From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>るうこさん うひ..
by alexsea at 06:32
>亜紀ちゃん お子..
by alexsea at 06:30
お久しぶりです♪ポルトガ..
by るうこ at 21:30
今回の旅行記も楽しく読ま..
by 亜紀 at 18:22
Alexさん、お久しぶり..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 21:23
以前の記事
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


パリ&ロンドン2010~11: ロンドンでの年越し (Day 6)
2010-12-31 (Fri)

朝、シャワーから出て身支度をしていると、Lioが部屋のドアをノックしてきた。シアトルの家に電話できる場所を探しにいったついでに、マクドナルドに寄って朝食を買ってきてくれたらしい。エッグマックマフィンはフランスでも同じ味がした。

僕らがチケットを持っているロンドン行きのユーロスターは午前11:13発。イギリスの入国審査は駅にあるので、出発の1時間前までにチェックインしなければならない。入国審査を通り抜けてゲートが開くまで待ってたんだけど、ゲート前に長い列ができてることに気がつかなかったせいで、電車に乗るのに後れを取ってしまった。電車に乗り込むと、案の定荷物置き場はフル状態。やる気が失せて、荷物はもうそこら辺に置いとけばいいやと思ったんだけど、LioとRicoがなんとか置き場を整理して、僕たちの荷物を置くことに成功したらしい。感謝感謝! イタリアに行ったときもそうだったけど、ヨーロッパを電車で旅するときには、電車には一番に乗りこまなきゃいけない。小さい荷物置き場しかないことが多いので、大きなスーツケースを持っているときには置き場に困ることになる。

d0113429_572592.jpg
Eurostarでいざロンドンへ

ロンドンまでは約2時間15分の旅。新幹線のようにかなりの速度でしばらく郊外を走った後、ドーバー海峡下のトンネルに入り、ロンドンのSt. Pancras駅に到着。駅にはLioの叔母さんと叔父さんが車で迎えに来てくれていた。ロンドンのヒルトンホテルに宿を取ってくれたんだけど、大晦日だけは満杯でどうしても取れなかったらしい。だから今夜だけは、Lioの叔母さんの家で寝させてもらうことになっていた。

d0113429_4502689.jpg
Lioの叔母さんの家はロンドン郊外にある

家に着いたときにはもう午後2時をまわっていたので、叔母さんがランチを用意してくれていた。揚げ春巻きに、中国野菜にオイスターソース、アヒルのローストにチキンコルドンブルー、そして白いご飯! 僕は長いことご飯を食べなくても大丈夫な方だけど、やっぱり食べると安心するねぇ。Lioはご飯が食べたくて仕方がなかったらしい。

d0113429_4502396.jpg
叔母さんが作ってくれた昼食

d0113429_4502430.jpg
やっぱりアジアの味はホッとする

お腹が膨れた後はちょっと昼寝。今まで結構押せ押せの観光だったので、こういうゆっくりした時間もいいもんだ。

夜7時くらいに、叔父さんが車でロンドンの中心部まで連れて行ってくれた。リージェントストリートからピカデリーサーカスに抜け、レスタースクエア経由でトラファルガー広場近くまで歩いていく。ピカデリーサーカス近辺からは車両通行止めになっていて、もうかなりの人で溢れかえっていた。随分と酔っぱらっている人たちもいて、そこら中に配置されている警官と一悶着やってたりした。なるほど、ロンドンでの年越しは色々な意味でスゴイと聞いていたのは本当だったんだなぁ。

d0113429_4504899.jpg
ロンドンの街はクリスマスのイルミネーションがすごい!

d0113429_4503783.jpg
賑やかなピカデリーサーカス

トラファルガー広場の近くのバーに入って、夜中まで飲み明かすことにする。テーブルが一つ開いていて3人とも座れたのはラッキーだった。1時間もしないうちに店内は満杯になっちゃったもの。ここではビールを飲もうと思ってラガーを頼んだんだけど、飲んでみると……あれ、これビールじゃない! 店の人が聞き間違えたか何かで、サイダーが来てしまったらしい。イギリスの「サイダー」は発泡リンゴ酒のこと。シアトルでも3月17日のSt.Patrick’s Dayには、アイルランド系のバーでこれを飲むのが好きなんだ。リンゴ酒といってもあまり甘くなく、爽やかな喉ごしで僕は大好き。こりゃビールよりもいいや。というわけで、色々な話をしながら4~5杯ガブガブと飲み続けてた。

d0113429_451357.jpg
バーで飲みながら新年を待つ

窓際に座っていたので外を歩く人たちがよく見えたんだけど、道を隔てた向こう側にあるガレージのドアの隅で小用を足す人の多いこと多いこと(笑)。ひっそりとした通りならともかく、こんな大通りでやるなんて勇気あるよなぁ。でもそれだけ必要に迫られていたということなんだろうな。

時計が12時をまわる15分ほど前にバーを後にして、流れる人ごみを追っていく。テムズ河あたりに出ればロンドン・アイでの花火が見えるだろうと思ってたんだけど、気づいてみたら……あれ? ここってトラファルガー広場? 満杯の人たちで動きが取れなくなってしまった。そうこうしているうちにカウントダウンが始まって、いきなり轟きだす花火の音! げっ、もう新年っすか?! でもこの広場からはビルに隠れて花火が見えない! なんでみんなここに集まってるんだろうと思ったら、広場にある大画面のスクリーンに映る花火を見ているらしい。なんだか変な新年の始まりだなぁ(笑)。

d0113429_451288.jpg
人ごみを追いかけたら、いつのまにかトラファルガー広場に

今まで来た道をちょっと戻ると、警官が一列になって、人々をトラファルガー広場に入れないようにしている。その近くからだと、ビルの間からちょっとだけ花火が見えた。音と規模から判断するに、シアトルの7月4日の花火も真っ青なくらい大きなセッティングみたいだ。全部見えなかったのは残念だけど、結構楽しかったからよしとする!

d0113429_451928.jpg
ビルの間になんとか見えた花火

花火が終わって人々は解散、それぞれの方向に散っていく。地下鉄の駅に向かっている途中でLioがトイレに行きたくなったので、近くのマクドナルドに入ったんだけど、トイレは「壊れているため」閉鎖されていた。壊れてるなんて絶対に嘘。こんなに大勢の人に使ってほしくなかっただけだろう。そういえば昼を食べてから何も食べていなかったのでお腹が空いた。Lioはさっきまでいたバーに戻ってトイレを使ってくるというので、Ricoと僕はビッグマックを食べながら待っていることにした。新年初めての食事がマクドナルドっていうのも結構悲しかったけど、お腹が空いていたから美味しかったんだよう! 店の前でLioを待っていたら、隣のビルのガレージ脇で小用を足す人が続出。ここら辺、明日にはすごい匂いになってるかもしれないなぁ。

ようやくLioが戻ってきたので、みんなで地下鉄に乗って帰るべく駅に向かおうとしたんだけど、あらゆる場所に警官がバリケードを作っていて、思った方向に進めない。どっちに行ったらいいか聞くたびに、警官によって違うことを言うし。あっちに行ったりこっちに行ったりして迷ってたんだけど、ようやく地下鉄の駅に向かっているらしき人の流れを発見。……でもものすごい人の数なんですけど。こんな人ごみじゃ駅に行ってもいつ電車に乗れるかわからない。仕方がないので、別のバーに入って時間をつぶして人ごみをやり過ごすことにした。バーの中も結構人で溢れてたけど、二階は結構空いていたので、ここでカクテルを注文。周りは結構酔っ払いが多く、結構退廃的なムードが漂っていたりして、一年で一番賑やかな夜なんだということを思い出させてくれる。

d0113429_4511112.jpg
この人ごみが全て地下鉄の駅に向かっている

一時間くらい時間をつぶした後、ようやく駅に行って、今夜は全て無料の地下鉄に乗り込んで叔母さんの家に帰る。結局家にたどり着いたのは午前3時近くになってからだった。家の人たちはまだ起きていたからよかった。Lioは叔母さんたちと話し込んでたみたいだけど、僕はすぐにベッドに入って寝ることにした。耳栓をして寝たので、気がついた時にはもう朝だった。
[PR]
by alexsea | 2010-12-31 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/12655377
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< パリ&ロンドン2010~11... パリ&ロンドン2010~11:... >>