From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
Alexさん、お久しぶり..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 21:23
昭和後期こどもの歴史研究..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 23:29
>亜紀ちゃん 最近..
by alexsea at 05:31
素敵な夏の週末だね〜(^..
by 亜紀 at 11:26
>昭和後期こどもの歴史研..
by alexsea at 14:38
以前の記事
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


スペイン&パリ2013: アルハンブラ宮殿とフラメンコと
ホテルの裏のパン屋でサンドイッチとコーヒーをお腹に入れた後、大通りから30番のバスに乗ってアルハンブラ宮殿に向かう。このバスはサン・ニコラス展望台に行ったときと同じような小さなバス。そこに観光客も地元の人もドヤドヤと乗り込むので、かなりな激混み状態だった。細い道をどんどん上がっていって、バスはアルハンブラ宮殿のメインゲートに到着。Rick Stevesのガイドブックには、もうチケットを持っている人は「裁きの門」の近くの停留所で降りれば見どころに近いということが書いてあったので、そこで降りようと思ってたんだけど、アルハンブラではメインゲートにしか止まらなかったので仕方なくそこで降りた。後でわかったんだけど、「裁きの門」の停留所はメインゲートを過ぎた帰り道にあるらしい。

まだ早い時間なのに、チケット売り場にはかなりの人が並んでいた。でも僕らはインターネットで買ったチケットを持っていたので、そこに並ぶ必要はない。そのままゲートを通り抜けた。インターネットでチケットを買うときには、一番の見どころであるナスル朝宮殿に入る時間を指定しなければいけない。僕たちは10:30にしておいた。午前の部なので、開館の8:30からいつでも中に入れるし、ナスル朝宮殿を見終わった後も午後2時までいることができる。

あと1時間弱でナスル朝宮殿に入らなければならないなので、一応別方向にあるヘネラリフェはパスして、見どころの集まっている西側に向かう。まず大きな建物として見えてきたのはカルロス5世宮殿。重鎮な建物はルネッサンス様式で、まるで裁判所か何かのように感じてしまう。ここは後で入ることにして、その向こうにあるアルカサバに行くことにした。

d0113429_2531219.jpg
こういう道は大好きだ

d0113429_2531458.jpg
途中にあったライオン型ポスト。笑っちゃう

d0113429_2531721.jpg
カルロス5世宮殿はまるで裁判所かなにかのように見える

アルカサバはアルハンブラで最も古い部分の砦。さすがに時代を感じさせる。ここからはグラナダの街とアルバイシンが見渡せて気持ちがいい。昨日ビール休憩でアルハンブラ宮殿を眺めていたときに人がたくさんいる塔が見えたけど、あれはこのアルカサバの塔だったんだな。

d0113429_2531983.jpg
アルカサバから眺めるグラナダの街

さて、あと15分ほどあるけど、もうナスル朝宮殿の入り口には10:30の回の人がもう20人近く並び始めているようなので、僕たちも並ぶことにした。目の前にははしゃぎまわる子供を何人か連れた人たちがいて、ちょっとだけ心配になったりしたけど、中で騒ぐことはなかったようなのでホッとした。

宮殿の入り口でチケットをスキャンして、係員に「バックパックは前に掛けて」と言われる。気づかずに宮殿にダメージを与えないための配慮なんだろうね。僕は肩から掛けたバックパックを前の方にまわして支えてたし、Koreyは完全にお腹の前に掛けてまるで人間カンガルーのようだったんだけど、たくさんの人がそのルールを守らずに平気で背中に掛けてたのを目撃。マナー悪いなぁ。理不尽なルールじゃないんだから、ちゃんと守らなきゃ。

中に入ってからは感嘆のため息ばかり。なるほど、ここが一番の見どころだってのもよくわかる。セビーリャのアルカサルは、これに比べるとミニバージョンって感じだ。壁に施された精巧な彫り物や、天井の幾何学模様。イスラム文化では人間や動物をモチーフにするのは禁止されているので、全て幾何学模様か文字がデザインに使われる。壁という壁、天井という天井が、そういった模様で埋め尽くされているのは、本当に見事としか言いようがない。一番有名なのは、アラヤネスの中庭からはコマレスの塔が水面に映し出されている場所。ここでは多くの人が撮影の順番を待っている感じだった。

d0113429_2532228.jpg
アラヤネスの中庭。アルハンブラで一番有名な景色かも

d0113429_2532559.jpg
人間カンガルーになったKorey

d0113429_2532876.jpg
壁という壁は彫刻で埋め尽くされている

ライオンの中庭には何匹ものライオンの口から水が出る噴水があって、その水は溝を通って他の噴水と連結していたりする。水は命の根源と考えられていたらしく、どこに行っても水がある感じで、宮殿全体にしっとり感を与えているようだった。

d0113429_2533143.jpg
ライオンの中庭

d0113429_2533325.jpg
どこに行っても水が流れている気がする

d0113429_2533728.jpg
精巧な彫り物の一部

いやー、とにかくスゴイ場所だった。人が住んでいたというのが考えられないくらい。巨大な美術品といった印象を受けた。

ナスル朝宮殿を約1時間弱見学した後は、先ほどのカルロス5世宮殿に戻る。イスラム様式の場所からルネッサンス様式の場所に行くと、その文化の違いに目まいがしそうだ。カルロス5世宮殿は、まるで闘牛場のように丸い造り。一角にはアルハンブラ博物館もあって、昔の品々が展示されていてとても興味深かった。写真撮影は禁止だったんだけど、一番面白かったのは昔の椅子。座る場所に皮を使って、しかも折りたためるようになっていて、アルハンブラ版のディレクターチェアーだ!とか言って笑ってた。

d0113429_2534351.jpg
カルロス5世宮殿の内部は、まるで闘牛場のよう

さて、この時点で11時半をまわったところ。これからヘネラリフェの方を見てもいいんだけど、なんだかちょっと観光疲れした感じなんで、そっちはパスして帰ることにした。売店で聞くと、すぐそばに門があるとのこと。あぁそれが「裁きの門」か。そこから出ると目の前にバス停があった。なるほど、街の中心に帰るときに止まる停留所なんだな。そこからバスに乗って、ヌエバ広場の近くで降りた。

もうすぐお昼。やっぱり気分はまだ昨日から引きずっている日本食ムード。ということで昨日は閉店していたZakuroに再トライすることにした。美味しかったけど、期待していたよりはちょっと日本的じゃなかったかな(笑)。

d0113429_253461.jpg
細い道を走るバス。ここを上がっていくとサン・ニコラス展望台の方に行ける

ランチの後はホテルに帰って、僕は撮った写真を整理したり昼寝したりして、午後をゆっくりと過ごした。

窓の外の屋根に雨粒が当たる音で目が覚めた。えっ、雨?? そんなー、今夜はサン・ニコラス展望台から日没を見てから、その近くの予約しているレストランに行こうと考えてたのに……! こんなことだったら昨日夕陽を見ておくべきだったなぁ。グラナダの夕陽は有名なだけに、これは大失敗だった。

日没時間近くになっても、雨が止む気配はない。仕方がないので、夕食の時間までホテルのすぐそばのBodegas Castañedaで飲むことにした。ここはプランの中にオプションとして入れていたバルで、「これぞ老舗バル」という雰囲気がビシバシだった。僕が持っている日本語と英語のどちらのガイドブックでも紹介されているためか、店内には地元客もいるけど、観光客が大半といった感じ。特に目立ったのが日本人。カップルが3~4組いたんじゃないかな。無料タパスも出てきたけど、ここでお腹いっぱいにすることはできないので、ワインを飲むだけにしておいた。朝は11:30から開くらしいので、明日はここでランチすることにしよう。

d0113429_2534813.jpg
Bodegas Castañedaで時間つぶし

この後は31番のバスでサン・ニコラス展望台のあるアルバイシンに行き、予約しておいたCarmen Mirador de Aixaで8:30からディナー。雨は降っていたけど、料理と景色の素晴らしさを心ゆくまで堪能できて最高だった!

食事の後は、最後にもう一度フラメンコのパフォーマンスを見るために予約しておいたタブラオLos Tarantosに行くことになっている。ここから歩くこともできるらしいけど、夜のアルバイシンは治安が良くないことを聞いているし、暗い中地図を見ながら行くのもためらわれるし、それに何より雨も降っているということで、店の人にタクシーを呼んでもらうことにした。

到着したのは11時開演の10分ほど前。既に大勢の人が、洞窟のような場所をぐるっと囲むように配置された椅子に座っている。この洞窟がそのままフラメンコのステージになる。一番奥に通されたので、あーもっと目の前で見れる横側に座りたかったなーなんて最初は思ってたんだけど、パフォーマンスが始まってみると僕らが真正面という感じで、なんだかVIP席に座っているような気分になれた。それにここのタブラオでは写真・ビデオ撮影すべてOK! 嬉しいよぉ、やっとフラメンコの感動をビデオに収めることができる! 僕の席は撮影には最高の場所で、パフォーマンスを楽しみながら、思う存分ビデオカメラに収めることができて感動モノだった。セビーリャのLos Gallosもよかったけど、やっぱり洞窟ステージは迫力が違うよ。最後の最後にここでフラメンコを見ることに決めて、本当によかった!

Los Tarantosでのフラメンコ

d0113429_25351100.jpg
ベテランダンサーはカスタネットで観客を魅了する

d0113429_2535470.jpg
男性ダンサーはとても激しく動いて、かなりモダンなスタイルという印象を受けた

約1時間のパフォーマンスの後は、シャトルでホテルの近くまで乗せて帰ってくれる。雨が降って夕陽を見ることはできなかったけど、それを差し引いても最高の夜だった!
[PR]
by alexsea | 2013-10-22 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/19938327
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2014-11-03 09:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by alexsea at 2014-11-03 10:24
>こんにちはさん

予約フォームに書き込んだなら、何日か後に確認のメールが送られてくるはずですよ。もし何日か待って送られてこないようだったら、もう一度フォームに書き込むか、メールで問い合わせることをお勧めします(英語でOKです)。楽しいご旅行になりますように!
Commented at 2014-11-03 15:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< スペイン&パリ2013: さよ... スペイン&パリ2013: 飲兵... >>