From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>るうこさん お久..
by alexsea at 14:08
お久しぶりです♪日食です..
by るうこ at 12:53
>FIELDSATAN ..
by alexsea at 00:35
おお、シアトルでも見られ..
by FIELDSATAN at 22:49
>amyさん お久..
by alexsea at 12:27
以前の記事
2017年 10月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


運命を感じた東欧への旅: 音楽の溢れる街
音楽の溢れる街 … 8月27日(日)

 ふかふかのベッドでぐっすりと睡眠をとったら、風邪気味っぽかったのが治っちゃったみたいだ。ホテルの2階にあるレストランに入って、朝食を食べることにする。パンも焼きたてみたいでとても美味しい朝食だったんだけど、最後にお勘定が来てビックリ。そういえばツアーのホテルでは全て朝食込みだったけど、今回はExpediaのスペシャルだから朝食は付いてなかった気が。でもいくらなんでも朝食に一人€27は高すぎ!

 気持ちいい朝の空気を吸い込みながら、新しくオープンしたらしいモーツァルトハウス・ウィーン(Mozarthaus Vienna)へと歩いて行く。ここはモーツァルトがウィーンで住んでいた場所で、今はモーツァルトの博物館に改造されている。オーディオガイドを片手に、普通のアパートの一室一室に飾ってある展示物を眺めていく。展示物にある直筆のサインとかを見てると、彼が本当に身近に感じられたみたいな気がする。この窓から見える景色をモーツァルトも見てたんだとか思うと、やっぱり感慨深いものがある。モーツァルトって、映画『アマデウス』で観たくらいの知識しかなかったけど、やっぱり他の人とはちょっと違ったところがあったみたいだな。歴史には興味がないんだけど、僕は子供の頃から音楽とは切り離せない人生だっただけに、この博物館が思ったよりも楽しめたのが自分でもびっくりした。博物館の終わりは土産物屋になっていて、モーツァルトハウスのメモパッドとか、オーディオガイドの中で使われていた曲を集めた2枚組みのCDなんかを買いこんでちょっとホクホク。足も疲れたし喉も渇いたので、出口のところにあるカフェでちょっと一休みすることにする。

d0113429_11484290.jpg
モーツァルトハウス・ウィーン

 モーツァルトハウス・ウィーンを出たときにはもう正午も近いということで、ホーエルマルクト(Hoher Markt)という広場にアンカー時計(Ankeruhr)を見に行くことにする。これは毎日正午に人形が動き出すという時計で、10分前くらいに行った時にはもう人が集まっていた。でもプラハの天文時計のときみたいな大混雑じゃなかったけどね。ウィーンに深く関わりのある人たちの人形が12体、次から次へと動いて行く。全部終わるまでに、たっぷり15分くらいかかったんじゃないかな。途中でなんとなく飽きちゃうみたいな感じはしたけど、なかなか面白かったぞ。

d0113429_11484920.jpg
アンカー時計

 街を徘徊しながらランチを食べるレストランを探す。そのついでにウィーンで2番目に古いらしいペーター教会(Peterskirche)もちょっとだけ覗いたりしてみる。日曜日だからかもしれないけど、店が開いてないところが多いんだよね。メインの通りからちょっと横に入ったところにあるレストランに入って、チキンとマッシュルームのペネとグラスワインでランチにする。カレーっぽい香りのするソースがかかってて、ちょっと重かったけどなかなか美味しかった。

d0113429_11485460.jpg
ペーター教会

d0113429_11485698.jpg
小さいながらもやっぱり中は豪華絢爛

d0113429_11485892.jpg
ランチのパスタ。まあそれなりに…

 デザートはここでは食べずに、Demelでまたまたザッハートルテを頼むことにする。店の入り口のケーキのショーウィンドウのあるところで、外の席でザッハートルテが食べたいということを係の人に告げると、注文を書いた紙をくれるので、それを席に着いてからウェイトレスに渡す。それと同時にメランジェと言われるラテみたいなコーヒーも注文することにする。Demelのザッハートルテは、Sacherのに比べるとほんの少しだけ甘さが控え目みたいに感じた。どちらも日本人の感覚からするとやっぱり甘いんだけど、僕の口にはSacherのよりもDemelのザッハートルテの方が合った気がしたな。

d0113429_1149490.jpg
カフェ Demel

d0113429_1149641.jpg
Demelのザッハートルテは上のチョコレートが三角形

d0113429_1149835.jpg
メランジェって、いわゆるカプチーノだよね

 こうしてザッハートルテを食べ、メランジェを飲みながら道行く人々を眺めていると、本当に気持ちがいい。近くにはバイオリンを弾いている人もいるし、ウィーンはどこに行っても音楽が聞こえる気がする。それにしてもなんだろう、昨日も街を歩いていて感じた、この居心地の良さは。ヨーロッパはあちこち行ったけど、こんな感覚は初めてかもしれない。ウィーンの土地が放っているエネルギー? 僕がその波長によく合うってことなのかな。もしかすると前世のどこかで、ここに住んでいたことがあるのかもしれない。そんなことを考えてしまうほど、このウィーンの穏やかなオーラが気にいってしまった。今回のツアーを延長してまで来たいと思ったこの場所、やっぱりこの土地に呼ばれてたんだろうなぁ。

 もっとゆっくりしていたかったけど、色々と見たい場所もあったので、この後はすぐ近くの王宮(Hofburg)へと行くことにする。王宮には色々な博物館が入っているらしいけど、とりあえず銀器コレクション(Silberkammer)と、皇帝の部屋とシシィ博物館(Kaiserappertements und Sisimuseum)だけをまず見てみることにする。銀器コレクションは、その名の通り王宮で用いられていた銀器・金器・磁器なんかが展示してある場所で、当時の王宮での食生活を想像するにはいい場所かもしれないけど、なにせ数が多いので途中で飽きてしまう。食器にはあまり興味がない方だしね。それとは逆に、皇帝の部屋とシシィ博物館は本当に興味深く見ることができた。皇妃エリーザベトのことはガイドブックで読むまで全く知らなかったんだけど、最初はシャイな女性だったらしいんだけど、途中から自分の“美”に目覚めてそれを保つために莫大な努力をして、最後には暗殺されてしまった悲劇の主人公。彼女が自分のプロポーションを保つためにエクササイズをしたという運動器具は、豪華な家具や調度品が飾ってある中で、とても人間的な面を見せてくれた気がした。美しい皇妃が実は裏ではジム通いなんて、なんとなく可愛いじゃん? 動機はもっとポリティカルなものだったのかもしれないけど、なんとなく現代の見た目至上主義に通じるものがあって、エリーザベトがとても身近に感じられた。ここまでじっくりと楽しめた博物館ってあまりなかった気がする。

d0113429_11491450.jpg
王宮

d0113429_11491727.jpg
銀器コレクションの一部

 王宮を出た後は、ブルク公園(Burggarten)の中にあるモーツァルト像を見に行った。像の前には芝生の上にト音記号の形に花が植えてあって、さすが音楽の街!と感動。その後はホテルまで歩いて帰って、ホテルの前のバーでカクテルを何杯かひっかける。疲れた体にはカクテルが一番。ここのバーのスペシャルティ・カクテルの一つで、なんとなくトロピカルな感じでフルーティーで美味しかった。ここでしばしウィーンの雑踏を楽しんだ後は、部屋に戻ってちょっとだけ昼寝することにする。Koreyはまだ街をうろついてたみたいだけど。

d0113429_1149187.jpg
公園には巨大なモーツァルト・クーゲルンのバルーンが

d0113429_1149208.jpg
モーツァルト像の前にはト音記号!

 今夜の夕食はPlachuttaというレストランで。ここは昨日ホテルから予約しておいてもらったんだ。詳しくはこちらを参照。美味しかった!
[PR]
by alexsea | 2006-08-27 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/21971388
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 運命を感じた東欧への旅: Un... 運命を感じた東欧への旅: パス... >>