From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>亜紀ちゃん サン..
by alexsea at 02:26
いいねいいね〜サンフラン..
by 亜紀 at 08:28
>海老原くん えー..
by alexsea at 03:52
もう、きっと覚えてないと..
by 海老原吉晶 at 00:05
>るうこさん うひ..
by alexsea at 06:32
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


ブラジル2011: 初めてのブラジル
実はブラジルという国は、僕の中の「行きたい国リスト」の中であまり上位には入っていなかった。「暑い国」という印象が頭にあって、暑さに弱い僕としては、なにもそんなところにわざわざ行く必要ないじゃんとか思ってた。ブラジルの中で見てみたい場所というのも、特に思いつかなかったし。

ところが、家にたまたま置いてあったJTB USAの旅行パンフレットに載っていた写真を見た瞬間、全てが変わってしまった。白い砂丘の間に、いくつも広がるエメラルドグリーンの小さな湖たち。ブラジルの「レンソイス」という場所らしい。これを見た瞬間、場所に「呼ばれた」気がした。

ルームメートのKoreyは学生時代にブラジルに留学していたことがあって、前からまた行きたいと言っていたので、ブラジルに行きたいと言ったら飛び上がって喜んでた。彼はポルトガル語に堪能なので、コミュニケーションは全て彼に任せてしまうことにする。昔のホストファミリーともコンタクトをとって、みんなで集まったりする予定を立てたりしてくれた。

さて、出発の日。シアトルから経由地のダラスまでは順調な飛行。でもダラスからサンパウロ行きの飛行機が、本来ならば2時間ほど待てばいいだけだったんだけど、表示を見るとなんと3時間の遅延らしい! ラウンジに入ったんだけど午後6時に閉まってしまうので、そこでゆっくりすることはできなかったし。仕方がないので空港の中でゆっくりと食事をして、その後はバーで飲んだりして時間を潰すことに。そうこうしているうちに、表示がまた変わってさらに1時間のディレイ。元々午後7:45発の飛行機が、結局午後11:30発になってしまった。サンパウロには翌朝の7:40に到着予定だったんだけど、結局着いたのは午前11:30頃。テクニカルトラブルだったらしいから、キャンセルされなかっただけでもヨシとしなきゃな。飛行機の中ではあまり眠れなかったけど、映画『Source Code』が観れてよかった。なかなか面白かった!

空港には、ホストファミリーでKoreyの「姉」だったCristiana(クリスチアーナ)が迎えに来てくれるはずだったんだけど、出口を出てもそれらしき人はいなかった。頼みの綱だったKoreyの携帯も、なぜかネットワークに繋がってくれない。仕方がないので、僕が彼女の名前を大きく書いた紙を掲げて待っている間、Koreyがテレフォンカードを買って公衆電話を探してCristianaに連絡をしてみるという。心細く15分ほど待った後、Koreyが連絡に成功して帰ってきた。外で待っているらしいので、僕もATMでお金を下ろした後に空港の外へ。ここでもちょっと彼女のことを探してたんだけど、なんとなくキョロキョロしている人を僕が発見して、「まさかあの人じゃないよね?」と言ってみると、その人で大当たりだった。やっとのことで彼女の車に乗り込んで、Cristianaの娘さんのLuiza(ルイーザ)とも挨拶をした後、Koreyが学生時代を過ごしたサンパウロの郊外にあるタウバテ(Taubaté)という街まで、約1時間ちょっとのドライブ。

高速道路の周りの土地には、無数の蟻塚が見えた。そういえばネットでタウバテのことを検索したときに、タウバテでは蟻を食べる人たちがいるとのことを読んだなぁ。そのことをLuizaに聞いてみると、食べることのできる蟻はただ一種類だけで、羽蟻のようなものらしい。その蟻が地面に落ちてくる期間があるらしく、それを拾って炒めて食べるんだそうな。彼女が食べたことがあるかどうかはっきりとは聞かなかったんだけど、なんとなく食べたことがある口調だったな。

タウバテの街は昔から工業で栄えた場所らしい。まずはホストファミリーのご両親の住んでいるマンションに行って、ご両親Ralir(ハリーア)と Magda(マグダ)、長女のMariara(マリアラ)にご挨拶。彼らは英語が話せないんだけど、ポルトガル語で一所懸命話しかけてくれて、とても歓待してくれているみたいで嬉しかった。

d0113429_22524419.jpg
Magda, Korey, Ralir

一服した後はCristianaは僕らの荷物を車に載せたまま彼女の家に帰って(そこに二泊させてもらうことになってた)、その後はみんなでランチ。色々なものがテーブルに並べてあって、それを各自取って食べる感じになってる。ブラジルではとてもポピュラーなグアラナジュースは、まるでオロナミンCのような味で僕の大好物(笑)。薄切り豚肉の料理、スフィハ(Sfiha)と呼ばれるレバノンの料理(お父さんはレバノン系の人らしい)、玉ねぎのタルト、ガーリックライス、サラダなどなど。どれも目が覚めるような美味しさのものばかりで、お腹も空いていたこともあって、おかわりまでしてしまった。んー、ブラジルの料理、すごく口に合うかも!

d0113429_22524742.jpg
ブラジルの家庭料理。右上の丸いのがスフィハ

d0113429_22525135.jpg
美味しい玉ねぎのタルト

お腹が一杯になった後はデザートが出てきた。プジン(Pudim)と呼ばれる堅めのプリンは、卵とコンデンスミルクの濃厚な味がして最高に美味しかったし、グアバペーストを固めたものはケージョ・ミネイロ(Queijo Mineiro)と呼ばれる生チーズのスライスと一緒に食べて、これもフルーティーな甘さとチーズの塩味が妙にマッチして素晴らしかった。このグアバペーストとチーズのコンビネーションは「ロミオとジュリエット」と呼ばれているもので、とても伝統的なものらしい。

d0113429_22525553.jpg
プジンは濃厚で堅めのプリン

d0113429_2252588.jpg
グアバペーストとチーズの「ロミオとジュリエット」

そうこうしているうちに、Koreyがよくつるんでいたらしい次男のJuliano(ジュリアーノ)と、彼の娘のLidia(リッジャ)が到着。タウバテの街のドライブに連れて行ってくれるらしい。Lidiaは以前クルーズ船で働いていたらしく英語がペラペラのとても快活な女の子で、ドライブ途中にずっと説明をしてくれていた。タウバテで一番高い丘の上には、リオ・デ・ジャネイロのキリスト像のミニバージョンが立っている。その像が立っている展望台のような場所には階段で上れるようになってるんだけど、なぜか閉まっていて入れなかったのが残念。でもその丘の上からはタウバテの街が一望できて、とても気持ちのいい場所だった。

d0113429_2253169.jpg
タウバテの街のドライブ

d0113429_2253534.jpg
キリスト像はタウバテの一番高い丘に建っていた

この後はJulianoとLidiaオススメの居酒屋のような感じの場所、Barril do zé Bigodeでビールを飲むことに。金曜の夕方だからか、地元の人たちでとても賑わっていた。ビールと一緒に頼んだのは、ブラジル風コロッケと、ボリーニョ・ジ・バカリャウ(Bolinho de Bacalhau)と呼ばれるタラのような魚のコロッケ。ランチをたくさん食べたのでまだお腹が一杯だったんだけど、ポテトと挽肉がたくさん詰まっているコロッケは日本のとよく似ている感じでよかったし、魚のコロッケは濃厚な魚の香りと味でとても美味しかった。しばらくビールを飲みながら食べた後は、お店の人からトヘズモ(Torresmo)と呼ばれる料理のサービス。これは豚肉をカリカリに揚げたものみたいで、噛み締めると口いっぱいに広がるベーコンのような濃厚な味が素晴らしかった。やっぱり僕は豚肉が大好き! こういう地元の人しか行かないような店でのんびりするのって、なんだかすごく好きだなぁ。とても楽しい雰囲気だったので、僕もビールをガブガブ飲んでしまった。

d0113429_225385.jpg
ビールが温まらないようにプラスチックのケースに入ってきたりする。ブラジルでは一般的らしい

d0113429_22531175.jpg
手前3つがコロッケ、向こう側3つがボリーニョ・ジ・バカリャウ

まだ7時半過ぎで早かったんだけど、飛行機の中であまり眠れなかったのでKoreyも僕もかなり疲れてしまっていた。JulianoにCristianaの家まで送ってもらって、Yolanda、Batman、Marleyという3匹の犬に挨拶した後、9時にはベッドに入って寝てしまった。約36時間ぶりに横になれて気持ちよかった!
[PR]
by alexsea | 2011-08-12 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/14450659
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ブラジル2011: ホームステイ気分 ブラジル 2011 >>