From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>るうこさん お久..
by alexsea at 14:08
お久しぶりです♪日食です..
by るうこ at 12:53
>FIELDSATAN ..
by alexsea at 00:35
おお、シアトルでも見られ..
by FIELDSATAN at 22:49
>amyさん お久..
by alexsea at 12:27
以前の記事
2017年 10月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


FinalSpin in Chicago: 「朝エッグ」
8月2日(日) 「朝エッグ」

さて翌朝。僕は時差ボケのためか、ダブルベッドに2人寝たせいか、ちょっと風邪っぽかったせいかわからないが、あまりよく眠れなかった。体中を疲れの膜が包んでる感じ。シャワーを浴びて、尾山さんとかつおくんと3人で近くのDenny'sへ朝食を食べに向かう。

 そうそう、Denny'sに行く前に知ったことなんだけど、この朝ぶるま達の部屋(?)で鍵が壊れてしまったそうな。前日僕もそこの部屋の鍵を回してみて、なんか堅いなとは思ってたんだけど、鍵が中にささったまま折れてしまったんだって。すぐにホテル側が修理してくれたけど、アセっただろうなぁ…。>その部屋の人達

 Denny'sは日曜の朝ということもあって、かなり混んでいた。こっちは3人だったから結構早く座れたんだけど、後から来たホブ達の団体はかなり待たされたみたい。その時にToRpyが言った「ホテルで朝エッグ食っといてよかった」との言葉は、今でも何故か語り継がれている。ちなみに僕はエッグじゃなくてハンバーガーを食べたぞ。サラダと一緒ですごい量だった。

 でも一年ぶりのアメリカ。「僕はやっぱりアメリカが好きなんだ」ということを心底思い出せるような雰囲気の朝食だった。

 朝食の後、水着を持っていない人は、近くの店までLaurieが連れて行ってくれることになっていた。せっかくホテルにプールがあるんだから、遊ばなきゃ損だというわけ。水着買い出し組はフォトンセンターでLaurieと会うことになっていた。でも「ちょっと待っててくれない? 12時からここがテレビに出るのよ」ということ。話を聞くと、何週間か前にテレビ局がフォトンのことを取材に来て、それが今日放送なんだという。「家族で楽しめる」ってのがテーマの番組だったかな? 映りの悪いテレビでその放送を見ていて、Laurieが画面に映ったら「きゃー恥ずかしい」とか言ってそこらへんを走り回ってたのがかわいかったな。その後Laurieともう一台の車で近くのショッピングセンターへ行き、僕は水着となんとなくハデな色のシャツを一枚買って、ホテルのプールへと直行。

 既にプールにはぶるま達が来ていて、もうひと泳ぎしたらしい。尾山さんもサングラスをかけて、プールサイドで本を読んでいる。シブイぜ、尾山さん。

 プールに入るのも一年ぶり。一年前にはサンフランシスコのアパートで毎日入っていたから、その頃が懐かしく思い出された。30~40分遊んでたんだけど、まだ全然疲れが取れていないせいか、しばらく泳いでたら気分が悪くなってきてしまった。今日はトーナメントのある日だし、体力はできれば温存したい。というわけで、プールサイドで少しの間寝てた。ちょっと寒かったけど、気持ち良かった~! 3時にフォトンセンターに集合するまで、大多数の人がプールにいたようだ。


「えっ? OMEGAタイプでプレイできるの?」

 フォトンセンターに行くと、Laurieが話しかけてきた。「今日はみんなのためにダンスフロアの椅子やテーブルを取り払って、OMEGAフィールドでプレイできるようにするわ」とのこと。日本と同じタイプのフィールドではプレイできないと思っていた僕たちにとって、これは思いもかけない朗報だった。既にセンターの人はフィールドに置いてあるテーブルや椅子を次々と運び出しているところだった。僕たちのためにやってくれてるんだから手伝わなければ、ということで全員で運び出しの流れ作業。椅子やテーブルは思っていたよりも数が多く、また重さもかなりバラバラだったので、全部運び出した頃にはなかなか疲れてしまった。でもまたこのタイプのフィールドでプレイできるということを考えると、心の底からワクワクした。

 オープンスペースになったフィールドを眺めてみると、昨日見たときよりも一段と日本との違いがはっきり目に映ってくる。αベースよりもかなり大きくダイナミックなこっちのOMEGAフィールド。アッパーレベルのベースに入ると、まずTボーンが無いことに気づく。その代わりに、少しフロントランプ寄りにYウォールが設置されている。ベースの壁には大きな切り込みが入れられていて、そこから下のフロアを見渡せるようになっている(これはたぶんダンスフロアにするときに改造されたものだろう)。またサイドアタックは、日本の2倍は広い。αベースではサイドアタックに誰かが居るときには、そこを通り抜けるのも一苦労だったが、こっちでは3人くらい楽々入ってしまいそう。スパイラルもやっぱりそれくらい大きかった。フォワードデッキにはセンターサークルがなく、ガンデッキの横についていた壁もない。いつかトーナメントの決勝でのFARANCS戦で、ここからベースの中を撃ち放題だったことを思い出して、なんだか懐かしい気持ちになった。ガンデッキからはロワーレベルがよく見渡せる。バンカーがないので本当に景色がいい。でもロワーレベルで乱戦になったら、隠れる場所がないのに、どうやって敵の攻撃をかわせばいいんだろう。あと気がついたのが、フォワードデッキの傾斜がαベースよりも大きいこと。最初は1年ぶりだから感覚が鈍って傾斜が急に感じられるのかとも思ったんだけど、みんなの意見を聞いてみてもやはりそうらしい。ここを走って上がったり下がったりするのは大変だろう。INOKOやHOLMESはどうすりゃいいんだ。

 そんなこんなでOMEGAタイプのフィールドの見学を念入りに終えた後、これから始まるトーナメントのための準備を始めたのだった。


「やっぱり総当たりトーナメント」

 まずやらなければいけないことはチーム分け。こっちは12人で、6人のチームを2つ出さなければいけないので、半分半分にメンバーを分けなければいけない。一つのチームはFinalSpinとして、もう一つはBackSlashが多いということで、BackSlashという名前になってしまった(ごめんねー。>BackSlash側のFinalSpinのみんな)。チーム分けは、Aさんと僕がじゃんけんをして、勝った順に好きな人を一人一人取っていくという形式。じゃんけんの苦手な僕としてはかなりツラかった。結局FinalSpin側が、Aさん、GARGOYLE、ジュニア、ぶるま、MASAさん、ToRpy。BackSlash側が、HOB、VAMPIRE、れんた、kei、かつおくん、そして僕という分け方になった。

 アメリカのトーナメントっていったらやっぱり総当たりなんだろうなぁと思ってLaurieに聞いてみたら、やっぱりそうだった。でも2年半前のボルティモアでの恐怖の11チーム総当たり戦とは違い、今回は僕たちを含めて7チームでの総当たり。結果的に6試合すればいいことになる。ちょっと安心。

 さて、どの順番で戦うかを決めるくじ引きをした後、いよいよトーナメントに突入! 「どちらのフィールドを使ってもいい」ってことだったので、BackSlash組は2回戦目でOMEGAフィールドで対戦した。日本で培われた「地の利」を今こそ活かすぜっっ!と意気込んで試合に臨んだ。……が、考えてみればOMEGAフィールドもあちらにとっては地元のフィールド。始まってみるとこちらの意気込みはどこへやらって感じで、しっかりと鬼畜されてしまった。なまじ地形を知っているもんだからあっちこっち動くけどいつも撃たれて、ALPHAフィールドの試合よりも数倍疲れたような気がする。トーナメントが終わってみれば、FinalSpin組もBackSlash組もシカゴチームに全敗。ただ一回だけ、FinalSpin対BackSlashの試合で、れんたが試合終了15秒前にベースを奪取して、見事BackSlash組の勝利をしたくらい。やっぱりツライわ、アメリカチームとの戦いは…。

 やっと最後の試合が終わってホッとしてたら、「BackSlash、エントリーだよ」とGeorgeが放送で呼んでいる。「えっ? そんなハズは…」と思いGeorgeに聞きに行くと、「君達がいいっていうまで何度でも繰り返すつもりだったんだけど」とのこと。まっさかー、もう一周したら死んじゃうよ。ということで、トーナメント自体は終了にしてもらった。FinalSpinが純正チームで試合をしたいと申し込んでいたので、FinalSpin対シカゴの選り抜きメンバーチームの対戦が始まった。

 まず最初はALPHAフィールドでの戦闘。途中までFinalSpinがじりじりと負けていたが、途中からその勢いが止まり、今度は逆にどんどん点差を縮め始めた。試合開始4分後にはFinalSpinの点数がシカゴチームを上回り、さらに上昇を続けていた。オブ・デッキは大歓声の渦。FinalSpin側から2人落ち、シカゴチームからも1人落ちという、人数では負けている試合だったのだが、FinalSpinが勝ち始めてから点数差は開くばかり。結局、約1400点差でFinalSpinが勝利を獲得した。みんな嬉しそうだったなー。その後のOMEGAフィールドでの戦いは大差で破れたけど、やっぱりALPHAフィールドでの1勝はとても大きいと思う。うん、本当にあの試合は凄かった。

 そんなこんなで、トーナメントの熱気に包まれてその日は終わった。あまりの忙しさに夕食を食べていなかったので、僕たちはそのままDenny'sへ直行(シャワーを浴びてから来るって人もいた)。夕食を食べてからホテルに戻った。この日の夜もみんなでどこかの部屋に集まってたらしいけど、僕はあまりにも疲れていたので、すぐにベッドに飛び込んで寝てしまった。
[PR]
by alexsea | 2001-02-08 02:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/21961367
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< FinalSpin in Ch... FinalSpin in Ch... >>