From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
Alexさん、お久しぶり..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 21:23
昭和後期こどもの歴史研究..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 23:29
>亜紀ちゃん 最近..
by alexsea at 05:31
素敵な夏の週末だね〜(^..
by 亜紀 at 11:26
>昭和後期こどもの歴史研..
by alexsea at 14:38
以前の記事
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


スペイン&パリ2013: セビーリャを歩き回り
(セビーリャは地元では「セビーヤ(Sevilla)」と発音されているけど、ガイドブックでは「セビーリャ」と書いてあるので、この旅行記ではその表記で統一しています)

疲れていたのでよく眠れるかと思ったら、1時間ごとに目が覚める感じで、なんとも目覚めが悪かった。途中で眠くならなきゃいいけど。

徒歩2分のカテドラルの近くで朝食をとることにした。真ん前にはスターバックスもあるけど、なんでセビーリャに来てまでスターバックスに行かにゃあかんねん(笑)。入ったHorno San Buena Venturaという店ではトーストと卵とかがついた朝食セットが「卵がなくなったので売り切れ」で、僕はハムとチーズのボカディヨスを食べた。サーバーの対応が悪かったけど、まあまあ美味しかったかな。

d0113429_7462189.jpg
ハムとチーズのボカディヨス

今日は10:30からセビーリャのウォーキングツアーを予約してあるので、それまではフリー。この時点で9時だったので、9時開館のインディアス古文書館に行こうかということになった。カテドラルから9時の鐘がいやってほど長く打ち鳴らされている。こういう風景の街に教会の鐘の音は、とてもよく合う。道を歩きながらカテドラルの入口の彫刻なんかを見ていると、カテドラルの門の鍵を開けて中に入ろうとしている関係者らしきおじさんが、あっちから中に入れるよと教えてくれた。えっ? もう開いてるの? そっちの方に回り込むと、確かに扉が開いてる。お金は取らないみたいだし。あー、ミサがあるから開いてるんだ!€8払わずに済んだ。ラッキー! おじさんありがとう!

まだひっそりとしたカテドラルはとても厳粛な雰囲気。それと同時に、素晴らしい美術館のような感じもする。4人の国王に担がれたコロンブスの墓や、普通は「祈るため」にしか入れないと後で知った王室礼拝堂の素晴らしい彫刻なんかを見てまわっていた。するとオルガンの音と共に歌声が聞こえ始めた。これもミサの一環なんだろう。ほとんど観光客のいない、ひっそりとしたカテドラルに響き渡る聖なる歌声。タダで入れた上に、こんなボーナスまでもらっちゃっていいの?思うくらい、とても感動する出来事だった。

d0113429_74625100.jpg
コロンブスの墓

d0113429_7501011.jpg
王室礼拝堂

カテドラルで罪穢れを洗い流された気分になった後は、すぐ隣のインディアス古文書館へ。ここもまだ観光客が少なく、ひっそりとしていた。中に入ると、なるほど図書館のような本の匂いでいっぱい。二階にはコロンブスの新大陸発見に関するマルチメディアの展示があって、あまり歴史に興味のない僕も楽しむことができた。

さて、時間は10時半近く。そろそろウォーキングツアーの待ち合わせ場所である、ヌエバ広場の彫像前に行くことにしよう。旅行のプラニングでいつもお世話になっているRick Stevesの本や番組で紹介されていたConcepción(コンセプシオン)によるウォーキングツアーは、2時間で€15ととてもお得。時間になると約20人ほどが集まっていた。人数が多いので二つのグループに分かれるらしい。Concepciónはウォーキングツアーの後カテドラルツアーもやるので、そのツアーもやる人を優先で彼女のグループに入れていた。僕たちはカテドラルのツアーに行かないけど、Concepciónのグループに入ることができた。なんでも僕の予約が一番最初だったらしい。ラッキー! どちらのグループでもよかったけど、やっぱりTV番組で見たことのある人にガイドされた方が嬉しいよね。

d0113429_74642100.jpg
右下がConcepción

ウォーキングツアーは、ヌエバ広場からショッピングストリートであるSierpes通りを抜け、サルバドール教会の前を通り、カテドラルの方まで帰ってくる。それぞれの場所で詳しい説明をしてくれたり、時には参加者に謎かけをしたりして、まるでConcepciónのツアーは学校のすごくいい先生の授業って感じで、とても楽しかった。カテドラルの前を通った後はサンタ・クルス街を抜け、Concepciónが大好きだという広場Plaza Doña Elviraを通って、アルカサルの裏を抜け、またカテドラル横に帰ってきた。2時間のウォーキングツアーだったけど、とても短く感じたなぁ。彼女はここで生まれ育ったそうで、セビーリャの街を本当に愛しているんだろう。

d0113429_7464881.jpg
サルバドール教会前の広場は市民の憩いの場という感じ

d0113429_7465553.jpg
NODOというのはセビーリャのシンボルらしい

d0113429_74733.jpg
Concepciónのお気に入り広場、Plaza Doña Elvira

d0113429_7471019.jpg
記念撮影!

大満足のツアーが終わった後は、ランチにすることにした。友達も行ってよかったと言っていた、1670年創業の老舗バルEl Rinconcilloに向かうことにする。でもセビーリャの街はまるで迷路のようになっているので、地図に慣れている僕でも辿るのがとても難しかった。途中で迷って、人に道を聞かなきゃいけなかったもん。友達はここで2時間も迷ったらしい。中心地からちょっと離れているから、僕らは約30分で到達できてよかった。ランチは雰囲気も手伝って、大満足!

この後はまた中心部に戻って、アルカサルに行くことにした。これはイスラム時代の城で、その後キリスト教徒の王たちが改築したものらしい。中はイスラム文化らしい建築スタイルで、でもその中にキリスト教のチャペルがあったりして、面白い雰囲気だった。精巧に幾何学模様を掘られた壁とかは見事だったなぁ。

d0113429_7471592.jpg
イスラム色がビシバシ

d0113429_7472495.jpg
この精巧な壁の彫刻!

この後はバスターミナルでロンダ行きの切符を買おうと思ったんだけど、かなり歩き疲れたということで(El Rinconcilloでは立ち食いだったし)、アルカサルからプエルタ・デ・ヘレスに抜ける道でビールを飲むことにした。疲れた体と渇いた喉にはビールが最高! スペインの南部だから少しは温度が高いかもと思ってたけど、こんなに暖かいとは思わなかった。10月なのに、シアトルの夏のような陽気。Tシャツ一枚でも、歩き回っていると汗が出てしまうほどだった。

ビール休憩の後は、セビーリャ大学の前を通ってPrado de San Sebastianバスターミナルで明後日のロンダ行きの切符を買っておいた。どのくらい混むかわからないので、事前に買って安心できた方がいいよね。一人€12.42なり。

その後はスペイン広場に向かうんだけど、Jardines del Pardo de San Sebastian公園にたくさんの屋台を発見した。よく見てみるとそれぞれ別の国の旗が掲げてあって、売っているのもその国のものがメインらしい。全然人がいないし、なんだか開いてるか閉まっているかもわからない屋台ばかりだったんだけど、これはたぶん今夜あたり賑やかになる場所なんだろう。

そこからスペイン広場の建物の裏口から入って、広場に抜ける…と……。どひゃー! すごいスケール! 半円形の建物が広場を抱くようにして建っていて、その景色の気持ちのいいことといったら! ここってスターウォーズ・エピソード2で使われた場所なんだよな。ここをパドメとアナキンが歩いてた。ここはそんなに見どころでもないかなと思ってたんだけど、このスケールの大きさに圧倒されてしまった。来てよかった!

d0113429_7472942.jpg
ああっ、ここは……

d0113429_7473417.jpg
スターウォーズ・エピソード2でパドメとアナキンが歩いてた場所だ!

d0113429_7473955.jpg
その迫力に圧倒される

さあ今日の観光予定はこれで全て終了。疲れた足を引きずってホテルに帰り、お風呂&昼寝タイム。

今晩はLos Gallosというタブラオでフラメンコのショーを10:30に予約してある。今日予定していたレストランには昨日すでに行ってしまったので、TripAdvisorでホテルからLos Gallosまでのエリアにある人気のあるレストランを検索。El Pasajeというレストランが良さそうなので、そこに行くことにした。夜風を受けながらのディナーは美味しかった!

夕食の後はLos Gallosへ。フラメンコなんて見たことがなかったし、気に入るかどうかもわからなかったけど、一応フラメンコで有名な場所に来たら一度は見なきゃということで予約しておいた。始まってみると、感情表現豊かな踊りとステップにただただ感銘を受けるばかり。女性は裾の長いドレスを纏って、それを振り払うような動きも振り付けの一部になっていたのが印象に残ったし、男性のエネルギッシュなタップもすごく恰好よかった。最後にはベテランらしき年配の女性による踊り。苦悶の表情を浮かべ、髪止めを床に叩きつけながらのダンスは、まるでドラマを見ているかのような感じだった。とにかく圧倒されてしまった。フラメンコを見ることができて、本当によかった。

d0113429_7502625.jpg
ひっそりとしたセビーリャの街を月明かりが照らす

d0113429_7475251.jpg
Los Gallosのフラメンコは撮影禁止だったのが残念

興奮冷めやらぬまま、ひっそりとした道をホテルまで歩いて帰った。明日はコルドバへの日帰り旅行だから、早起きしなければ。
[PR]
by alexsea | 2013-10-14 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/19930477
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< スペイン&パリ2013: コル... スペイン&パリ2013: サル... >>