From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>るうこさん お久..
by alexsea at 14:08
お久しぶりです♪日食です..
by るうこ at 12:53
>FIELDSATAN ..
by alexsea at 00:35
おお、シアトルでも見られ..
by FIELDSATAN at 22:49
>amyさん お久..
by alexsea at 12:27
以前の記事
2017年 10月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


フランス・イタリア食べ歩きの旅: ドクターの往診 【ヴェネツィア】
ドクターの往診 【ヴェネツィア】 … 4月20日(火)

 朝8時ごろ起床。ホテルで朝食を食べた後、午後に医者を呼んで貰いたいということをフロントに伝えてから、サン・マルコ寺院に出発。今日は昨日よりも晴れていて、青空が見えていて気持ちいい。

 サン・マルコ寺院(Basilica di San Marco)は9:45に開く。30分以上前なのに、もう結構人が並んでた。でも昨日ほどの寒さじゃないので、この中で待つのは苦じゃない。サン・マルコ広場には、ハトがもうイヤってほどいる。餌を€1で売ってるおばさんやおじさんがいて、彼らが時々餌をパッと投げているからハトが始終集まってるみたいだ。映画『メリー・ポピンズ』の中の“Feed The Birds”っていう、僕が大好きな曲が頭の中で流れ始めた。そんなにずっと食べるものをあげ続けて大丈夫なのかなとか思ってハトを見ると、案の定丸々太った鳥ばかり。まぁ食べるものが一杯あっていいとは思うんだけど、あれで健康を壊さないでほしいな。列が動き始めて寺院の横にあるサインを読むと、肩掛けのバッグとかは持って入れないということが書いてある。寺院の近くに無料で預かってくれるところがあるらしいので、母に待っててもらって、僕はダッシュでそこまで行ってバッグを預けてきた。前に中学か高校生くらいのイタリア人の集団がいて、彼らはみんなバックパックを持ってたので大丈夫なのかなと思ってたら、案の定入り口の所で止められて横に出されてた。可哀想だったけど、その分僕たちが静かに見学できるのでラッキー(笑)。

 サン・マルコ寺院はさすがにみんなが並ぶくらい素晴らしい壮大な場所だった。写真・ビデオ撮影が禁止だったんで、お見せできないのが残念。でも宝物館とパラ・ドーロ(Pala d’Oro)はもっとスゴかった。宝物館には宝石でキンキラなものがたくさんあったし、パラ・ドーロは見た瞬間に息を呑む美しさ! これは金を払ってまで見る価値はあるよ。金で縁取られた様々な聖人の絵(だと思う)、その周りに散りばめられた宝石類。ライトを反射してキラキラ輝いていた。これは絶対に見るべし。一個欲しいな、ああいうの。

d0113429_2081378.jpg

サン・マルコ寺院の内部(絵葉書より)

d0113429_2081615.jpg

キンキラキンなパラ・ドーロ(絵葉書より)

 目がキンキラキンになった後は、サンティッシマ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会(Ss. Giovanni e Paolo)に歩いて行くことにする。地図が小さいので道に迷わないかなって不安だったんだけど、有名な所ってちゃんとサインがついてるんだね。“Ss. Giovanni e Paolo”って書いてあるサインに従って行けば、ちゃんと着くようになってる。ここも豪華な教会で、ヴェネツィアングラスの粋を結集させたステンドグラスが有名な場所。確かに単なるステンドグラスではなく、なんとなく三次元的な感覚がある。一つのガラスの中にも色の濃淡があって、それが立体的に見せているらしい。これはなかなかスゴかった。ちょうど教会の中を一周して出口に向かおうかとしているときに、僧侶が他の観光客に「そっちに行っちゃダメ」って言ってるのを見た。え? 僕たち今そこから来たのに、と思ってたら、教会の入り口から花を乗せられた棺を持った人々が入ってきた。どうやらこれから葬儀が始まるらしい。ちょうど見終わった後でよかった。こういう実際の葬儀の場面になんて滅多に出くわせないもんだから、なんか不謹慎かもしれないけど、ちょっとだけラッキーとか思っちゃった。

d0113429_2082466.jpg
サンティッシマ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会

 違う道をゆっくりゆっくり歩いてホテルに戻りちょっと休んで、また昨日の昼に行ったセルフサービスの店に行くことにした。僕はマッシュルームピザ、母はラザニアをゲット。マッシュルームピザは美味しかったけど、ラザニアは油っぽくて味もそっけなくて、電車の中のラザニアといい勝負だった。

 ランチの後はホテルにまた戻り、フロントで医者のことを聞いてみる。午前中は捕まらなかったけど、またもうすぐ電話をかけてみて、連絡がついたら部屋に電話をくれるという。んで部屋で30分ほど待っていると電話が来て、医者が今部屋に向かっているとのこと。まさか部屋に往診に来てくれるとは思わなかったのでちょっと慌てたけど、出かけなくていいから楽かもしれない。来たのは英語の通じるDott. Sparla Micheleというドクター。胸の痛みのことを聞いてきたから、それはないというと、「なんだ、心電図計持って来ちゃったよ」って言って笑ってた。肺から音がするということを言って調べてもらったんだけど、音は今は聞こえないらしい。僕も昼間は音が聞こえないなって思ってたんだ。咳もあまり出ないし。夜になると咳は出るし音も聞こえるってことを告げると、もし肺炎や気管支炎だったらいつも音が聞こえるらしい。熱は36度7分。ちょっと僕の平熱よりも高い気はするけど、これだったら平熱のレンジだよね。咳止めは今使ってるのでいいので、もっと肺の中のゴミを出すような薬の処方箋を書いてくれることになった。んで、もし熱がこれから上がってしまったときのために、熱さましと抗生物質の処方箋も書いてくれた。これは今に今必要なわけじゃなくて、もしイタリアを旅行中に必要になったらという、万が一のため。診察代は€160。往診に来てくれるなんて思ってなかったから、まだ銀行に行ってない。手元には€60しかないのでUS$でもいいかと聞くと、それでもOKだというので、US$200を支払った(ギリギリセーフ)。ドクターが出て行ってから領収書を書いてもらうのを忘れたのに気づいて、ホテルの玄関までダッシュで行ってドクターを捕まえて書いてもらった。快く承諾してくれたのでよかった。まぁ大きな進歩はなかったものの、診てもらったということが安心につながるし、薬もあるのでこれから良くなると思う。うーん、これで旅行中にドクターにかかるのは、ニュージーランドで耳の炎症を見てもらったときに続いて二度目だ。三度目はないことを心から祈ろう。ホテルのフロントでドクターを呼んでくれたおじさんに、感謝の意味で€10を渡して部屋に戻った。

 薬局はシエスタのため今は閉まってるらしいので、ちょっとだけまた休んでから今度は一人で外に繰り出す。まだ3時半を過ぎてもまだ薬局は閉まってたので、サン・マルコ寺院の方まで行って色々と写真を撮ったり、リアルト橋近辺の店を見たりした後、やっと開いた薬局に行って薬をもらってきた。ふう。本当にこれでよくなるといいんだけど。

d0113429_2082661.jpg
裏通りの運河と

d0113429_2082836.jpg
リアルト橋から見た大運河

d0113429_2083090.jpg
サン・マルコ広場はハトでいっぱい

d0113429_2083347.jpg
ランプの上もハトだらけ

d0113429_2083588.jpg
サン・マルコ寺院の上には紀元前からの青銅の馬たちが

d0113429_2083775.jpg
青空に金色がよく映える

 今夜はヴェネツィアで唯一のミシュラン星つきレストラン、Da Fioreを7:30に予約してある。

 Da Fioreでのディナーの様子は、こちら

 ヴェネツィアの夜はひっそりとしていて、観光客で満員の昼間とはまるで違った顔を見せてくれる。静かな裏路地に響く水の音。満潮に向かっているみたいで、大運河の水位がすごく上がっていた。ライトアップされてキレイなリアルト橋から写真を撮ったりして、気持ちいい気分のままベッドに倒れこんで寝てしまった。

d0113429_2084910.jpg
夜のヴェネツィアには水音だけが響く…

[PR]
by alexsea | 2004-04-20 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/21972342
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< フランス・イタリア食べ歩きの旅... フランス・イタリア食べ歩きの旅... >>