From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>るうこさん うひ..
by alexsea at 06:32
>亜紀ちゃん お子..
by alexsea at 06:30
お久しぶりです♪ポルトガ..
by るうこ at 21:30
今回の旅行記も楽しく読ま..
by 亜紀 at 18:22
Alexさん、お久しぶり..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 21:23
以前の記事
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


ニュージーランド・オーストラリア コーラスツアー: Rotoruaへのバスの旅
Rotoruaへのバスの旅 … 2月19日(水)

 この日は朝8時にホテルをチェックアウト。次の目的地Rotorua(ロトルア)へのバスの旅が始まった。ニュージーランドの田園風景はやはり他の国々とはどこか違う気がする。まず一番目につくのが、どこにでもいる羊、羊、羊。その他に馬や牛もいるけど、どこの丘を見ても羊・馬・牛がのんびりと草を食べてたりする。他の国と比べて動物たちがとてもリラックスしてみえるのはなぜだろう。

 途中、FoxtonとFlat Hillsという小さな町でトイレ・アイスクリーム休憩を取って、Taupaという町で短いランチタイムとなる。Lake Taupaというのはニュージーランドで一番大きな湖。その湖畔のTaupaという町は、やっぱりそれに見合うだけの規模みたい。町中いたるところに咲いている花、レストランやファーストフードショップ、ワインショップなどで町は埋め尽くされていた。時間があったらもうちょっとゆっくり湖畔を見て回りたかったな。時間があまりなかったので、僕は仕方なくKFC(ケンタッキー・フライドチキン)に入って、チキンバーガーをランチに食べちゃった。本当ならもっと違うものを食べたかったのに(泣)。

d0113429_9124121.jpg
d0113429_9124350.jpg
ニュージーランドの牧歌的景色
Taupaで

 結局Rotoruaに着いたのは午後4時を回った頃。本来ならホテルにチェックイン後すぐに最初の観光ツアーに出かけるはずだったんだけど、長旅の後少しは休みたいだろうというウチのコーラスの指揮者Dennisの配慮によって、ツアーは次の日の朝に回された。バスの外に出てみるとまず気づく硫黄の匂い。まるで箱根かどこかの温泉街に来たような気になって、日本が懐かしくなってしまった。あぁ懐かしや、箱根の大涌谷。部屋に入ってみると、とても広い部屋の上にジャクジーがついてる! 次の集合時間6時までにはまだ間があるってことで、しっかり入っちゃった。長いドライブの後だったからいいお風呂タイムだったな~。外から漏れてくる硫黄の匂いのせいで、普通のお湯なのにまるで温泉に浸かってるようないい気分になってしまった。もしかして僕の部屋だけジャクジーがついてるのかと思いきや、後で聞いてみると他の部屋にもみんなついてたみたいで、なんとなくガッカリ(笑)。

d0113429_9124573.jpg
d0113429_9124796.jpg
広い部屋に
ジャクジーまで!

 6時にホテルを出て、バスでそこからすぐのMaori Cultural Centerに行く。着いてすぐに、口の所に刺青をしたマオリ族の女性のお出迎え。なんだか今回はただの観光ってワケじゃなさそうだ。僕たちの「部族」のリーダーを決めろとか言ってるし。リーダーには今回のツアー委員会の委員長、Bob Jacksonがなることに決定されてから、みんなでバスを降りてマオリ族のいわゆる客間の建物に向かう。…と、向こうから威嚇の声を上げながら出てくるマオリ族の男性。目をひん剥いて大声を上げながら近づいてくる様はかなり怖かった。「あのぉ…大丈夫ですか?」って言ってあげたいような感じ(笑)。でも笑っちゃいけないような雰囲気だったので真剣に見てると、彼は地面にSilver Fern(裏が銀色に光るシダ類の植物)の葉を落とす。Bobはこれを聞いてたらしいんだけど、この葉は相手が友好的かそうでないかを見分けるためのもので、これを地面から取ると友好的だという印、その葉の上に乗ったりツバを吐きかけたりすると戦争だという印だそうな。もちろん地面から手で拾い上げるBob。 僕たちはその後、建物の中に案内されて、部族の長からマオリ族の言葉で友好の挨拶を受ける。Bobは僕たちがどこから来たか、どんな目的でここに来たかを述べ、いきなりみんなでコンサートのレパートリーの一曲“In This Very Room”の一番をみんなで唄うことになった。これは聞いてなかったからみんなビックリ。でもこれがこちらからの歌のプレゼントということらしい。

In this very room
There’s quite enough love for one like me
And in this very room
There’s quite enough joy for one like me
And quite enough hope
And quite enough power
To chase away any gloom
For a spirit, our spirit
Is in this very room


 こちらの歌が終わった後は、マオリ族からの歌のプレゼントのお返し。独特のリズムと目をひん剥いた威嚇の表情で唄われる曲はすごく迫力があった。その後はマオリ族の一人一人とマオリ風の挨拶。ここにいる7人はみんな本物の家族らしい。握手しながら相手と鼻を2回くっつけて「キオラ(Kia ora)」という。どうやら「キオラ」っていうのはHelloに似た意味があるみたい。こっちは7人と「挨拶」するだけだったんだけど、向こうは90人ものグループ一人一人と鼻をくっつけなきゃいけないんだから大変だ。最初は恐々やってたんだけど、途中からその親密さに気づいて感動。やっぱり新たな文化を学ぶのっていいなぁ。観光客相手にやっていることとはいえ、こちらに感動を与えてくれることには変わりない。こういう異文化との出会いが、自分をレベルアップさせてくれる気がする。

d0113429_912496.jpg
d0113429_9125147.jpg
威嚇しながら出てくる
マオリ族の戦士
女性は口元に刺青を入れている
目をひん剥いて威嚇の表情

d0113429_9125363.jpg
d0113429_9125675.jpg
友好のダンスらしいけど
まだ目をひん剥いているのはなぜ?
マオリ族の挨拶
2回鼻をくっつける
3回だと求婚になっちゃうらしい

 さて歓迎の儀式の後はいよいよディナー。ディナーホールに移り、バフェ形式でマオリ族の人々が調理した夕食を取りに行く。チキンや子羊、ポークなんかの肉はマオリ族独特の方法で6時間以上調理されたものらしい。どれも素朴な味で美味しかった! 食べ終わるとマオリ族のパフォーマンス。舞台の上でさっき歓迎の儀式で会った人たちが、いろいろな歌を唄ってくれる。愛の歌とか戦争の歌、あと女性が毛糸の玉っぽいのを手で回しながら唄うってのもとても面白かった。会場内から何人か選ばれて、その人たちへの毛糸の玉回しのレッスンタイムとかあって、これも大爆笑だったし。特にいつも僕らのコンサートで手話通訳をやってるKevinは、それを習ってるときの顔の表情がもうおかしくておかしくて。涙が出るほど笑ってしまった。

d0113429_912584.jpg
d0113429_913026.jpg
「ハンギ・ディナー」
美味しかった!
踊りを教えてもらってます
中央がKevin

 向こうのコンサートが終わった後は、次はこちらのコンサートのお返し。今回のツアープログラムから選ばれた何曲かを彼らに向かって唄う。最初にDennisが「今回は一応『リハーサル』ってことで聞いてやってください。なんせ一週間以上唄ってないもんで」って言ったときにはみんな笑ったけど、それを言っておいてもらってよかった。なんせ唄うのが一週間ぶりなもんで、歌詞は忘れてるわ振り付けは忘れてるわ…。まぁ滅茶苦茶というわけじゃなかったんだけど、Aucklandでのコンサートの前にどこを重点的に練習しなきゃいけないのがわかったってのが大きな収穫かな。それでもみんなすごく楽しんでくれたみたいで本当によかった。こういう文化の交換ほど素晴らしいものはないと思う。

 コンサートが終わった後は、マオリ族の青年DJによるダンスパーティー。僕は踊らずに飲んでるだけだったんだけど、楽しかったなぁ。ちょっと外に出てみるとキレイな星空が広がってたし。南十字星もちゃんと発見! 天の川もうっすら見えて感動感動。

 最後バスに乗ってホテルに戻るときに、バスの中で誰かが「今日はAlexの誕生日だよ~!」と大声を上げたことによって、バスの中で“Happy Birthday To You”の大合唱。そうでした、今日は僕の誕生日。とうとう36になっちまったよ。顔を真っ赤にしながら“Thank you~!!”で応えた。大好きな文化の交流と新しい人々との出会いがあったこの日、僕にとっては最高の誕生日だった。
[PR]
by alexsea | 2003-02-19 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/21968727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ニュージーランド・オーストラリ... ニュージーランド・オーストラリ... >>