From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
Alexさん、お久しぶり..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 21:23
昭和後期こどもの歴史研究..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 23:29
>亜紀ちゃん 最近..
by alexsea at 05:31
素敵な夏の週末だね〜(^..
by 亜紀 at 11:26
>昭和後期こどもの歴史研..
by alexsea at 14:38
以前の記事
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


ニューメキシコ州への旅: 待ちに待った旅の始まり
待ちに待った旅の始まり   5月24日(金)

きっかけは…


 そもそも「地球の歩き方」アメリカ国立公園編を最初に手にしたときから、ホワイトサンズの白い砂丘の写真に目を奪われていた。シアトルに来てから、友達の友達として知り合ったDavidがサンタフェに住んでるってことは知ってて、来たら案内してやるって言われてたんだけど、行く時間とかのアレンジが面倒くさくて、なんとなく延ばし延ばしにしてた。今年の2月くらいだったかな、5月の終わりにあるメモリアルデーはどうしようかって考えてたときに、ふとサンタフェを含めたニューメキシコ州への旅を思いついた。一緒に行く友達もいなかったんだけど、それを待っていたらいつまでも実現できないと割り切って、今回は初めて一人旅ということした。ナビがいないドライブがちょっと心配だったけど、まーなんとかなるさってことで。それにサンタフェでは友達に案内してもらえるしね。

 最初はサンタフェに入って、そこから南下してカールズバッド洞穴、ホワイトサンズを訪れた後、エルパソへ抜けてそこから帰るって旅を企画してたんだけど、Davidが飛行機は絶対直通の方がいいと言うので、仕方なくアルバカーキへの往復切符を買い、そこからニューメキシコ州をぐるっと一周するようなルートを考えた。さて、企画に熱が入り始めると、予習を怠らない自分。インターネットでホワイトサンズやサンタフェに関する旅行記を検索して、片っ端から読みまくった。しかも会社で(笑)。いろいろな人の旅行記からヒントを得たのが、UFO博物館のあるロズウェルと、映画『コンタクト』に出てきた大きなパラボラアンテナがたくさんある、VLA(Very Large Array)という場所。ちょっと忙しい旅になっちゃうけど、まぁその辺は臨機応変に行きましょうってことで、いろんな情報をプリントアウトして、いざ初めての一人旅に出発した。


グルメなサンタフェ

 さて、大嫌いなサウスウェスト航空(自由席なもんだから、チェックインの時に番号札を貰うときと、搭乗するときに二度並ばなきゃいけない)を使って、アルバカーキの空港に夕方5時過ぎに降り立つ。Davidが迎えに来てくれていて、サンタフェまで約1時間ほどの車の旅に出る。サンタフェの北40マイルくらいのところで山火事があって、今でも燃え続けているらしく、そのために空気があんまり澄んでないんだとDavidは言う。ふーん、でもキレイな青空なんだけどなぁ。

 サンタフェは建物を高く建てちゃいけないっていう法があるらしくて、全ての建物が地に這ってるような感じ。大きなビルが全然ないから、ここらへんからサンタフェのダウンタウンだよって言われたとき、えっこれが?って思っちゃった。でもテレビや写真で見たことのある、アドビ造りのピンクオレンジっぽい建物ばっかり目に入ってきたときにはやっぱり感動したねー。何て言うのかな、雰囲気が全然アメリカっぽくないんだよね。他の国に来たみたいな感じ。Davidにそのことを言ったら、彼も、あーわかるわかるって言ってた。とてもアートな街で、とにかくギャラリーで溢れてるそうな。

 サンタフェはアートな街な上に、グルメな街でもある。旅行に出る前にZagat Surveyっていうアメリカ国内のレストランを検索できるサイトで検索してみたら、質の高いレストランがいっぱいあるみたい。美味しい料理好きな僕としてはたまりませーん。Davidのゲストハウス(お母さんがサンタフェに来たときに使う家)に荷物を置いた後、サンタフェNo.1のレストランと言われている、"The Old House"があるエルドラドホテルに向かう。

 The Old Houseのインテリアは普通のホテルのダイニングルームといった感じで、思っていたよりも高級な感じは受けなかった。アピタイザーとしてエビにニューメキシコのスパイスを擦り込んで焼いたヤツと、メインはVeal(子牛)を頼む。Davidはそのレストランのオーナーと顔見知りらしく、オーナーが挨拶に来たりして、ワインリストに載ってないナイスなPinot Noirを勧めてくれた。このPinot Noir、普通のヤツとは違って、もっとドッシリした感じ。フローラルな香りと、まるでSyrahのようなスパイシーな味は、「えっ? これがPinot Noirなの?」って思わせてくれる。アピタイザーのエビはすごく美味しかった。さすがニューメキシコだけあって、チリの使い方が上手い。辛いんだけど、それとなく甘味もつけてあって、いくらでも食べられる感じ。メインディッシュの前に、オーナーがサービスディッシュを入れてくれた。マグロのタルタル…細かく刻んであっさりしたソースをかけたものと、マグロのスライスを外側だけ焼いて(たたきみたいな感じ)、タルタルとは違うソースをかけたもの。どちらもすごく美味しかった! ニューメキシコって内陸だからあんまり魚料理は期待してなかったんだけど、これは本当に感動した。後でオーナーにそのことを話したら、「シアトルみたいなシーフードタウンから来た方にそう言ってもらえると嬉しいです」って笑ってた。メインのVealなんだけど、これはちょっと期待ハズレだったな。肉が厚くて、しかも少し硬い。味付け自体は重すぎくなく、肉本来の味を引き出す感じでよかったんだけど、いかんせん肉の硬さが悔やまれた。Davidの食べてたLamb(子羊)はすごく美味しかったけど。

 The Old House。サービスはトップクラス。インテリアはまあまあ(もうちょっと改善できるかも)。味はVeal以外は素晴らしかった。一度食べただけで評価するのは気が引けるんだけど、総合評価:★★★½(4ツ星がベスト)。
[PR]
by alexsea | 2002-05-24 01:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/21968383
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ニューメキシコ州への旅: 憧れ... ニューメキシコ州への旅 (2002) >>