しかった。ブフェといっても、場所によっては馬鹿にできないなぁ。それにこの景色! 時々突風が吹いて上の木から葉っぱとかが落ちてくるんだけど、それはご愛嬌。小川の岩には鴨が寝そべって休んでるし、気持ちいい鳥の声もどこからか聞こえてくる。レストランの入り口あたりにはギターの演奏者がいて、静かな音楽を流してくれてるし。ミモサを飲みながら、美味しい料理を食べながら、ずーっと景色を眺めてた。あー、こりゃ天国だ。
d0113429_12323450.jpg

 いつもはデザートはあまり食べないんだけど、デザートテーブルには美味しそうなものがたくさんあったし、この景色をもうちょっとゆっくり楽しみたいということで、ティラミスやオレンジ・パンナコッタを取ってきてしばらくゆっくりしてた。まだボルテックスに行ってないのに、心の緊張を解きほぐされて、フル充電された気がした。L’Auberge、恐るべし。今度またセドナに来ることがあったら、ここでディナーを食べてみたいな(ディナーメニューも見せてもらったんだけど、なかなか美味しそうだった)。
d0113429_12331181.jpg

 さて心も体も満足した後は、まずビジターセンターを訪れてみる。ここでボルテックスでの駐車場で必要なWeekly Red Rock Passを買った後、近辺のマップやセドナに関する無料雑誌なんかを貰い、アップタウンをぶらぶらしてみることに。アップタウンはたくさんの土産物屋が並ぶ場所で、観光客もとても多い場所。それでもまわりの景色が素晴らしいからか、人ごみもあまり気にならない。それになんでだろう、すごくやさしい気持ちになってることに気がついた。いつもなら道で人に話しかけることなんてあまりないのに、可愛い犬に出会ったときにそのオーナーに声をかけてしばし立ち話をしてしまった。彼女たちはセドナに住んでいて、こんな気持ちのいい日にはこの辺りをぶらつくらしい。すごく気さくな人で、旅の最初からとてもいい気持ちになってしまった。心が充電されてると、いつもとは違った自分が見えるよね。
d0113429_12333471.jpg

 アップタウンを歩いているときに、シアトルからニューヨークに行ってしまった日本人のTくんから電話が入った。セドナでニューヨークの友達と会話してるなんて、まわりの景色も手伝って、なんだかシュールな気がした。Tくん、お互い頑張ろうね。

 アップタウンを十分堪能した後は、ホーリークロス教会に向かうことにする。青空と奇石群の間にそびえ立つモダンな建物。これこそシュールかもしれない(笑)。下の売店でCDを一枚買った後、メインフロアに戻り、椅子にしばし座って神様に感謝してみる。
d0113429_12335210.jpg

 そろそろチェックインの時間なので、ウェスト・セドナにあるDays Inn Sedonaに車を走らせる。ここは彼らのウェブサイトで予約した場所で、Expediaで予約するよりも安かった。返金不可能なプランを選んだせいだけど(笑)。二階の部屋をリクエストしていたので、二階のしかも角部屋をもらえてラッキー。プールを見下ろすベランダに出ると、すぐ横にはサンダーマウンテンが見える。設備もちゃんとしてるし、ベッドもバスルームもキレイ。これで一晩$72は超お買い得。最初はもうちょっと高級なリゾートホテルに泊まろうかとか考えてたけど、今回はホテルには寝に帰るだけなので、ここで大正解だったな。

 ホテルでしばらく休んだ後、4時半過ぎにエアポート・メサ(Airport Mesa)に車を走らせる。おっと、途中でセーフウェイに寄って、水のボトルを半ダースと、夜のドリンク用にSmirnoff Cranberry & Limeを半ダース買い込むことも忘れない。あっそうだ。さっき買ったホーリークロス教会のCDを車でかけてみたんだけど…、これ大失敗! コーラスを教会の中で録音したって聞いたので、てっきりプロフェッショナルなコーラスと思いきや、これって思いっきりアマチュアなんですけど…。ちゃんとしたCDというより、発表会を録音したものっていう方があってる感じ。あまりの酷さに10秒も聞いてられなくて、すぐにイジェクトしてしまった。”On This Holy Mountain” っていうホーリークロス教会がジャケットに写ったCDは、買わないことをオススメします(泣)。

 エアポート・メサの駐車場は全部で10台も止められないような小さなもの。この時間では3~4台しか止まっていなかった。鉄柵に入った岩の塔を目印に、Overlook Pointまで登ってみる。ここから見たセドナの景色は、「気持ちいい!」の一言に尽きる。この日は曇りだったんだけど、所々の雲の切れ間から差し込む光が、下の岩や森に動く光の文字を照らし出している。頂上の岩に腰掛けて、刻々と変わり行く風景にしばし魅入られていた。ここがボルテックスだとか、何か力を感じられるかとか、そんなことはどうでもよくなって、ただ気持ちのいい風の中、流れる雲とそれによって姿を変える地上の景色をずっと見てた。
d0113429_12342435.jpg

 そんなに疲れてるわけでもないのに不思議に目が重くなってきて、人がいないのをいいことに頂上の岩の上に寝そべって、しばらく目を閉じていた。あーもう幸せ。5分間くらい、寝るわけでもなく、目を閉じてずっと風を感じてた。
d0113429_12344364.jpg

 20分くらいOverlook Pointで景色を楽しんだ後は、どうしようか迷ったんだけど、まだ5時半にもなっていないってことで、Airport Loopというトレイルを歩いてみることにした。これはセドナ空港のまわりのループ・トレイルで、3.3マイル(5.28km)の長さ。一時間から一時間半はかかるかな。まぁやれるだけやってみて、もしダメだと思ったら途中で引き返せばいいなってことで、気軽にスタートした。15分くらい歩いた場所で引き返してくるカップルと出会っただけで、トレイルを歩くのは僕一人。途中引き返そうと思ったこともあったけど、その時に “Determination(決意)” という言葉がふいに頭に浮かんで、前に進み続けることにした。もしかするとこの言葉のインスピレーション、エアポート・メサがくれたものなのかもしれない。
d0113429_1235476.jpg

 どこまで行っても一人きり。周りには誰もいない。だったら歌っても全然大丈夫じゃん! ってことで、いきなり歩きながら大声で歌い始めた(笑)。大空の下、自然の中、歌うのって本当に大好きなんだけど、そうそうできることじゃない。だからこのときにはここぞとばかり何曲も歌っちゃった。途中アップダウンもあってちょっとゼーハーしてたけど、やっぱり自然の中に自分の声が吸い込まれるってのは、最高に気持ちがいい。

 道がずっと右にカーブして、穏やかな平原のような場所に出る。どうやらこれが折り返し地点のようだ。もう引き返すことは意味がなく、前進あるのみ。セドナ空港をすぐ脇に見ながらどんどん進んでいく。大きな鷲が飛んでいるのを見たり、雲の隙間から光のカーテンが地上を照らしているのを見たりしながら歩いていくと、夕日に照らされたOverlook Pointが見えてきた! やっと帰ってこれたんだ。約1時間20分の旅だった。
d0113429_12352353.jpg

d0113429_12353845.jpg

d0113429_12355173.jpg

 トレイルを歩き慣れている人にとってはなんでもない簡単なトレイルかもしれないけど、普段歩き慣れていない僕にとってはちょっとした達成感に包まれたイベントだった。疲れたけど、少しだけ自分が誇らしかった。

 さて、この後はちょっと南の方に車を走らせて、Fork in the Road American Bistroというレストランでディナー。かなり客が多くてサーバーたちはてんてこ舞いって感じだったんだけど、すぐにテーブルに着くことができた。アペタイザーにはSpicy Shrimp Remoulade。エビにタルタルソースのようなソースをかけてあるもの。味自体はまあまあなんだけど、これのどこが “Spicy” なの?って聞きたくなった。全然スパイシーじゃない。可もなく不可もなく、感動もない味だった。
d0113429_1236451.jpg

 メインはVeal Schnitzel。子牛肉を叩いて衣を着けて揚げたもの。ここのはそれにマッシュルームのソースがかかってる。付け合せはニョッキ。これもねー、美味しいことは美味しいんだけど、感動のない味わいなんだよなぁ。揚げてある上にマッシュルームソースがかかってるもんだから、かなり重い感じだし。ニョッキ自体はこのソースに絡まるととても美味しかったけど。
d0113429_12362253.jpg

 セドナはレストラン情報が少ないから、どうしても口コミサイトに頼るほかなかった。Fork in the Roadは口コミサイトのかなり上位にランキングされてたので、とても楽しみにしてたんだけどなぁ。てんやわんや状態だったから、キッチンでも手抜きがあったのかな? とにかく、期待が大きかっただけ失望感もそれなりに大きかった。

 ホテルには8時半には帰り着いて、買っておいたSmirnoff Cranberry & Limeを2本ばかり飲んで、ぐっすりと眠りについた。
[PR]
by alexsea | 2010-05-23 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/11267278
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Michiko at 2010-06-07 12:53 x
>ミモサを飲みながら、美味しい料理を食べながら、ずーっと景色を眺めてた。あー、こりゃ天国だ。

日記を読んでるだけで、天国ぶりが伝わってきました。小川の横のテーブルというのもいいですね~(メジャーなホテルのサンデーブランチはあまりハズレがない(アリゾナに限らず)はずなので、これを機会に是非、ホテル系サンデーブランチもチェックしてみるとよいかも!です)
Commented by Damian at 2010-06-07 13:12 x
セドナが混んでなくて良かったね(^^)

楽しい旅行記を読ませて頂きました。
アレクの旅行記は楽しいから好き!!
Commented by alexsea at 2010-06-07 15:09
>Michikoさん

うんうん、すごく気持ちのいい場所でした。でも本当にブフェではあまりいい思い出がないんですよね~。ここでもメニューから頼めればそっちから頼みたかったくらいで(笑)。でもホテル系のサンデーブランチ、いろいろと試してみたいです!
Commented by alexsea at 2010-06-07 15:10
>Damian

うん、よかった! 土産物屋のある辺りは混んでたんだけど、ボルテックスでは結構一人で独占できるときが多かったので、感謝感激でした。いつも旅行記読んでくれてありがとねー。僕も自分で後から思い出せるように書いてます!
Commented by タカオ at 2010-06-12 18:25 x
セドナアップデイツのタカオです!
ブログへのコメントありがとうございました。アレクさんのブログはなんかDJみたいに軽快でたのしいです!
Airport Loopというトレイル3.3マイル(5.28km)が1.5時間を歌いながらあるいたの、最高です!
僕も、今日からセドナにきているのですが、参考にさせていただきます!

Commented by alexsea at 2010-06-13 02:53
>タカオさん

こちらこそコメントを頂きありがとうございます。タカオさんはセドナ、7回目?! すごいなぁ。でもあそこ、リピートになるっていうの、今ならすごくわかる気がします。次回は友達も誘って行きたいと思っています。タカオさんの楽しい旅行を祈っています! 旅行記もまたぜひ読ませてくださいね。
<< アリゾナ&テキサス2010: ... アリゾナ&テキサス2010: ... >>