From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>るうこさん うひ..
by alexsea at 06:32
>亜紀ちゃん お子..
by alexsea at 06:30
お久しぶりです♪ポルトガ..
by るうこ at 21:30
今回の旅行記も楽しく読ま..
by 亜紀 at 18:22
Alexさん、お久しぶり..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 21:23
以前の記事
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


スペイン&パリ2013: 音楽の力
フランスでは夜中に夏時間が終了したので、1時間得をすることになる。朝起きてみると、どうやら熱も下がったみたいだし、気分もいい。体力が落ちていることを除けば、今日はちゃんとパリの街を歩きまわることができそうだ。

外を見ると雨が降っている。まずは朝食を食べなければということで、近くの有名なパン屋Philippe Gosselinまでパンを買いに行くことにした。本来ならばここでランチ用のパンを買って、後で公園でピクニックランチをする予定だったんだけど、雨が降っていてはしょうがない。金曜・土曜と一日半の予定が狂ってしまったので、スケジュールを大幅調整しなければいけない。傘を差してホテルを出ると、歩いているうちに急に豪雨に! 靴はぐしょぐしょになるし、ジーンズの裾もかなり上の方まで濡れてしまった。んー、パリの往復ビンタがまだ続いているみたいだ。Philippe GosselinではEmmental & Cruditésのバゲットサンドイッチを€3.80で購入。ホテルに戻って食べたら、有名なだけあってとても美味しかった。パンを食べているうちに雨も止んだみたい。……なんで買に行くときだけ豪雨になるかなぁ。

d0113429_3105995.jpg
チーズと野菜のバゲットサンドイッチ。美味しかった!

しばらくのんびりと部屋で過ごした後は、11時過ぎにホテルを出発することにした。今日のお昼はピクニックランチの予定がダメになってしまったので、どこで食べてもいい。そういえばまだ日本食を食べたいって意識がうずうずしてるなぁ。ということで、3年前にパリに来たときに行って美味しかったZenという日本食レストランに行こうという気になった。それじゃそっちの方に向かって歩くことにしよう。

Rivoli通りをずっと西の方に進んで、まずはパレ・ロワイヤルに行くことにした。ここは3年前にも来たけど、白と黒のストライプの円柱がたくさんある広場で、なんとなくシュールな感じで好きなんだよな。この間来たときにはもう暗かったから、明るい日の光の下で見るのは初めてだ。その広場を抜けると、今まで来たことがなかったパレ・ロワイヤルの庭園に出た。なんて気持ちいい場所なんだろう! 時代を感じさせる回廊にぐるっと囲まれた庭園には、ずらりと木が並んでいる。緑と黄色の葉のグラデーションがずっと続いていて、秋の日差しを浴びてとても綺麗だ。この庭園、いきなり僕のパリのお気に入りランキングの上位に入りこんできたぞ。この後は、パレ・ロワイヤルのすぐ前のアンドレ・マルロー広場でZenの開店を待っていた。

d0113429_311128.jpg
パレ・ロワイヤルの庭園

d0113429_311496.jpg
毎日でもこういう場所でくつろぎたい!

Zenではランチセットで餃子と味噌ラーメンを注文。餃子は美味しかったけど、味噌ラーメンはなんだかちょっと甘くなった気がする。なんとなく白味噌が入ってるような感じ? まぁ美味しかったけど、体調が完全でないせいか、以前ほど美味しく食べられない。結局餃子もラーメンも半分ほど残してしまった。普通の僕だったら考えられない。もったいなかったなぁ。

d0113429_31165.jpg
ラーメンはちょっと甘かった気がする

この後は地下鉄でBercy駅へ。10月中La Tour Paris 13というアートイベントが開催されていて、13区にある建物の中と外に、アーティストたちがたくさんのアートを描いたらしい。アーチの続くベルシー橋を渡っていくと、壁画に覆われたビルが見えてきた。あれだ! でもなんか下の方にはすごく人がたくさんいるような…? ビルの下まで行くと、数えきれないくらい大勢の人がぐるっと建物を取り囲むように列を作ってる。えーー! この列に入って待たなきゃいけないの?? そりゃ確かに少しは待たなきゃいけないとは思ってたけど、まさかこれほど人気があったとは。見ている間、列が動く気配は全くない。この感じだと、4~5時間待たなきゃいけないだろう。ショックー。そんなに待てるはずもないので、仕方なく諦めることにした。なんか今回の旅は思うようにいかないことが多い。

d0113429_3111367.jpg
ベルシー橋にはアーチが続く

d0113429_3111948.jpg
アートをまとった建物

d0113429_3112978.jpg
…の周りを取り囲む、大勢の人の行列

そこからGare d’Austerlitz駅まで歩いて地下鉄に乗り、Bastille駅に向かう。地下鉄なんだけど、地上に出たまま橋の上を通って川を渡ったのには驚いた。バスティーユ広場からはヴォージュ広場(Place des Vosges)の方に向かう。ここら辺はマレ地区で、時代を感じさせる建物ばかり。ヴォージュ広場はずっと前にレストランL'Ambroisieに行ったときに夜に来ただけなので、昼間来るのは初めて。ここも素晴らしく雰囲気のいい場所で、たくさんの人がベンチに座ってくつろいでいるようだった。僕もベンチに座って、家族連れが子供と遊ぶのを見てたりした。風がちょっと強いけど、いい天気で、やっとパリの往復ビンタが止まったかなって思うくらい気持ちよかった。

d0113429_3113212.jpg
ヴォージュ広場への入り口はとても重鎮な感じ

d0113429_3113667.jpg
本当に気持ちいい日だ!

ヴォージュ広場の周りの回廊には、僕の大好きなレストランL'Ambroisieがあるし、レ・ミゼラブルの作者Victor Hugoが住んでいた家もここにあると後で知った。回廊の下には4人グループのミュージシャンがいて、僕が歩いている間に演奏を始めた。なんだかすごくクオリティが高いんですけど! アコーディオン、ギター×2、ベースのシンプルな構成なんだけど、このヴォージュ広場の雰囲気ととてもマッチしているようで、しばし足を止めて聴き入ってしまった。こういうクオリティのミュージシャンが道端で演奏してるなんて、やっぱりパリってスゴイと思う。病気になったり豪雨に降られたりして、ちょっと曇りがちの心だったけど、こういう音楽を聴いていると心に日が差してくるのがわかる。音楽の力は偉大だ。CDを売っていたので1枚€10で買ってしまった。Borsalinoというグループらしい。後で聞いてみたらやっぱりすごくいい! 3枚とも買っておけばよかったなぁ…。

Borsalinoの演奏

後ろ髪を引かれる感じでそこを離れて、ゆっくりと歩いてRue des Rosiersの方に向かう。ここら辺はユダヤ人街として知られていて、以前来たファラフェルの店L’As du Fallafelがあるところでもある。でもなんだかそれ以外にもファラフェルの店が乱立しているような…?L’As du Fallafelの成功によって乱立が始まったのか、最初からあちこちにあったのか。どこの店にも行列ができていたけど、L’As du Fallafelの行列が一番長かった。

d0113429_3114485.jpg
これ、ずーっとL’As du Fallafelの行列。左の緑の場所が店

日曜日だからかマレ地区は人で溢れかえっていたけど、変にせかせかした感じがしなくて、歩いていてとてもリラックスできる。古い建物と新しい文化が継ぎ目なくミックスしている感じのエリアで、僕は大好きだ。

この後はポンピドゥーセンターの前を通って、ホテルまでゆっくりと歩いて帰った。ポンピドゥーの中には入ったことがないんだけど、それは次回に取っておくことにしよう。

d0113429_3114717.jpg
ポンピドゥーの目の前の噴水は、Howard Jonesの"What is Love?"のビデオを思い出させる

d0113429_3115268.jpg
チップをあげて写真を撮らせてもらった

かなり疲れたけど熱も出てないみたいだし、体力も少しずつ戻ってきているみたいだし、旅が続けられていることを感謝しなくちゃな。ゆっくりとホテルで昼寝して、今晩予約しておいたディナーに備えた。

シャワーを浴びてから6時ごろディナーに出発。サン・ジャック塔がライトアップされていて、とても綺麗だった。後で知ったんだけど、綺麗に改装されてライトアップが始まったのはつい最近のことらしい。

d0113429_3115539.jpg
ライトアップされたサン・ジャック塔。僕の好みにピッタリ!

橋もライトアップされていて、ちょうどクルーズ船が通るところだった。遠くにはエッフェル塔からライトビームが飛び出しているのも見えて、なんて綺麗な風景なんだろう。やっぱりこういう景色が、人を惹きつけてやまない理由の一つなんだろう。

d0113429_311594.jpg
夜のセーヌ川も素晴らしい

この後はパンテオンの近くのPlace du Panthéonまで歩いていった。ここは映画“Midnight in Paris”に出てきた場所で、“Julie & Julia”でもJulia Childが舌平目のムニエルを食べて感動する店があるところだ。“Midnight in Paris”では、夜中にこの階段に主人公が座っていると、古い車がやってきて、それに乗ると昔のパリにタイムスリップしてしまうっていうストーリーだった。確かに夜のパリには、どこから幻想でどこから現実かわからなくなってしまうような瞬間があるような気がする。

d0113429_31239.jpg
この場所に来てみたかったんだ!

この後は7時に予約しておいたTerrior Parisienで、なかなか美味しいディナーを体験。その後はライトアップされたノートルダム大聖堂の前を通ってホテルに帰った。今日はいい日だった!
[PR]
by alexsea | 2013-10-27 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/19942170
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< スペイン&パリ2013: 素晴... スペイン&パリ2013: 試練... >>