From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>るうこさん お久..
by alexsea at 14:08
お久しぶりです♪日食です..
by るうこ at 12:53
>FIELDSATAN ..
by alexsea at 00:35
おお、シアトルでも見られ..
by FIELDSATAN at 22:49
>amyさん お久..
by alexsea at 12:27
以前の記事
2017年 10月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


世界一周2011: 遺跡ラッシュと出会いの妙2 (シェムリアップ2)
昨日あまりにも灼熱地獄の中で観光したので、今朝はちょっとだけでも涼しいうちにということで、1時間早い8時に出発時間を設定。昨日と同じドライバーのHongに、まずは街に一番近いプラサット・クラヴァンに連れて行ってもらう。この遺跡は本当にシンプルに5つの堂が並んでいるだけのものだけど、真ん中の堂の内部の壁には浮き彫りがされているのが珍しいらしい。確かに他の遺跡にはこういうのなかったよなぁ。右側の二つの堂が修復作業中で入れなかったけど、中央がとても見どころがあったのでよかった。

d0113429_158099.jpg
プラサット・クラヴァン

d0113429_158347.jpg
祠堂の内部の壁にも彫り物が

次はバンテアイ・クデイ。ここはガイド崩れにつきまとわれて閉口したけど、なんとか振り切って自分だけで観光。「踊り子のテラス」がたくさんの踊り子の彫り物で溢れていて、かなり見応えがあった。それとこれはガイド崩れがいなかったらわからなかったことなんだけど、この遺跡の西門の近くに立っている大きな木が、映画『Tomb Raider』に出てきたらしい。家に帰ったらまた映画を見てみなきゃな。この遺跡の道路を挟んだ向かい側にはスラ・スランがある。ここは大きな湖のすぐ前の小さな遺跡。湖の付属物としか見えなかったけど、すごく気持ちのいい場所だったな。

d0113429_158549.jpg
バンテアイ・クデイの「踊り子のテラス」の柱

d0113429_158745.jpg
ここが『Tomb Raider』に出てきたらしいんだけど……?

d0113429_158935.jpg
スラ・スランは気持ちがいい

この後は東メボンへ。ここは大きな象と獅子の像がとても印象に残ってる。獅子の像は門を守るように位置されていて、まるで日本の神社の狛犬のようだったし、象は周壁の四隅に立っていて、獅子と一緒にこの地を守護しているかのよう。次の遺跡はプレ・ループ。ここもかなり上まで階段を上らなきゃいけない。こういう感じの遺跡が多いので、ここは上るのをパスしようかと思ったけど、せっかく来たんだからと元気を振り絞って登頂成功。もうこの頃にはかなり暑くなっていて、汗ダラダラだった。ホテルから小さいタオルを借りてきておいてよかった。昨日使ったハンカチはもう洗うまで使えないし。ここは綺麗なデバター(女神像)の彫り物が有名らしい。4つの顔を持つ女神があったり、イノシシ顔の女神があったり、どうしてそういう彫り物がされたのか理由が気になった。

d0113429_1581239.jpg
東メボンのかわいい象

d0113429_1581435.jpg
プレ・ループのイノシシ顔の女神

さてこの次は有名なタ・プロームへ。ここは木々に侵食されている遺跡として知られている。有名なだけに観光客も多かったけど(韓国人と中国人が本当に多い!)、大きな木が遺跡に食い込んでいる姿はさすがに圧巻だった。人でいっぱいだったからゆっくりはできなかったけど、昨日見た遺跡と一緒で、頭の中ではずっと『天空の城ラピュタ』の音楽が流れてた。「バルス!」とか口にしたら遺跡ごと空に上って行っちゃいそうで(んなわけない)。今まで見た遺跡の中で一番印象に残った場所だった。本当に、自然と時間の力ってすごいんだなって実感してしまう。

d0113429_1581680.jpg
タ・プロームは木々に侵略された遺跡

d0113429_1581820.jpg
血管のような木があったり

d0113429_1582130.jpg
まるで怪物の足が押しつぶしているように見えたりとか

お次はタ・ケウ。ここも上りモノ。勘弁してくれーとか思ったけど、なんとか登頂成功。一番上からの景色は結構気持ちよかったな。チャウ・サイ・テボーダは小さかったけど空中参道がよかったし、道路を挟んだ向かい側のトマノンも小さな遺跡だけど、彫り物が綺麗に残されてるなーって思った。ここの遺跡の前でJorge(ホルヘ)という人となんとなく話しだして、彼も個人旅行中でシェムリアップに滞在中とのことなので、夕食を一緒にどうかと誘ってみるとすぐにOKが出た。やっぱり彼も食べるときは人恋しく感じたりしてたんだろうか。

d0113429_1582332.jpg
この急な階段……

d0113429_1582510.jpg
チャウ・サイ・テボーダ

これで中心部の見たい遺跡の観光は全て終了! お腹がグーグー鳴っていたので、Hongにオススメのカンボジア料理の店に連れて行ってもらって、ランチを食べることにした。彼の選んだ場所はNearly Khmer。ガイドブックにも載ってるし、僕のホテルからも近い場所。僕はアペタイザーに牛肉の串焼きと、メインにチャーハンを注文。牛肉は生姜の香りが効いていてとても美味しかったけど、チャーハンはなんだか普通の味。タイと違って、カンボジアのチャーハンには明確な主張がないのかなぁ。一緒についてきた鶏の手羽はビックリするほど美味しかったけどね。シェムリアップでは鶏が美味しいような気がする。

昨日Hongが言ってたんだけど、昨日のスケジュールは大きな遺跡がたくさんあって大変だったけど、今日は小さな遺跡ばかりだから、その後ロリュオス遺跡群にも行けるよとのことだった。食べ終わってもまだ12時前だったので、今日のうちに行ってしまうことにしましょうか。

Hongのトゥクトゥクにまた乗せてもらって、国道6号線を東に行くこと約20分。ロリュオスの中でも一番大きなバコンに着いた。ここの入口で、完璧な英語を話すアジア人女性に写真を撮ってくれと頼まれたので撮ってあげて、僕も撮ってもらった。フィリピン人らしい。僕の親友二人がフィリピン人だよって言うと、「フィリピン人は本当にどこにでもいるから!」って笑ってた。ここも「上りモノ」遺跡の一つなんだけど、遺跡の参道の前には花が咲き乱れていたりして、とても平和な雰囲気。結構破壊が進んでいて時代を感じさせる遺跡なんだけど、一箇所だけ阿修羅のレリーフが綺麗に保存されていて、「何でここだけ?!」と驚いてしまう。

d0113429_1582718.jpg
バコンの入口は華やかな感じ

プリア・コーは6つの祠堂があるだけの小さな遺跡。あまり印象に残ってないなぁ。最後のロレイは、遺跡よりもそばにある学校や僧侶が住む場所の方が面白かった。学校からは子供たちが遊ぶ声が聞こえるし、若い僧侶たちが歩いていたりして、カンボジアの普通の生活というものを垣間見れた感じがした。遺跡ばかりじゃなくて、現代に生きる人たちの生活も同じくらい面白いと思う。お金を払ってでもそういう場所の見学をしたいと思った。

d0113429_158292.jpg
頼んで写真を撮らせてもらった

トゥクトゥクでホテルに帰った後は、シャワーを浴びてプールでリラックス。プールサイドでビールを飲みながら旅行記を書くってのは、本当に贅沢な時間の使い方だと思う。

トマノンの前で会ったJorgeとのディナーは、昨日も行ったKhmer Kitchenで。同じレストランだけど、昨日見て美味しそうだなって思ってたメニューが頭にあったからいいんだ。アペタイザーとしてカンボジア風ダンプリングを二人でシェアして、僕はチキンのバーベキュー、Jorgeはイカのグリルを注文。ダンプリングはまるで日本の饅頭のような口ざわりで、でも中にはニラのようなものが入っていて、甘辛いソースをかけて食べるとすごく美味しかった。チキンのバーベキューも美味しかったし。カンボジアって、チキンが美味しい場所のように感じるのは気のせい?(笑)

Jorgeはロンドンに住むアルゼンチン人。建築設計士をやってたんだけど、会社を一度辞めて3ヶ月に渡る東南アジアの旅をして、帰って仕事がまだあったらよし、もしなくても他の場所で働くからいいって感じなんだって。仕事自体は好きなんだけど、最後にやっていたプロジェクトが面白くなくて、これは離れなきゃダメだ!と思ったらしい。まだ旅に出てから3週間ちょっとらしく、僕と同じ日にシェムリアップ入りして、僕と同じ日にシェムリアップを立ってラオスの方に行くらしい。初めて会ったというのに話が弾んで、ビールの大瓶2本をレストランで開けて、その後裏パブ・ストリートのバーでカクテルを飲みながら話しまくった。ちょっとシリアスな外見(最初はSpandau Balletのリードボーカルに似てるかななんて思ったけど、それよりもハンサムかも)なんだけど、すごく面白いヤツでよかった。カクテルを飲んでる最中に豪雨が降ってきてビックリ。30分くらいで止んだけど、レストランを出てすぐ帰ってたら雨でびしょ濡れになってたかも。バーでも隣のテーブルの人とちょっと話したりして、結構楽しかった。やっぱりパブ・ストリートや裏パブ・ストリートの辺りって、観光客ズレしているとはいえ楽しい場所だなぁ。Jorgeも僕がプランしていたバンテアイ・スレイの辺りに明日行く予定だというので、それじゃ一緒に車をシェアしようよ!と提案。彼は今まで自転車で遺跡をまわってたんだけど、明日はトゥクトゥクを使おうと思ってたんだって。車の一日チャーターの値段を聞いて、その安さにビックリしてた。「そんなに安いんだったら観光にトゥクトゥクを使うんだったー!」って言ってた(笑)。明日彼のホテルに車でピックアップに行くことを伝えて、その日はそこで別れた。新しい旅友達ができて本当によかった。

d0113429_1583110.jpg
Jorgeも僕も日焼けで真っ赤!

ホテルに戻った後は、バーでまた一杯カクテルを飲みながらホテルのフランス人オーナーと話をしたりして、まったりと夜は更けていった。
[PR]
by alexsea | 2011-05-24 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/13661082
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 世界一周2011: 山道をハイ... 世界一周2011: 舐めてた。... >>