From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>亜紀ちゃん サン..
by alexsea at 02:26
いいねいいね〜サンフラン..
by 亜紀 at 08:28
>海老原くん えー..
by alexsea at 03:52
もう、きっと覚えてないと..
by 海老原吉晶 at 00:05
>るうこさん うひ..
by alexsea at 06:32
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


スカンジナビア2014: Eurodam乗船!
朝6時頃起床。朝食はどうしようか迷ったけど、ホテルの朝食は高いしガッカリする確率高し、というわけでまた駅まで歩いて行くことにした。日曜だから駅の中のレストランが開いているかどうか心配だったけど、やっぱり中央駅だけのことはあって、閉まっている場所は一つもなかった。昨日マクドナルドからの帰りに見た美味しそうなサンドイッチ屋で、ハム・チーズ・トマトのバゲットサンドイッチをゲット。パン自体も美味しくて、大満足の朝食だった。

d0113429_9311358.jpg
シンプルだけど美味しいバゲットサンドイッチ

その後はまたホテルに戻って荷造り。10時頃チェックアウト後、ホテルの地下のロッカーに荷物を預けてから観光に繰り出すことにする。クルーズ船への乗船は12時くらいから始まっているらしいんだけど、当日に到着する人たちのチェックインで混みあうので1時半以降に来てくれとのメールが来たので、それまでは時間がある。早く船にチェックインしてゆっくりしたかったけど、まぁコペンハーゲンでいくつかやり残したこともあるしな。

というわけで、昨日行けなかった国立博物館から。ここはデンマーク最大のコレクションを誇る博物館らしいのに、入場無料だというのが素晴らしい。こういうところでしっかりしているから、賢い人々を育てられるんだろう。あまり冷房が効いていなくて暑かったけど、ここはじっくりと楽しめた。中でもデンマークの先史時代の品々を集めてある一階が、個人的なツボにはまったかな。祭祀用のヘルメットや、奇妙な形のホーン(楽器)などなど。1,000~1,500BCにこんなにしっかりした文化があったなんて、ビックリしてしまう。あとRPG好きに堪らないのがルーンストーンの数々! 大きな岩に赤くルーン文字が刻まれていて、何か呪文を唱えると文字が光り出すんじゃないかと想像したりして、子供のようにワクワクしてしまった。

d0113429_9311657.jpg
ヴァイキングじゃなくて、祭祀用のヘルメット

d0113429_9311886.jpg
Lursと呼ばれる楽器(1700-500BC)。儀式に重要な役割を果たしたらしい

d0113429_9312090.jpg
ルーンストーン!

ざっと国立博物館を見た後は、ニュー・カールスベア美術館へ。ここは日曜日は入場無料! そのせいもあってか、開館直後はかなり混雑してた。国立博物館で歩き回ってちょっと疲れていたので、美術館内のカフェに入ってまずランチにしようかと思ったんだけど、暑い上に食べ物はかなりのお値段。そんなときに、屋上にルーフトップラウンジがあるというサインを発見。それじゃそこでゆっくりしようということで、まずは屋上に向かうことにした。

d0113429_9312320.jpg
まるで国会議事堂のようなニュー・カールスベア美術館

d0113429_9312580.jpg
中庭は緑溢れる場所なんだけど、今日は暑い!

屋上は周りが見渡せて、いい風も吹いていて気持ちいいんだけど、小さな小さな飲み物売り場しかないし、座る場所も椅子が壁に沿って並んでいるだけ。「ラウンジ」と呼ぶには、ちょっと無理がないかい? ピーナッツみたいなスナックしか売っていないらしいので、ここでランチは無理だな。というわけでCarlsbergのビールを買って、景色を見ながら少しくつろぐことにした。目の前にはチボリ公園が見えて、時々叫び声が乗り物から聞こえてくる。楽しそうだけど、僕はいいや(笑)。

d0113429_9312778.jpg
気持ちのいい屋上!

屋上から下りてくる間に、絵画や彫刻を斜め見した。印象派の絵がたくさんあって、個人的にはかなりヒット。お腹も空いて疲れていたのでじっくりとは見なかったけど、かなりクオリティの高い美術館だった。

d0113429_9313083.jpg
美術館のレベル、かなり高し

さて美術館を出た後、ランチはどうしようか迷ったんだけど、ニューハウンやストロイエの方まで歩くのも面倒くさい。そういえば国立博物館とこの美術館の間に、オープン間際のレストランがあったっけ。外にテーブルもあったので、そこで食べることにしちゃいましょう。行ってみるとここはHereford Steak Houseというステーキハウスらしい。僕はパリジャン・ステーキなるものを頼んでみたんだけど、これってただのハンバーグっぽいんだよね。見た目はあまり美味しそうに見えなかったんだけど、食べてみるとこれがなかなか。肉質はよくてジューシーだし、付け合わせと一緒に食べるとまた雰囲気が変わるし。結局、とても満足のいくランチとなった。

d0113429_9313212.jpg
Parisian Steak with beetroot, caper, horseradish, and egg yolk (118DKK)

食べているうちにErnieからテキストメッセージが入って、なんともう船にチェックインしたんだそうな。彼は12時頃行ってチェックイン、待ち時間も全然なかったというので、僕らも食べ終えたらすぐに行くことにした。この時点でもう1時くらいだったから、船に着く頃には予定の1時半になっちゃってるけどね。

ホテルまで戻って荷物をロッカーから出し、タクシーを呼んでもらう。コペンハーゲンはクルーズ船の発着には慣れているらしく、タクシーは港まで固定料金だった。クルーズ船Eurodamへのチェックインはそれほど待つこともなく、スムーズに終了。部屋には2時頃入ることができた。予約した部屋は窓はあるけど完全に遮られているとのことだったので、期待はしていなかったんだけど、なんだ結構開放感あるじゃん! 確かに救命ボート(港に船が着けないときに使用する「テンダー」と呼ばれるボートの役目もあるらしい)が横付けされてるんだけど、その向こうには景色が見えるし、部屋には十分な光も入ってくる。もっと小さな窓が完全に塞がれていることを想像していた僕は、嬉しい悲鳴をあげてしまった。これから7日間、ここがホームベースになる。

d0113429_9313460.jpg
部屋は明るくてナイス!(ベッドが窓に反射してる)

さて、スーツケースの中の服なんかを全てクローゼットにしまった後は、早速景色のいい場所に飲みに行くことにしよう! 僕はHolland Americaのクルーズはこれで三度目。船自体は違うとはいえ、レイアウト的には大体同じなので迷うことがない。9階のLido Deck後方のプールサイドで、やっと落ち着いてカクテルを飲むことができた。ここでErnieとも合流。飲みながら、デッキにどんどん増えてくる人を見ていたら、いつの間にか船はゆっくりと港を離れようとしていた。やっぱりこの瞬間が僕は好きだな。その場所を離れてしまう一抹の悲しさと、これからの旅に向けた高揚感が一緒になって、ちょっと不思議な感覚だ。気持ちのいい風に吹かれながら、ゆっくりと変わっていく景色をずっと眺めていた。

d0113429_9313625.jpg
クルーズの始まりに乾杯!

d0113429_9313854.jpg
Ernieともここで合流

しばらく景色を楽しんだ後は、僕は部屋に帰ってお風呂に入ることにした。気持ちのいいお風呂の後は、夕食までちょっと昼寝。メインダイニングルームに向かう途中ちょっとバーに立ち寄ったら、「インターナショナルパーティー」が開催されていて、いきなりネームタグをつけられてしまった。なんでも世界各国から来た人たちを集めたパーティーらしい。僕は元々は日本から来たというと、「日本は君が初めてだよ!」と言われた。白ワインを飲みながら、カナダやサンフランシスコから来た他のアジア人たちとちょっと喋った後は、やっとメインダイニングルームへ。選択肢があるようなないようなメニューだけど、メインにはペンネを注文。たいして美味しくもないけど、不味くもない、まあまあだったな。

d0113429_9314069.jpg
ペンネはまあまあ

夕食の後は、10階のオブザベーションデッキまで上がって、沈んでいく夕陽を眺めていた。赤から青のグラデーションの空には、雲がいい具合に散らばっていて、この世のものとは思えないほど綺麗な風景を作り上げている。本当に、地球は僕が一番好きなアーティストだ。緯度が高いから、太陽はかなりゆっくり沈むんだよね。だから刻々と変わっていく景色を、たっぷり30分ほど楽しむことができた。明日からの旅行が楽しいものでありますように!

d0113429_931436.jpg
最高の景色。地球よ、ありがとう

[PR]
by alexsea | 2014-07-20 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/20984437
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 亜紀 at 2014-08-07 11:16 x
わあ〜ステキな夕暮れの風景だね。いいな〜クルーズ。憧れちゃう。ウチの旦那さんは飛行機が嫌いなので、リタイアしたらクルーズ旅行でもしたいなp(^_^)q この後の旅行記も楽しみにしてるよ。
Commented by FIELDSATAN at 2014-08-07 16:59 x
ああ!確かに船出は寂しさと期待で独特な感覚が有ります。今まで居た場所がゆっくり小さくなっていくのを見ながら色々考えたり…
それからこの夕陽は凄くいいですね!見ているとなんだか落ち着きます。
旅行記これからも楽しみにしています。
Commented by alexsea at 2014-08-08 00:57
>亜紀ちゃん

クルーズは、海を走ってるだけでも色々な景色が楽しめるからいいよー。ぜひぜひクルーズやってみて。暖かい場所のクルーズもいいけど、シアトルからアラスカのクルーズもお勧めです。
Commented by alexsea at 2014-08-08 01:12
>FIELDSATAN

おお、FIELDSATANも知ってたか、あの感覚! 寂しさと期待が入り混じった奇妙な感じだよね。ゲーマーの僕としては、昔々のゲーム『ソーサリアン』の中の『呪われたクリーンマリー号』のBGMが頭の中に流れてました(笑)。

(興味のある方はコピー&ペースト!)
https://www.youtube.com/watch?v=Vi-rosekPPc
<< スカンジナビア2014: ノル... スカンジナビア2014: 暑さ... >>