From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>るうこさん お久..
by alexsea at 14:08
お久しぶりです♪日食です..
by るうこ at 12:53
>FIELDSATAN ..
by alexsea at 00:35
おお、シアトルでも見られ..
by FIELDSATAN at 22:49
>amyさん お久..
by alexsea at 12:27
以前の記事
2017年 10月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


世界一周2011: 言葉にできない美しさ (ドゥブロヴニク1)
天気予報では雨が降るかもしれないってことだったんだけど、外を見たらなんだか晴れてる。このまま晴れの天気が続くことを祈ろう。

朝9時過ぎにホテルをチェックアウト。すごくいいロケーションで部屋も広くてなかなかよかったけど、なーんかあちこち壊れているものが多いホテルだった。シャワーのドアとか、洗面台の照明とか、ヘアドライヤーとか、設置されている目覚まし時計とか。あの場所であの値段は立派なんだろうけど、そういう細々したところであのホテルはすごく損してると思う。

10時発のバスでドゥブロヴニクへ。ガイドブックには「ドブロヴニク」って書いてあるけど、表記を見ても発音を聞いても「ドゥブロヴニク」の方が近いと思うので、この旅行記ではその表現でいこうと思う。4時間半のバスの旅。途中で3回ほど休憩ストップがあって、2回国境でパスポートチェックがあった。クロアチアは途中でボスニア・ヘルツェゴヴィナによって分断されている。最初のパスポートチェックはボスニア・ヘルツェゴヴィナに入るとき、次はクロアチアにまた入るとき。検査官がバスに乗り込んできて、単に乗客全員のパスポートをチラッと見るだけで済んだ。

ほとんどずっと海岸沿いを走ってたな。天気がいいから、空の青、海の青、オレンジ色の屋根瓦のコンビネーションがすごく綺麗。『魔女の宅急便』のサウンドトラックがすごくよく似合った。本当に久石譲の音楽は、旅によく合うと思う。

ドゥブロヴニクのバスターミナルに着いてから、市内行きのバスを探そうと思ったんだけど、どっちに行ったらいいかすらわからない。目の前にはタクシーがいっぱい止まってる。旧市街までの値段を聞いてみると60Kn(=$12)だという。んー、ちょっと高いけど、重い荷物を持ってあっちこっち迷うよりはいいかなということで、タクシーを使ってしまった。しかーし! ちゃんとピレ門までと言ったのにも関わらず、ブジャ門で降ろされてしまった。もちろん僕はそんなこと知らないから、地図を見ながら途方に暮れてしまった。僕は地図を見るのはすごく得意な方なんだけど、この時は参照ポイントがなかったもんだから完全にアウト。近くの人に尋ねて、やっと自分がブジャ門にいるということがわかった。それから急な階段をずーっと下りて、メインストリートであるプラツァ通りに達した。ドゥブロヴニクにこんな長い階段があるなんて知らなかった! なぜか僕の頭の中では、平らな街だと思ってたんだよね。

ちょっと迷って宿(Villa Sigurata)まで辿り着き、ベルを押すんだけど誰も出てこない。3時に着くと言ってあったのに、おかしいなぁと思いながら途方に暮れていると、近くの男の人が携帯電話での会話を終えて「3分で来るって」と教えてくれた。どうやらこの人は宿のオーナーの友達らしい。本当に3分ほどで、すごく感じのいい女の人が登場。そこから1分ほど離れた場所に連れて行ってくれて、ここが僕の部屋だという。……これって部屋じゃなくて、アパートじゃないですか! 1階はダイニングと小さなキッチン、バスルームがあって、2階が結構広いベッドルーム。こりゃスゴイや。これから5泊の間、このスペースが全部僕のもの! なんかこういうアパート的な暮らしって、ちょっと憧れてたからすごく嬉しかった。

d0113429_16384019.jpg
僕のアパートの入口

オーナーの女性は、僕の友達からメッセージがあると、メモを渡してくれた。プリトヴィッツェ行きのバスターミナルで出会って、スプリットでもカフェで一緒に時間を過ごした平之内さんからだ! 彼にはドゥブロヴィニクでの僕の宿を教えておいたんだ。他にもう一人友達がいるんで、今夜一緒に食事をしませんかとのことだった。やったー、一人で食事しなくて済む!

オーナーの女性はその他にも、明日僕がツアーに行くときの待ち合わせ場所とか、ドゥブロヴニクを離れるときの空港までの足のこととか、色々と質問に答えてくれた。ドゥブロヴニクの地図も持ってきてくれて、お勧めのレストランやバー、アイスクリーム屋なんかを地図に書き込んでくれた。今までで一番感じのいい人じゃないかな。このVilla Sigurata、TripAdvisorでも高得点を取っていただけあって、すごく行き届いている。日本のガイドブックには載っていなかったけど、ここはお勧めかもしれない。ドゥブロヴニクでアパート体験したかったら、絶対ココ。これで一泊€48だなんて信じられない。ハイシーズンはもっと高くなるんだろうけどね。

さて、荷物を置いて身軽になったら、さっそくドゥブロヴニクの観光に出かけることにする。まずはピレ門まで行って、予定していた通り城壁巡りをしてみましょうか。入場料は70Kn(=$14)と結構高いのにビックリ。でも城壁に上がって景色を見た瞬間、70Knは安いとまで思ってしまった。この美しさ、言葉にできない! ドゥブロヴニク、あなどってた。綺麗な場所だとは聞いていたけど、これほどまでだとは思わなかった。目の前に広がるアドリア海、すぐ隣にぽつんとあるロクルム島、城壁が囲む数々のオレンジ色の屋根、その中で突き出ている時計塔などなど……。なるほど、アドリア海の真珠と呼ばれるのも頷ける。ここは本当に、一生に一度は訪れなきゃいけない場所だ。一人で旅しているのが、ちょっと寂しくなった瞬間だった。

d0113429_16384688.jpg
城壁を上がってすぐのところ

d0113429_16385175.jpg
まるで万里の長城のように城壁は続いてる

d0113429_16385794.jpg
すぐ横にはアドリア海

d0113429_1639370.jpg
本当に絵になる景色ばかり

d0113429_1639927.jpg
ロクルム島は本当にすぐ近く

d0113429_16391510.jpg
中央にBuza Barがある

d0113429_16392052.jpg
途中のカフェでファンタ休憩

d0113429_16392723.jpg
城壁から旧港を見下ろす

d0113429_16393285.jpg
アドリア海の真珠というよりは、トパーズな感じかなぁ

途中でツアーグループにつかまってかなり足取りが遅くなってしまったけど、無事一周を完了。もしかしたら、帰るまでにもう一度城壁巡りしたいかもだなー。まぁ4日目と5日目のスケジュール次第だな。でも本当に、すごい体験をしたと思った。

この後はプラツァ通りをゆっくり歩いて、お勧めされたアイスクリーム屋(Dolce Vita)でアイスを買ったりして、ちょっと街を散策した。ちょっとアパートに戻ってコンピュータを取ってきて、お勧めされた断崖沿いのBuža Barでゆっくりとビールでも飲みながら旅行記でも書こうかな。かなり長い階段をヒーヒー言いながら上って道を歩いていると、ばったり平乃内さんと出くわした。今夜の夕食のことを了解して、ここでは一度別れた。この後Buža Barを探すんだけど……、見つからないんだよねぇ。住民の人にクロアチア語で聞くと、プッと笑われながらも、英語で親切に教えてくれた。それで今、その崖っぷちバーでビールを飲みながら旅行記を書いているというわけ。もう本当に気持ちよすぎ! そんなにたくさんは入れない場所なんだけど、満杯じゃないのが不思議だな。ひょっとしてみんな、この場所のこと知らないのかな? 結構傾いた太陽が海に反射して、波が岩にくだける音がして、本当にリラックスできる場所。んー、生きててよかった。

d0113429_16393842.jpg
アイスクリームを食べながらプラツァ通りを歩く

しばしビールと風景でリラックスした後は、アパートに戻ってちょっと休む。そういえばここのアパートにはシャンプーも石鹸もないや。ピレ門のすぐ外にスーパーがあるので、そこで買ってくることにしよう。水も普通に買うよりはかなり安いので、ここで3本くらい買いだめ。アパートに冷蔵庫があるので、そこに置いておけばいい。

アパートで7:40くらいまでゴロゴロした後は、平之内さんに会いに、待ち合わせ場所の聖ヴラホ教会まで歩いて行く。聖ヴラホ教会の階段で平之内さんと再会。もう彼はその時点で何人か連れていた。彼の「人に声をかける能力」には本当に頭が下がる。ほどなくもう2人登場して、全部で男3人、女3人の、合計6人。平之内さんが調査済みのKameniceというレストランに歩いていく。ここは彼のガイドブックに「地元の人が紹介した」と書かれていた場所で、しかも『地球の歩き方』には地図には載っているけどレストランのリストには載っていないところらしい。彼によると、そういうレストランが狙い目なんだそうな。僕は以前レストランのリストに載っていて、後に外された場所かなとか思ってたんだけど、本当のところどうなんだろう?

6人もいると、色々なものを頼めるから嬉しい。かなりたくさんオーダーして、みんなでシェアした。やっぱりみんな個人旅行だから、レストランでは同じ悩みがある。「大勢だったら色々な料理が楽しめるのに!」ってこと。ハウスワインを白と赤、リットルで1本ずつ頼んで、ワイワイ飲みながら食事した。全員個人旅行をしていて旅好きだという共通点が既にあるので、すぐに打ち解けてしまった。こんな感じで複数の人と食事するのは今回の旅で初めて。やっぱりいいねー。 食事もまあまあ美味しかったし、本当に心から楽しかった。かなりグビグビ飲んでたんで、酔って変なことを言っていなかったか不安だったりする。若い井脇くんの、「貝食べましたよ貝。黒い貝!」(ムール貝のこと)ってフレーズがイヤに頭に残ってる(笑)。

d0113429_16394538.jpg
生牡蠣は小さいけど味は濃かった

d0113429_16395114.jpg
一人旅軍団

食事の後は近くのGradska Kavanaというカフェで二次会。明日の朝ツアーで早いのに僕はカクテルを頼んでしまって、またまた気持ちよくなってしまった。楽しいと時は速く過ぎるもので、気がついたらもう11時過ぎ。6人のうち3人はもう明日ドゥブロヴニクを離れてしまうらしいけど、女性軍の中の2人はまだ明日にいるというので、明日のディナーも一緒にすることに。「じゃあ明日7時に、いつものところで~」みたいな感じで別れた。

d0113429_16395715.jpg
夜のドゥブロヴニクを帰途に着く日本人たち (黒川さん、足が地面についてない~!)

アパートに帰って寝たのは12時をまわってからだった。こんなに遅く寝たの、今回の旅で初めてなんじゃないかな? アレンジしてくれた平之内さん(酔って山之内さんとか言っちゃってゴメンね)、本当にありがとうございました!
[PR]
by alexsea | 2011-05-04 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/13537233
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 亜紀 at 2011-05-08 21:38 x
アドリア海といえば「紅の豚」だね~。
でも「魔女の宅急便」も雰囲気に合いそう。

崖っぷちカフェ(笑)いいねぇ。
それにステキな人たちとの出会いと食事。
旅の醍醐味って感じだね。

この調子で良い旅が続くことを祈っています!
Commented by alexsea at 2011-05-09 01:30
>亜紀ちゃん

ありがとう! そうそう、ドゥブロヴニクが『紅の豚』の舞台だということは知ってたんだけど、そのサントラは持っていなかったんで、『魔女の宅急便』になっちゃいました。でもすごく合ってたよ。崖っぷちバー、もう一度行きたかったんだけど、結局行けずじまいでした。でも楽しかったからヨシ、です。
<< 世界一周2011: 戦争の傷跡... 世界一周2011: 雨の試練 ... >>