From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>海老原くん えー..
by alexsea at 03:52
もう、きっと覚えてないと..
by 海老原吉晶 at 00:05
>るうこさん うひ..
by alexsea at 06:32
>亜紀ちゃん お子..
by alexsea at 06:30
お久しぶりです♪ポルトガ..
by るうこ at 21:30
以前の記事
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


スカンジナビア2014: スウェーデン、ストックホルム
あれからまた何回か起きたけど、朝はゆっくり8時半頃起床。家の場所が林の中だし、バスルームがないってこともあって、なんだかキャンプに来ているような感覚だった。

スウェーデンでは定番のクネッケブレッドで朝食。これはライ麦で作られた平べったいクラッカーのようなパンで、バターを塗ったりチーズを乗せて食べる。チーズを乗せたのも美味しかったけど、ちょっと塩味の効いたバターをたっぷり塗って食べるのが個人的に大好き。美味しい上に、クネッケブレッドには繊維質がたくさん含まれているので体にもいいらしい。

d0113429_6485372.jpg
美味しいクネッケブレッドの朝食。とてもスウェーデン的

みんなにさよならを言って、Ulrikaにフェリー乗り場まで送ってもらった。12:45発のフェリーに乗り込んで、ストックホルムまでは約2時間の旅。スウェーデンには島が無数にあるので、あちこちの島で人を乗せたり降ろしたりしながら、ストックホルムへと南下していく。天気が良くて気持ちよかったけど、しばらく外で景色を楽しんだ後は船の中に入って、旅行記を書いたりウトウトしたりしていた。ストックホルムに着く直前にアーチ型の巨大な噴水が見えて、その大きさと美しさに感動してしまった。後で調べてみると、これは“Gud Fader på Himmelsbågen”(神、虹の父)という名を持つ噴水らしい。今までで一番印象に残った噴水だった。

d0113429_6485516.jpg
気持ちのいいフェリーの旅

d0113429_6485846.jpg
船は無数にあるあちこちの島に止まっていく

d0113429_649174.jpg
『神、虹の父』という名の噴水。この迫力には感服

ストックホルムにフェリーで到着後、すぐ前のGrand Hotel前からタクシーに乗って、中央駅のそばのComfort Hotel Stockholmへ。3時ちょっと過ぎにチェックインすることができた。やっぱりここもコペンハーゲンと同じく、部屋がとても狭い。それにエアコンも効いているのかいないのかわからないくらい弱く、部屋に入ったときには蒸し暑かった。まぁ駅の近くということと、ストックホルムでは格安のホテルだということで我慢しなくちゃ。ここには窓がない部屋もあるみたいなので、ちゃんと窓があるだけいいと思わなければ。

早速シャワーを浴びて、昨日ゆっくり眠れなかった疲れを癒すためにちょっと昼寝した後、5時半頃ホテルを出てガムラ・スタン(旧市街)の方へと歩いて行った。7時にディナーの予約が入ってるけど、その前にバーでErnieと合流してちょっと飲もうというプランなんだ。大通りを歩いていて気がついたのが、全てのバスがレインボーフラグをはためかせているってこと。今週はゲイ・プライドウィークで、今週末にはプライドパレードもあるらしいんだけど、まさか街をあげての大祝賀とは思っていなかった。ストックホルム、やっぱりすごく進歩的だなぁ。

d0113429_649369.jpg
全てのバスにレインボーフラグが!

観光案内所が中央駅の前にあるらしかったので、そこで明日から使うストックホルム・カードを買おうと思ったんだけど、なんかそのビル自体が改装工事中みたい?? 隣のコンビニに入って聞いてみると、改装中のため観光案内所は閉まっていて、セルゲル広場(Sergels Torg)まで行かないとダメなんだそうな。えー、そんなー! 市庁舎の塔は人数制限があるので、明日の朝は一番にストックホルム・カードを使って塔に上ろうと思ってたのに…。明日、セルゲル広場の観光案内所が開く9時ちょうどにカードを買ったとしても、塔が開く9:15には間に合わない。今日セルゲル広場まで行くとErnieとの約束に間に合わないので、明日行くしかない。うー、段取りが難しくなってきたぞ。仕方がない。明日朝一でカードを買って、まずは9:30の市庁舎のツアーに行くことにしよう。塔に上るのは次の日でもいいし。

d0113429_649521.jpg
明日行く予定の市庁舎と塔が見える

ガムラ・スタンはストックホルムの旧市街で、細い路地の両側に古い建物が立ち並ぶ場所で、最高に雰囲気がいい。観光客で満ち溢れている道もあるけど、ちょっと横に入ればとても静かな通りを楽しむことができる。ここがストックホルム観光の中心だというのも頷ける。待ち合わせのバーに行ったらErnieはもう来ていた。彼も大好きになったというペア・サイダーで乾杯して、しばらく落ち着いたガムラ・スタンの雰囲気を飲みながら楽しんでいた。

d0113429_649888.jpg
とてもいい雰囲気のガムラ・スタンの道

d0113429_6491136.jpg
Ernieとペア・サイダーで乾杯

Fem Små Hus(訪問記へ)で美味しいディナーを食べた後は、まだまだ明るいガムラ・スタンを散歩してみることにした。大広場(Stortorget)は、夕方の過ごしやすくなった気温を楽しむ人たちでいっぱい。中央の噴水にもレインボーフラグが飾ってあって、またここでもビックリ。ガムラ・スタンで最も狭いらしいモーテン・トローツィグ・グレン(Mårten Trotzigs Gränd)という通りを通り抜けて鉄の広場(Järntorget)に行ったり、そこからレストランや土産物屋が立ち並ぶ通りをゆっくりと歩いたりした。

d0113429_6491313.jpg
大広場はまだ人でいっぱい

d0113429_6491531.jpg
幅90cmしかない一番狭い通り、モーテン・トローツィグ・グレン

d0113429_6492012.jpg
「鉄の広場」は観光客で賑わう

d0113429_6491824.jpg
その一角にあるこの像は、スウェーデンの代表的な詩人Evert Taube

「すみません、もしかしてシアトルからですか?」と、いきなり男の人に呼び止められた。そうですけど…と答えると、なんと彼はシアトルで僕が一番好きだったレストランLampreia(今は閉店)で働いていた人で、足繁く通っていた僕のことを覚えていたそうな。えー、なにこの偶然! そういえば僕も、彼の顔はなんとなく覚えてる気がする。彼はヨーロッパは初めてで、彼女(土産物屋の中にいるらしい)と一緒にあちこち旅行している最中なんだという。オスロでRick Stevesを目撃したことといい、このシアトルの彼といい、世界狭すぎ! そういえばちょっと前に日本に行ったときにも、シアトルからの人に呼び止められたり、僕が大ファンのシアトルのシェフにバッタリ道で会ったりしたっけ。こういうシンクロニシティってすごく不思議だけど、偶然と必然の境目ってそれほどハッキリしてないものなのかもしれないなぁ…とか考えちゃう体験だった。

d0113429_6492361.jpg
シアトルからの人に呼び止められてビックリ。名前を聞くの忘れちゃったよ

近くのバーに入って一杯やろうと思ったけど満員で入れなかったので、帰る途中のホテルのバーに入ってカクテルを飲んだ。でも一杯$20のカクテルって高すぎ!スカンジナビアの物価には、いまだに驚かされてしまう。

d0113429_6492599.jpg
穏やかなストックホルムの日暮れ

ホテルに行きつく直前にセブンイレブンで水を買ったら、レインボーフラグの袋に入れてくれた。このストックホルムのプライドウィークへの熱の入れよう、すごすぎです。明日はストックホルムの全開観光だ!

d0113429_6492841.jpg
セブンイレブンもレインボーモードに

[PR]
by alexsea | 2014-07-28 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/20996180
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< スカンジナビア2014: スト... スカンジナビア2014: スウ... >>