From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>亜紀ちゃん サン..
by alexsea at 02:26
いいねいいね〜サンフラン..
by 亜紀 at 08:28
>海老原くん えー..
by alexsea at 03:52
もう、きっと覚えてないと..
by 海老原吉晶 at 00:05
>るうこさん うひ..
by alexsea at 06:32
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


アリゾナ&テキサス2010: セドナ (Day 6)
 昨日と同じ7時起床、8時前出発。今日もセーフウェイで昼用のサンドイッチを買い込む。今回は朝ごはんはアイスラテだけ。昨晩予習したボイントン・キャニオンへと車を走らせる。

 駐車場には車がたくさん止まってたんだけど、そういえばボイントン・キャニオン内では2カップルしか出会わなかったな。他の車の人たちは一体どこへ?

 ETのような「カチーナ・ウーマン」という岩を横目に見ながら、ボイントン・キャニオン内をどんどん進む。昨日のような岩山とは違って、なだらかなトレイルがずっと続くらしい。でも最後にかなり急勾配があるとか? 最初のうちはEnchantment Resortのすぐ横を歩いていく。昨日のレストランの建物を探そうとおもったんだけど、結局どれがそうなのかわからなかった。リゾートを過ぎると、砂漠のような場所があったり、深い森のような場所があったりで、このトレイルは僕を飽きさせない。青空と赤い岩山、それに緑の木々のコントラストが最高にキレイだった。
d0113429_12455483.jpg

d0113429_12461135.jpg

 どんどん進んでいくと、いきなり道のど真ん中にリスが寝そべっているのを発見。最初は単にじっとしてるだけかと思ったんだけど、どうやら死んでいるみたいだ。どうしちゃったんだろう? 損傷も腐敗も全然見られないので、つい最近起こったことらしい。かわいそうに…。鳥の声で溢れていて、虫もブンブン飛び回っていて「生」を感じさせてくれるこのボイントン・キャニオンの森の中でも、「死」はこんなにも近くにあるってことを目の当たりにした感じで、ちょっと神妙になってしまった。
d0113429_12464486.jpg

 約1時間ちょっとなだらかな道を歩いた後、いよいよ急勾配にさしかかる。膝が心配だったけど、今日はなんとか大丈夫みたいだ。ゼーハー言いながら急な岩肌を登ると、「トレイルの終点」のサインが。やったー! 片道70分かかったから、結構長いトレイルだよね。終点は大きな岩山に囲まれたような場所で、僕の他には誰もいなくてすごく気持ちよかった。ここで水をガブガブ飲みながら、サンドイッチでちょっと早いランチ。自然の中での食事って、なんでこんなに美味しいんだろう。
d0113429_1247510.jpg

d0113429_12471712.jpg

 約30分くらいこの終点でのんびりしてた。頭に浮かんだ言葉は “Flow(流れ)”。これもコンテキストがないのでどういう意味なのかわからないけど、この先「ああ!」と思うようなことがあるかもしれない。

 これで4大ボルテックスを制覇したことになる。本当にボルテックスがパワースポットかは僕にはわからない。目を閉じて心のアンテナを広げてみても、ただ感じるのは気持ちがいいってことだけ。もしその感覚がエネルギーだというならそうなのかもしれないけど。でもパワースポット云々は別にして、4つの場所を訪れることができたってことにはきっと意味があると思う。もしかするとメッセージは「もっと運動しろ」なのかもしれないけど(笑)、セドナに来て本当によかったと心から思った。ここは結構リピートで来てしまいそうな場所だな。今度はちょっと寒いときに来てみたいかな。

 急勾配を下りるときにまた左膝が痛くなったけど、昨日のようにゆっくりと下りることで問題回避。最初に駐車場を出てから約3時間で戻ってきた。ここは長いトレイルなので、水は2本くらい持っていった方がいいかもしれない。僕は1本しか持って行かなかったんだけど、予備を車に1本置いておいてよかった。駐車場に戻ってきてからガブ飲みしちゃったもん。

 この後は一路、レッドロック・クロッシング(Red Rock Crossing)という場所へ。ここはオーク・クリークの小川が流れている向こうにカセドラル・ロックが見える、セドナでも有名な写真のスポット。有料なんだけど、Weekly Red Rock Passを持ってたら、その番号を控えられるだけでOKだった。最初は駐車場そばの公園のような場所を歩いていって、次は小川沿いの短いトレイル。その後はつるつるした岩肌の河畔に来て、小川の向こうには大きなカセドラル・ロックが見える。なんでもカセドラル・ロックのボルテックスは、このレッドロック・クロッシングの辺りだという人もいるらしい。強い日差しの下、何人もの人が川辺に腰掛けて景色を楽しんでいるみたいだった。僕も川のそばに座ってノンビリしたけど、結局合計で40分くらいしかいなかったんじゃないかな。
d0113429_12473557.jpg

d0113429_12475088.jpg

 セドナの景色を満喫した後は、ホテルに戻る。昨日、今日と足を酷使したせいで、足がパンパンになってるみたいだ。どうしよう。まだ時間があるし、マッサージ受けてみよっかな。ってことで、ウェブで調べたSedona’s New Day Spaというところに電話してDeep Tissue Massageの空きがあるかどうか尋ねてみたら、30分後の2時から空いてるらしい。急いでシャワーを浴びて、スパへと車を走らせる。

 トレイルを歩いたりしたことで足が痛いということをPamというマッサージ師に告げて、1時間のマッサージ。結果的には…あんまりよくなかった。Deep Tissueの割にはプレッシャーが弱かったし、足もあまり全体的にはマッサージしてくれなかったみたいだし。足は軽くなったけど、なーんか不満が残ったマッサージだった。セドナだけあって、そんなに安くはなかったし(泣)。

 ホテルに戻ってちょっと昼寝。今夜は一人では予約ができないレストラン(予約は5人以上のみ)に行くので、開店早々行かなければならない。今夜のターゲットは、口コミサイトでかなりの人気を評していたElote Cafe。開店直後だというのに店内はごった返していてビックリ。バーに座ることができてよかった。

 マルガリータで喉を潤した後は、アペタイザーにエローテ(Elote)、メインにスモークド・チキン・エンチラーダ(Smoked Chicken Enchiladas)を注文。エローテはこのレストランの名前にもなった料理で、コーンをマヨネーズのソースで調理して、赤唐辛子とチーズをかけて、コーンのチップと一緒に供するもの。これがメチャうま! マヨネーズのソースって重たそげだけど、実際にはあっさりしていて、でもコーンの美味しさを引き出してる感じで、もう最高。この上にかかっている赤唐辛子が密かな苦味があって、コーンの甘みとすごくマッチしてる。これをコーンチップに乗せて食べると極楽至極。息もつかずに全部食べちゃって、もう一皿頼みたいところだったけど、メインの料理のためにスペースを残しておきたかったので泣く泣く断念。この料理一つで、指の先まで幸せになっちゃった感じだった。
d0113429_1248535.jpg

 メインのエンチラーダも最高だった。普通のメキシコ料理屋でエンチラーダを食べると、チーズと豆の味しかしない中から、臭いチキンの味が立ち上ってくるって感じなんだけど、ここのはまずチキンの味が前面に押し出されていて、しかもそれがスモークしてあるからどっしりとした味になってる。ソースやチーズなんかもチキンを尊重するような形にしてあるし。かなり大きなプレートだったんだけど、残さずに平らげてしまった。
d0113429_12481958.jpg

 そういえばここのシェフの料理本が入り口に飾ってあったことを思い出して、ちょっと見せてもらう。おー! エローテの作り方なんかも載ってるし、写真がたくさんあって僕好みの料理本だ。荷物になるけど、一冊買うことにしちゃう。しばらくしたらシェフがバーまで来てくれて、その料理本にサインしてくれた。料理が最高だったことを告げると、満面の笑顔で握手してくれたし。あー、本当に楽しい食事だった。口コミサイトで見つけたとはいえ、この間のレストランとは180度違って心から満足できたし。開店直後だっていうのに人で溢れかえってるっていう時点で、何かを物語ってるよね。セドナに行かれる方、Elote Cafeは最高にオススメです。

 まだちょっと早かったけど、この後はおとなしくホテルに戻って、Smirnoff Iceを飲みながらテレビを見てダラダラしてましたとさ。
[PR]
by alexsea | 2010-05-25 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/11267351
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< アリゾナ&テキサス2010: ... アリゾナ&テキサス2010: ... >>