From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>亜紀ちゃん サン..
by alexsea at 02:26
いいねいいね〜サンフラン..
by 亜紀 at 08:28
>海老原くん えー..
by alexsea at 03:52
もう、きっと覚えてないと..
by 海老原吉晶 at 00:05
>るうこさん うひ..
by alexsea at 06:32
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


カリブの休日: ビーチリゾートのスタート
ビーチリゾートのスタート … 6月20日(金)

 朝7時半頃起床。シャワーを浴びた後、昨日のガーリックブレッドを食べていると電話が鳴った。ホテルの人で、ウェルカムドリンクや朝食チケットをくれるらしい。もう朝食は食べてしまったんだけど、ウェルカムドリンクのチケットをくれるなら…というわけでロビーに下りてみた。ビーチを見てみてもまだ出ている人があまりいなかったし、いい時間つぶしだと思ったので。

d0113429_12425810.jpg
部屋のバルコニーから朝日を望む

 電話をくれた人に会って、他の人に紹介される。その人にアンケートみたいに、歳は?とか結婚は?とか聞かれ始めた時から、なんだかおかしいなとは思ってたんだ。その人にまたまた違う人を紹介されて、その人がレストランに朝食を食べるために連れて行ってくれる。Enriqueという名前の彼はただレストランの位置を教えてくれるだけだろうと思ってたら、一緒のテーブルに座って朝食を食べ始めてしまった。一年に何度旅行するかとか一回の旅行でどのくらい遣うかとか聞いてくるから、もうだいたい予感はしてたんだよね(笑)。でもまぁタダの朝食を食べさせてもらったし、後でTシャツもくれるみたいだから、何も言わずに聞いてたんだ。朝食の後はちょっとしたコンファレンスルームみたいなところに案内されて、ウチの会社はこんなにたくさんの場所にこんなにたくさんのホテルを持ってるんだよとか、「借りる」ことと「所有する」ことでどれだけ金額的な差があるかとか色々と説明してくる。単なるタイムシェアのホテルの宣伝なんだよね。「んで、いくらなの?」って聞いても「それはスイートルームを見せた後で」とか言われる。はいはいってついて行ってスイートルームなんかを見せてもらった後、「今日申し込んでくれればこの金額です」って言ってくる。最初から申し込む気なんてなかったんだけど、即日決定はしない主義だと言ってパンフレットか何かを貰おうとしたら、どんどん色々な特典を付けてきて、しまいには値段も下げてきた。面白かったんだけど、もうビーチにだんだん人が出始めてる時間だったので、「今日決定は絶対にしないって言ったよね。これ以上話してもお互いの時間の無駄だよ」って言ったら、大声で笑ってた(笑)。こんなに率直に言う人は少ないのかな。向こうも僕に今日サインする気がないのがわかったのか、さっきの人の所に連れ戻してくれてTシャツをくれた。結構良さげなホテルだったんだけど、こういう勧誘があるのってなんかイヤだなぁ。

 ビーチに出た瞬間にアメリカ人らしきおばさんに呼び止められて、「さっき勧誘にあってたでしょ? 朝食のテーブルで見たときに可哀想に思ってたのよ」と言ってくれる。彼女もあれを経験したらしい。「即日決定はしない主義だって言って断りましたよ。タダの朝食のためだと思えばあのくらい大丈夫です」って言ったら、 “Good for you!!” って言って笑ってた。いいなぁ、こういう何気ない会話。でもあの勧誘の会社、こんな風にみんなに思われて、ホテルからどんどん客足が引いて行っちゃうんだろうなぁとか考えると何だか可哀想。まぁあれで申し込む人もいるからいいのかな。タイムシェアのシステムに合う人もいるんだろうけど、僕は個人的に絶対に合わない。旅のフレキシビリティがなくなっちゃうじゃん。それに「所有する」ってことをしきりに強調してたけど、1回1週間まで、1年に2週間まで、30年で30週までっていう条件がついてるんだから「所有している」ことにはならないもん。

 ホテルの南側は家族連れで一杯だったので、北側の人のあまりいないエリアのパラパを陣取って、本格的に焼きに入ることにする。ピニャコラーダ×1、カクテル・マヤ(オリジナルカクテルで、なんとなくピニャコラーダみたいなヤツ)×2を飲みながら、MDで久石譲特集とか80s音楽とか聴きながら、「何もしない時間」を楽しんだ。直射日光の下にいたのは40分ほどだけで、その後はパラパの陰でのんびりしてた。でも結構反射で焼けるみたいなんだよな。海はやはり波が高く、遊泳禁止の旗が出たまま。アンギラに行ったときみたいに海で遊ぶことができなかったのがちょっと悔しかった。北側にビーチがあるところは波が穏やからしいから、今度カンクンに来るとしたらそこらへんのホテルに泊まってみようかな。

d0113429_1243085.jpg
ホテルの北側プールエリア

 時計を持ってなかったから何時だかわからなかったんだけど、そろそろお腹が空いたということで、すぐ上の昨日飲んだプールサイドのバーでランチを食べることにする。その時にスパに電話して、アロマセラピーマッサージ(何で日本では「アロマテラピー」なんだろう?)の予約も入れた。今の時間を聞いてみたら、なんと2:45。外に出たのが11:30頃だったから、3時間も外に居たことになるのか! そんなに長時間いるような気はしなかったので、時間の圧縮効果にビックリ。音楽聴いたりしてると時間は早く過ぎるのかな。シーフードピザを注文して、出てきたその大きさにビックリしながらも、でも結局2/3は平らげてしまった。最初は食欲あまりないかなとか思ってたんだけど、食べ始めると入るもんだね。

 ランチの後は部屋に戻ってシャワー。5時にマッサージの予定なんだけど、そういえばスパのメニューに男性用フェイシャルってのもあったなぁ。てなわけで3:45頃スパに行って聞いてみると、4時からならフェイシャルができるという。50分だから、フェイシャルが終わってすぐマッサージに入れるし。こりゃいいじゃんってことで、それも予約してしまった。フェイシャル50分でUS$66。アロマセラピーマッサージ80分コースはUS$89。まだ15分ほど時間があるので、ホテルの1階にあるビジネスセンターでちょっとネットを触ったりして、でも会社のメールボックスの未読が123件もあったりして怖くなったので、何も読まずにすぐにログオフしてスパに向かった(笑)。

 実をいうと僕はスパは初体験。シアトルでマッサージには行ったことがあるんだけど、それは腰の治療のためとかだし。最初にロッカーの鍵を渡されて、その中に入っているローブに着替えろと言われる。どこまで脱いだらいいのかわからなかったから、下着は着けたまま。最初はフェイシャルだし。んでスパのロビーに出て行くと、Joseという30台後半か40台の男の人が、僕が担当ですと言って挨拶してくる。フェイシャルってなんとなく女の人がやると思ってたからちょっとビックリ。でも結果的にはとてもいいセッションだった。最初にクリームで顔をマッサージした後、ちょっとスクラブの入ってるやつでまたマッサージ。スチームが出てるようなやつとか、顔に何か押しつけてくる機械とか色々あったみたいだけど、何せ目を閉じていたので何が起こってるのかわからない(笑)。その日に太陽をかなり浴びたからちょっとだけヒリヒリしたけど、とても気持ちよくて50分なんてすぐに経ってしまった。なんか顔がツルツルになった気がするぞ。

 フェイシャルの後は間髪を入れずにアロマセラピーマッサージ。今度はMariaという50台くらいのおばさん。僕のニックネームがAlexだというと、自分の息子もAlexだと満面の笑顔になった。このマッサージはなんとなく期待と違って、アロマオイルを全身に摺りこむだけって感じだった。まぁシアトルで経験してたのはもっと深いマッサージだったので、それと違うのは当たり前なんだけど、もうちょっと深くマッサージしてくれてもよかったなぁ。アロマオイルはいい香りだったけどね。なんとなくリラックスするっていうよりも、おばさんが必死にアロマオイルを摺りこんでいるって感じだったから、あまり優雅な気分になれなかったってのも事実。ちょっと期待外れかな。

 スパの後は部屋で今日3度目のシャワーを浴びて、いい服に着替えてRitz-Carltonに向かう。今日はここのレストラン、The Club Grillに8時からディナーを予約してある。まだ7時頃だったんだけど、行くだけ行ってラウンジでカクテルでも飲んでりゃいいやと思ったから。これは大正解だった。やっぱりRitz-Carltonって世界中どこのホテルも本当に高級で、とても雰囲気がいい。ラウンジのバーはそのまんまThe Lobby Loungeという名前。ここでマティーニを頼んで、ピアノの生演奏を聴きながらこの旅行記を書いたりしてた。8時からのディナーもまた格別だった。サービスが本当に素晴らしい! メニューのコピーを頼んだときには、あまりそういうことを頼む人がいないのかちょっと戸惑ってた感じだったけど、結局最後には何かの賞状のように丸められてリボンをされて出てきたし。本当にいい時を過ごせた。ディナーの後はまたThe Lobby Loungeに戻って、ジャズシンガーのライブをちょっとだけ聴く。かなりの人が入っていて賑わってた。The Club Grillにもシンガーはいたんだけど、The Lobby Loungeでの唄のほうが10倍良かった。さっきレストランでカードを貰うのを忘れたので(個人的にコレクションにしてるので)戻って頼むと、レストランの名刺と一緒にチョコレートトリュフが2つ入った小さな包みもくれた。こういうちょっとした気遣い、僕は大好きだ。

d0113429_1243261.jpg
まるで賞状のような持ち帰り用メニュー

 タクシーでホテルに戻ってすぐにベッドに入る。明日はいよいよチチェン・イツァのツアーで早起きしなきゃいけない。今度はガイドをつけずに自分の足であちこち回る予定。本当に楽しみだっ!!
[PR]
by alexsea | 2003-06-20 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/21969213
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< カリブの休日: チチェン・イツ... カリブの休日: 優雅な旅の始まり >>