From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>るうこさん お久..
by alexsea at 14:08
お久しぶりです♪日食です..
by るうこ at 12:53
>FIELDSATAN ..
by alexsea at 00:35
おお、シアトルでも見られ..
by FIELDSATAN at 22:49
>amyさん お久..
by alexsea at 12:27
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


どこまでも青いクレーターレイク: ついについにクレーターレイク
ついについにクレーターレイク … 7月27日(土)

 朝5時半起床、6時半にモーテルをチェックアウトする。外に出てみると快晴! 黄色い気球がいくつも空に浮かんでいてとてもキレイ。この季節にはオレゴンは気球の旅で有名らしいことを聞いた。高所恐怖症の僕にはとうてい無理な旅だけど、あんな風にいくつもフワフワ浮いてると、乗ってみたいって気にもなってくるから不思議。着地したお客さんや機材を回収するための「追っかけ」トラックがあるなんてのも初めて知った。途中のマクドナルドで朝食をとって、I-5をひたすらSpringfieldまで南下する。そこからSR-58に乗り換え山道をどんどん登り、US-97、SR-138を経てクレーターレイクに北側からアプローチする。園内に入ったのはちょうど11時を回ったとき。休憩も含めて約4時間半のドライブだった。

 まずは話に聞いていた湖でのボートツアーに申し込むために、ビューポイントには目もくれずCleetwoodトレイルヘッドに向かう。途中でチラチラ見える湖面の青さにはビックリしたけど、あまり見て後で感動が薄れるといけないから、あんまり見ないことにする(笑)。Cleetwoodトレイルヘッドに着いて、掘っ立て小屋のようなチケット販売所に行くと、「次のツアーは3時まで売り切れ。3時からのツアーのチケットは、もしかすると山火事の煙が流れてきて中止になるかもしれないので、1時まで販売してません」と言われる。っっげーん。11時に行ったのにもう3時まで売り切れ?? 人気のあるツアーだとは聞いていたけど、まさかこれ程とは…。1時までにはまだまだ時間があるので、それまでビューポイントを見て回ることにする。

 最初に行ったのはCloudcap Overlookという場所。湖の東側に位置していて、2427mの標高。駐車場に車を止めて外に出てみると、巨大な湖が眼下に広がっていた。最初の感想は「ふーむ、想像してたよりも青くないなぁ…」。と考えたところで、サングラスをかけていた自分に気づいて大爆笑。サングラスを外すと…どっひゃー、なんと形容したらいいんだろう、青、藍、紺、碧…。世の中の青いものを全て溶かし込んだような水の色。まるで空の青を水がどんどん吸い取ってるような感じだった。なるほど、こりゃ多くの人が魅了されるワケだ。そこには約15人くらいの人がいたけど、回りはとても静かで、湖を渡る風がとても気持ちよかった。しばらく放心状態で湖をじっと眺めてた。なんでこんなに青くなっちゃうかなぁ? だって単に雨水や雪解け水が溜まっただけなんでしょ? 澄んだ水が空の青を反射するからなのかな? とにかく不思議に惹きこまれるような色。いやー、あの青さにはまいったまいった。

d0113429_521780.jpg
初めて見たCrater Lake
ホントはもっと青かった!

 ビューポイントではChipmunk(シマリス)がたくさんいて、人に食べ物をねだってた。膝の辺りまで登ってきて食べ物をねだるんだよね。すごくカワイイ。大人も子供もこぞってパンの切れ端やピーナッツなんかをやってるけど、こういう国立公園では、野生動物に食べ物を与えるってのは完全なルール違反なんだけどなぁ。親も子供に「ほら、これをあげてきなさい」なんて言ってるから、たぶんそのルールを知らないだけなんだろうけど、これはちゃんと明確にすべきだよね。人の与える食べ物に慣れてしまって自分で餌を取れなくなったり、もっと大きな動物は食べ物のために人間を襲うこともあるらしい。自然の輪はなるべく壊さないようにしたい。

 次に行ったのはPhantom Ship Overlook。ここはその名の通り、Phantom Shipをさっきよりも近くに見れる場所。前よりも緑が多くて、また湖を違った角度から見れていい感じ。Phantom Shipは「幽霊船」っていうよりも、僕にとってはなんとなく城っぽく見えたな。時間によって影がついたりすると、もっと幽霊船っぽく見えるのかもしれない。

d0113429_5211033.jpg
木々の隙間から見えるPhantom Ship

 さてそろそろ時間も12時を回る頃。マクドナルド以来、ガソリンスタンドで買ったダイエットコークとビーフジャーキーしか食べてなかったから、お腹もペコペコ。Rim Villageまで昼食を食べに行こうということになる。でも今から昼食を食べに行くと、1時にボートツアーのチケットを買いに行くのに遅れてしまう。だいたいツアー自体があるかどうかもわからないしなぁ。この頃になると、もうボートツアーはどうでもよくなってきた。3時からツアーがあるとすると、その1時間前には行って急なトレイルを降りて行かなきゃいけないし。終わるのは5時、となるとクレーターレイクを離れるのは6時くらいになってしまうかも。というわけで、ボートツアーはさっくり諦めてしまうことにする。何せ66歳の母を連れているもんで、あまりツライところには行けないしね。Rim Villageに行って、不味いベーコンチーズバーガーを食べた後、そのすぐ前にあるSinnott Memorial Overlookで20分くらいのんびり湖を見てた。僕はここからの眺めが一番好きかもしれない。僕がいつもお守りみたいに持ってるラピスの石を、そのまま溶かしたような水の色なんだよね。そのビューポイントにある石で作った仕切りみたいなところに、湖に向かって腰掛けてたら、Koreyと母が「危ないよ~!」と心配することしきり(笑)。高所恐怖症なのは僕なのに、他の二人の方が心配してるなんて、なんだかおかしかった。でも不思議に怖くなかったんだよね。まぁ足を踏み外したら300m下までザザザッと落ちちゃうけど。美味しい空気、爽やかな風、心が洗われるような青。もう天国だった。

d0113429_5211274.jpg
Rim Villageの展望台から
この青が実物に一番近い

d0113429_521147.jpg
いつも持ってるお守りのラピスと青さを比較

 ここで一休みした後は、ちょっと簡単なトレイルに行ってみようということになる。母もいるので、一番ラクで、Phantom Shipを間近に見ることのできる、Sun Notchというトレイルに挑戦。ゆっくり歩いて10分くらいのトレイルだった。なだらかなので楽勝かと思いきや、標高が高いので息が切れる切れる。ちょっとだけゼーゼーいいながらビューポイントに到着すると、目の前にはPhantom Shipが荘厳にそびえていた。黄色や紫の野草もたくさんあって、キレイだったなぁ。昼を食べて、そのままだと眠くなっちゃいがちな体に、ちょうどいいエクササイズだった。

d0113429_5211785.jpg
近くに見えるPhantom Ship

d0113429_5211981.jpg
上を見上げると鳥の頭のような雲が!
「ガッチャマン」にこんなの出てきたよね(笑)

 帰りはDiscovery Point、Merriam Pointと回ってから帰途に着いた。回りを見渡すと、何となく西の方が煙っている感じがする。あー、これが山火事の煙なのかとか思いながらドライブしてた。Merriam Pointでは、ツアーのボートがWizard Islandの近くを通り過ぎるのが見えた。静かな湖面にボートが作る水紋がとてもキレイだった。

d0113429_5212165.jpg
水面に浮かぶボートの水紋

 途中の小さな町でチョコレートシェークを買って飲んだりしながら、Eugeneの町まで約3時間の旅に出る。Koreyとは、英語と日本語での動物の鳴き声の違いなんてのを笑いながら話してた。豚は英語の”oink oink”でもなく、日本語の「ブーブー」でもなく、どっちかっていうと「フゴフゴ」って感じだよねとか言って笑いながらドライブしてたから、思ったよりも早くEugeneの町に着いた気がする。Eugeneでは早速モーテルにチェックインして、良さそげなレストランを予約し、僕はその時間までお風呂に入ることにする。そういえば友達のChristianが今Eugeneで学校に行ってるんだよなぁと思い出し、夏だからいないかもしれないと思いながらも電話してみるとちゃんといたので、食事後にKoreyと僕とChristianの3人で近くのバーに飲みに行くことにした。

 食事したCafe Soriahというレストランは昨日ほどじゃなかったけど、なかなか美味しかった。詳しくはこちらを見ていただきたい。その後はChristianと会ってバーに飲みに行ったんだけど、僕はかなり疲れていたので、11時半頃リタイア。一人でホテルに戻ってきて寝てた。Koreyは1時過ぎまで飲んでたらしい。明日はまた早いってのに…。
[PR]
by alexsea | 2002-07-27 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/21968413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< どこまでも青いクレーターレイク... どこまでも青いクレーターレイク... >>