From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>るうこさん うひ..
by alexsea at 06:32
>亜紀ちゃん お子..
by alexsea at 06:30
お久しぶりです♪ポルトガ..
by るうこ at 21:30
今回の旅行記も楽しく読ま..
by 亜紀 at 18:22
Alexさん、お久しぶり..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 21:23
以前の記事
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


ニュージーランド・オーストラリア コーラスツアー: Aucklandでのコンサート
Aucklandでのコンサート … 2月21日(金)

 さていよいよAucklandでのパフォーマンスの日。でもまずは市内観光のバスツアーからスタートすることになっている。朝9時にバスはホテルを出発して、まずはHarbour Bridgeを眺めることのできる場所でカメラタイム。その後はAmerica's Cupの色々なチームの倉庫みたいな場所を横目に見ながら、バスのガイドの話を聞く。なんせ僕はスポーツに関しては全く知識がなくて、ニュージーランドに来るまで、今America's Cupの真っ最中ってことを知らなかった。しかもAmerica's Cupが何かすら知らなかったりして(笑)。ヨットレースなんだね。去年はニュージーランドが勝ったから今年も連勝を狙って頑張ってるらしいけど、今日の時点でもう3敗してるから優勝はダメかもって感じらしい。でも街中いたるところに、ニュージーランドのチームの旗とかが掲げてあって、街中をあげて応援してるってのが肌で感じられる。

 バスはその後Mt. Edenという場所に向かう。ここは死火山の一つの噴火口跡にできた丘で、頂上にすり鉢型の噴火口がある。ここから見えるAucklandの街は最高にキレイ! 噴火口とはいえ昔々のことなので、今では草が生え揃っててなんとなく不思議な風景。降りちゃいけないって書いてあるのに、子供とかはみんな競って噴火口の中に降りて行ってたけど。なんでもこの噴火口の草は牛を放牧して食べさせてるんだそうな。草がぼうぼうなるのを防ぐってことと、牛のフンで同時に肥料をあげられるって利点があるらしい。笑っちゃうみたいな話だけど、確かに一石二鳥の素晴らしいアイデアかもしれない。

d0113429_9293738.jpg
d0113429_9293948.jpg
Harbour Bridge
ここでも海の色は緑色
Mt. Edenからの絶景

 お次はトイレ休憩も兼ねて、巨大な公園Auckland Domainの中にあるWintergardenという場所に。ここは2つの温室があって、ありとあらゆる花が咲き乱れている素敵な場所。温室の間には蓮の池があって、キレイな蓮の花が咲いていた。なんだかこういうところにいると心が洗われる気がする。

d0113429_9294266.jpg
d0113429_9294464.jpg
Wintergarden
…の池に咲く蓮の花

d0113429_9294649.jpg
d0113429_9294815.jpg
温室の中は花でいっぱい
指で触れると閉じるシダ

 今日の観光のピリオドはKelly Tarlton's Antarctic Encounter & Underwater Worldという場所で。ここは全て地下に造られた場所。南極探検の歴史の展示の後、動く乗り物の中からペンギンの観察。動いている生のペンギンなんて、もしかしたら子供の頃に見たことがある「かも」しれないってレベル。とにかくカワイイ! 手を広げてじっと佇んでるペンギンも入れば、水槽の中を活発に泳ぎまくってるヤツもいる。ちょっと隠れててよく見えなかったんだけど、生まれて1ヵ月半くらいの赤ちゃんペンギンもいたし。茶色の毛がフサフサしてて、とってもラブリー。10分ほどの乗り物の旅が終わった後は、巨大な水槽の中を貫く120mものトンネルの中を、動く歩道に乗って見ることができる。巨大なエイやサメ、無数の魚がすぐ横や頭の上を泳いでる。これは結構スゴかったな。でもRainbow Farmのショーには敵わないけど。

d0113429_9295012.jpg
d0113429_9295487.jpg
ペンギン!
こんなにカワイイとは知らなかった

d0113429_9295711.jpg
d0113429_929599.jpg
中央下に赤ちゃんペンギン
頭上を泳ぐ巨大なカメ

 さて観光の後はお仕事タイム。12時すぎにバスはTown Hallで僕らを降ろして、いよいよリハーサルの始まり始まり。Rotoruaでのコンサートの弱点を確認することと、ソロの人たちがどう動くかっていうようなブロッキングをするのが目的。Town Hallの大ホールは音響設備がしっかりしてて、シアトルのBenaroya Hallほどではないにせよ、とても唄いやすかった。本来ならば2時半には終わる予定だったんだけど、一緒に唄う予定のAnn Hampton Callawayが税関でかなり待たされたらしく、まだ到着していない。彼女と合わせリハーサルをしないことには…というわけで、2時45分から3時半までランチタイムということに。Town Hallのすぐ外にはAotea Squareという広場があって、ここに色々な店が出てる。この一つにインド料理の出店があって、ラム・カレーがとても美味しそうだったので、これを買ってこの広場に座って食べることにした。予想通りこれはとても美味しかった! カメラを持っていなかったので写真に撮ることができなくて残念無念。この日は雨がパラついたり陽が差したりの不思議な天気だったんだけど、食べるときにはさんさんと太陽が輝いてたからよかった。3時15分くらいに戻ってみたら、Annが到着したらしく舞台の上で音合わせをやってる。あー、もうこの人最高! キレイな声、声量、ユーモア、歌の技術、どれを取ってもピカ一。New York Timesがニューヨークで一番のキャバレーシンガーに彼女を選んだくらいだもん。この人と一緒に舞台に立てるなんて、なんて僕は幸運なんだろう。

 3時半から彼女と唄う3曲を練習して、4時にリハーサル終了。ホテルまでQueen Streetを歩いて帰った。このQueen StreetがAucklandの一番の繁華街らしい。なるほど、新宿の街を歩いているような気になってくる。面白そうな店が目白押し。この日は時間がないけど、次の日にはここでしらみつぶし的にショッピングをすることにしよう。この道を歩いていてやはり気づいたのが、アジア人観光客の多さ。街中いたるところで日本語、韓国語、中国語が聞こえてくる。悪いけど、こんなにニュージーランドって人気があったんだっけ?って思っちゃうくらい。日本食レストランも多いみたいだから、Aucklandにいる間に一度は日本食を食べてみようかな。

 ホテルに戻ってちょっと休んだ後、ホテルの前のSubwayでサンドイッチを買ってきて部屋で軽い夕食とする。タキシードを着込んで、6時にホテルからタクシーに乗ってTown Hallに向かう。コンサートは8時からなんだけど、昨日会ったコーラスと一曲一緒に唄うことになってるから、それを練習する予定。ここのコーラスは男女混声合唱団で30人くらいの規模。でもかなりいい音出してた。

 8時からのコンサートはかなり上出来だったと思う。中でもAnn Hampton Callawayが観客の心をしっかり掴んでた。Annのスゴイところは唄の上手さだけじゃなくて、素晴らしいソングライターでもあるということ。彼女のコーナーの一番最後に、観客から10個ほど色々なAucklandに関する言葉を募って(Blue, Rangitoto, Gridlockなどなど)、それを即席でAucklandに対するラブソングに仕立て上げてしまう。観客の沸くこと沸くこと! 最後にはほとんど総立ちの拍手を受けてた。当たり前だよね。こんなに才能のある人に出会うと、いかに自分がちっぽけであるかを思い知らされる感じがする。でも彼女だって並々ならぬ努力をしてきたからこそ、今のAnnがあるんだよな。コンサートの終わり、アンコールはまずAnnと一緒に“At the Same Time”を唄う。この曲は80年代にAnnがBarbra Streisandのために書いた曲で、そのちょうど10年後にBarbra Streisandがレコーディングして大ヒットになった曲。すごくいい曲。アンコールの2曲目は、Aucklandのコーラスも混じって“In This Very Room”を唄った。観客の反応もすごく良くて、素晴らしいコンサートだったと思う。

 コンサートの後はホテルに戻ってすぐに寝ようと思ったけど(もう11時近かったし)、Markはホテルのバーでちょっと飲むという。ふーむ、それもいいかな、ってことでバーでマティーニを頼んだ。やっぱり唄った後に飲む酒は最高! あれよあれよという間にホテルのバーはコーラスのメンバーで一杯に。Aucklandのコーラスのメンバーも何人も来てて、またEvanとかと話ができたのはよかった。2杯ほど飲んだ後、みんな近くのクラブに繰り出すって話になってたけど、もう12時半だしってことで、僕は辞退して部屋に帰って寝た。鍵を部屋に忘れたことに気づいて、フロントに鍵を借りに行かなきゃいけなかったけど(笑)。こんなポカは初めてっす。
[PR]
by alexsea | 2003-02-21 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/21968752
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ニュージーランド・オーストラリ... ニュージーランド・オーストラリ... >>