From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>るうこさん お久..
by alexsea at 14:08
お久しぶりです♪日食です..
by るうこ at 12:53
>FIELDSATAN ..
by alexsea at 00:35
おお、シアトルでも見られ..
by FIELDSATAN at 22:49
>amyさん お久..
by alexsea at 12:27
以前の記事
2017年 10月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


ずっと行きたかった、タイ遺跡巡り: 「寂びれた」という雰囲気がピッタリの、スコータイ
 チェンマイからバスに乗って、スコータイに向かう。これは一日がかりの旅だったんじゃないかな。スコータイに着いてすぐに、ゲストハウスの客引きおじさん達に囲まれる。まぁスコータイでの宿も決めてなかったことだし、一度ゲストハウスってのも体験してみようかってことで、OKしてしまった。値段はなんと一日50バーツ(日本円に換算すると300円くらい?)。着いてみると、普通の木造の家に部屋がいっぱいあって、その中にマットレスと蚊帳、それに扇風機がついてるだけのとても簡素なところだった。最初はゲゲッこれは失敗か?とか思ったんだけど、ただ寝るだけだったら全然構わない感じ。隣の家の犬が夜中まで吠えててうるさかったのがちょっとナンだったけど。ここのゲストハウスのキッチンにいた女の子が人懐っこい感じでかわいかったな。食事も家庭的な感じでなかなかだったし。でもここでタイの伝統的な紙なしトイレに遭遇したのはどひーって感じでした。ちょっとアレだけは勘弁ぷりーず。

 さて肝心の遺跡観光。次の日は朝早く起きて、バスに乗ってムアン・カウって呼ばれる遺跡の町に出かける。朝の澄んだ空気がすごく気持ちよかった。ここで自転車を借りて、遺跡の中をかけまわる。なにを隠そう、タイに遺跡観光しに来ようと思ったきっかけが、「地球の歩き方」に乗ってたスコータイの遺跡の写真なんだよね。何本もの石の柱が立っている向こう側に静かに座る仏像。なぜかこの風景に呼ばれるようにしてタイまで来てしまったわけ。自転車に乗ってあたりを見回してると、…あったあった、あの柱の間から見える仏像。これはワット・マハタートって呼ばれる遺跡にあって、ここはスコータイの遺跡の中でもやっぱり目玉らしい。タイの遺跡って、こういう柱がいっぱい立ってるのが多いけど、これって何を意味してるんだろう? なんとなく神秘的に見えて、個人的には大好き。歴史には全く興味がないんだけど、遺跡に来ると、全盛期にはどんな風景だったんだろうって思ってしまう。チェンマイの寺院みたいなピンと澄んだ空気はないんだけど、荘厳で神秘的な場所だった。あとすごく気に入ったのが、ワット・スィー・チュムっていう遺跡。ここは屋根のない高い狭い建物の中一杯に、巨大な仏像が所狭しと座ってる場所。なんでも悪魔を鎮圧している仏像だそうな。登っちゃダメって書いてあるこの仏像にちょっとだけ登って写真を撮っていた秋山さんに、「鎮圧されちゃいますよ」とか言って笑ってたのを憶えてる。でもこのDo Not Climbの看板は小さくて、最初見えなかったんだよね(笑)。午後になると、さすがに暑くなってくる。あんまり暑くなる前に遺跡観光を終わらせて、ゲストハウスに戻って休んだのでした。夕食はスコータイの川沿いを歩いて行ったところにあるレストランで。ここで『Awakenings』っていう映画(Robin WilliamsとRobert De Niro主演のヤツ)のビデオを流してたんで、夕食ついでに最後まで見ちゃいました。

d0113429_811232.jpg
ワット・マハタート

d0113429_811479.jpg
ワット・スィー・チュム

 その次の日も、またまた遺跡観光。今度はスコータイから60kmも離れたところにある、スィー・サッチャナーライ(Si Satchanalai)にバスで向かう。後で知ったんだけど、ここは皇太子のどっちかのお気に入りの場所らしい。秋篠宮の方だったかな? ここでも自転車を借りて遺跡を見て回る。かなり規模が大きくて、公園の中にあっちこっちに遺跡が点在してる感じ。ムアン・カウよりも緑が多かったし、遺跡の雰囲気もなんとなく違うみたい。こっちの方がもうちょっとのんびりしてる。ここでは生まれて初めて象に乗ってしまった。背中に椅子みたいなヤツが乗っかってるんだけど、これは一人乗り。秋山さんがその椅子に座ることになって、僕は御者の前、象の頭付近に乗っからなきゃいけなかった。すっげーーー怖かった(笑)。とにかく揺れる揺れる。両手で象の頭にしがみついてないと振り落とされちゃいそうな感じ。とてもとてもビデオなんかを撮ってる余裕はありませんでした(泣)。でもあれは得がたい体験だったとと思う。『インディ・ジョーンズ2』のシーンを思い出しちゃったりして。遺跡を観光した後は、スィー・サッチャナーライの中にあるレストランで昼食。結構アップスケールな場所だった。

d0113429_81165.jpg
スィー・サッチャナーライの入り口

d0113429_811822.jpg
この象に乗った!!

 さて、スコータイでの観光を終わらせた僕たちは、蚊帳の中に入ってしまった蚊にしこたま体を刺された翌日、電車に乗ってアユタヤへと向かった。
[PR]
by alexsea | 2001-02-07 02:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/21961344
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ずっと行きたかった、タイ遺跡巡... ずっと行きたかった、タイ遺跡巡... >>