From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>亜紀ちゃん サン..
by alexsea at 02:26
いいねいいね〜サンフラン..
by 亜紀 at 08:28
>海老原くん えー..
by alexsea at 03:52
もう、きっと覚えてないと..
by 海老原吉晶 at 00:05
>るうこさん うひ..
by alexsea at 06:32
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


運命を感じた東欧への旅: スロヴァキアを通り抜け、ポーランドへ!
スロヴァキアを通り抜け、ポーランドへ! … 8月20日(日)

 今日はもうハンガリーにお別れをしなければならない日。朝食をとった後、8時にバスは出発。牧歌的な景色を見ながら、9:40にはもうスロヴァキア国境を通り抜け、11:30にランチ休憩のあるBanská Bystrica(バンスカー・ビストリツァ)に到着。ここは本当に小さな街で、大きい目抜き通りがある他は何もない場所らしい。でも建物がみんなカワイイんだ! なんとなくシアトルの近くにある、ババリア地方を模して造られたLeavenworth(レブンワース)って場所に似てる気がしたけど、ここはどこを模しているわけでもなく本物なんだもんね。

d0113429_10534063.jpg
Banská Bystricaの中心の噴水

d0113429_10534356.jpg
これが目抜き通りらしい

 大通り沿いにあるレストランになんとなくツアーの全員が入ってしまって、ちょっとした混乱状態に(笑)。でもみんなビールとか頼んで、すごくハッピーにランチできた。僕はGordon Bleuという、豚肉でチーズとマッシュルームを包んで揚げたものを注文。普通はこれ、チキンで包まれていてCordon Bleuっていわれてるんだよね。豚肉にしたからGordonになったのか、それともミススペルなのか、いまだに謎。でも安心できる味で、とても美味しかった。丸いポテトのコロッケは、日本の物とは全然違う風味で、でも楽しい味だったし。

d0113429_10534669.jpg
Cordon Bleuは、なかなかの味

 ランチの後はちょっとだけ大通りをブラブラして、1:30にバスに乗って出発。ここらへんの街は、どんなに小さな街でもキレイな教会があって、目を惹かれてしまう。途中、城みたいなものが見えたりとか。やっぱりバスや電車の旅って楽しい。移り変わる景色を見てると、時の経つのも忘れてしまうほど。まぁ途中から寝てたってのもあるけど(笑)。

d0113429_10535121.jpg
バスから見えた城のようなもの

 そんなこんなで、夕方6:30にやっとのことでポーランドのクラクフにある、Hotel Batoryに到着。ちなみに日本語の「クラクフ」は現地の発音に近い感じ。Krakówと書かれるものだから、アメリカ人は「クラカウ」って発音してるけどね。Hotel Batoryはクラクフの中心部からはちょっとだけ離れた、小さなかわいいホテル。家庭的っていうのかな、そんな雰囲気が漂ってて、小さいながらもいい感じ。ただねー、シャワーが小さい! バスタブがなくてユニット式のシャワーがあるだけなんだけど、日本人の僕ですら小さく感じてしまうくらいなんだから、僕の二倍くらいあるDennisやBobはどうすりゃいいんだ。後で聞いてみると、体を動かす度にシャワーの温度調節に体がぶつかって、熱くなったり冷たくなったり、さんざんだったらしい。やっぱり(笑)。

d0113429_10535573.jpg
Hotel Batoryは家庭的なホテル

 荷物を部屋に置いて、顔を洗ってリフレッシュした後は、夕食の時間。インターネットとガイドブックで、行きたい場所はもうちゃんと調べてある。今日のレストランはPod Aniołami(ポッド・アニオワミ)。行ってみて入れなかったらイヤなので、ホテルの人に予約なしでも入れるかどうか聞いてみると、「んー、ちょっと難しいかも。でも電話してみるわね」とのこと。ラッキーなことに、ホテルの名前で30分後に予約を入れることができてしまった。

 BobとMikeとKoreyと僕の4人で、ホテルでもらった地図を片手に中央市場広場まで歩いていく。この広場には人が一杯! なんとなくイタリアのフィレンツェを思い出してしまった。あっちこっちで大道芸をやってたり、音楽が流れてたり、人々はカフェでおしゃべりしてたり、ショッピングしてたり。ヨーロッパにはこんな感じの広場が街ごとにある感じで、羨ましい限り。シアトルにもスクエアを作るべきだよねーとか話しながら、人で一杯の広場を通り抜けていく。

 Pod Aniołamiは中央市場広場を抜けてすぐのところ。古めかしい入り口を期待していたので、最初はモダンな入り口に気づかずに通り過ぎてしまった。入り口は狭いんだけど、どうやらレストラン本体は地下にあるらしい。中は洞窟のようになっていて、所狭しとテーブルが並べられていた。最初に通されたテーブルは冷房が効いてない場所にあって、歩いてきた僕たちはもう汗だく。ウェイターもそれに気づいたのか、すぐに別のテーブルに案内してくれた。最初のテーブルで隣にいたアメリカ人の老夫婦二組とちょっと会話したんだけど、別のテーブルに移るときにはすごく気まずい思いだったなぁ。

d0113429_1054624.jpg
Pod Aniołami(ポッド・アニオワミ)

 最初に頼んだのはマッシュルームのPierogi(ピエロギ)。ロシアのピロシキと同じで、いわゆるポーランド風ギョウザ。中国のギョウザがロシアを経て伝わったものらしい。さすがヨーロッパ文化とアジア文化とが交わる場所だけのことはあるな。たっぷりの油で調理してあるらしく、こってりしていて美味しいんだけど、とてつもなく重く感じてしまう。時差ボケが抜けてなくって、今夜は特別に調子の悪い胃にはなおさら。3つだけ食べて、後は残してしまった。でもマッシュルームの中身は、コショウか何かのスパイスをうまく使ってあって、本当に美味しかった。

d0113429_1054833.jpg
マッシュルームのピエロギ

 メインコースは子牛とマッシュルームクリームソース。子牛肉はちょっと硬い感じがしたけど、ジューシーでとても美味しかった。マッシュルームクリームソースもよかったし。でもここでもまたディルがちょっと苦手なので、付け合せのポテトはちょっとナンだった。みんなサーモンに思えちゃうんだよぉ(笑)。

d0113429_10541044.jpg
子牛はちょっと硬かった

 繊細な味とはほど多く、どっしりとしたポーランドの家庭料理の味。時差ボケの胃の調子がよければもっと楽しめたかもしれないけど、なるほどクラクフで人気のレストランだと頷ける味だった。バスでの長旅で疲れていたので、この後はちょっと道に迷ったけどホテルに戻って、すぐに寝てしまった。
[PR]
by alexsea | 2006-08-20 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/21971255
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 運命を感じた東欧への旅: チャ... 運命を感じた東欧への旅: ひー... >>