From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>るうこさん うひ..
by alexsea at 06:32
>亜紀ちゃん お子..
by alexsea at 06:30
お久しぶりです♪ポルトガ..
by るうこ at 21:30
今回の旅行記も楽しく読ま..
by 亜紀 at 18:22
Alexさん、お久しぶり..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 21:23
以前の記事
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


ブラジル2011: ホームステイ気分
10時間ほどぐっすりと眠った後、鳥の声と犬たちの鳴き声で目が覚めた。今日もいい天気! パンにチーズとハムを挟んでちょっとトーストしたものを朝ごはんとして食べた後、Luizaが車を運転してくれて、まずタウバテの市場の見学から始める。

かなり大きな市場は、野菜・果物、肉、魚、乾物など、いくつかのセクションに分かれていて、大勢の人で賑わっていた。タウバテのような街にはあまり観光客が来ることがないので、ここにいるのはほとんど全てがローカルな人々ということになる。ハンガリーに行ったときにブダペストの市場を訪れたけど、そのときと同じような高揚感が身を包んだ。やっぱり市場は、その土地のカルチャーを肌で感じるのにピッタリの場所のような気がする。

d0113429_2383139.jpg
市場はカルチャーの縮図だと思う

途中でボリーニョ・ジ・ココ(Bolinho de Côco)というココナッツのお菓子を買って食べた。すごく甘いんだけど、口の中でフワッと溶ける感じで美味しい! 子供の頃大好きだった、「二人静」という和三盆糖を使ったお菓子を思い出させる食感だった。僕にはちょっと甘すぎるので、たくさんは食べられなかったけどね。

d0113429_2383384.jpg
ボリーニョ・ジ・ココは綿菓子をちょっと握った感じの食感

また市場の真ん中にあるPastelaria Matsushitaという店では、パステウ(Pastel)というスナックのようなものを売っていた。春巻きのような皮の中に具を入れて揚げただけのシンプルなもの。ランチのためにお腹を空かしておこうと思ったんだけど、揚げたてのアツアツのパステウを見るとものすごく美味しそう。Luizaも「パステウを食べるんだったら、ここの店が一番!」と言っていたので、誘惑に負けて一つ買ってしまった。一番ベーシックなパステウ・ジ・ケージョ(Pastel de Queijo)は、チーズを中に入れて揚げたもの。 R$4.80。サクサクの皮はとても香ばしくて、皮自体の味を楽しんでいるとチーズの味と香りが立ち上ってくる感じ。チーズでパンパンにしてあるわけではないので、バランスよく皮とチーズの味、両方を楽しめる。あーもう最高! ブラジル人の間ではすごくポピュラーというのもわかる気がする。

d0113429_2383692.jpg
美味しいパステウ・ジ・ケージョ!

さて、市場を一回りした後は、Cristianaが持つ湖沿いの家に行くことに。Koreyがブラジルに来たということと、次の日がブラジルの父の日だということで、家族のほとんど全員が集まるイベントを企画してくれた。何が食べたいか事前に聞かれていて、その準備を前日から初めてくれていたらしい。

池のような小さな湖沿いにパーティー用の家が建てられていて、素晴らしい天気も味方してとても気持ちのいい場所。お昼頃から三々五々家族が集まり始める。僕もみんなに熱烈歓迎を受けてしまって、照れるやら嬉しいやら。ビールやピンガ(ブラジル産テキーラのようなもの)を飲みながら、英語が話せる人たちとは会話しながら、のんびりと時を過ごしていた。結局全員揃ったのは午後2時をまわってから。ブルーチーズのスプレッドをパンに塗ったりしたのをおつまみ代わりに食べたりしてたんだけど、正直な話かなりお腹が空いてしまっていた。

d0113429_2383853.jpg
気持ちのいい湖のほとりの家

d0113429_2384155.jpg
家族が三々五々集まってくる

d0113429_2384396.jpg
僕はピンガやビールをがぶ飲みしてた

家族が全員揃った後は、ビュッフェ形式で各自ランチを皿に盛っていく。今日のメインはフェイジョアーダ(Feijoada)。ブラジルでは有名な伝統的家庭料理で、水曜か土曜のランチに食べる習慣があるらしい。僕は食べたことがなかったし、絶対にこれを食べなきゃ!とKoreyも言っていたので、事前にリクエストしておいたもの。肉やソーセージを黒豆で煮込んだもので、日本のカレーのようにライスにかけて食べるのが一般的らしい。サイドディッシュとしてはファロファ(Farofa)という山芋のようなものから作った粉に混ぜ物をしたものと、トマトや玉ねぎを細かく切った、いわゆるサルサのようなサラダ。それにケールを細く切って煮込んだものと、オレンジの角切り。

d0113429_2384658.jpg
ああ、ブラジルの家庭料理よ

フェイジョアーダは僕にとって初めてだったんだけど、一口食べてもう完全に虜! とにかく味の幅が広いこと広いこと! ソーセージや肉の旨みが溶け出していて、それを黒豆の味がしっかりとサポートしている。塩味も薄すぎずキツすぎず、ピッタリど真ん中。「フェイジョアーダだったら、お母さんの作るヤツが一番!」とLuizaが言ってたよなぁ。他のと食べ比べたことはないからわからないけど、このフェイジョアーダは本当に身に染みる美味しさだった。ブラジル家庭料理の真髄!って感じかな。ファロファもなかなか美味しかったんだけど、ドライな食感がちょっと個人的には苦手かな。サルサのようなサラダはフェイジョアーダの後に爽やかさを与えてくれるし、ケールの苦味は舌をリセットしてくれる。バラバラに食べてもいいけど、みんながしているように混ぜこぜにして食べてもフェイジョアーダの味が膨らむ感じ。オレンジの角切りも好みによって混ぜてしまうらしい。あまりにも美味しかったので、即おかわりをしてしまった。Cristianaは僕がすごく気に入ったのを見て、とても嬉しそうだった。

d0113429_2384830.jpg
最高のフェイジョアーダ!

お腹が一杯になった後は、やっぱりまたビールやピンガを飲みながらお喋り。そうこうしているうちにデザートが山のように出てきた。ライムパイやら、デリシア・ジ・アバカシ(Delicia de Abacaxí)と呼ばれるパイナップルのデザートとか、ブリガデイロ(Brigadeiro)というチョコレートと練乳を練ったようなソースをチョコレートケーキにかけて食べたりとか。全部美味しかったけど、ブラジルのお菓子やデザートはかなり甘めな感じがするな。その中でデリシア・ジ・アバカシだけは、爽やかなパイナップルの甘さがとても気持ちよかった。冷やされて出てきたってのもよかったな。

d0113429_2385192.jpg
ゆったりとした家族の午後

d0113429_2385393.jpg
デザートの数々

もう飲みながら食べながら会話しながら、湖では魚釣りが始まったりとか、時の経つのを忘れてた感じ。気がつけば辺りは暗くなっていて、満月のような月が湖の向こうから昇ってきたときには、みんな感嘆のため息をもらしていた。虫が出てきたので中に移動したんだけど、しばらく中でワイワイやっていたら、いきなり停電。「こんなこともあるのよねー」とか言いながら、慣れた感じでLED照明灯をどこかからいくつも持ち出してきて、家中のあちこちにセット。何事もなかったかのように、そのままパーティーは続行してしまった。たくましきブラジル人(笑)。真っ暗な中でも火は使えるので、ランチのフェイジョアーダとかを温めなおして、暗闇の中で食べたい人だけ各自ディナー。もうランチからかなり時間が経っていたので、僕も美味しくいただいてしまった。

d0113429_2385694.jpg
みんな楽しんでた

d0113429_2385943.jpg
ビールやらピンガやらがそこら中に

d0113429_239298.jpg
湖では釣りが始まったり

d0113429_239575.jpg
気がつくと綺麗な月が上ってた

結局パーティーが終わったのは10時半頃じゃなかったかな。11時間にも及ぶ壮大な家族のパーティー。最初は緊張したけど、すごく楽しかった。85歳のMagdaも、「来てくれてありがとね」と両頬にキスをくれてからお別れした。心から感動しちゃったなぁ。やっぱり土地の文化を知るには、その国の家族と一緒に過ごすのが一番だよね。たった一日半の間だけだったけど、まるでホームステイしたみたいな感じで、最高の気分を味わえた。ありがとう!
[PR]
by alexsea | 2011-08-13 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/14450775
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ブラジル2011: 海辺のチャ... ブラジル2011: 初めてのブラジル >>