From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
Alexさん、お久しぶり..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 21:23
昭和後期こどもの歴史研究..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 23:29
>亜紀ちゃん 最近..
by alexsea at 05:31
素敵な夏の週末だね〜(^..
by 亜紀 at 11:26
>昭和後期こどもの歴史研..
by alexsea at 14:38
以前の記事
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


ブラジル2011: 海辺のチャーミングな街、パラチー
Cristianaの家でパンとチーズとハムの朝食を済ませてから、7:30に家を出て長距離バスターミナルに向かう。今日はバスでパラチー(Paraty)という海辺の街に行く予定。本当はタウバテでレンタカーを借りて、パラチー経由でリオ・デ・ジャネイロまで行ってそこで返そうかと思ってたんだけど、返す場所が違うとレンタル料がものすごく高くなることが判明。仕方なくバスで行くことにした。まぁ僕はバスでも全然OKなんだけど、Koreyは途中の街に止まって景色を見たりしたかったらしい。

Cristianaに心からお礼を言った後、7:50発のバスに乗り込む。パラチーまでの約3時間半のバスの旅は、途中でトイレ休憩が一度あった以外はほとんど寝てたんだけど、前半は山道からスイッチバックの急な坂道を下って、後半は海沿いの綺麗な景色をずっと見ながら走ってた。スイッチバックの坂道は道幅も狭く、折り返し地点では曲がり角がよく見えないので、急に車が現れて何度もヒヤッとすることがあった。

パラチーの長距離バスターミナルで降りた後は、予約しておいたMagnu’s Posadaまで石畳の道を歩いて行く。距離的には5分ちょっとなんだけど、大きな荷物をスーツケースを引きずりながら歩いている僕たちにとっては、石畳の道はかなりキビしかった。石畳は均一じゃなくて、下を見ずに歩いていたら足をくじいてしまいそうな感じ。雰囲気はいいんだけど、歩きにくいことこの上ない。宿は結構小さめなんだけど、玄関を入ってすぐのところに小さなプールがあったりして雰囲気はいい。荷物を置いて、早速パラチーの散策にレッツゴー!

もう午後1時も近いので、かなりお腹も空いている。フロントの人に美味しいところを尋ねると、近くの小さな島にあるKontikiというレストランがいいらしい。パラチーではボートのチャーターをして海の上でゆっくりするのがメジャーな過ごし方らしいけど、ここのレストランまでは無料の送迎ボートがあるらしい。それじゃそこに行ってみることにしましょうか。

雲ひとつない青空の下、昔ながらの雰囲気をそのまま残しているパラチーの街は、「チャーミング」という言葉が一番良く表していると思う。石畳の道の両側には白い壁の建物が並んでいて、ところによってはドアにカラフルな色を塗ってアクセントにしているところもある。ギリシャのミコノス島の雰囲気に似てるけど、パラチーの方がもっと落ち着いた感じかな。

d0113429_2324275.jpg
青空の下、古い街並みがよく映える

5分ほど歩くと海に到達。吸い込まれそうな青い海には無数のカラフルなボートが並んでいて、素晴らしく気持ちがいい。桟橋の終わりにはレストランの看板が立ててあって、そこから送迎ボートに乗るらしい。魚釣りをする男の子たちの脇を通り抜けて、小さな連絡線に乗り込む。客は僕らの他に、若いブラジル人カップルだけ。約15分の気持ちのいい船旅の後、船はレストランのある島に辿り着いた。レストラン専用だとはいえ、こんな船旅が無料で楽しめるなら、わざわざボートをチャーターする必要はないかな。でも時間のあるときには一日チャーターして、船の中で飲んだり食べたりするのも楽しいかもしれないな。

d0113429_2324524.jpg
海に突き出る桟橋

レストランのあるのは本当に小さな島で、レストラン以外には何もない場所。とてもフォーマルなサーバーに出迎えられて、「お食事の前に島をぐるっとまわってみますか?」とのこと。もっちろん! 5分くらいで一周できちゃうような場所だけど、島の反対側にはちょっと大きめのスペースが設けられていて、結婚式とかもできるようになっているらしい。とても小さいけれど、素晴らしく綺麗な場所だった。

d0113429_2324891.jpg
この小さな島全部がレストラン

d0113429_23241162.jpg
結婚式なんかのパーティー用スペース

席に着いてカイピリーニャで乾杯。テーブルのすぐ脇には小さなビーチがあって、白い砂と澄んだ海がとても綺麗だ。一緒にボートに乗ってきたブラジル人カップルは、食べる前にビーチでのんびりとイチャイチャしてたのが微笑ましかった。

d0113429_23241546.jpg
テーブルからの景色。サウージ!(乾杯!)

d0113429_23242558.jpg
ブラジル人カップルは人目も気にせずにイチャイチャ

メニューを見ると、さすがにどの料理も高い!アメリカと比べても約二倍の値段に閉口してしまった。まぁ立地がとてもいいし、ボートの送迎もついてるから、このくらいの値段は仕方ないかな。アペタイザーにはタコをオリーブオイル、ガーリック、パプリカのようなペッパーで調理したものを頼んだ。量もたっぷりだしパンもついてくるので、二人でシェアしても結構お腹が一杯になってしまった。メインは「Kontiki風の」エビ。ちょっとだけ塩がキツかったことを除けば、ニンニクとバターの香りがするエビはとても美味しかった。アペタイザーでお腹が膨れてしまったけど、全部残さず食べちゃったもん。

d0113429_23241894.jpg
Island Style Octopus (dried peppers, olive oil and garlic) (R$37)

d0113429_23242124.jpg
Shrimp á Kontiki (shrimp grilled in garlic butter sauce with rice in a special sauce) (R$92)

島に着いたときには快晴だったんだけど、食べているうちに風が強くなってきて、食べ終わる頃には空はすっかり雲で覆いつくされてしまった。ありゃー、雨が降らなきゃいいけどなぁ。でもランチ中の一番大切な時間はとても綺麗な景色を見ることができたので、とてもラッキーだったと思う。

風のせいで波が高くなって、ボートで帰るときには水が跳ねてきて大変だった。陸に上がってからはパラチーの観光開始。古い町並みを歩いていると、タイムスリップしてしまったかのように感じることがある。海辺にはあまり人がいなかったんだけど、街の中心部はさすがに観光客で賑わっていた。あちこちにブラジルのスイーツを売る屋台が出てたのが印象的だったな。いくつか教会を訪れようと思ったんだけど、どこの教会に行っても閉まってる。ローシーズンだからなのかな? 店の人に聞いてみると、朝9時には開くらしい。でも次の日は9時過ぎにバスに乗らなきゃいけないので、残念ながら今回は教会は見ることができないなぁ。

d0113429_232428100.jpg
綺麗な街を散策

d0113429_23243171.jpg
あちこちでスイーツを売る屋台が出てた

d0113429_23243462.jpg
ロザリオ教会は残念ながら閉まってた

街の中心、マトリス広場の真ん前にあるCoupêというバーに入って、ビールを飲みながらノンビリ。このバーの目の前にはイベント会場が設置されていて、ミュージシャンたちがリハーサルをしてた。宿で聞いたんだけど、なんでも一昨日、昨日、今日の3日間、”Choro e Samba em Paraty” という、ショーロとサンバ音楽のフェスティバルが開催されているとのこと。今年が初めてのイベントらしい。このイベントのことは全然知らなかったから、開催日に偶然パラチーにいることができてとてもラッキーだったな。夜9時から音楽が始まって、12時にはPaulinho da Violaというブラジルでは有名なミュージシャンが演奏するとのこと。今夜このバーの外のテーブルに座ることができれば、ゆっくりと飲んだり食べたりしながら音楽を聴くことができるぞ。残念ながらテーブルの予約はできなかったんだけど、今夜8:30頃戻ってきてチェックしてみることにしよう。

バーでかなり飲んで眠くなってしまったので、この後は宿に戻って昼寝。8時過ぎ、すっかり暗くなってから、またマトリス広場へと出かけていった。Coupêの外のテーブルは全部埋まっていたんだけど、中の席で待っていれば外の席が空きしだい案内してくれるらしいので、飲みながら待っていたら約15分ほどで外のテーブルに着くことができた。でも席に着いてからすぐに霧雨が始まってしまったので、外のテーブルに座っていた人たちはみんな中に逃げ込んでしまった。シアトルではこんなもの雨とは呼ばないぞ!と、そのまま外にいることに。気温はたぶん20℃以上あったんじゃないかな。僕にとっては半袖でも全然OKだったんだけど、周りの人を見ると長袖やセーターを着ていて寒そうにしてる。やっぱりいつも暖かい場所に住んでいる人たちにとっては、このくらいの気温だと寒く感じちゃうのかな。30分くらいすると霧雨もすっかり上がったのでラッキーだった。

d0113429_23244164.jpg
ウェイターが作ってくれたパッションフルーツのカイピリーニャ。美味しいんだけど種が多くて飲みにくい!

9時から始まった音楽の方は、演奏はいいんだけど、ローカルのミュージシャンらしくて、歌がなんかイマイチ。でもカクテルやビールを飲みながらサンバとショーロの生演奏を聴くってのは気持ちがいい。Koreyと色々な話をしながら、12時過ぎまでずっと音楽を聴いていた。Paulinho da Violaはさすがに有名な人らしく、クオリティはピカイチ。観客もみんな歓声を上げて喜んでいた。せっかくいい音楽が始まったんだけど、もうかなり疲れてしまっていたし、明日は9時過ぎにバスに乗らなきゃいけないので、何曲か聴いただけで宿に帰った。明日はいよいよリオ・デ・ジャネイロだ!

d0113429_23244468.jpg
右奥がライブ会場。夜中までずっとこの場所で音楽を聴いていた

d0113429_23244792.jpg
Paulinho da Violaは有名な人らしい

[PR]
by alexsea | 2011-08-14 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/14450907
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ブラジル2011: コパカバー... ブラジル2011: ホームステイ気分 >>