From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
Alexさん、お久しぶり..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 21:23
昭和後期こどもの歴史研究..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 23:29
>亜紀ちゃん 最近..
by alexsea at 05:31
素敵な夏の週末だね〜(^..
by 亜紀 at 11:26
>昭和後期こどもの歴史研..
by alexsea at 14:38
以前の記事
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


メキシコシティ2010: コヨアカン (Day 6)
 メキシコシティで一日フルに使える最後の日。この日はコヨアカン地区をまわることになっていた。コヨアカン(Coyoacan)とは、「コヨーテのいる地」といったような意味らしい。昔はこの辺にたくさんコヨーテがいたんだろうか。

 この地域で一番有名なのは、女流画家フリーダ・カーロの美術館。ここに来るとわかっていたので、メキシコシティに来る前に映画『フリーダ』と、フリーダ・カーロに関するドキュメンタリーのDVDをNetflixで借りて観ておいた。これは観ておいて大正解だったと思う。フリーダ・カーロのことを知っていたからこそ、コヨアカンを10倍楽しめたもの。

 前夜、みんなかなり遅くまで騒いでいたらしく、今日の出発は12時。僕もゆっくりと眠れてよかった。ランチが近いとわかっていたから、ホテルでの朝食は食べなかった。

d0113429_1344356.jpg
センテナリオ公園の中にあるコヨーテの噴水

 コヨアカンについてすぐに、センテナリオ公園のすぐ脇にあるAve Mariaというレストランに入り、公園側の屋外席に座る。ここで僕はパスタを注文。だけどBenとFredはみんなのために、ある特別なものを二品、アペタイザーとして頼んでいた。何だと思う?

 一つはマゲイのサボテンにつく芋虫。もう一つは蟻の卵。

 どっひゃーー!!って感じ。旅程に「揚げたコオロギを食べるからデンタル・フロスは忘れないで」なんて書いてあったんだけど、昆虫の形をしているものは絶対に食べないぞ!って僕は誓ってた。でも出てきた芋虫と蟻の卵を見てみると、そんなに気持ち悪くなさそげ? 芋虫はオーストラリアでも食べるらしいし、レストランではスープにするなんて話も聞いたことがある。メキシコに来る前にネットで旅行記を調べてたら、ある人の旅行記に蟻の卵がすごく美味しかったなんてことも書いてあったし。いざ食べ物を目の前にすると、なんだか不快感が薄れてきて、これだったらトライできるかなって気にもなってきた。

 というわけで、いざ。一緒についてきた薄切りのポテトに炒めた芋虫をくるんで、口の中にレッツゴー! んー…、なんかポテトの味しかしないんすけど(笑)。ちょっと芋虫だけを食べるってのには抵抗があったし。まぁ一応、僕も芋虫を食べたということで! サンフランシスコから来たBobは果敢にも芋虫だけを挑戦してたけど、口に入れた瞬間に雷に打たれたようなリアクションをして、即座に皿に投げ出した。彼は芋虫はカリカリに調理されてるものだと思ってたけど、「グチャッてした~!!」とのこと。これには全員大爆笑だった。

d0113429_13443623.jpg
芋虫はポテトと一緒に供された

 さて、蟻の卵。こちらはBenの勧めるように、トルティーヤにスプーン一杯くらいの蟻の卵をくるんで、口の中にレッツゴー!卵自体は固くなくて、「弾ける」感覚もない。あ、今度は味がする! なんかね、上品なクリーミーな味で、微かな甘みも感じるかな。これは僕も美味しいと思った。意外な発見だなぁ。挑戦してみてよかった! やっぱりトルティーヤの味が余分に感じたけど、これもダイレクトに蟻の卵だけ食べる気にはちょっとなれなかった。芋虫と蟻の卵は食べられたとはいえ、やっぱり揚げたコオロギは絶対に食べられないと思う。虫の形を留めているものは、たぶんどんなに頑張ってもダメ(笑)。

d0113429_13443663.jpg
蟻の卵

 デミグラスソースで調理したようなペンネ・パスタを食べている途中で、雨がポツポツ降ってきた。僕たちのテーブルの上には一応傘があるけど、端の人は濡れちゃうということで、もっとガードされた別のテーブルに移動。…すると、いきなりザンザン降りに! 公園のベンチでくつろいでいた人たちも、みんなどこかに避難したみたいだし。いきなりのスコールに一同ビックリしてた。でも15~20分もすると雨も上がったけどね。やっぱりメキシコシティの雨季ってこんな感じなのかな。

d0113429_13443795.jpg
これは「ノーマル」なペネ・パスタ。ビーフが入ってる

d0113429_13443785.jpg
突然のスコール

 さて、挑戦的なランチを終えた後は、公園のすぐ前にあるサンフアン・バウティスタ教会へ。ここはそんなに煌びやかというわけではないんだけど、今までのメキシコシティのどこの教会よりも厳かな印象を受けた。こういう場所にいると、背筋を伸ばされる気分になる。

d0113429_13444657.jpg
サンフアン・バウティスタ教会

d0113429_13444660.jpg
どこよりも厳かで神聖な印象を受けた

 その後はみんなで歩いてフリーダ・カーロ博物館へ。ここはフリーダ・カーロが生まれ、息を引き取った家。「青い家」という愛称の通り、外壁は全て青に塗られていて気持ちいい。博物館内には、フリーダ・カーロのアトリエや、若い頃の事故の後遺症で、晩年あまり動けなくなってから体にはめていたコルセットやベッドなどがあって、フリーダ・カーロをとても身近に感じることができた。建物の中は撮影禁止だったのが残念。でも外の庭園はOKだったので、フリーダが歩いたであろう庭園をたくさん写真に収めてきた。特別展示で、フリーダと彼女の父が撮った写真展もあって、とても楽しめた。中でもフリーダの成長を追った4枚くらいの写真がすごく印象に残った。

d0113429_13445821.jpg
青い壁のフリーダ・カーロ博物館

d0113429_13445916.jpg
フリーダもここで遊んでたのかな

d0113429_13445829.jpg
こんな風な置物がたくさん

d0113429_13445871.jpg
フリーダ・カーロを身近に感じられる博物館だった

 フリーダ・カーロ博物館の後は、フリーダと夫のディエゴ・リベラが一時かくまっていたレオン・トロツキーの博物館。彼の歴史的なことは全く知らなかったんだけど、フリーダと一時情事関係にあったことだけは映画から知っていた。でもフリーダって、ディエゴ・リベラといい、レオン・トロツキーといい、ブ男専門だったのかなぁ(笑)。

d0113429_13445895.jpg
レオン・トロツキー

d0113429_13445959.jpg
彼は常に狙われていた。壁には銃弾の跡が

 さて、長い観光もこれで終わり。今夜はメキシコシティ最後の夜。みんなでどこかに食べに出ようということになってたんだけど、まずはアップグレードされたCaseyの部屋でみんなで飲もうということに。彼の部屋は最初は窓もなくひどい場所で、文句を言ったらバルコニー付きの部屋に変えてくれたんだそう。僕は屋上のバーで寿司ロール(スパイシー・ツナと、こないだ食べて美味しかったハマチ)を注文して、部屋に届けてもらうことにした。

d0113429_13451259.jpg
学生時代に戻ったかのような飲み会

 いやはや、さすがアップグレードされた部屋はすごかった! そんなに広いわけじゃないんだけど、バルコニーはゆったりとしていてリラックスできる広さだし、バスタブからも外が見えるようになってるし。さっそくみんなでビールやテキーラやウォッカを飲みまくり。僕も上のバーから頼んだマティーニを二杯飲んだ上にテキーラをぐいぐい飲んでたので、かなり酔っぱらってしまった。みんな酔っぱらってたんで、じゃあもう今日はディナーに出ないで、ここにルームサービスで食事を届けてもらうことになる。タコスやケサディアや色々あったんだけど、食事は一瞬でなくなってしまった。結局6時くらいから夜中の1時過ぎまで、その部屋でみんなで騒いでた。こういうノリって高校や大学のときみたいで、すごく楽しかった!

d0113429_1345114.jpg
Francはかなり出来上がっちゃってます

d0113429_13511276.jpg
ルームサービスで頼んだ食べ物も、テキーラの瓶も、全てカラに

 かなりフラフラになって部屋に戻り、ベッドに倒れこむようにして眠りについた。
[PR]
by alexsea | 2010-06-30 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/11486630
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< メキシコシティ2010: 帰国... メキシコシティ2010: 市内... >>