From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
Alexさん、お久しぶり..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 21:23
昭和後期こどもの歴史研究..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 23:29
>亜紀ちゃん 最近..
by alexsea at 05:31
素敵な夏の週末だね〜(^..
by 亜紀 at 11:26
>昭和後期こどもの歴史研..
by alexsea at 14:38
以前の記事
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


ニュージーランド・オーストラリア コーラスツアー: ツアー最後のコンサート
ツアー最後のコンサート … 2月26日(水)

 今日はリハーサルの時間までSydneyを歩いてみることにする。お昼はSydneyでもかなり最上級に位置するRockpoolというレストランで食べることにしよう。今回のツアーでずっと引率してくれているOliverに、RockpoolのあるThe Rocksにはどう行ったらいいかを聞くと、そこに行って帰ってくるまでのお勧めルートを地図に書いてくれた。それじゃその通りに歩くことにしましょうか。

 外に出てみると、やっぱりMelbourneで感じたみたいに蒸し暑いんだよね。17年前に来たときには、これよりもずっとドライだったと思ったんだけどなぁ。人間はこういうことは相対的にしか物事を感じないから、蒸し暑さの度合いでいうと、シドニー<東京。でもシアトル<シドニー。つまり、シアトル<シドニー<東京ってことですか? こう考えてみると、17年前にシドニーがドライだと感じたことも頷ける。

 GoulburnとElizabethの交差点にあるホテルを8:30に出て、まずはHyde Parkのど真ん中を北上する。Hyde Parkはこれで2度目。1986年に来た時にも訪れてるんだけど、だいぶ記憶の中にある印象と違ってて驚いた。僕の覚えているHyde Parkはもっと大きかったような気がするんだけど、今回は「え? これだけ?」って思っちゃうくらい小さく感じた。なんでだろう? 以前来た時は生まれて初めての海外旅行だったので、何もかも全て驚きに満ちていて大きく見えたのかな。でもアーチのようになっている並木道とか、公園の中にいる様々な鳥とか、本当にキレイな場所で、ビルの谷間のオアシスといった感じだった。そうそう、公園の途中にある道から、Kings Crossにある以前のホテルが見えた。時間があったらあの近くにも行ってみたいな。

d0113429_1145315.jpg
d0113429_1145537.jpg
Hyde Parkの並木道
Archbald噴水
これは覚えてた!

 あまりThe Rocksのエリアに早く着きすぎても困るので、途中にあるSydney Towerに寄ることにする。ここは以前はCenter Point Towerと呼ばれていた場所。来たことがあるんだけど全く忘れてる。17年も昔のことだからしょうがないかな。9時のオープン直後に行ったのでチケット売り場はガラガラ。なんかSkytourっていうバーチャルツアーもチケットに組み込まれているらしい。タワーに最初に上ってもいいし、Skytourの方に行ってもいいらしい。ちょうどチケットを買った直後に、日本人の団体がドサッと到着してエレベーターの方に向かっていたので、混雑を避けるために最初にSkytourに行くことにする。なんとその時点でのツアー参加者は、僕の他にアメリカ人と思われる年配のカップル一組だけ。このSkytour、最初はあまり期待してなかったんだけど、模型とビデオからの反射をうまく組み合わせたシアター形式のヤツとか、WellingtonのTe Papaでも乗ったようなバーチャル乗り物もあって、予想以上に面白かった。バーチャル乗り物の方は、画像で水に飛び込むときに、席の前から水蒸気がプシューって出て、本当に水に飛び込んだような感覚になれたし。3人だけの貸し切りツアーみたいになってたってのもよかったな。約30分のツアーの後は、いよいよタワーに上ってみる。エレベーターには僕一人だけ。地上305mのタワーからの景色はなかなかよかった。これで快晴だったらよかったんだけど、今日はちょっと曇ってたからあんまりメリハリのない景色だったのが残念。でもハーバーブリッジや、ビルの間からは有名なオペラハウスも見えて、これから回るSydneyの街の予習ができた感じ。

d0113429_1145721.jpg
d0113429_1145944.jpg
タワーから見たHyde Park
17年前に泊まったホテルも
ここから見えた

 15分ほどここで時間をつぶした後は、またHyde Park方面に戻って北上を続けることにする。おっとその前に、タワーの地下のTaro Cashという店でお気に入りのシャツのショッピングをすることも忘れない(笑)。Macquarie Streetを、St. Mary’s Cathedralや議事堂の建物なんかを横目に見ながらひたすら北に歩く。Alfred Streetで西に曲がれば、もうそこはフェリーの発着場で有名なCircular Quay(サーキュラー・キー)。ここでコーラスのメンバー5~6人を発見。なんでも動物園に行くらしい。なんでSydneyまで来て動物園?とかその時は思ったんだけど、よくよく考えてみたらカンガルーとかコアラとかってアメリカでは見れないような動物がいるもんな。僕は前回の旅行で見たことがあるので今回はパス。Circular Quayは人々でごった返してたけど、海とボートがあるからなのかな、なんとなくのんびりとした居心地のいいものを感じる。

d0113429_115191.jpg
d0113429_115472.jpg
Circular Quay
…から見えるHarbour Bridge

 Circular Quayを出ると、もうThe Rocksまですぐ。ここはSydneyで最初の入植が行われた場所で、今は土産物屋の立ち並ぶ観光名所になっている。まずThe Rocksのエリア内にある観光案内所に寄って、お目当てのレストランRockpoolの場所を教えてもらう。そこから歩いてわずか1分の所だった。この時点で11時くらいだったんだけど、レストランの中はまだひっそりとしてて、ナプキンとかの清掃業者が出入りしてるだけだった。たぶん12時から開店すると思うので、それまでこのエリアをいろいろと見て回ることにした。土産物屋が立ち並ぶRocks Centreや、そのすぐ横にあるArgyle Stores。 歩き回ってちょっと疲れてたので、このArgyle Storesの建物の中のカフェで“Long Black”を注文。これはニュージーランド・オーストラリアに来て初めて聞いた言葉で、エスプレッソのダブルショットっていうか、普通のコーヒーカップにエスプレッソを一杯注いだもののこと。外に座ってガイドブックを読みながらコーヒーを飲む…すごく気持ちのいいひと時だった。薄曇りの日だとはいえ、爽やかな風が吹いてたしね。この後は囚人たちが掘ったとして有名なArgyle Cut(アーガイル・カット)や、Rocksの他の場所も色々と回った。ここにも以前来たことがあるんだけど、全然思い出せないんだよな。やっぱり17年って月日は長いな~。

d0113429_115517.jpg
d0113429_115823.jpg
"Long Black"でちょっと一休み
Argyle Cut

d0113429_1164390.jpg
d0113429_1151052.jpg
Sydneyの最初の入植者
囚人の像
犬の像もあったりして。
再開発のときに
かわいがられた犬らしい

 さて12時近くなったのでレストランに行ってみると……なんかさっきと同じような状況なんですけど。野菜とかを運び入れているとはいえ、キッチンには誰もいないし、客席も静まり返ってる。えーそんなー、ランチはやってないのかぁ? ウェブサイトにはランチもやってるって書いてあったのに。詐欺だー! そうこうしているうちに時計は12時を過ぎてしまっている。このままだとどこのレストランも一杯になって入れなくなってしまう。ダンドリ君、失敗か?! 急いでまた観光案内所まで戻ってSydneyのダイニングガイドを貰ってきて、それに書いてあったアメリカン・エクスプレスの2002年度の賞の候補だったCafé SydneyかForty Oneに行こうと決めた。案内所の兄ちゃんに聞くと、Café Sydneyの方が今いる場所から近いらしいので、さっそくそこに行くことに。

 Café SydneyはCircular Quayのすぐ前のCustoms Houseというビルの屋上にある、とてもいいロケーションのレストラン。予約がないんだけどって言って聞いてみたら、全然大丈夫だとのこと。まだあまり客も入ってなかったみたいだし、ラッキーだった。うーん、本当にこれが賞の候補になったレストラン?って疑問に感じる程度の場所だった。期待が大きかっただけに、ガッカリも大きかったな。雰囲気がよかっただけに、とても残念に感じた。

 ガッカリしたとはいえまあまあの味だったランチを終え、今度はGeorge Streetを南下してホテルの方に向かうことにする。このGeorge StreetはSydneyの中心ともいえるような道で、本当に様々な店が立ち並んでいて新宿を思い出させてくれた。途中に有名なQueen Victoria Building(通称QVB)もあったんだけど、今日はあまり時間がないから後日改めて訪れることに。そのすぐ向こう側には、今日のコンサートがあるTown Hallがあった。どちらも歴史を感じさせてくれるような、とても重鎮な感じの建物。ここも横目に通り過ぎて、ホテルに戻った。

d0113429_1151192.jpg
d0113429_115149.jpg
QVBの上にある
裸の男2人をはべらせる
ヴィクトリア女王の像
ありゃまー
コンサートをやる
Sydney Town Hall

 ホテルに着いてみると、停電らしくエレベーターが動いていない。そういえばホテルのすぐ前の信号も消えたままになってたっけ。どうしてこう今回の旅行には停電がつきものなんだろう? 仕方がないので階段で5階まで上がって(日本やアメリカでいうと本当は6階)、真夏の中歩き回って吹き出た汗を流すためお風呂に入った。停電だとはいえ、お湯もちゃんと出たしバスルームの灯りも点けることができたのでラッキーだったかな。他の人の話によると、4時以降くらいにはもうバスルームの灯りも点けることができなくなったらしい。3:30にホテルを出る前に、Sydneyに住んでいる友達、DennisとKTに電話を入れてから、タキシードを持ってリハーサルに向かう。

 SydneyのTown Hallは今までのどこよりも豪華で音響も良かった。大きな建物だから音が反響するんだけど、それが悪い反響の仕方じゃないんだよね。Sydneyのホストコーラスも、AucklandやMelbourneのコーラスに比べて格段にレベルが上。指揮者がとてもいいエネルギーを放ってるみたい。後で聞いたんだけど、ここのコーラスはオーディションがないそうな。それなのにあのレベルとは凄すぎる。リハーサルの後は軽い食事が出されて、それを食べた後しばしTown Hallの前で、行き交う人々を眺めることにした。いい風が吹いていてとても気持ちいい。今日がツアー最後のコンサート。なんだかホッとすると同時に、いつも感じる一抹の寂しさ。今と同じ瞬間を感じることはもう二度とないことを思って、ちょっとセンチっぽくなってみたり。

d0113429_1151727.jpg
d0113429_1151956.jpg
Town Hall内のシャンデリア
真下から撮影
リハーサル中のSydneyコーラス

 コンサートは最高だった。それにしてもSydneyのコーラス、上手すぎだぞ。これがコンテストみたいなものじゃなくて本当によかった。Annが一幕で僕たちと一緒に唄う予定のRoute 66を忘れちゃうっていうかわいいミスもあったけど(二幕でちゃんと唄った)、大きなミスもなく最高のコンサートだった。Annは今までのツアーとはレパートリーを変えてて、予想外に僕の大好きな“Old Friend”を唄ってくれたときには涙が出てしまった。友達のDennisも観に来てくれてて、途中の休憩時間に会うことができた。金曜日は僕は一日フリーなので、その時にどこかに連れて行ってくれるという。楽しみだな。

 コンサートの後は本当は何も予定がなかったんだけど、Annが次の日にはもうアメリカに帰ってしまうので、今晩はパーティーをしたいということをツアコンに告げて、打ち上げパーティーをアレンジしてもらったらしい。Annって本当にパーティー好きなんだな。You go, girl! って感じ(笑)。てなわけで、ホテルから歩いて10分ほどのLizard Loungeというバーに行くことになった(MelbourneのLa La Landでのパーティーといい、なんで“L”が多いバーばっかりなんだろう)。ここはダンスフロアとミックスされたバーで、会話するにはかなり声を張り上げなきゃいけなかったんだけど、もうこのツアーで唄うことはないから声をセーブする必要もない。ダブルウォッカ+クランベリージュースを3杯飲みながら、いろんな人と話をしてた。そうそう、シアトルのルームメートのKoreyもAnnの大ファンなので、ビデオカメラで彼にメッセージをあげてくれない?ってAnnに頼んだら、快く承諾してくれた。カメラをONにすると同時に、“Korey~, Korey~, we miss you, Korey~”とかいきなり即興で歌を作ってくれて大爆笑。素晴らしいお土産ビデオになったぞ(笑)。Annってスゴイ才能を持っててかなり有名なのに、全然気取った所がないから本当に素敵な人。だからこそ彼女の前では緊張しちゃうんだけどね。ずっと起きていろんな人と話をしてたかったけど、やっぱりフルスケジュールの一日で疲れたので、午前2時にはホテルに戻って寝た。あー、いい一日だった。
[PR]
by alexsea | 2003-02-26 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/21968952
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ニュージーランド・オーストラリ... ニュージーランド・オーストラリ... >>