From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
Alexさん、お久しぶり..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 21:23
昭和後期こどもの歴史研究..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 23:29
>亜紀ちゃん 最近..
by alexsea at 05:31
素敵な夏の週末だね〜(^..
by 亜紀 at 11:26
>昭和後期こどもの歴史研..
by alexsea at 14:38
以前の記事
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


世界一周2011: 城 & 花粉症との闘い (ハイデルベルク2)
全然よく眠れなかったし、なんだか少し熱っぽい気がする。これは花粉症から来ているものなのか、それとも風邪を併発してしまっているのか(泣)。なんにしてもこれはいい状況じゃない。ホテルで朝ごはんを食べたときに、ビタミン剤とIbuprofen(解熱剤)を飲んでおくことにする。

ホテルを出たのは9時ちょっと前。こんな早くには薬局は開いてないだろうから、鼻の薬を買うのはハイデルベルク城に行ったその後になっちゃうかなぁとか思っていたら、ハウプト通り沿いに開いている薬局を発見。そこのお姉さんはすごく親切に、鼻のスプレーとアレルギーの薬を勧めてくれた。アレルギーの薬は眠くなるから夜飲むとして、鼻のスプレーは薬局を出てすぐにやってみた。結果として、まだ鼻水は出ることは出るけど、鼻をかむのが以前の半分くらいの頻度になった。くしゃみの回数も減ったし。一日に二度しか使えないらしいので、この効果が長続きしてくれることを望もう。

マルクト広場のちょっと南のケーブルカーの駅に行って、ハイデルベルク城に行くべく乗り込む。なんかこの旅、日本人の団体を見かけることはあるけど、圧倒的に韓国人団体が多い気がする。ケーブルカーには僕がかけこみセーフって感じで乗り込んだんだけど、韓国人団体客で溢れているケーブルカーだった。

d0113429_652458.jpg
ケーブルカー駅の手前のコルンマルクト広場

d0113429_6561065.jpg
ケーブルカーは、片道€4、往復€6

城のチケットを買うのに10分くらい待たなきゃいけなかったけど(前の人が団体客の代表みたいで、何十枚もチケットを買ってたみたい)、ようやくハイデルベルク城に入場。まずは城の中庭から北側に抜けてみると、…うっわー、すごい景色! 昨日哲学者の道から見たのと真逆の構図だ。ハイデルベルクの街と川、それに対岸のパノラマが広がっていた。城の中はガイドツアーでしか見学できないけど、この景色を見るためだけにここに来てもいい気がする。しばらくの間、ここから写真を撮りまくっていた。

d0113429_6561569.jpg
城の中庭

d0113429_6562057.jpg
ハイデルベルクの街の全てが見渡せる

この後は城のワインセラーのようなところへ。ここには超巨大な樽があって、すごく圧倒された。人の4倍くらいの高さはゆうにあるんじゃないかなぁ? 階段があって樽の上にも上ることができるんだけど、もうこれって樽じゃないんじゃない?って気になってしまった。なぜこんなに大きな樽がここにあるのか、説明は読まなかったんだけど、後でネットででも調べてみることにしましょうか。

d0113429_6563093.jpg
でかすぎてフレームに入らない…

d0113429_6562512.jpg
これは樽の上

ちょっとショップを見たりした後は、薬事博物館へ。ここは昔からの薬剤に関しての進歩が展示してある。元々化学とか医療関係には興味があったので、ここの展示はとても面白いものだった。フラスコなんかがたくさん並んでいる場所では、おお、RPGのアルケミーじゃん!とか思って、一人で興奮してた(笑)。

d0113429_656347.jpg
薬事博物館はとても面白かった!

d0113429_6563823.jpg
アルケミーの道具はMight & Magicを思い出す(笑)

この後は城の外側にあるちょっとした公園で一休み。対岸に見える丘の天辺付近に、塔が立ってるのを発見。でました、丘の上の塔系統(笑)。昔の物見の塔かなんかだと思うんだけど、やっぱりこんな風に塔が立ってるのを見るのは興奮してしまう。なんなんだろうなぁ。

d0113429_6564354.jpg
ハイデルベルク城は一部遺跡化している

d0113429_6564720.jpg
物見の塔か何か?

歩いて街まで下りようかとも思ったんだけど、道がわからなくなると困るので、素直にケーブルカーを選択。街に下りてからは、カールズ広場に座ってちょっと日向ぼっこ。11:30に、計画していたレストランZum Roten Ochsenがオープンしたので、そこに入って満足なランチを食べた。

d0113429_6565269.jpg
裏通りはヒッソリとしていて雰囲気がいい

d0113429_656569.jpg
レストランの近くのカールズ広場

そこからはまた橋の方に行ってみたりとか、裏道を通ってみたりとかして、ホテルまでのんびりと目抜き通りを通って帰ってきた。朝は結構少なかった人ごみも、この頃になるとかなり増えてきていた。

昼にビールを飲んだせいかいつになくリラックスしてたんだけど、ゆっくりとホテルまで歩いて帰る間、もしかして僕は他人に気を遣いすぎてたんじゃないだろうかとふと思った。すごく突然だけど、そんなこと思ったんだ。歩いているときには人の進行方向を妨げないように進路を変えたりとか、たくさんの人がカメラで撮影しているような場所では、みんなのカメラ視線から外れるようにと全然動けなかったりとか。なんでこんなに他人に気を遣ってるのかわからないけど、ちょっと肩の力を抜いてみてもいいかもしれないとなぜか思った。ゆっくり歩いて、僕を追い越したい人がいたら追い越せばいいじゃん。ちょっとよそ見をしていても、僕にぶつかりそうだったら他の人の方が進路を変えたらいいじゃん。カメラ目線に入っちゃっても、僕自身はそういう場合、シャッターを切るのを僕の方が待つくらいなので、写真を撮ろうとしている人にそういうことしてもらってもいいじゃん。っていうか、全ての人のカメラ目線を避けるなんてほとんど不可能だし、90%以上の人がそんなこと気にしてないみたいだし。なんでそんなことを急に考えたのかわからないけど、お陰でちょっと軽い気持ちになれた気がした。もちろん最低限の礼儀は必要だけど、過度の気遣いは自分だけじゃなく、相手をも疲れさせてしまうものなのかもしれない。

ホテルでは昨日眠れなかった分、ちょっと昼寝したり旅行記を書いたりして贅沢な時を過ごした。5時頃ちょっと早いディナーを食べに出発。レストランは、TripAdvisorで口コミ一位を獲得していたSchnitzelbank。なるほど、評判通りの美味しさだったように思う。

ワインを二杯飲んで幸せになっちゃった後は、ゆっくりゆっくりとまたマルクト広場あたりまで歩いてみた。途中でチョコレートのジェラートを買って食べたんだけど、これがまた激ウマ! カール・テオドール橋の上で傾いていく太陽を見ながら、ハイデルベルクに別れを告げていた。こんなに都会っぽいとは予想してなかったけど、すごくいい時を過ごせたよ。ありがとね。

d0113429_657152.jpg
すごく美味しかったジェラート。Bertolliって店だったかな?

d0113429_657529.jpg
ハイデルベルク、ありがとね

[PR]
by alexsea | 2011-04-18 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/13411357
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 世界一周2011: 時間がゆっ... 世界一周2011: のんびりと... >>