From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>るうこさん お久..
by alexsea at 14:08
お久しぶりです♪日食です..
by るうこ at 12:53
>FIELDSATAN ..
by alexsea at 00:35
おお、シアトルでも見られ..
by FIELDSATAN at 22:49
>amyさん お久..
by alexsea at 12:27
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


スペイン&パリ2013: ガウディ三昧とTicketsと
さあ今日はバルセロナ観光の目玉ともいえる、ガウディ三昧の日だ。天気も陽あたり良好!

まずホテルで朝食。ここのホテルは24時間オープンしている簡易フードバーがあって、そこで自分でトーストを焼いて食べることもできるし、コーヒーやソーダ類、ビールなんかも全部タダ(というか部屋の料金に含まれている)。トーストとゆで卵くらいのとても簡素な朝食だけど、朝早くからレストランかカフェを探さなくていいっていうのは便利。

8時過ぎにホテルを出て、地下鉄の駅へ。今日は地下鉄を活用する予定なので、一日乗車券を買ってしまうことにする。ここから地下鉄を使って、ガウディの代表作ともいえるサグラダ・ファミリアへ。地下鉄の駅を出ると、目の前にそびえ立つサグラダ・ファミリア聖堂。15年前にも来たことがあるけど、まるで初めて見るかのような感動を受けた。やっぱりこのくらいスゴイ建築物は、何度見ても感動が薄れない。ここは9時にオープン、9:15にエレベーターを予約してあるんだけど、8:30には着いてしまった。でもそれでよかったかな。チケットを持っていない人はもう長蛇の列に並んでいて、チケットを持っている人たちの方もちょっと列ができ始めた感じだった。ここはネット予約できるんだから、絶対に予約してから行った方がいい。そうでないとチケット確保に貴重な時間を費やすことになる。

d0113429_1173922.jpg
地下鉄の駅を出るとすぐ、目の前にはサグラダ・ファミリア聖堂

9時にオープンする直前には、9回の鐘の音の後、鐘で音楽が奏でられるのが聞こえて嬉しかった。門が開いた後は、まずチケットに含まれているオーディオガイドをもらってから、聖堂の中へ。いやー、やっぱりスゴイっ! でも前回来た時の聖堂の中の記憶が全くない。15年前はまだ中に入れなかったのかな? 僕らはエレベーターの予約時間があるので、聖堂の中はザッと見るだけにして、生誕のファサード側のエレベーターに行くことにする。そこにはもう15人くらいの人が並んでいた。エレベーターはそれほど多くは乗れないらしい。僕らが乗り込む順番になったとき、Koreyが乗った後、エレベーターのオペレーターが僕に「君は次のエレベーターで」と言ってくる。僕らの後ろの日本人らしき女の子たちを指して、「みんなは乗れないから」とのこと。どうやら同じアジア人だということで、関係のない彼女たちと一緒だと思ったらしい。「いや、僕は彼と一緒で、彼女たちとは一緒じゃないんだけど」と言うと、「ええっ、ごめんごめん!」ととても恥ずかしそうにしてた。エレベーターの扉が閉まって、上に着くまで恥ずかしそうに笑ってたもん。まぁ間違うのも無理はないけど、これが白人のグループだったらこういうことは起こらなかったかも(笑)。

エレベーターの扉が開いてすぐにちょっとした階段があって、それを上るともう塔をつなぐ渡り廊下! 以前は何も囲いがされていなかったんだけど、今回は安全のための金網が張られている。気持ちいいけど、やっぱりちょっと怖いわ(笑)。そこを渡った後は、自分で好きなコースを選んで降りていくことができる。選ぶコースによって見える景色も違うんだろう。

d0113429_1174142.jpg
渡り廊下は金網が張られているけど、やっぱり怖い

d0113429_1174450.jpg
でも階段を下りていく途中からのバルセロナの景色は格別

いつまでも続くと思われるような長い螺旋階段を下りきった後は、いよいよ聖堂の中へ。うん、中に入るのは僕は初めてだ。樹木のような柱は上に行くと枝分かれして天井を支えていて、その姿は有機的というか、清められた後の腐海の森というか、そんな印象を受けてしまう。青と緑を主体にしたステンドグラスからの光は、柱に当たると森の中のように感じさせてくれたりもする。やっぱりスゴイや。しばし時の経つのを忘れて見入ってしまっていた。

d0113429_1174650.jpg
まるで浄化された腐海のような…

d0113429_1174928.jpg
ステンドグラスから入ってくる光がとても綺麗

この後はグエル公園まで地下鉄で行こうかと思ったんだけど、駅から公園まではかなり離れているし、地図を見ながら行くのも面倒だ。というわけで、タクシーで行ってしまうことにした。ボられるんじゃないかと危惧してたんだけど、運転手は一つ道を間違えて大回りしないといけなくなってしまったので、途中でメーターを止めてから迂回路に入ってた。結局最後までメーターは動かさなかったし。正直さに感心したので、チップをはずんでしまった。スペインのタクシーはクオリティ高いのかも!

グエル公園は僕らが行ったときには無料だったんだけど、なんと今月末(2013年10月末)から有料化するらしい。まだ無料のときでよかった! ガウディらしい波打つようなベンチのある広場からはバルセロナの街と海まで見渡せて、とても気持ちがよかった。ここでピクニックランチしたら楽しいだろうな。公園のあちこちにはミュージシャンが音楽を演奏していて、素晴らしい天気と相まってとても気持ちがいい。

d0113429_1175178.jpg
気持ちのいいグエル公園。ここでピクニックしたかった

ここでノンビリっていうのもよかったんだけど、お腹も空いてきたということで、またタクシーを使って予定していたCervecería Catalanaというレストランに行くことにした。ここは昨日のCiudad Condalと同じグループの店らしいんだけど、昼だからか雰囲気はかなり違っている。僕らはカウンターに座って、目の前に並ぶバゲットサンドイッチの中から、サラミとチーズを注文。シンプルながらに最高に美味しい! まだ余裕があったので、「ミニハンバーガー」なるものも注文。これは小さな一口大のハンバーガーで、炒めた玉ねぎも挟んであって、ちょっと甘いながらもなかなかのお味だった。

d0113429_1175477.jpg
シンプルなランチ

お腹がいっぱいなった後は、カサ・バトリョまで歩いていく。ここはインターネットでチケットを買えるんだけど、時間を指定する必要がない。本当はカサ・ミラの後に行こうと思ってたんだけど、時間があるんだからまずこっちから攻めることにしましょう。チケットを買うための長蛇の列を横目に、家でプリントしてきたチケットを使って中に入った。窓、照明、ドアなど、一つひとつにヒネリが入っていて、なるほどガウディの作品だ。全体的に海蛇というか、龍というか、そんな印象を受ける建物だ。屋上の煙突も海の中に生える植物のようだし、まるで鱗のような貯水タンクは見事だった。

d0113429_1175789.jpg
海がテーマのカサ・バトリョ

d0113429_1175963.jpg
屋上もまるで海の底のよう

ここの観光を終えて外に出ると、バルセロナやカタルーニャの旗を掲げた人たちがたくさん道を歩いてる。えっ、サッカーか何かの試合があるのかな? それにしてはテンションが低めだなぁ。この時にはわからなかったんだけど、翌日にこの人たちの意味を知ることになる。

d0113429_118214.jpg
え? サッカーの試合か何か?

カサ・バトリョの次はカサ・ミラ。ここは2時の予約だったんだけど、1時半に行ったら入れてくれた。ここにも角を曲がるくらいに長蛇の列ができてたけど、それにも並ぶことなく入ることができた。カサ・ミラはやっぱり屋上の煙突が有名かな。カサ・バトリョの海のテーマとは違って、こっちはエイリアンというか、スターウォーズのトルーパーみたいな顔に見える(笑)。もうこの時点でかなりガウディのオーバーロードで疲れ気味だったので、屋上だけじっくりと見て、中の博物館のような場所は流すだけにした。

d0113429_118517.jpg
カサ・ミラの内部

d0113429_118723.jpg
屋上の煙突は、カサ・バトリョとはガラッと違う

さて、今日の一応の観光はこれで終了。でも行きたい場所があったんだ。インターネットで偶然に見つけたアイスクリーム屋。地下鉄でビーチのあるバルセロネータまで行って10分ほど歩くと……、ありました! Eyescream and Friends! 今年オープンした場所で、その店のコンセプトがデザインに関する賞を取ったらしい。ダンボールを折り曲げた容器には大きな穴が一つと小さな穴が二つ開いていて、木のスプーンも装着されている。大きな穴にはアイスクリームを入れたお椀を入れて、小さな穴には自分で選んだ二つのトッピングを入れる。アイスクリームは7種類。トッピングは固形も液体も含めて10種類以上ある。僕はバニラアイスに、チョコレートソースとチョコレートボールをトッピングに選んだ。アイスはかき氷のような機械で薄くスライスしてくれて、その上に目玉を載せてくれて出来上がり。これ、カワイイだけじゃなくて、アイスクリームも軽い甘さで、近年食べたバニラアイスの中で一番の美味しさだった。バルセロナの暑い日差しの下で食べるアイスは格別! 来てよかった!

d0113429_1181025.jpg
容器と、自分で選べるトッピングの数々

d0113429_1181378.jpg
カワイイでしょ?!

この後は地下鉄でホテルまで戻った後、例のごとく僕は昼寝。考えてみれば、僕ってシエスタを地でやってるじゃん(笑)。Koreyはビールを飲みに出かけていたらしい。

さてこの日のディナーは、待ちに待ったTickets(リンク先にTicketsで撮ったビデオもあります)で。ここは「世界で一番のレストラン」と名高いEl BulliのAdriàファミリーの店で、予約が取りにくい場所としても有名。El Bulliにはずっと行きたいと思ってたのに閉店してしまったので、そこで開発された料理の一部を味わうことのできるTicketsは、本当に心待ちにしていた。結果的には大満足! 斬新ながらも本質を失わない感じの料理ばかりで、最高の体験になった。

この後はホテルの近くまで地下鉄で戻って、賑やかな夜のランブラス通りを南下してみる。もう夜10時だというのに、子供連れも多いことにビックリした。やっぱりスペインの夜は長い。レイアール広場まで行って、そこでレストランの外の席に座り、カクテルを飲むことにする。賑やかなレイアール広場を行き交う人々を見ながら飲むってのは最高だった。やっぱりスペインは、こういう楽しさがピッタリな感じだな。

d0113429_1181555.jpg
レイアール広場でナイトキャップ

[PR]
by alexsea | 2013-10-12 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/19916846
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< スペイン&パリ2013: サル... スペイン&パリ2013: バル... >>