From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>るうこさん お久..
by alexsea at 14:08
お久しぶりです♪日食です..
by るうこ at 12:53
>FIELDSATAN ..
by alexsea at 00:35
おお、シアトルでも見られ..
by FIELDSATAN at 22:49
>amyさん お久..
by alexsea at 12:27
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


世界一周2011: 虹を見たかい (カッパドキア4)
ブルー・ツアーがキャンセルできたので、今日は一日フリー。ちょっとゆっくり起きて、9時頃朝ごはんを食べに行く。ホテルのオーナーのMustafaさんがこれを食べてみろと言って、焼きクレープのようなものを皿に載せてきてくれた。これがトルコ風パンケーキのギョズレメなのかな? その上にあまり甘くない砂糖のようなものをかけてくれた。パンケーキ自体もバターの味がして美味しいんだけど、その砂糖のようなものの上品な甘さが一層味わいを引き立てているみたい。これを食べてチャイを飲んでいると、あぁトルコなんだなぁって今更ながらに感動してしまう。本当にここのホテルは、オーナーのMustafaさんも、息子さんのCem(ジェム)も、従業員のTuğra(トゥーラ)も、みんなにこやかで気さくな人ばかり。パムッカレのホテルでは、いい人っぽく見えるけどみんなビジネスのことしか頭にないみたいな人ばかりだったので、このギョレメのホテルでは心からホッとできた。朝食ルームでは客同士も、初めて会った旅行者ばかりなのにみんなずっと前からの友達みたいだし。本当にここに泊まってよかった。Aydınlı Cave Hotel、とにかくオススメです。

今日は雨が降るって聞いてたんだけど、青空が広がっていていい天気。朝食の後は部屋でネットサーフなんかをして、ランチを食べに街中にゆっくりと歩いていった。せっかくだから、TripAdvisorで1位を取っているCafe Şafakで食べてみましょうか。ここではAdanaを頼んだんだけど、なんかこれ市販品を暖めた感じがするのは気のせい? 舌触りも歯触りも、今まで食べたAdanaとは全然違う。なんだかモッチリしていて、肉の味が明確に伝わってこない。なにこれー。なんでここがTripAdvisorで1位なわけ?一体何を頼んだら1位の味が楽しめるんだろう。

d0113429_14221536.jpg
なんか大量生産された味っぽいんだよなぁ

残念なランチの後は街をぶらついてElis Hamamというハマムにでも行こうかと考えていたら、同じ宿に泊まっているDavidとJudyにバスターミナルでばったり出会った。彼らもハマムがどんな感じなのか覗いてみたいということで、一緒にフロントまで行くことに。やっぱり観光客用だけあって高いねぇ。まぁイスタンブールよりはちょっと安いけど、ハマム入場料と垢すりで50TL。僕はそれにオイルマッサージを30分つけたので全部で108TL。まぁアメリカよりは安いということで、やってもらうことにした。DavidとJudyはパスすることにしたみたい。

まず更衣室で着替えて、顔に泥パックをされて、サウナに10分入るように言われる。シャワーを浴びた後はハマムの中の円形の台に寝そべって約5分。ここのハマムは入口が開けてあるせいか、いつも空気が流れていてあまり暑くないのが不満。その後は垢すりと泡での洗浄。泡マッサージがかなり長かったので、これがオイルマッサージなのかなと思いこんでたんだよね。15分くらいは洗ってくれたぞ。だから終わったときには「え、まだ30分経ってないぞ!」ってガッカリしたんだけど、その後シャワーを浴びて更衣室へ向かおうとすると、「オイルマッサージはそっち!」と誘導された。あー、あれはただ体を洗ってくれただけだったのか。オイルマッサージは、その名の通り全身にオイルを擦りこむ感じのマッサージ。あまり深くやってくれないんだけど、まぁ気持ちいいことは気持ちよかった。ケセジさんはここの方がよかったけど、全体的にイスタンブールのハマムの方が満足度が高かった気がするのはなぜだろう?

d0113429_14221769.jpg
Elis Hamam

外に出ると雨がざんざん降っていてビックリ。これじゃどこにも行けないので、ホテルに戻って旅行記を書いたりベッドに寝転がったりして、すごくゆったりとした午後を過ごした。

夕飯時ちょっと前に窓から外を見ると雨が止んでいる。窓から見える丘の上に、たくさんの人がいるのが見えた。あー、そういえばあそこら辺にビューポイントがあるって聞いたなぁ。行ってみなければ!ということで部屋を出たところで、またDavidとJudyに遭遇。彼らはそのビューポイントまでの道を知っていたので、教えてもらってそこまで歩いていった。後で知ったんだけど、このビューポイントはAydın Kırağı View Pointという名前らしい。

ビューポイントの丘まではホテルから歩いて15分ほどで行けてしまう。途中でポツポツと雨がぱらついてたんだけど、丘に上ったらずっと東の方に虹が見える! しばらくすると雨も止んだので、ここの丘の上からの素晴らしい景色を十分に堪能できた。虹は僕にとってラッキーシンボルだと勝手に決めているので、あぁここに上ってきたのは正しかったんだなと個人的に納得。板張りのビューポイントからギョレメの街やウチヒサルの砦を眺めたり、もうちょっとトレイルを歩いて逆側の虹のある方向の景色を眺めたりした。ここからの景色が素晴らしすぎて、しばらく足が動かなかったほど。またまた久石譲の音楽をこの景色に合わせてみたら、あー、もう感動で涙が出そう。

d0113429_14222029.jpg
丘を上がると目の前には虹が!

d0113429_14222276.jpg
ビューポイントからの景色

d0113429_14222465.jpg
逆側にはこんな景色が広がっている

d0113429_14222661.jpg
こっちにおいでとでも言うかのような虹

d0113429_14222882.jpg
雲がとてもドラマティックな空を創りあげていた

結局丘の上には1時間近くいたんじゃないかな。お腹が空いてきたので後ろ髪を引かれつつも丘を下りて、TripAdvisorで3位だったCappadocia Cafe & Restaurantに入る。ここではずっと試してみたかった、カッパドキア名物のテスティ・ケバブをラム肉で注文。これは肉や野菜を陶器に入れて調理したもので、最後にハンマーで叩いて器を半分に割って、内容物をお皿に供するというもの。サーバーが陶器をハンマーで叩くところをビデオで撮影してたんだけど、いきなり変なところにヒビが入ってしまったらしく、失敗。上のフォイルを外して内容物を出すしかなかった。しきりに謝ってたけど、こういうこともあるんだね。隣のテーブルの人たちも同じものを注文したので、サーバーが彼らの器を割るときには「もう一回やりますから撮影してください!」とかお願いされちゃった(笑)。今回の器割りは大成功で、真ん中からカパッと二つに分かれた。味自体はアメリカの伝統的な料理ポットローストみたいんなんだけど、しっかりと実質のある味わいで、カッパドキアで初めて「美味しい!」と思えるものを食べたなって感じだった。店の人もすごく感じがよかったし、ここの店がTripAdvisorで1位じゃないのが不思議なくらいだった。

d0113429_14223186.jpg
テスティ・ケバブはこんなポットに入ってくる

d0113429_142233100.jpg
中身を皿に出したところ。美味しかった!

店を出たらまた雨が降ってたんだけど、僕としてはどうしてもさっきのビューポイントに上がって夜景を見たかった。今夜が最後の夜だもん。雨水が川のようになって流れている道をどんどん上がってビューポイントに達すると、そこには僕一人だけだった。ギョレメの街のライトアップされた奇石がオレンジ色に輝いて、その向こうにはライトアップされたウチヒサルの砦も見えて、最高の景色!! 雨の中、本当に上ってきてよかった。ギョレメの夜景はもう断然オススメです。

d0113429_14223553.jpg
ああ、この光と闇が入り乱れた素晴らしい景色よ!

d0113429_14223768.jpg
ウチヒサルの砦はなんだか宮崎駿のアニメにでも出てきそう

d0113429_14224040.jpg
ギョレメの夜景は本当に綺麗

初めてのカッパドキア体験、本当に最高のものになった。最後の夜なので、眠ってしまうのが惜しいくらいだった。
[PR]
by alexsea | 2011-05-20 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/13660823
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 世界一周2011: カッパドキ... 世界一周2011: カッパドキ... >>