From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>るうこさん お久..
by alexsea at 14:08
お久しぶりです♪日食です..
by るうこ at 12:53
>FIELDSATAN ..
by alexsea at 00:35
おお、シアトルでも見られ..
by FIELDSATAN at 22:49
>amyさん お久..
by alexsea at 12:27
以前の記事
2017年 10月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


パリ&ロンドン2010~11: ヴェルサイユと美術館巡りパート2 (Day 5)
2010-12-30 (Thu)

今日はパリでの最後の一日。まずはヴェルサイユから攻めることに。いつものように北駅のPaulでしっかり朝食を食べた後、ヴェルサイユまでの往復切符を買ってRERに乗り込む。9時にオープンなんだけど、早く入場しないとツアーバスがどんどん到着して大混雑になっちゃうので、開館前に着くように行った。

ヴェルサイユのまわりにはまだ雪が結構残っていて、道もシャリシャリとシャーベット状態のところが多く、気をつけないと転んでしまいそう。ヴェルサイユに到着したのは開館15分ほど前なんだけど、チケットを持つ人用の入口(ヴェルサイユでもミュージアムパスが使える)にはもうすでに20人くらいの団体が待っていた。身を切るような寒さのなか開館を待つのは大変だったけど、開館してからはセキュリティを通り抜けるのもかなりスムーズで、ひっそりとした宮殿に入っていった。

d0113429_4435099.jpg
オープン直後のヴェルサイユは広々としていて気持ちがいい

それほど人で溢れていないヴェルサイユって、すごくいい。大声で説明するガイドもいないし、人ごみの中を流されることもない。自分のペースでゆっくりと見てまわれる。この宮殿で僕が一番好きなのは、豪華絢爛な『鏡の回廊』。たくさんのシャンデリアが垂れ下がる豪華なホールには、片側には庭園を見下ろす大きな窓、反対側は鏡で壁を埋め尽くしてある。そのせいか、元々広いホールがもっと広く見えてしまう。

d0113429_4435114.jpg
有名な『鏡の回廊』

d0113429_4435017.jpg
文字通り、側面には鏡がたくさん

d0113429_4441935.jpg
まるで電車のホームかなにかのよう

d0113429_444277.jpg
こういうシュールリアリズムの絵って好きだな

順路に従って見ていくと、『王の寝室』に入ったことに気がついた。あれ? ここって以前は別コースだったのにな。前は追加料金を払わなきゃ『王の寝室』のコースには入れなかったんだけど、メインコースと統合されたらしい。あまり人気のないコースだったのかな。

じっくりと宮殿を見た後は、広々とした庭園に出ていく。すごく寒いんだけど、太陽が顔を出しているので、日なたにいると気持ちがいい。素晴らしい庭園の景色と澄んだ空気。こういう場所にいると充電される気がする。いつも思うんだけど、暖かい日にこの庭園でピクニックしたら最高だろうなぁ。絶対に許されていないと思うけど。

d0113429_4443231.jpg
庭園の泉は全て凍りついていた

d0113429_444312.jpg
寒かったけどすごく気持ちがよかった!

約1時間半の滞在の後、ヴェルサイユを後にする。RERでオルセー美術館近くまで戻って、まずは腹ごしらえ。美術館の近くにEric Kayserというチェーン店だけど人気のブーランジェリーがあるので、そこでランチにする。時間は正午近くだったので、店の中は大混雑! でもなんとか席を見つけて座ることができてよかった。僕はハムとチーズのサンドイッチを買った。パンはサクサクで最高の美味しさ! でもフランスでサンドイッチを買うと、いつもハムの味が薄いように感じるのはなぜだろう? フランスで作るハムが弱いのか、パンの味が強すぎてハムが負けちゃってるのか。いずれにしても、ちょっと気になっただけで、全体的にはすごく美味しかったけどね。でもバゲットサンドイッチを食べるときには、いつも顎が痛くなってしまう(笑)。

d0113429_4443369.jpg
Eric Kayserのバゲットサンドイッチ

この後はまたオルセー美術館まで歩いて戻って、チケット購入の長い列を横目にミュージアムパスで入場。二階の一部が改装中で閉じられているせいか、館内はすごい人ごみ。こんなに混んでるオルセーは初めてだ。たぶんそのせいなのかもしれないけど、以前はOKだった写真・ビデオ撮影が禁止されてしまっている。こんなに混んでる中で写真を撮っていたら、渋滞してしまうからなんだろうか。閉じられている部分のゴッホとかルノワールとかの絵画は、ほとんど下の階に移されているのでちゃんと見ることはできる。でも人ごみがすごすぎて、ゆっくりと見ている余裕がなかったのが残念だったな。

オルセーの人ごみを逃れた後は、ロダン美術館まで歩いていく。ここでもミュージアムパスが使用可なんだけど、なぜかこの日はみんな無料で入れるみたいだった。ここは第一日曜日が無料のはずで、どうしてこの日も無料だったかはわからなかったけど。

ここの美術館は、僕は今回が初めて。庭には有名な『考える人』や『地獄の門』がいきなり立ち並んでいる。『考える人』は筋肉の浮き出方がとてもリアルだったし、『地獄の門』は人々が扉の上でうごめいているかのような錯覚を起こさせる。やっぱり有名どころはオーラが違う。大きめの庭園で緑もかなり植えられていたので、春に来たら花いっぱいで綺麗かもしれないな。

d0113429_4444439.jpg
ロダンの『考える人』は超有名

d0113429_4444335.jpg
『地獄の門』はおどろおどろしい

d0113429_4444619.jpg
誰かが手にバラを持たせたみたい

この後はアンヴァリッドの前を通り抜け、クレール通りまで歩いてカフェに入った。厚く重い雲が垂れ込めて雪でも降りそうな感じだったので、ホットチョコレートとキールで体を温められたのが嬉しかった。しばらくカフェでまったりとした後は、クレール通りを散策することに。ここは食料品の店が並ぶ通りとして有名で、八百屋、チーズ屋、フォアグラ屋と、料理人には堪えられない場所だろう。パリに住んでいたら、ここで食材を買い込んで料理できたら楽しいだろうなぁ。

d0113429_4445865.jpg
Cler通りのマーケット

アルマ橋を渡って、モンテーニュ大通りで高級ブランド店を眺めながら、シャンゼリゼ大通りへと向かう。高級ブランドには全く興味がない僕なんだけど、こういう店を眺めながら歩くのは楽しい。人でごった返しているシャンゼリゼを凱旋門近くまで歩いて、またカフェに入った。今日のディナーまでにはまだまだ時間があるし、その前に凱旋門に上って夜景を眺めたい。その時に毎正時にキラキラと輝くエッフェル塔も見たいし。というわけでカフェで時間つぶし。パリで初めてマティーニを注文したんだけど、氷が入ってるわ、オリーブとレモンが両方ついてくるわ、なんとストローまでついてくるわで、みんなで苦笑。歩き疲れた体にジンが染み渡っていくようで、すごく気持ちよかったけどね。

凱旋門には地下からアプローチ。地下道に長い列ができていたのでちょっと心配になったけど、これもチケット購入の列だった。凱旋門にもミュージアムパスが使用できるので、この列をスキップして地上の階段入口へ。どひゃー、なんと頂上まで284段の階段だそうな。まだ膝が治らないLioはひきつってたなー。でもここまで来たら上るしかない。途中の展示室まで一気に上って、そこで休憩することにする。Lioはそこでエッフェル塔が光る時間まで待機。Ricoと僕はその前に頂上に視察に行った。

凱旋門頂上から見るパリの夜景は最高! ここを中心にして12方向に放射状に道が伸びているので、全ての光が凱旋門に集まってきているような気がする。特にシャンゼリゼ大通りの方向は、クリスマスのイルミネーションとコンコルド広場の観覧車も手伝って、まるで光の洪水! 残念だったのが、重く雲が垂れ込めていて、エッフェル塔が半分雲の中に隠れてしまっていたこと。まぁ雨が降っていないだけ良しとしなきゃな。

一度展示室まで戻り、エッフェル塔が光りだす5分前くらいにLioも一緒に屋上へ戻る。キラキラと輝きだしたエッフェル塔に、凱旋門屋上から驚きの声が漏れていた。

d0113429_4445896.jpg
凱旋門の頂上から見たシャンゼリゼ。イルミネーションですごく綺麗

d0113429_445088.jpg
毎正時に輝くエッフェル塔は厚い雲に覆われていた

この後はLioは身障者用のエレベーターで地上に戻り、Ricoと僕は階段を下りて、今夜のレストランまでゆっくりと歩いていく。ミシュラン1つ星レストランDominique Bouchetでのディナーは素晴らしかったんだけど、膝だけでなく体調も崩してしまったらしいLioは、8コースの素晴らしいディナーをほとんど食べられなかったのが可哀想だった。店の人にタクシーを呼んでもらってホテルまで戻り、明日のために荷造り。いよいよ明日はロンドンだ。
[PR]
by alexsea | 2010-12-30 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/12655352
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< パリ&ロンドン2010~11:... パリ&ロンドン2010~11:... >>