From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>海老原くん えー..
by alexsea at 03:52
もう、きっと覚えてないと..
by 海老原吉晶 at 00:05
>るうこさん うひ..
by alexsea at 06:32
>亜紀ちゃん お子..
by alexsea at 06:30
お久しぶりです♪ポルトガ..
by るうこ at 21:30
以前の記事
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


演劇 - 前編
 僕の演劇に対する興味は本当に突然生まれた。小学校4年生のとき、新聞のテレビ欄のすぐ下に「新人タレント募集」っていうデカデカと出ていた広告になんとなく興味を引かれたのがキッカケ。それを見ると、同い年くらいの子がテレビや舞台で活躍してるらしいことが書いてある。小さい頃から負けず嫌いだった僕は、「こんな子ができるくらいだったら僕でもできそうだなぁ」と思って母に聞いてみた。

 今でも母に感謝しているのが、小さい頃から僕が興味を示したものに、文句を言わずにそれを伸ばしてくれるような努力をしてくれたこと。まだ3歳ぐらいの頃、母がもらってきたオルガンに興味を持って毎日のように弾いていたら、ピアノを習わせてくれたし。小学校2~3年の頃には、なんとなくピアノで曲を作ったりしていた僕に、作曲の先生をつけてくれたり(これはあまり続かなかったけどね)。母子家庭ということで財政的にすごく苦しかったと思うんだけど、僕にはやりたいことをやらせてくれた。だから今でも、新しいものに簡単に興味が持てるんだと思う。

 この演劇の新聞広告を見つけたときも例外ではなく、劇団に入るんだったら、家族が岡山から東京に出てきたときに兄が方言を直すために入っていた「劇団こまどり」がいいんじゃないかと提案して、早速劇団に電話して面接のアポを取ってくれた。小学校4年の12月。面接の日のことはあまりよく憶えてないんだけど、確か事務所で何かちょっと読まされて、その後「ちょっと唄ってみてくれる?」って言われてその場で唄ったんじゃなかったかな。全部で15分もかからないような簡単な面接で、なんだか拍子抜けしてしまった。この日から毎週日曜日は、この劇団こまどりで演劇を学ぶことになる。

 笑っちゃったのが劇団に入ったすぐ次の日くらいから仕事があったこと。確か田町のスタジオで、「とーしのはーじめーの~」とかいう歌を、他の劇団のみんなと一緒に唄ったのが僕の初仕事。他の子達と一緒ってこともあって、全然緊張しなくて、むしろとても楽しかったっていう記憶がある。劇団に入りたての頃は、こういう歌の仕事がとても多かった。その頃テレビで流れていたコマーシャルソングで、子供の声が入っていたら、それは全部僕たちが唄ったものだと言っても過言ではないくらい。一週間に最低二度はこういう仕事が入ってたんじゃなかったかな。

 さて歌の仕事はともかく、演技の方は全くド素人。学校で教科書を読むのは得意中の得意だったとはいえ、それに感情を込めて読むとなると話が違ってくる。しかも、自分ではみんなと同じ標準語を喋ってると思っていたんだけど、どうやら親の影響で所々に岡山の発音が出てるらしい。一番大変だったのが有声音を無声音に直す訓練。「ひとつ、ふたつ」とか言うときに、関西の方では「ひ」「ふ」「つ」はしっかりと母音まで発音するんだけど(有声音)、東京では母音は発音せずに子音だけを発声する(無声音)。つまり標準語で「ひとつ」って言うときには、母音までしっかりと発音する音は「と」だけ。「ひ」と「つ」は声を出さずに、ひそひそ話しをしているような音になる。このことは約1~2年の間先生に注意され続けたと思う。「難波! 有声音!」って先生に言われることが、一時期すごく怖かった。

 最初の大きなレギュラーはNHKの『みんななかよし』という道徳番組。初めての大きなオーディションは、さすがに緊張した覚えがある。セリフつきのテレビ番組の収録も、僕にとっては初めてのこと。6人のレギュラーの中で、僕だけ浮いちゃうくらい下手だったけどね(笑)。それでも僕にとっては初めてのテレビ出演。まだビデオなんてものはなかったので、初めての放送の時には母がテレビの画面をカメラで撮っていた。初めてのテレビドラマ体験、面白かったな。尾美としのりくんや、同じ劇団の笠原弘子ちゃんとかと一緒だった。ちょっと残念だったのは、『みんななかよし』は小学校4年まで向けのヤツだったらしく、この時小5の僕は、自分のクラスで見ることはできなかった(『明るい仲間』が小5向け)。それでも学校の廊下を歩いてると、下級生のヤツラが「こいつテレビに出てた!」って指差されたりしたっけ。小6になってからは、同じくNHKの『僕らの社会化ノート』っていう番組にレギュラー出演。この番組は自分では見たことがなかったんだけど、色々な社会に関する話題を扱う番組で、『みんななかよし』のようなドラマとは全く違う感じだったから面白かった。この番組で初めてロケも経験。それまではずっとスタジオでの収録だったので、屋外での収録はとても新鮮だったことを憶えている。

d0113429_764835.jpg
『みんななかよし』
初めてのレギュラー

 同じく小6の夏には夏休み全部を利用して、『ガキ大将行進曲』っていう初めての映画の収録が山梨であった。オーディションがあったんだかどうだか忘れちゃったんだけど、なんと主役の4人の中の1人に抜擢されて、ちょっとだけ緊張した覚えがある。1ヶ月半も親元を離れて暮らすのは初めてだったけど、最初の何日かで慣れちゃったみたい。スタッフも共演者の人たちもすごく付き合いやすかったのを憶えてる。山梨のあるお寺で寝泊りして、学校や野原、山の中なんかでロケの毎日だった。普通ならこういう団体生活って苦手な方なんだけど、なぜかこの時は大丈夫だったな。ただ山登りが主体なストーリーなだけに、毎日毎日早起きして山に登らなきゃいけなかったのがとても大変だった。今から見てると本当にダメダメな演技なんだけど、収録中には「光男(僕の役名)は演技が上手だな」って監督さんに言われたりして、とても嬉しかった。ただのオダテだったに違いないけどね。途中で大熱を出して頭がガンガンに痛かった時があったんだけど、その時には監督に「頭が痛いような顔をしたら承知しないぞ!」と怒鳴られて、我慢しながら撮影したこともあった。ストーリー中で僕が鉄棒が出来るようになるっていうシーンがあるんだけど、僕はその頃逆上がりはできても、台本にある足掛け上がりはやったことがなかったので、スタッフの人に教わりながら猛特訓した。手に豆ができたりして大変だったけど、やっと足掛け上がりができるようになってよかった。手の豆がつぶれた時には、監督が「ああ、ちょうどいいからこの絵撮っちゃおう」と言って、そのまま映画に使われちゃった。『ガキ大将行進曲』を観たことのある方々、あのつぶれた手の豆は本物です(笑)。本当に楽しいこと満載の夏、僕にとっては今までで最高の夏休みだった。

d0113429_765191.jpg
『ガキ大将行進曲』
ドロだらけの毎日

 この頃から声の仕事が多くなってきた。特に洋画の吹き替え。声がかなり高くてボーイソプラノ系だったので、ひ弱で白血病で死んじゃう男の子の声ばっかり当ててた気がする。『クリスマス・ツリー』や『メリーゴーランド』とかね。『クリスマス・ツリー』の初放送のときには、新聞の番組欄の<声の出演>に初めて名前が載って嬉しかったねぇ。よく再放送するみたいだけど、ずっと僕の声を使ってくれてるみたいだし。もう子供の頃のことだから、どうやって吹き替えの技術を学んだかなんてよく憶えてない。ただ劇団の先生に教えられるまま、他の劇団友達も参考にしながら、見よう見真似で憶えたんだと思う。それでも最初の頃は、台本に目が行っちゃうとそれっきりで、先生に「そのセリフ画面では笑ってるよ」とか注意されることが度々あった。リハーサルの時に、セリフをどれだけの速さで読むか、どんな顔をして喋ってるかを注意深く観察して、台本に書き込んでおかないといけないんだよね。トライ・アンド・エラーの毎日だったと思う。その内に『小公子』や『大草原の小さな家』でレギュラーまでいただいちゃって、これもほとんど毎週だったから楽しかった。『アドベンチャー・ファミリー』の吹き替えをやった後には、「番組でトビー役をやっていた難波克弘さんについて教えてください」とかいう投稿がテレビ番組雑誌に寄せられたりして、初めて写真つきで解説されちゃったりしたこともあった。

 チョイ役から主役級まで、本当に色々な番組や映画の声を当てさせてもらった。ほとんど毎日のように仕事があって、時には一日に2本掛け持ちなんて時もあった。劇団の西村先生はみんなの第二の母といった感じで、本当によく面倒を見ていただいた。すごく気さくでパワフル、それでもダメなときにはダメだとちゃんと怒ってくれる人。この先生あっての今の僕だと思う。小さい頃からたくさんの大人との交流があったのは、すごく自分にとってプラスになったと思う。自分だけだとこまっしゃくれた子供になってたかもしれないけど、西村先生がちゃんと目を光らせていてくれたお陰で、大人との付き合いのノウハウを学ぶことができた。

 ちょっと話は変わるんだけど、ついこないだシアトルの日本語情報ウェブサイトJungle Cityの掲示板を見ていたら、「日本語男性ボイスオーバー急募」の広告を発見。「声優、演劇経験者優遇」とのこと。うわお、ここで応募しなくてどうする!ということで、オーディションを受けてきた。声の仕事なんてもう10年以上やってないし、それに渡された台本を見てみると、コンピュータ・グラフィックスによるマッド・サイエンティストの役。今までのキャラクターとは全く違う役なので、スタジオに着いたときにはかなり不安だった。ところがヘッドホンを耳に当てて台本を片手で持つと、まるでこの仕事を昨日までずっとやってきたかのように、すごくしっくりきてしまった。演技の方は、舌が少し回らなくなっているとはいえ、プレイバックされたのを聴いてみると、ちゃんと自分でも納得のいくレベル。なんだ、これだったら現役でも大丈夫じゃん!(笑) 夢の中で、台本を渡されるんだけど舌が全然回らなくてダメダメだっていうストーリーを何度も経験したことがあるので、現実の世界ではちゃんとできることがわかってホッとした。今回の仕事自体は、あまりにもキャラクターが違いすぎるので、受からなくても無理はないけどね。でも本当に、小さい頃学んだ技術って絶対に忘れないんだなって、すごく実感した。

 声の仕事が増えてきた頃、僕は初めての舞台も体験した。『草燃ゆる』という時代劇で、場所は帝国劇場、主演は山田五十鈴さんという豪華な初舞台。僕は源頼家の子供時代の役で、なんと花道から登場! カツラを被って豪華な時代劇衣装を身に着けた僕は、自分で見ても自分じゃないみたいだった。家来を連れて狩りに行くシーンがあったので、弓の使い方も勉強したりして楽しかったな。僕は全然緊張してなかったんだけど、僕の回りの人達が「客席にいるのは人じゃなくて、ダイコンとかニンジンとか野菜が並んでると思えばいいんだよ」とか教えてくれる。そんなに心配しなくても大丈夫なのにって心の中で笑ってた。

d0113429_765493.jpg
『草燃ゆる』

 さてさて中2の時。大人気だった『3年B組金八先生』の後番組、『1年B組新八先生』のオーディションになんと合格してしまった。ウチの劇団から受けた全員が合格したんだよね。Go! Go! こまどり(笑)。第1話の入学式のシーンで新入生代表として挨拶をするセリフがあった後は、第4話まで全くセリフなし。うー、このままセリフがなかったらどうしようと思ってた矢先、第5話で突然主役が回ってきた。『新入生初身体検査』というちょっと怪しげなタイトルの話。僕より先に台本を読んだヤツラが「え~、三郎(僕の役名)ってこんなにヤラシーやつだったんだ」って僕をからかうことしきり。何が起こっているかわからない僕は半ベソ状態になってしまった。ま、要するに勉強もできてマジメな三郎クンが、いわゆる思春期の男の子の悩みに目覚めてしまったワケ。お風呂でコソコソとパンツを洗ったり(爆)、成人指定の映画館にこっそり紛れ込んだりしたりとか。そりゃ台本貰ったときにはちょっとショックだったけど、演ってみると面白かった! その時の監督は、ほとんど僕の思うままに演技させてくれたしね。最後、河原で僕が泣いているところを新八先生と久美子先生に見つけられるシーンがあるんだけど、僕が河原の岩みたいなところに座って演技の前準備として気分を出そうとしていたら、スタッフの人達もそれをわかってくれて静かに放っておいてくれたし。面白かったのが、カメリハの時だったかな。僕が泣きながら新八先生の胸に飛び込むシーンがあって、胸に飛び込んだのはいいんだけど、先生の胸にあったボタンだったかマイクだったかに鼻をしこたまぶつけちゃって、先生に「なんかすごい音しなかったか?」とか言われて大爆笑したりした。あ、あと、成人指定の映画館からコッソリ出てきたところを、大森巡査に見つかって追いかけられるシーンの撮影のとき。スタッフの人に「カメラから見えなくなるまで走れ」って言われてたんで、巡査が「こら!待て!」って追いかけてくるのを逃げるようにずっと走ってたら、道を歩いていたおじさんにガシッと肩を掴まれて止められた。僕は何が起こっているのか理解できずに、「も、もしかしてこれって誘拐?」とか思ってたら、追いかけてきた大森巡査に差し出された。巡査役の人もビックリしちゃって、「あ、こりゃ、どうも!」とか言ってたけどね。そのおじさんにはカメラなんて見えないから、僕が本当に警官に追いかけられてると思ったらしい。後でスタッフの人達と大爆笑したけど、その時はもう足ガクガクもんだったっす(笑)。

d0113429_76563.jpg
『1年B組新八先生』

 この番組のレギュラー6ヶ月間は本当に楽しかった。ずっと長く一緒にいるもんだから、クラスの中にもちょっとした派閥みたいなのも生まれちゃったりして雰囲気が悪くなったこともあったけど、それだけにリアリティがあったもんね。2000年の5月、ちょうど番組の収録時から20年ということで、僕がキッカケ案を出して、20周年同窓会が開催された(いろいろアレンジしてくれた大、ありがと~!)。その同窓会には岸田敏志さんも来てくれて、連絡がつかなかった数名を除いて、クラスのほとんどが出席してくれたのは感動モノだった。20年もの月日を経たとはいえ、あれだけずっと一緒にいた仲間たち。まるで一週間前に会ったかのように、すぐに打ち解けてしまった。とはいえ、あの頃はみんな12~13歳くらいだったから、その頃の友達と酒を飲んでいるってのはちょっと不思議な感じだったな。女の子たちはあまり雰囲気は変わらずにそのまま綺麗になった感じなんだけど、男は随分風貌が変わったヤツラばかりだった。文夫役に「太ったね」って言われたのはやっぱりショックだった。ダイエットして行ったのに…! 岸田さんも50近いのに、その場の誰よりも若い雰囲気。やっぱり好きな仕事をしてる人ってのは輝いてるよね。本当に楽しい同窓会だった。そういえばあの同窓会以来、日本に帰ってないや。日本に帰ったときにはまたみんなで集まって飲みたいな。

d0113429_765998.jpg
20周年同窓会

 中3のときはまた帝国劇場で、『王様と私』の舞台。オーディションの時には「うわーそんなに高い音まで出るのか、すごいね」とまで音楽監督に言われたんだけど、それから本舞台までの間に声変わりが始まってしまったらしく、最初の歌の練習のときにはその同じ監督に怒鳴り散らされてしまった。「こんな音も出ないのか! 君はそれでもオーディションを受けたのか?!」って、全員の前で怒られた。その場ではグッと堪えたけど、休憩時間にはトイレに行って大泣きしちゃったよ。劇団の西村先生は僕が泣きに行ったのがわかってたらしい。「この年頃なんだから声変わりくらいしたって不思議じゃないじゃない。なにもあんなに言わなくたってよさそうなもんなのにね」と同情してくれた。この舞台では僕は大勢居る王子の中の一人。『新八先生』で一緒だった克弘役のヤツは、チュラロンコン役という主役級を貰ってた。いやー、悔しかったね。負けたーって思ったよ。それでも大勢の王子役・王女役たちと一緒の舞台は楽しかったけどね。

d0113429_77158.jpg
『王様と私』

 この舞台の後TBSの『娘が家出した夏』というドラマのオーディションを受けて、なんと受かってしまった。今から考えてみるとものすごい豪華メンバー。僕の兄役が奥田瑛二さん、姉役に石原真理子さん、その友人に手塚理美さん、お隣の家には名取裕子さん。なんかスゴイよね。撮影の合間には、石原さんと奥田さんとの3人でTBS近くの神社まで散歩に行ったりして、みんなやさしくて楽しかった。でもこの頃はどんどん声も変わって、僕の風貌自体も変わってきていて、すごいコンプレックスに悩まされている時期だったので、演技自体はもうメチャクチャだった。声が変わったのでどんな演技をしていいかわからなくて、普通に演っているつもりだったんだけど、オーバーアクションだと言われたり。あの頃は本当に心から悩んだなぁ。全話ビデオに録ってあるんだけど、あの頃の自己嫌悪を思い出すのがイヤで、未だに一度たりともプレイバックしていない。そろそろ見てみてもいい頃かもしれないな。とにかく、中3は僕にとって暗黒時代ともいえる一年だった。

d0113429_77575.jpg
『娘が家出した夏』

 高校受験のための勉強をしなければならなかったし、演技が全くわからなくなったりしていたので、劇団を辞めることにした。この時はキッパリと演劇を辞めるつもりだったんだよね。ところがどっこい、ある漫画に出会うことで、僕はまた演劇を再会するハメになる。
[PR]
by alexsea | 2002-08-23 00:00 | エッセイ | Trackback | Comments(24)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/14784417
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by akkun at 2012-11-06 16:26 x
はじめまして。
googleで色々と検索しててこの記事にたどり着きました。
まさか「ガキ大将行進曲」の演者さんに出会えるとは!
僕にとって「ガキ大将行進曲」は、とても大切な映画です。
先日、youtubeで「ガキ大将行進曲」がupされているのを偶然発見し、念願かなって再会を果たしました。
鉄棒でコータとヒロシが勝負するところや、河原の秘密基地、草を縛ってヒロシ達を撃退するシーンなどなど…。30年も前に一度見ただけの映画なのに鮮明に覚えてました。
自分の限界を超えようとするミツオの姿や、ヨシユキがメダル獲得のチャンスを捨ててヒロシを助けに戻ってくるシーンには泣いてしまいました。

自分の中に生き続けるミツオやコータに再会できた感動をどうしてもお伝えしたくてお邪魔させていただきました。

本当にありがとうございました。

Alexさん、いつまでもお元気で!



Commented by alexsea at 2012-11-07 07:12
>akkunさん

はじめまして。ご訪問ありがとうございます。「ガキ大将行進曲」がYouTubeにアップされているとは知りませんでした。いやはや、今やネットでなんでも探せますねぇ。僕も久しぶりにちょっと見入ってしまいました。

あの作品は僕にとって初めての映画、しかも夏休み全部使っての団体生活ということで最初は緊張していたんですが、始まってみたらとても楽しい生活でした。毎日朝早く起きての撮影が結構大変でしたが(笑)。この映画を観て感動していただけたこと、とても嬉しく思います。ありがとうございました!
Commented by akkun at 2012-11-07 13:09 x
Alexさん、お返事いただけて感激しております。

今では入手困難なVHSをお持ちの方がyoutubeにアップしてくれたんだと思います。DVDで発売されるといいんですけどね。

僕は小学3年の時、学校の体育館でこの映画を観ました。
その後すぐに転校したので、この映画について友達と語り合うことができず心残りに思ってました。
それがいま出演者(しかもメイン)の方とこうしてお話しできるんですから不思議な気分です。この映画を知ってる誰かに会ったら自慢したいと思います(笑)

あと『みんななかよし』と『大草原の小さな家』もよく見てましたよ。

今後もAlexさんのご活躍期待しております。ありがとうございました。
Commented by alexsea at 2012-11-08 07:57
>akkunさん

DVDで発売されたら本当にいいですねー。出たら僕もすぐに買っちゃうと思います(笑)。かなり古い作品だけど、望みは捨てずにいたいですね!
Commented by かつ at 2013-12-08 20:29 x
はじめまして。1年B組新八先生のファンです。中でも「夏休みの原始体験」の話が好きでした。いずみちゃんの大ファンで、今何しているか調べているところに、こちらに伺いました。ブログへのアップありがとうざいます、とてもなつかしかったです。
Commented by alexsea at 2013-12-09 02:19
>かつさん

はじめまして! 夏休み原始体験、懐かしいなぁ。あの回には出られなくて、ちょっと悔しかったのを覚えています。みんなジャージ姿で、なんだかちょっと新鮮でしたよね。いずみちゃん、今はどうしてるかなぁ。
Commented by かつ at 2013-12-21 16:16 x
Alexさん、返答ありがとうざいます。大変恐縮しております。
私は大学がNYだったので仙八先生に出演されていた川口雅代さんに当時パーティーでお会いしたことがあったり、高校は上の学年にジネン(岩崎法丈さん)がいらっしゃたりしたのですが、新八先生のいずみちゃんはお会いしてくてもできない憧れている永遠の存在です。しかし、NYにいた頃演劇とか役者の勉強されていた方がたくさんいて、アメリカの日本人社会って狭いじゃないですか、それで色々な人にお会いしたことがあるのですけど、あれだけの人数がいたのに、誰一人テレビに出ている人は私の知っている限りいません。そう考えるとAlexは間違いなく天才俳優だと思います。天才といえば、斉藤こずえさんとも何度かNYでお会いしてドラマの話しで盛り上がったことがあるのですが、あの人だけはアメリカでも元気いっぱいでした(笑)
Commented by alexsea at 2013-12-21 17:24
>かつさん

確かにアメリカの日本人社会って狭いですよね。僕も日本にいたら会えなかったであろう何人かの方々とシアトルでお会いしたことがあります。2000年と2003年に日本で新八の同窓会をやったんですが、そういえばそのときにはいずみちゃんはいなかったなぁ。今と違ってネットでなんでも検索できる時代ではなかったので、行方がわからなかった人も何人もいて、それが残念でした。全員集まれる日が来ることを願うばかりです。
Commented by akkun at 2015-04-13 16:10 x
こんにちは。
以前こちらでコメントしました者です。ご無沙汰しております。
ネットオークションでガキ大将行進曲のチラシをゲットいたしました。
状態も良く嬉しさのあまり御報告に上がりました(笑)。
http://yahoo.jp/box/_hUDph
http://yahoo.jp/box/K3rF1k

画像見れるかどうか不安ですが、一応貼っておきます。
Commented by alexsea at 2015-04-17 05:20
>akkunさん

うっわー、懐かしすぎます! 昔このポスター版を部屋に貼っていたことを思い出しちゃいました。ヒロシ役とは新八先生でも一緒だったので、本当にたまにですが会ったりもしています。毎日早起きで山登りしなきゃいけなくて、結構ツライ二か月だったけど、今から考えてみると本当にいい思い出だなぁ…。
Commented by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 2015-05-27 07:51 x
Alexさん、はじめまして。

「昭和後期こどもの歴史研究会」というサークルを作り、70年代~80年代の児童文化をネットで調べている時に、この記事を見つけました。

今のこどもたちにもその頃の児童映画を知ってほしいという思いから、上映会を企画しました。記念すべき第1回の上映会は、『ガキ大将行進曲』が最良だと考え、一昨日の5月24日に埼玉県で開催しましたことを報告します。

http://jidoushi70s.hatenablog.com/

力いっぱい遊んだ少年時代を思い出し、上映後はとても穏やかな気持ちになりましたね。『ガキ大将行進曲』の子役の出演者の方がブログを作り、こうして出会えるなんて、嬉しいです。つぶれた手の豆もしっかり確認しましたよ。体育が不得意な光男くんが鉄棒や陣場山競争で頑張っている姿がすごく印象に残ります。いい映画なのに、DVDが未発売で、現在Youtubeでも一部分のシーンしか観れない状況は、もったいないですね。

Alexさんの演劇経験の記事も読ませていだだきました。馴染みのあるドラマや声優を経験していて、ビックリしています。
Commented by alexsea at 2015-06-01 03:37
>昭和後期こどもの歴史研究会さん

はじめまして。『ガキ大将行進曲』が上映されたとの話、とても嬉しかったです! あの頃は単なる映画としか思わなかったのが、やっぱり大人になってから観てみると、テーマの奥深さに改めて驚いてしまいます。それとやっぱり、子供だった頃のあの「空気」をまた味わえる感じで、懐かしくなっちゃいますよね。DVDが欲しいなぁ。ありがとうございました!
Commented by akkun at 2015-08-04 02:26 x
Alexさん、こんばんは(いま日本は深夜です)。
「昭和後期こどもの歴史研究会」さんのコメントを拝見して思ったことを書かせていただきます。
『ガキ大将行進曲』の演者、スタッフそして全国のガキ大将ファンが、舞台となった山梨の小学校の体育館に集結して上映会を催す…。こんなイベントがあったら最高だと思いました。
Commented by alexsea at 2015-08-04 12:24
>akkunさん

本当にそうですねー。もしそんなイベントがあったら、そのためだけにでも日本に行きます!(笑) あの頃は早起き+山登りで大変だったけど、あの夏休みは僕にとってかけがえのないものになっています。もう一度あの辺りに行ってみたいなぁ。
Commented by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 2015-08-11 13:55 x
Alexさん、こんにちは。
昭和後期こどもの歴史研究会の事務長です。
2015年8月5日(水)13:30~14:45、福島市野田児童センターで『ガキ大将行進曲』の上映会を行いました。
東日本大震災のボランティアです。
同センターの放課後児童クラブに通う小学校1~3年生100人が鑑賞してくれました。
今のこどもでも、『ガキ大将行進曲』を楽しめました。
「古いから悪い」ということはありません。
詳細はリンク先にあります。わざわざリンクを踏んでいただき、申し訳ありません。
http://jidoushi70s.hatenablog.com/
本会にとっては今回の上映会が2回目の実践に当たります。
akkunさんも提案して下さっているように、これから山梨上映会の実現に着手してもいいと考えています。
Commented by alexsea at 2015-08-23 15:11
>昭和後期こどもの歴史研究会さん

いやー、あの映画が今でも子供たちに観られているというのは本当に不思議な感動です。今の子供たちの暮らし方とはだいぶ違うけど、根底に流れるものを感じてもらえたら嬉しいなと思います。ありがとうございました!
Commented by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 2015-08-31 22:23 x
Alexさん、こんにちは。
昭和後期こどもの歴史研究会です。
埼玉県深谷市にある深谷シネマが実施した日活児童映画週間で、『先生のつうしんぼ』(1977年)が上映され、8月30日(日)に見て来ました。
『ガキ大将行進曲』に出演している中田光利くんが、この作品にも出演していました。
Alexさんは、当時中田くんとはお知り合いだったのですか
Commented by alexsea at 2015-09-01 15:47
>昭和後期こどもの歴史研究会さん

いえ、彼とは映画のときに知り合っただけで、それ以前は全く知りませんでした。彼が『キャプテン』をやっていたときに、僕も何度か出させていただいたんで、そこで再会したかもしれませんがよく覚えていません(笑)。懐かしいなぁ。彼は今何をしてるんでしょうかねぇ。
Commented by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 2016-06-20 07:19 x
Alexさん、おはようございます。

『ガキ大将行進曲』に思い出を持っている方々のご尽力もあり、ついに2016年8月21日(日)、山梨県富士川町公民館で上映会を実施する運びとなりました。舞台となった山梨の小学校での開催は実現できませんでしたが、 全国の『ガキ大将行進曲』ファンが集結して、盛り上がれれば最高です。

アメリカ在住でご無理かと思いますが、ぜひ行きたいというお気持ちがおありでしたら、ご連絡いただければ幸いです。ゲストとして参加していただくことになります。本来なら旅費もこちらで出せればいいのですが、予算の関係で、旅費を出すのが難しい状況です。大変申し訳なく思っています。この記事でコメントをしているakkunさんも、ご都合がよければ、ぜひ参加していただければと思います。

日程、場所など大まかなことしか決定していませんので、イベントの詳細については「昭和後期こどもの歴史研究会」ブログ で追って報告していきます。もし関心を持っていただけるのでしたら、本会のブログに記載しているメールアドレスにご連絡いただければと思います。

http://jidoushi70s.hatenablog.com/
Commented by alexsea at 2016-06-28 15:51
>昭和後期こどもの歴史研究会さん

うわっ、上映会ですか! 残念ながらその時期に日本にいる予定はないんですが、もし日本にいたら絶対にお邪魔したと思います。撮影のときには毎日早起きで大変だった記憶がありますが、それも含めて今では本当にいい思い出になっています。皆さんで映画を楽しんでいただけたら、こんなに嬉しいことはありません!
Commented by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 2016-08-26 01:38 x
昭和後期こどもの歴史研究会です。

本会ブログにも書きましたが、8月21日の『ガキ大将行進曲』ロケ地上映会は、成功裏に終了しましたことをご報告いたします。

http://jidoushi70s.hatenablog.com/

チラシを見て、52名もの観客が来て下さったことを有難く思っています。16ミリフィルムでの映画鑑賞という光景は風情を感じさせ、会場全体、ゆったりとした時間が流れていました。

そうして、最も印象的なことは、光男くんの同級生のお母さん役の一人の方と出会えたことです。当時の出演者の方が目の前にいらっしゃると、時空を超えたような不思議な気持ちになります。ただ、異郷暮らしの27年は長く感じますが、ロケ地ではまだお母さん役の一人の方が健在であったことを考えると、『ガキ大将行進曲』は感じるほど古い時代ではないのかもしれませんね。

もしよければ、今度日本に里帰りされることがあったら、本会にご連絡をいただけませんか? Alexさん同席のロケ地上映会を実現したいと考えています。あくまで、本会の希望ですが。ロケ地上映ですので、次回は、もっと当時の関係者をお呼びできればと思ってます。
Commented by alexsea at 2016-08-31 14:38
>昭和後期こどもの歴史研究会さん

おめでとうございます! 52人もの方々に、しかも山梨で『ガキ大将行進曲』を観ていただけたっていうのは、作品に関わった者として本当に嬉しい限りです。ウェブサイトの方も拝見しましたが、映画に出てきた橋や秘密基地の河原なんかも通られたそうですね。懐かしいなぁ。ヒロシ役とはあの後テレビドラマで一緒だったので、日本に行くときには会ったりしています。今度会うときにはこのことも伝えますね。とても喜ぶと思います。
日本には来年の春に行く予定なのですが、アメリカ人友達のツアーガイド役をやる感じなので、時間がないのが痛いところです。近い将来にまた日本に行くときには、ぜひメールさせていただきますね。ご報告、ありがとうございました!
Commented by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 2016-09-06 23:29 x
昭和後期こどもの歴史研究会です。
お返事有難うございました。

ヒロシ役の子と、交流があったのですね。懐かしいです。今度、ヒロシ役の子とお会いする時、上映会のことを伝えてくださるようで、嬉しいです。よろしくお願いします。

地元の観客さんも、馴染みのある橋や河原が映画の中に出てきて、興味深そうに鑑賞していました。「とても良い企画ですね。」と喜んでいただきました。

お忙しい中を申し訳なく思いますが、Alex様からのメールを心待ちにしています。
Commented by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 2017-01-09 21:23 x
Alexさん、お久しぶりです。

本会の活動の近況をお知らせします。 1月7日(土)に埼玉県越谷市で、教員採用試験の勉強会の一環として『ガキ大将行進曲』の上映会を実施しました。詳細は下記アドレスに書いてあります。

http://jidoushi70s.hatenablog.com/entry/2017/01/08/231710

今回のような教育関係者向けの上映会もこれから実施していこうと考えています。
<< 演劇 - 後編 どこまでも青いクレーターレイク... >>