From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
Alexさん、お久しぶり..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 21:23
昭和後期こどもの歴史研究..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 23:29
>亜紀ちゃん 最近..
by alexsea at 05:31
素敵な夏の週末だね〜(^..
by 亜紀 at 11:26
>昭和後期こどもの歴史研..
by alexsea at 14:38
以前の記事
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


ブラジル2011: リオ・デ・ジャネイロのパワー観光
朝の太陽に輝く海の景色にテラスから感動した後、ダイニングで朝食。Martaの旦那さんJohnと僕たち、三人だけの朝食だった。今日はリオ・デ・ジャネイロをフル観光する日なので、しっかりとエネルギー補給をしておかなければいけない。タウバテやパラチーでも思ったんだけど、ブラジルってパンがすごく美味しいと思う。どこでパンを食べても味と香りに感動する気がした。

d0113429_2351878.jpg
朝日に輝くコパカバーナの海

まずはリオ・デ・ジャネイロのシンボルともいえる、巨大なキリスト像のあるコルコバードの丘から観光を始めることにする。海岸通りから一本入った道を2ブロックくらい歩いて、バス停から583番のバスに乗り込む。バスの中には運転手の他に乗務員が一人座っていて、その人にお金を払ってゲートを通り抜ける寸法。お釣りももちろんくれるので、ピッタリの小銭を用意しなくていいのが嬉しい。……けど……、リオのバスって運転が荒い荒い! バンバン飛ばすし、急停車・急発進は当たり前なので、コルコバードの丘の麓に着く頃には乗り物酔いしかかってたもん。

d0113429_23511111.jpg
バスには料金徴収係が座ってる

まだ11時前だったんだけど、チケット売り場には結構な列ができてた。約10分待ってチケットを購入(一人R$36……高いっ!)。乗り場でも約10分待って、二両編成の登山電車に乗り込む。電車はかなり急傾斜で上っていくので、空気がどんどん涼しくなっていくのがわかる。窓からはほとんどの間木々が見えているだけなんだけど、時々進行方向右側に絶景が広がるときがあって、そのときは車内から驚きのため息がもれていた。僕らの席は右側だったので、景色を存分に楽しむことができてよかった。いくつかの駅で地元の人を乗せたり降ろしたりしながら、約20分ちょっとで登山電車は頂上に到着。ここからは階段を上るか、エレベーターとエスカレーターでキリスト像のところまで行くことができる。

d0113429_23511469.jpg
登山電車でコルコバードの丘へ上る

途中にはレストランや展望台のような場所もあるんだけど、まずはキリスト像まで上ってしまおう。青空に両手を広げる真っ白なキリスト像は、まるでリオ・デ・ジャネイロの街を守護しているような感じで、とても神々しかった。……でも周りは同じように両手を広げてキリスト像と一緒に写真を撮る観光客でいっぱいで、なんだかそのギャップに笑ってしまった。平日の午前中でもこんなに混んでるんだから、週末やシーズン中はどれだけ混むんだろう? キリスト像の美しさもスゴイけど、ここからのリオの街の眺めは本当に気持ちよかった!

d0113429_23511742.jpg
キリスト像はやっぱり大きい!

d0113429_23512013.jpg
ここからのリオの街の眺めは最高

しばらく景色を楽しんだ後は、ちょっと降りたところにあるカフェに入って、ビールと一緒にケージュ・ケンチ(Queijo Quente)を頼んだ。これはアメリカでいうグリルドチーズで、パンの間にスライスチーズを挟んで焼いてあるもの。シンプルでとても美味しかった! いい景色と気持ちのいい風は、ビールをより美味しく感じさせてくれる。

d0113429_23512494.jpg
ケージュ・ケンチ

帰りの登山電車を待っているときに、かわいい猿が顔を見せてくれた。しきりに頭や体を掻きながら、電車を待つ人たちをじっと見下ろしてた。蚤がいるんだろうか?(笑)

d0113429_23512648.jpg
かわいい猿が見送ってくれた

登山電車で丘を下った後は、180番のバスに乗ってセントロへ。バスの運転手にカテドラル・メトロポリターナの近くで降りたいということを伝えておいて、その近くで下車。セントロは治安が悪いことを聞いていたので身構えてたんだけど、平日の昼間なので人通りが多くて全然平気だった。でもカテドラルまでの道には結構人気のない場所もあって、ここらへんは夜だったら絶対通りたくないななんて思ってた。

カテドラル・メトロポリターナは逆すり鉢の形をした、とてもモダンな形の教会。中には巨大なステンドグラスの列が四方に設置してあって、とても綺麗。天井がものすごく高いためか、教会じゃなくて何かの会場のように感じた。人がいなくてガラガラだったけど、ここが人でいっぱいになったらまた壮観なんだろうな。

d0113429_23513019.jpg
カテドラル・メトロポリターナのステンドグラス

この後は人で溢れるセントロを歩いて、リオの最初の教会、カンデラリア教会を訪れた。ここは豪華絢爛ではないものの、とても落ち着いた空気で満ちていて、天井の絵はイタリアかどこかの教会を思い出させる緻密さだった。

d0113429_23535373.jpg
カンデラリア教会の天井

次はサン・ベント修道院の方へ歩いていく。ここの修道院のことはガイドブックには載っていなかったんだけど、Martaが「セントロに行くんだったらここが絶対おすすめ」と言っていたので、行ってみることにした。門を抜けてからゆるやかな坂道を上ると、質素な教会が見えてきた。外観は質素だけど、中に入ると豪華絢爛! 壁を覆う素晴らしい彫刻は全て金色に輝いていて、ものすごいインパクト。赤と金色のテーマで、古ぼけてはいるものの、すごい迫力がある。なんでこの場所がガイドブックに載ってないんだろうなぁ? セントロで一番感動した場所だった。

d0113429_2351367.jpg
サン・ベント修道院はとてもきらびやか!

セントロには他に見どころもあるみたいだけど、今回は博物館や美術館には行かないことにしていたので、地下鉄でコパカバーナの方まで戻ることにする。コルコバードの丘でケージュ・ケンチを食べてから何も食べていないのでお腹が空いてしまったけど、もう3時過ぎなのでたくさん食べたら今夜のディナーに差し障る。ということで、コパカバーナの海岸にたくさんある小さな飲み屋の一つに入って、ビールとパステウ・ジ・ケージョでスナックにすることにした。パステウはタウバテで食べたものには敵わないけど、ビールにはピッタリ。それにしても、家で母が作ってくれる「チーズ巻き揚げ」に似た味だ。

d0113429_23513921.jpg
海辺でのんびり

ブラジルは冬だというのに、気温はまるでシアトルの夏のよう。ビーチにもかなりの人が出てきていて、海で遊んでいる人もいる。健康志向の人が多いのか、ビーチやビーチ沿いの道をジョギングしている人がすごく多い。太った人をあまり見かけないってのも、こういうところからきてるんだろうな。

d0113429_23514398.jpg
ジョギングしている人が本当に多い

宿に戻ってテラスでのんびりしているときに、今日リオに到着したデンマーク人のカップル、ChrisとEmilyに会った。彼らは何週間か前にもここに滞在していたらしいんだけど、なんとEmilyのパスポートが盗まれてしまって、新しいパスポートを発行してもらうのに四苦八苦しているんだそうな。リオにあるデンマークの領事館のようなところにはデンマーク語も話せないような人が一人いるだけで、再発行は「たぶん明日」「たぶん明日」の繰り返しなんだそうな。ちゃんとした領事館はブラジリアにしかないそうなので、たぶんそことやり取りしているだけなんだろうけど、あまりのルーズさに彼らも嫌気がさしているらしい。身分証明書がないと飛行機にも長距離バスにも乗れないので、近場を観光する以外なかったそうな。本当にかわいそうな話だ。僕たちもパスポートには一層気をつけるようにしなくちゃな。

d0113429_23514625.jpg
綺麗な鳥がテラスに遊びに来てくれた

d0113429_23514924.jpg
夕暮れのコパカバーナ

5月にトルコのカッパドキアに行ったときにレッド・ツアーというものに参加したんだけど、そのツアーでPaulo(パウロ)とIsabela(イザベラ)というブラジル人夫婦と一緒になった。バスの中で自己紹介するときに彼らがブラジル人だとわかったので、後で観光しているときに8月にブラジルに行く予定だということを話したら、ツアーの終わりに「リオに来るんだったら連絡ちょうだい!」と連絡先を渡されていた。シアトルに帰ってから彼らにメールして、僕らがリオにいる間に会うことになっていた。なんと彼らは僕らの宿からすぐのところに住んでいて、Isabelaが迎えに来てくれるという。

7時頃に宿の外で待っているとIsabelaが歩いてきた。再会を喜びあった後、彼らの家に行くことに。本当は彼らの家でちょっと飲んだ後、どこかのレストランに食べに行く予定だったんだけど、Pauloが腰を痛めてしまったため、今夜はIsabelaが家で夕食を作るという。彼らの家は、本当に宿から歩いて15分ほどのところにあった。10階建てくらいのコンドミニアムの1階の彼らの家はアートで溢れていて、調度品や壁の装飾も洒落ていて、とても素敵な場所だった。Pauloがカイピリーニャを作ってくれて、それを飲みながら色々とお喋り……といっても、Pauloは英語がほとんど話せなくて、Isabelaもそれほど得意なわけではないので、Koreyがポルトガル語でずっと話してくれていた。Isabelaはアートの修復の仕事をしているそうで、このセンスのいいインテリアも納得かな。彼女の作ってくれたトマトソースのトルテリーニも美味しかった! トルコで会った人たちにまたブラジルで会えるなんて、インターナショナルな感じでとても面白かった。楽しい夜をありがとう!

d0113429_23515269.jpg
トルコで会ったPauloとIsabelaに再会!

[PR]
by alexsea | 2011-08-16 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/14451086
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ブラジル2011: リオ・デ・... ブラジル2011: コパカバー... >>