From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
Alexさん、お久しぶり..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 21:23
昭和後期こどもの歴史研究..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 23:29
>亜紀ちゃん 最近..
by alexsea at 05:31
素敵な夏の週末だね〜(^..
by 亜紀 at 11:26
>昭和後期こどもの歴史研..
by alexsea at 14:38
以前の記事
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


世界一周2011: 時間がゆっくり流れる街 (ローテンブルク1)
あー、やっぱりまたよく眠れなかった。寝る頃になると鼻が詰まって、それが眠りを妨害してしまう。それに花粉症だけじゃなくて、やっぱり風邪もひいてるみたいで、ちょっと体がだるい。だるさは薬を飲んで抑えるからいいとして、また薬局に行って鼻詰まり解消の薬を買わなきゃだな。

あまり食欲がなかったけど、昨日買っておいたパンを朝食代わりにして食べ、7:30にはホテルをチェックアウトして出発。8:06発の電車に間に合うように駅まで歩く。駅でまたサンドイッチを買い込んで、電車に乗り込んだ。今度の電車はベルリンからマンハイムで使ったのに比べてちょっと古い。みんなコンパートメント形式になってる。コンパートメント、あまり好きじゃないんだよなー。足が伸ばせないし、他人が目の前に座ってるってのはなんか気が休まらない。まぁそんなこんなで3本の電車を乗り継いで、午後3時前にやっとローテンブルクに到着。ローテンブルクに着く前の景色がすごくよかった。緑の大地がずっと続いていて、所々に菜の花の黄色いパッチがある。あぁ、春なんだなぁと感じてしまう景色だった。

旧市街に入る直前に薬局を発見。中のおばさんに鼻詰まりのことを話すと、鼻のスプレーを勧めてくれた。これはアレルギー用じゃなくて、すぐに鼻詰まりを解消する薬らしい。でも5日以上使ってはいけないんだそうな。鼻がドライになってしまうらしい。

その後は旧市街に入って、予約しておいたホテルにチェックイン。ホテルといっても、ここは小さなB&Bのような場所。僕の部屋はツインのシングル使用。部屋の中にいきなりシャワーのユニットと洗面台が置いてあってちょっとビックリ。トイレは部屋にないのか?と思ったら、部屋の外に「ここは8号室専用」ってドアに書いてあるトイレがあった。このトイレを使うには僕が持っている鍵が必要なわけ。部屋は狭くはないけど、トイレが部屋の外ってちょっと不便かもしれないなー。でも一晩€35だから、あまり文句は言えないかな。

さて部屋に荷物を置いて、さっそくローテンブルクの観光に出かける。雲一つない空、やさしく暖かい風、周りから聞こえてくる鳥たちの声。いやー、本当に気持ちのいい日だ。街の中心まで、ほとんど人とすれ違わなかった。もっと観光客ズレしている場所だと思っていたから、これは嬉しい誤算だったな。

まず街の中心地、マルクト広場に行く。ここはなんとなくイタリアのコルトーナを思い出させる場所だ。広場を囲むように立ち並ぶかわいい建物たちは、とても絵になる。ここには観光客はたくさんいたけど、なんだかのんびりゆったりした空気で溢れていた。時間自体がゆっくり進んでいる感じ。一歩一歩進むごとに心が充電されていく気がする。

d0113429_222774.jpg
マルクト広場

市庁舎の建物を外から見た後は、ちょっと北にある聖ヤコブ教会へ。これはローテンブルクで一番大きな教会。やっぱり外の雰囲気が影響しているのか、教会の中も和やかな空気が漂っていた。二階に上がると、木彫りの『最後の晩餐』を持つ聖血の祭壇があった。この祭壇の十字架にはクリスタルがはめこまれていて、ここに聖なる血(キリストの血?)があるということらしい。美術品としても見ごたえのあるもので、しばし椅子に座って眺めていた。

d0113429_22272084.jpg
このクリスタルの中にキリストの血が?

その後はゆっくりとブルク門の方に歩いていく。門を出た瞬間に飛び込んできたのは、花々が咲き乱れたブルク公園の景色。いやー、ここは本当に天国だ。明日時間があったら、ぜひここでピクニックをすることにしよう。ここからは道がずっと谷の下のタウバー側まで続いていて、緑溢れた谷間の風景が素晴らしい。まるで風景画の中に迷い込んでしまったかのよう。

d0113429_22273078.jpg
花がたくさん…ここは天国??

d0113429_22274328.jpg
眺めがいいから、たくさんの人がここでくつろいでいる

d0113429_22275650.jpg
下の方にはタウバー川がある

ここからはまたゆっくりと歩いてマルクト広場まで戻り、カフェに入ってビールを頼むことにする。広場を眺めながらのビールはまた格別! 小瓶だけど2本も頼んでいい気分になってしまった。こういう何もしないでただ周りの景色を眺めているだけの時間って、すごく贅沢だと思う。

d0113429_2228661.jpg
なんかこういう景色、イタリアの小さな街を思い出させるんだよな

d0113429_22281864.jpg
こういう時間が大好きだ!

時間も5時を過ぎたので、ちょっと早い夕食にしましょうか。ガイドブックにも書いてあったし、口コミサイトでも一番人気を取っていたZur Höllで美味しいディナーを食べて満足満足! 夕食の前のビール2本とレストランで飲んだカラフェのワインでかなり酔っ払ってしまったので、ちょっと宿に帰って横になることにする。8時から「夜警ウォーク」のツアーがあるので、それまでに回復しておかないと。

夜警ウォークは、昔の夜警姿のガイドが案内してくれるウォーキングツアーで、英語版は毎日夜8時から市庁舎の前で始まる。一人€7。ちょうど日が沈んで黄昏ていくマルクト広場に登場したのは、Rick Stevesのビデオでも夜警ウォークをやっていたガイドだった。参加者は40人くらいだったかな。約1時間、薄暗くなっていく街をゆっくりと歩きながら、いくつかのポイントでこの街の歴史なんかをジョークを交えながら説明してくれた。例えば、終戦直前にローテンブルクは爆撃の危機にあったんだけど、そのときのアメリカ軍のコマンダーだった人のお母さんがローテンブルクに来たことがあり、小さい頃からローテンブルクの話を聞かされていたそうで、なんとかこの街を救いたくて「降伏すれば街は破壊しない」との宣言を出した。ローテンブルクのドイツ軍の代表はそういう条件を呑まない人だったんだけど、ちょうどその人は街を離れていたんだそうな。彼の部下が代理として街にいて、その彼は負け戦だということを理解していた人だったので、アメリカ軍の申し入れを受けた。この二人のお陰でローテンブルクは破壊から救われたということらしい。歴史にあまり興味のない僕でも、このウォーキングツアーは100%楽しむことができた。絶対お勧めデス。

d0113429_22282893.jpg
暮れゆく街並み

d0113429_22283925.jpg
夜警ウォーキングツアー

ツアーが終わってマルクト広場に戻ると、ちょうど時計は9時になるところで、仕掛け時計マイスタートルンクが動きだすところだった。たくさんの人がカメラを構えて見上げてたので、すぐにわかった(笑)。仕掛け時計自体は市長が大ジョッキのワインを一気に飲み干すというだけのものなんだけど、結構かわいかったな。でもこのマイスタートルンクの伝説は、実際に起こった話ではないらしい。

d0113429_22284928.jpg
仕掛け時計マイスタートルンク

街はすっかり暗くなったんだけど、裏通りでも危ない感じが全然しない。やっぱりこういう小さな街の魔力なんだろう。ホテルに戻って、すぐにベッドに入ることにした。買った鼻のスプレーは効力抜群! 使って5分で100%オープンになった。でも部屋が寒かったのか風邪のせいかわからないけど、途中で寒くて起きてしまった。幸いベッドがもう一つあったので、そっちの布団も一緒に使うことにして寒さを解消。なんだかこの旅行、ベッドに入ると寒いところばかりのような気がする。
[PR]
by alexsea | 2011-04-19 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/13429764
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 世界一周2011: おとぎの国... 世界一周2011: 城 & 花... >>