From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>海老原くん えー..
by alexsea at 03:52
もう、きっと覚えてないと..
by 海老原吉晶 at 00:05
>るうこさん うひ..
by alexsea at 06:32
>亜紀ちゃん お子..
by alexsea at 06:30
お久しぶりです♪ポルトガ..
by るうこ at 21:30
以前の記事
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


スペイン&パリ2013: コルドバの一日
今日はコルドバへの日帰り旅行。8時の電車に乗らなければいけないため、6時起床。カテドラル前のタクシー乗り場からタクシーを拾って、Santa Justa駅に向かう。駅にカフェみたいな場所があるだろうと思ったら、なんとマクドナルドがあるじゃないですか。昼が遅いから、しっかりしたものをお腹に入れておきたかったので、ソーセージマフィンを二つも注文してしまった。こっちのマクドナルドは緑地に黄色のマークなんだよな。赤に黄色じゃない。スペインはみんなそうなんだろうか?

AVANTという電車に乗って、たった約45分の旅(往復€16.10)。日の出が8:31なので、到着間際になってやっと明るくなってきたという感じだった。8:45にコルドバ着。9:30までだったらメスキータに無料で入れるらしいので、駅からタクシーでメスキータに向かう。タクシーを降りたときに、すぐそばに建っていた記念碑のようなものの向こうに見えた朝日がとても綺麗だった。

d0113429_9162882.jpg
朝焼けの空に映える何かの記念塔

9時になる5分ほど前に無料で入場。写真で見たことはあったけど、どこまでも続くようなアーチを目の当たりにしたときには感動した。大理石とくさび形の赤レンガを交互に組み合わせたものらしい。まるで無限回廊にいるようなアーチは、SF的でさえある。そうこうしているうちにここでもミサが始まって、人々の歌声が聞こえる。なんか今回はこういうのが多い。教会は歌声があると、雰囲気がまるで違うのでスゴイ。限りないアーチを潜り抜けたり、メッカの方角を示すミフラーブに見入ったりしているうちに、すぐに9時半のタイムリミットが来てしまった。監視員が大声で「出てくださーい」のアナウンス。いつまでも居たい感じだったけど、何をするわけでもないので、ちょうどいい見学時間だったかな。ここでも€8節約できたし。

d0113429_9163059.jpg
とにかくすごい数のアーチ!

d0113429_9163312.jpg
無限回廊にいるような気がする

d0113429_9163699.jpg
メッカの方角を示すミフラーブ

近くのアルカサルも10:30まで無料らしいので、そっちに行くことにする。ここは建物はそんなにすごくないけど、庭園がとても気持ち良かった。水を湛えた池がたくさんあるせいか、たくさん蚊柱が立っていて、虫が大嫌いな僕としては試練の道だった。

d0113429_9164059.jpg
気持ちのいいアルカサルの庭園

アルカサルを出た後は、喉も渇いたので近くのキオスクでファンタブレークした後、川沿いを歩いてローマ橋へ。ここを渡った向こう側にはカラオーラの塔があり、その中にはアル・アンダルス博物館が入っている。ローマ橋では音楽を奏でている人たちもいて、なんとなくプラハのカレル橋を思い出させる。アル・アンダルス博物館は、歴史にあまり興味のない僕にはどうでもいい場所だったけど(展示自体はオーディオガイドもついててよくできてた)、屋上からのコルドバの景色がなかなかよかった。ローマ橋がコルドバの街につながっているのが見えて、天気もよく、とても気持ちがよかった。

d0113429_9164215.jpg
カラオーラの塔の屋上からローマ橋を望む

この後はメスキータの横を通り抜けて、ユダヤ人街のカフェに入って、道沿いのテーブルでピープル・ウォッチングとビールタイム。11時過ぎにもなると観光バスも到着するんだろう。ユダヤ人街は大勢の観光客でごった返していた。

d0113429_9164591.jpg
ここでビール休憩

ユダヤ人街で有名なのは、「花の小道」と呼ばれる小さな路地。ここには両側の壁に花の鉢植えがたくさんあって、写真スポットになっているらしい。でも実際に行ってみると、観光客でひしめき合っている上に、花の鉢植えがあまり上手に手入れされていないみたいで、それほど綺麗だとは思えない。最初に来たときには学生の群れに出くわしたので、即座に退散。ユダヤ人街の他の場所を歩き回ってから、またここに帰ってきた。まだ観光客はいるけど、さっきの団体よりは全然いい。「花の小道」の奥には小さな広場があって、ギターを奏でる人がいたりした。この広場は、人がいなくなると確かに静かでいい場所だ。

d0113429_9164899.jpg
「花の小道」はちょっと期待外れ

d0113429_9165195.jpg
でもその向こうの広場は(人がいないときは)静かでチャーミング

そろそろレストランの方向に向かうことにしましょうか。予定していたレストランはポトロ広場の近くなので、そこも見ていくことにした。ポトロとは子馬のことで、なるほど子馬の像の噴水がある広場だ。すぐ横には旅籠屋ポトロという、『ドン・キホーテ』に登場する場所があって、ガイドブックでは閉館中と書いてあったんだけど、開いていたんで見ることができた。なるほど、中庭から見ると、二階建ての雰囲気のいい旅館という感じ。一階は現在はフラメンコ博物館になっているようで、マルチメディアを駆使して、フラメンコの踊りのスタイル、歌、タップなんかのことを学べるようになっていた。すごくよくできたソフトウェアだったので、PC用にでも売り出してくれないかな。昨日のパフォーマンスでフラメンコに興味を持ってしまったので、あったらすぐに買っちゃうのに。

d0113429_9165460.jpg
こういう裏道の風景って好きだ

d0113429_9165718.jpg
子馬の像の噴水があるポトロ広場

d0113429_917074.jpg
『ドン・キホーテ』に登場する旅籠屋ポトロ

d0113429_9172364.jpg
フラメンコ博物館のマルチメディア展示は最高!

その後はまだレストラン開店の1時までには間があったので、近くのレストランでビール休憩。第一候補だったBodegas Camposというレストランに行ってメニューを見てみると、させて目新しいものがない。それじゃ近くの第二候補に行ってみると、なんとなく良さそうな雰囲気。というわけで、ランチはRegaderaで食べることにした。結果的に大成功! とても幸せになれるランチだった。

さあこの後は帰りの電車に乗らなければ。店の人に聞いてみると、近くからバスが出ているらしい。流しのタクシーはいなくて、乗りたければどこかのレストランで電話してもらうしかないんだそうな。それじゃバス停まで行ってみて、時間的に間に合わないようだったらレストランで電話してもらおうということになった。バス停で5分ほど待ったんだけど、時間的にギリギリになりそうな雰囲気。すぐ近くにあるレストランで電話してもらおうかと、バス停を離れた瞬間、駅に行くバスが来るのが見えた。よかったー。バスに乗り込んで駅に向かい、余裕で3:25発の帰りの電車に乗ることができた。

セビーリャの駅に着いてからはタクシーで中心街まで。その後はもちろんお風呂と昼寝。僕にシエスタは絶対に必要みたいだ。

7時近くになって、そろそろ夕食に出かけようということになった。今夜はちょっと中心街から離れたEslavaという店に行く予定。まだまだ人で溢れているショッピングストリートを通り抜けた後は、急に観光客の数が激減した。なるほど、ショッピングストリートの終わりが観光中心部の終わりってわけか。教会に行くのか帰る途中なのか、きちんとした服装をした地元のおばさんたちを見ながら、レストランまで約20分の道を歩いた。レストランがあるべき場所なんだけど、なぜか見つからない! 住所で調べると、そこにはシャッターが下りていて張り紙が出されていた。なんでもこの間の祭日に営業したので、今日はその振り替えで休みということらしい。えー、ショックー!

うー、仕方ない。どこに行こう? レストランの後、La Carboneriaという場所でフラメンコを見ながら飲もうという予定だったんだけど、そこでも食事ができるらしいので今から行ってしまうことにしよう。地元の人でいっぱいの場所から、観光中心部近くまで戻ってきて、そこからさらに細い道を辿ってLa Carboneriaに向かう。道の両側には建物があるから太陽は見えなかったけど、ちょうど日没だったらしく、空の雲がオレンジ色に輝いてとても綺麗だった。

La Carboneriaに着いたのは8時ちょっと過ぎ。奇しくも開店時間が8時だったらしく、僕らはほとんど最初の客だった。中には長いテーブルがいくつも置いてあって、なんとなくビヤホールか大学のカフェテリアって雰囲気。こんなところでちゃんとしたものが食べられるんだろうかと不安に思ったら、やっぱり食べ物もカフェテリアレベルだった(笑)。僕らは結局生ハムとチーズをつまみながらワインを飲んでた。ここではフラメンコのショーが見られるらしい。でもこの雰囲気だったら、ハイクオリティなものは期待できないんだろうなぁ。ところがパフォーマンスが始まってみると、歌も踊りもなかなかのレベル! 特に歌は昨日のLos Gallosのショーに引けをとらないばかりか、ここの方が好きかも。フラメンコのダンサーは女性一人だけで、華やかさはないものの、感情表現が豊かでとてもよかった。食べ物は×だったけど、フラメンコはよかったし、なんか楽しい雰囲気で隣のオーストラリア人たちとも仲良くなれたりして、すごくいい経験だったな。レストランが閉まってて、逆によかったかもしれない。

d0113429_9172770.jpg
La Carboneriaでのフラメンコショー

d0113429_9173136.jpg
まるでビヤホールみたいな雰囲気だけど、楽しくてよかった

ワイン一本飲んですっかり気持ちよくなった後は、セビーリャの細い路地をホテルまで辿って帰る。明日はこの街から離れなければいけない日なので、街の雰囲気をうんと楽しみながら歩いた。
[PR]
by alexsea | 2013-10-15 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/19930732
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< スペイン&パリ2013: 隠れ... スペイン&パリ2013: セビ... >>