From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>るうこさん うひ..
by alexsea at 06:32
>亜紀ちゃん お子..
by alexsea at 06:30
お久しぶりです♪ポルトガ..
by るうこ at 21:30
今回の旅行記も楽しく読ま..
by 亜紀 at 18:22
Alexさん、お久しぶり..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 21:23
以前の記事
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


マヤ文明の遺跡たち: 未知なる国へ、いざ出発!
未知なる国へ、いざ出発! 6月26日(土)

事の始まり


 そもそも旅行ってのは、行きたいと思っていてもなかなか行けないこともある。行けない理由というのは、時間や金がないことだったり、一緒に行く人がいないことだったり様々だけど、今回の旅行もなかなか行けなかったものの最たるものに入るだろう。

 メキシコ…というかマヤ文明の遺跡はずっと以前から見に行きたかった。きっかけは今回一緒に旅行したHOBGOBLIN(小橋)と同じ、『太陽の神殿』というアドベンチャーゲームだった。これは僕が大学生の時に日本ファルコムという会社が発売していたもので、メキシコはユカタン半島のチチェン・イツァという遺跡を舞台にして、太陽の鍵というものを探し求めるというゲーム。素晴らしいメロディーラインの音楽と意地悪すぎるストーリーに、僕もかなりハマっていたものである。何故だかわからないが元々遺跡には興味があったので、この時に行きたいという気持ちが芽生えたのだと思う。具体的にアクションを起こしたのは1991年の夏に仕事でサンフランシスコに3ヶ月滞在していた時で、ジャパンタウンにある紀ノ国屋で「地球の歩き方」のメキシコ編を買ったのである。しかしそれから約1年半は一緒に行きたいという人が見つからず、何の行動も起こせなかった。一人で旅行する気にはならなかったし。

 1992年の終わり頃だったかな、HOBと遊んでいたときにメキシコの話が出て「それじゃ二人でチチェン・イツァに行こうぜー」ということになったのである。話を更に具体化したのはHOBの方。今年(1993年)の3月くらいにJTBのツアー(『マヤの神秘 ユカタン半島 遺跡のすべて9』という得体の知れない名前のもの)を見つけてきて、僕もそのツアーに異論はなかったし、時間的にも都合がよかったので申し込むことにした。その時に決定したポイントは次の2つ。

* チチェン・イツァの観光が1日あること(半日以下でないこと)
* ビーチ・リゾートと抱き合わせでないこと

 値段は時期的に一番安いものでも¥473,000とかなり高かったが、やはり一生に一度は行ってみたい場所というわけで、ちょっとフンパツしてしまった。アクションを起こしてから約2年の月日を経て、メキシコの遺跡観光はようやく実現したのである。


出発当日

 さて出発当日の6月26日(土)。HOBとは新宿駅南口の小田急線改札口で昼の12時ちょうどに待ち合わせて、成田エクスプレスで空港に向かった。今回は初の成田空港の第2ターミナルからの出発。行ってみると以前の成田空港の雑多な雰囲気とは違って、アメリカなんかの空港とやっと同レベルくらいになったかなという印象を受けた。まず第2ターミナル駅に着いてすぐに旅行保険に加入し、まだ集合までには時間があったので、レストランでとんカツを食べたりして時間をつぶした。

 集合時刻に集合場所に行ってみると、そこにはオジサンやオバサンの列がズラリ…。彼らの荷物を見てみると "JTB/MAYA 9" の札がついている。………まぁ若い連中ばかりなワケはないとは思っていたが、まさかこれほどご年配の方々だらけとは思わなかった。これから9日間もこんな環境で生きていけるのだろうかと、ふと不安がよぎる。と、その時、同年代くらいの女の子2人が同じカウンターに来るのを発見。彼女達の荷物にも "MAYA9" の札がついている。なんとなくホッとしたが、やはり不安感は拭い去れなかった。添乗員の人が若い女の人だったので、それもまた少し心を軽くしてくれはしたが。

 Mexico Cityまではダイレクトには飛ばず、Los Angelesを経由する。17:05発のDL078便に乗り込…んだのはいいが、天候を関知するシステムに異常があってメンテナンスで少し遅れるという。まあ少しくらいならいいかと待っていると、今度はエンジンに異常があるという。一瞬ざわめく機内。おいおいー、大丈夫なのかよー。3年前にフォトンでアメリカに行ったときに、Seattleで乗り継ぎのフライトがキャンセルされてしまったことを思い出した。フォトンのメンバーと旅行をすると、こういうことがいつも起こるのだろうか? 約1時間後に全ての問題が解決し、何事もなかったように飛行機はLos Angelesへ向けて飛び立った。約10時間のフライト。機内では "Home Alone 2" を上映していたが、酒のせいでとても眠たくて、映画を観るどころではなかった。

 順調なフライトの後、予定より約1時間遅れてLos Angeles空港に到着。乗り継ぎまでには時間があるので、ちょっとした市内観光がツアーに盛り込まれている。2年前に一人でLos Angelesに来てはいるが、今回はハンディカムも持っているぞということでとても楽しみだった。ところが税関を通り抜けようとしたときに僕だけ呼び止められ、いろいろと質問されてしまった。

「メキシコに何しに行くんだ?」

えっと、観光です。

「何ドル持ってる?」

(えっ? 成田で両替したばっかりで何ドルかは忘れちゃったよー)

「何ドル持ってるんだ?」

ちょっと待って。財布を見てみるから。(ゴソゴソ)

「いや、見なくていい。何ドルなんだ?」

(うー、なんだこいつ) 日本円で¥20,000だから、約$180くらいかな。

「(HOBを指差して)お前は行け。(僕に)メキシコでは何を買うつもりだ?」

え? お土産です。

「ドラッグを買うつもりじゃないだろうな?」

(げげっっ) もちろん違いますよ。

「本当か?」

本当です!

「もし買ったとしてもアメリカには持ち込むなよ。いいな」

(!!! ……… なんだこいつぅ)

 全く失礼なヤツだった。最初から強気でどんどん質問してくるし。なめんぢゃねぇぞ、このバカ、って感じ。入国するときに仕事と間違われたときもあったけど(フォトンの時)、ドラッグを買いに行くと思われたのは今回が初めて。ツアーのバッヂを付けてなかったからかもしれないけど、あの態度は許せないよなー。


Los Angeles のミニ観光

 そんなこんなで僕だけ一波乱あったんだけど無事に全員アメリカに入国し、乗り継ぎのフライトまでの間、Los Angelesのミニ観光が待っていた。

 大阪弁を話す、なんとなく面白い雰囲気の吉田さんというガイドさんの案内でバスに乗り、昼食をとるためMarina Del ReyのThe Ritz Carlton Hotelに向かう。やはり最高級なホテルだけあって、雰囲気からして全然違う。オジサンやオバサン達と観光客丸出しで入るのはやっぱり少しためらわれた。そこでビュッフェ形式の昼食をとり、少しだけホテルの回りを散策してみた。2年前にLos Angelesに来た時にもMarina Del Reyには来てるんだけど、場所が違っていたみたいだし地図もなかったので、自分がどこにいるのかさっぱりわからなかった。バスに乗っているときに見た道の名前には見覚えがあったけどね。特に車で間違えて入ってしまった道は鮮明に覚えていた。それと、やっぱりカリフォルニアだけあって、ローラーブレイダーがたくさんいたのが印象に残っている。

 昼食後は市内観光。バスはBeverly HillsからRodeo Driveを抜けてHollywoodへと向かう。以前来たときにはちょうど日曜日でRodeo Driveが休みだったのであんなに賑わってるとは知らなかった。“Pretty Woman”を観た後ということもあって、一段と思い入れが強かったし。Hollywoodに行くまでの道もSunset Blvd.だったので、以前その道を車で走ったことを思い出した。前に泊まったホテルが見える前に道を曲がってしまったのでちょっと残念な気はしたが、行った時期も同じだけあって、雰囲気はそのままだったような気がする。Hollywoodではお約束のChinese Theater見学。Tom Cruiseの手型・足型が入る場所がちゃんとリザーブされていたのは驚いた。翌日の正午にTom Cruiseが来て手型・足型を取るんだそうな。見たかったなー。Hollywoodの後はLos Angelesのダウンタウンに向かい、Japan Townへと。Japan Townは初めてだったけど、思ってたより小さかったのが印象的だった。ここでしばしの休憩をしたんだけど、やっぱりツアーだからここらへんの店と提携してて、マージンを貰ってるのかななどと想像してみる。そうじゃなきゃあんなにたくさん時間をとらないよ。買い物に熱中してたオバサン達もいたみたいだけど。

 ほとんどがバスの車窓からの観光も終わり、Los Angelesの空港へと向かい、Mexico City行きの飛行機に乗り込む。目的地までは約3時間半のフライト。ちょっとビックリしたのが、この便ではアルコール類が有料なこと。ウォッカが$4なり。国際線と国内線では全然待遇が違うんだよね。$8使ってウォッカソーダを2杯飲んで、ちょっと眠って、目指す地への到着を待ちわびた。Mexico City到着直前に見えた夜景がとても印象的だった。まるでフォトンでアメリカ遠征したときのNew Yorkの夜景のようで、息を飲むほど綺麗だった。


Mexico City 到着!

 飛行機は予定通りの時刻にMexico Cityに到着。そこで簡単な入国審査を受け、税関を通り(ここで面白いのが、調べる人を信号機みたいなもので無作為抽出していたこと。これでひっかかったオバサンはかなりブツブツ言っていた)、メキシコでのガイドの宮下さんに連れられてバスに乗り込む。空港の感じは、フィリピンのマニラ空港のそれとほぼ同じ印象を受けた。フィリピンよりももう少し整然としてたけど。

 バスは夜のメキシコの街を走りながら、目的地のHotel Nikko Mexicoを目指す。バスの中では宮下さんの諸注意。生水を飲んじゃいけないとか、観光だましに気をつけろとか、一般的な事が多かった。15分ほど走った後、バスはホテルに到着。さすが高いツアーだけあって、ホテルもかなり立派。今まで自由旅行ではこんなにいいホテルに泊まったことはほとんどなかったので、なんとなく無駄遣いをしたような気分になってしまう。HOBと二人分のカードキーを貰って、やっとこさ落ち着ける部屋に到着。この日はかなりのハードスケジュールで結構疲れてしまっていたので(他のオジサンやオバサン達もかわいそうなくらい疲れた顔をしていた)、部屋に入ってすぐに寝てしまった。HOBはシャワーを浴びるだけの余力が残っていたみたいだけど。
[PR]
by alexsea | 2001-02-09 01:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/21961408
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< マヤ文明の遺跡たち: メキシコ... マヤ文明の遺跡たち (1993) >>