From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>海老原くん えー..
by alexsea at 03:52
もう、きっと覚えてないと..
by 海老原吉晶 at 00:05
>るうこさん うひ..
by alexsea at 06:32
>亜紀ちゃん お子..
by alexsea at 06:30
お久しぶりです♪ポルトガ..
by るうこ at 21:30
以前の記事
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


スカンジナビア2014: 海の上の一日
今日は“At Sea”の日。ドイツからエストニアまではかなり距離が長いので、一日以上航行しなければたどり着けない。連日の猛暑の中の観光で疲れていた僕にとっては、救いの一日だ。

目覚ましをかけずに起きたら9時だった。朝食に行くにはちょっと中途半端なので、朝は抜くことにした。毎日部屋に届けられる“On Location”という冊子には、今日のイベントのスケジュールが印刷してある。船上のレストランのオープン時間のところに、アジア料理レストランTamarindが昼食は無料と書いてあるのが目に留まった。

船にはレストランがいくつもあって、普通に食べるだけならいくら食べてもお金がかからないけど、3つのプレミア・レストランは別。ディナーだと、高級ステーキとシーフードのレストランPinnacleは一人$29、アジア料理のTamarindは一人$20、イタリアンのCanalettoは一人$10の追加料金を払わなければならない。Pinnacleは以前のクルーズで食べたことがあって、それほど変わり映えのしないメニューと平均的な料理のクオリティなので、今回は行く必要はない。アジア料理のTamarindは行ったことがないけど、大して美味しいものはできないだろうと予想していた。でもランチが無料だっていうのなら、クオリティを知る点からも行ってみないと損だ。というわけで、早速予約を入れておいた。

ランチまではまだまだ時間がある。まずプールデッキに出て、コーヒーを飲むことにしよう。他の人たちはみんな遅くまで騒いでいたんだろう。朝食のレストランもプールデッキも、いつもより随分ひっそりとしていた。

d0113429_12284569.jpg
ひっそりとしたプールデッキ。雲がものすごく低くて不思議な感じ

その後は船の最上階の船首にあるCrow’s Nestというバーで、ブラッディーメリーを注文。胃に沁み渡るアルコールを感じながら、のんびりと旅行記を書いたりしていた。あちこち観光するのもいいけど、こんな風にノンビリした時間も僕は好きだな。それに、罪の意識なく朝からアルコールを飲めるってのは、バケーションならではのこと(笑)。

d0113429_12284826.jpg
のんびりとブラッディーメリーを飲みながら旅行記書き

じっと座ってるのが飽きたら、ひっそりとしたプロムナードデッキを散歩したり、服や時計を売る店を覗いたり(高い!)、あちこちで撮られた自分たちの写真をギャラリーで見たり(これも高い!)した。特に写真の高さには閉口。プリントだけで$20、デジタルのデータが欲しいならさらに$10上乗せなんて…。今は自分たちでバンバン撮れる時代なんだから、少なくとも若い世代は買わないよ。例えばプリントは$10。デジタルのデータは、プリントを買わなくても$5でネット上のリンクをくれるとかだったら、何枚も買ってたと思う。まぁ「クルーズ世代」のおじいちゃん、おばあちゃんなんかは、「高くても記念なんだから!」とかいってバンバン買っちゃうんだろうなぁ。

d0113429_12285156.jpg
誰もいないプロムナードデッキ

Tamarindのオープンの12時にレストランに入った。どうやらランチはコースメニューだけで、選択ができるのはデザート以降だけらしい。ホット&サワースープ、サラダ、4種類の蒸し物と4種類の揚げ物、チャーハン、そしてデザートとコーヒーまたはお茶。結果はまあ想像通りといったところかな。蒸し物も揚げ物も、Costcoあたりで買ってきたものを使ってるようなクオリティ。デザートの緑茶ティラミスは、ちょっと甘かったけどなかなかだった。やっぱりディナーに一人$20の追加料金を払う気にはならないな。無料で体験できたのはとてもよかったと思う。

d0113429_12285379.jpg
Hot & Sour Soup

d0113429_12285690.jpg
Asian Herb Szechuan Sesame Salad

d0113429_122858100.jpg
Steamed Classic Dumplings (chicken, Asian pork, spring vegetable, shrimp ‘shu mai’)
From the Wok (vegetable spring roll, shrimp won ton sticks, shrimp spring roll, spicy crab Rangoon)
Chinese Style Fried Rice

d0113429_1229143.jpg
Green Tea Tiramisu

午後はまた部屋で昼寝したり、Crow’s NestでGlacier Blueを飲みながら旅行記を書いたり、とても贅沢な時間の使い方をした。お蔭で今までの旅行疲れが軽減されて、明日からの活力が生まれた気がする。

夕食の前には、午後遅くからプールデッキで開催されていたディスコを見に行ってみた。かなりの数の人たちが、このディスコのために衣装を持ってきてたのにビックリ。スーパーヒーローの格好をしてるグループがあったり、アフロなカツラで純粋な70年代を再現していたグループもいたり。すごく楽しい雰囲気だったけど、僕は一杯だけドリンクを飲むだけで夕食に行くことにした。

d0113429_1229454.jpg
ディスコは70年代の雰囲気

メインダイニングルームでは初めて知らない人たちと一緒のテーブルになったけど、なぜか会話が弾まずに、これだったら知ってる人だけで食べた方がよかったなって思ってしまった。食事自体もアペタイザーとスープはまぁ美味しかったけど、メインのシュニッツェルが硬いわベトッとしてるわで激マズ。半分も食べずに残してしまった。他のものを頼んでもよかったんだけど、あの盛り下がった席から早く離れたかったし(笑)。

d0113429_1229683.jpg
Thai Tempeh Lettuce Wraps

d0113429_1229913.jpg
French Onion Soup

d0113429_12291136.jpg
Wiener Schnitzel

この後はメインステージでKatherine Ellisという人のショーを観に行くことにした。彼女はイギリスの歌手で、随分色々な活動をしている人らしいけど、最近ではサンドラ・ブロック主演の映画『Gravity』のサウンドトラックのボーカルトラックを歌ったらしい。素晴らしい声量の人で、感情表現も豊か。特に彼女が『サマータイム』を歌ったときには、鳥肌が立ってしまったほど。最近ではダンスクラブなんかでかかるダンスミュージックを歌っているらしく、最後はかなり長いダンスミュージックを歌いながら会場を練り歩き、みんなと握手したりしてた。初めてのアーティストなのに、一気にファンになってしまった感じ。ダンスミュージックじゃなくて、もっとスタンダードなジャズも歌ってほしいなぁ。ショーが終わった後は、会場の後ろの方でみんなと会ったりサインしたりするとのことだったんだけど、最初は僕はいいやとか思ってたんだよね。でも劇場から10歩くらい離れたところで、「やっぱり一緒に写真撮りたい!」とか急に思っちゃって引き返した。写真も一緒に撮れたし、サインも貰えて嬉しかった!

d0113429_12291447.jpg
パワフルな歌手、Katherine Ellisと一緒に!

まだ興奮冷めやらぬうちに、ベッドに入って寝た。明日は初めてのエストニアでの観光だ!
[PR]
by alexsea | 2014-07-24 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/20987788
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< スカンジナビア2014: エス... スカンジナビア2014: ドイ... >>