From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>るうこさん お久..
by alexsea at 14:08
お久しぶりです♪日食です..
by るうこ at 12:53
>FIELDSATAN ..
by alexsea at 00:35
おお、シアトルでも見られ..
by FIELDSATAN at 22:49
>amyさん お久..
by alexsea at 12:27
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


イタリア・クロアチア・パリ2015: スプリット到着
ぐっすり眠れて5時半に起床。窓の外を見ると、暗い中に陸の明かりが近づいているのが見える。シャワーを浴びて荷造りをし、到着直後すぐに下船できるように、ラウンジエリアでパンとエスプレッソを朝食にして待つことにした。予定通りに7時にスプリット(Split)到着。いい天気で朝焼けが綺麗だ! パスポートコントロールも難なく通り抜けて、いよいよスプリットの方に歩き出した。

d0113429_8425462.jpg
綺麗な朝焼けに出迎えられた

4年半ぶりのクロアチア。まさかこんなに早く帰って来れるとは思わなかったなぁ。いつもは人で賑わっている海岸沿いの「リヴァ(Riva)」と呼ばれるプロムナードも、朝早いのでほとんど人がいない。でも朝陽が海に映えて、とても綺麗だ。海好きの人には堪らない場所だろうなぁ。ゴロゴロと荷物を転がしながらホテル(っていうかアパート)まで行くけど、玄関のドアが閉まってる。7時に着くっていうことは伝えておいたんだけど、返信も来なかったからちょっと心配してたんだよな。そのときその建物から若い女性が出てきたので、ちょっと聞いてみた。「ああ、私の近所が部屋を貸してるのね。彼女はいつもお昼頃にならないと来ないわ」とのこと。うーん、しょうがないなぁ。荷物を預けられるところが近くにないかと聞くと、親切に教えてくれた。彼女もサービス業の人なんだろうか、笑顔で応えてくれてすごくいい気分になっちゃった。

d0113429_8425772.jpg
朝のリヴァはひっそり

荷物を預けられるところは、さっき船を降りた辺り。電車の駅やバスターミナルがあるエリアで、徒歩約10分の道のり。朝早いから開いてるかどうか不安だったんだけど、開いている場所が見つかってホッとした。荷物を一つ15Kn(約$2)で預けてきた。

さて、観光案内所やほとんどの観光場所も8時にならないと開かないので、まずはリヴァのカフェの一つに入ってカプチーノでゆっくり。その後は調べておいたランドリーの場所まで行って、値段とかを確認。大きな袋一つの洗濯・乾燥・アイロンを全部やってくれて75Kn(約$10)ってのは、すごくお得だと思う。その日のうちにできるみたいだし、明後日やってもらうことにしよう。

この後はやっと開いた観光案内所に行って、Split Cardというものをゲット。これはスプリット内の様々な観光場所の入場料が無料になったり割引になったりするもの。€5で購入できるけど、スプリットに3泊する人はそのホテルの予約票か領収書を見せれば、無料で貰うことができる。カードを使える場所にどれだけ行けるかわからないけど、タダなんだったら貰っておいて損はない。

スプリットの観光の目玉でもある、ディオクレティアヌスの宮殿の地下はもう開いてたけど、団体客が入口にたむろしていたので後回しにすることにした。午前中はツアーやクルーズの関係で、こういう団体客が多いみたいだ。地下道を抜けて大聖堂に行き、ここで大聖堂・宝物庫・鐘楼・地下室が一緒になった共通券を購入。まずは小さくてこじんまりした宝物庫をさっと見てから大聖堂へ。こういう場所の宝物庫って、宗教や歴史に興味のある人だったら面白いかもしれないけど、個人的には、ふーん、そう、くらいの印象しかない。息を飲むような綺麗で豪華な宝物って、なかなかないんだよな。大聖堂は、最初はディオクレティアヌス帝の霊廟として建てられたらしいんだけど、後にキリスト教の教会になったらしい。そんな使いまわししちゃっていいのかなぁ?(笑) 大聖堂の中はそれほど大きくはないんだけど、なかなか綺麗で見応えがある。写真撮影が禁じられていたのが残念だったなぁ。

その後はまだ空いているうちに、鐘楼に上ってしまうことにした。かなり急な階段を上っていくんだけど、ここの上からの眺めは最高。今日は天気もいいので、青空の下の海とスプリットの街並みがとても綺麗だった。

d0113429_843021.jpg
鐘楼の上からの最高の景色。天気が良くてよかった!

高い場所から降りてきた後は、今度は大聖堂の地下室へと向かう。ここはちょっと小さ目の円形の場所で、ローマ時代を思わせるようなアーチが部屋を取り巻いていた。真ん中には聖母マリア像が置かれていて、その像が置かれた台の上にはたくさんの紙切れがあった。たぶん願い事とかを書いた紙なんじゃないかな。

地下室から出てくると、「前庭」と呼ばれる場所から歌声が聴こえる。クロアチアの伝統的なアカペラコーラス、クラパだ! 僕は前に来たときにもこれを聞いて、CDまで買って帰ったんだよな。上がドームになったような場所なので、コーラスが響いて本当に綺麗だ。すぐに終わってしまって、後は観光客との撮影大会になってしまったのがちょっと残念だったけど、今回もあの澄んだ力強い歌声を聴くことができてよかった。

洗礼室でメシュトロヴィッチによる洗礼者ヨハネの像を見た後、大聖堂の前の広場でちょっと休憩。カフェが階段に座布団のようなものを置いていて、そこに座って飲み物を注文することができる。この間来たときには天気が悪かったせいかやってなかったんだけど、歴史を感じさせる建物に囲まれての休憩はなかなか楽しかった。

この後はSplit Cardで無料で入場できる市立博物館へ。ここは僕は初めてだったんだけど、なかなか興味深い展示がたくさんあって、小さい場所ながらに思ったよりも楽しめたな。美術品も、結構心に響くものがいくつかあったし。無料だったってのが嬉しいよね。

d0113429_843759.jpg
なんかちょっとアジア的な匂いのする美術品。こういうの好きだ

旧市街の北門にある、グルグール・ニンスキ像にも行ってきた。左足の親指に触れると幸運が訪れるらしく、そこだけピカピカになってる。アジア系の団体観光客がいて写真を撮る行列ができてたけど、僕は4年半前は触らなかったので、今回はちゃんと並んで触らせてもらってきた。幸運が訪れますように。

d0113429_843107.jpg
そびえ立つグルグール・ニンスキ像

前庭のところにある民族学博物館にも、Split Cardで無料で入れた。ここはそれほど興味がないかなぁなんて思ってたんだけど、昔の各地方の民族衣装とか、昔の様々な道具が展示してあって、思ってたよりもかなり楽しめた。民族衣装ってのは、その土地のモットーみたいなのが具現した感じで、落ち着いたのもあれば派手なのもあって面白かった。

d0113429_843129.jpg
各地方の民族衣装が飾ってある

この博物館を出るときにお礼を言って出ようとしたら、「前庭の上には行った? そこの階段を使って上れるわよ」と親切に教えてくれた。えー、あそこに上れるなんて知らなかった! 階段を上ると、前庭の上のポッカリと円形に開いた天井のすぐ横に到着。鐘楼もすぐ横に見える。このとき下でクラパを歌ってなかったのが残念だったなぁ。歌ってたら、ここの横に腰かけてゆっくりと聴けたのに! 民族学博物館に来る人自体が少ないのか、博物館の中も前庭の上も、僕たちで貸し切り状態だった。

d0113429_8431564.jpg
前庭の上。ここは隠された穴場かも!

いやはや、午前中からかなり飛ばして観光して疲れちゃった。もうすぐ11時なので予定していたレストランVilla Spizaに行ってみると、まだ開いていないという。えー、ウェブサイトには9時からって書いてあったのに! 12時過ぎにならないと開かないらしいけど、お腹が空いてるのでとてもそれまで待ってられない。仕方がないので、アパートのすぐ近くの広場にあるNo Stressというレストランに入って、サンドイッチとビールを注文した。サンドイッチを待ってる間に、アパートの人と連絡がついたのでKoreyが会ってくるという。僕はそのままテーブルで待ってたんだけど、すぐ隣の席に地元の人たちらしいおじさんたちが4人くらい座ってたんだよね。地元の人たちもこういうところでゆっくりしてるんだなーなんて思ってたら、そのおじさんたち、座ったままで静かにクラパをちょっとだけ歌い出した。前庭で聞くような張り上げた声じゃなくて、昔を懐かしむような、静かで綺麗なハーモニー。たぶん昔はみんなクラパのシンガーで、その時の思い出話をしてたんだろうな。ほんの1分くらいの出来事だったけど、いきなりの音楽のプレゼントに満面の笑顔になってしまった。Koreyがこれを聴けなくて残念だ!

d0113429_843178.jpg
このおじさんたちが静かにハーモニーを奏でてくれた

食べ終わってすぐにアパートにチェックイン。古い建物の4階にあるアパートは、ピンクで統一されていてかなり少女趣味だけど、結構いい感じ。オフシーズンで客がいないのか、いくつか部屋を見せてくれて選ばせてくれた。預けた荷物を取りに行った後は、シャワーを浴びてちょっと休憩。そのときに気づいたんだけど、シャワーが壊れていて、シャワーを使っているときでも蛇口からの水を止めることができない。そのせいか小さな温水器のお湯をすぐに使い切ってしまって、シャワーの後半は冷水になってひどい思いをした。でもまぁオーナーのおばさんもいい人だったし、それ以外はなかなかの場所だったな。

午後はメシュトロヴィッチ三昧の観光の予定。以前は歩いて行ったメシュトロヴィッチ美術館だけど、今回はバスで行ってみることにした。リヴァの西の端から出ているバスは一時間にたった一本。10分くらい待つだけで来たからよかった。一人11Kn。乗る時に運転手にメシュトロヴィッチ美術館に行きたいということを伝えておいたら、その前の停留所でここかな?と思って出口から外を見てたら、「まだまだ! ここじゃないよ!」とバックミラーを見ながら声をかけてくれた。ありがとね、運転手さん。

メシュトロヴィッチ美術館(Meštrović Gallery)は以前も来たことがあるけど、豪邸のような建物の中にメシュトロヴィッチの作品が品よく置かれていて、僕はとても好きな場所だ。かなりデフォルメされた彫像の数々は、どれもこれも味のあるものばかり。4年半前にクロアチアを旅行したときに、一気にメシュトロヴィッチのファンになっちゃったくらいだもん。Split Cardで半額で入場できたし、よかったよかった!

d0113429_8453582.jpg
ちょっと怖いけど、このデフォルメ感が個人的にツボ

美術館の後は、そこから10分くらい歩いてカシュテレット(Kaštelet)へ。ここにはメシュトロヴィッチの木彫りによる、キリストの生涯のレリーフが飾られている。この前来たときも今回も、僕らだけだった。ゆっくりとその場所の雰囲気を楽しむことができて、本当によかった。

d0113429_8432592.jpg
なんとなく清貧感覚のカシュテレット

美術館の前のバス停まで歩いてバスの時刻表を見ると、バスに乗って帰るにはかなり待たなきゃいけないみたいだ。4年半前みたいに雨が降ってるわけでもないし、中心部まで歩いて帰ることにした。20分くらいのいい散歩だった。歩いた後は、リヴァのカフェでマティーニで水分&アルコール補給。リヴァを行き交う人たちを眺めながらゆっくりとするのは最高だけど、マティーニが甘すぎたのが玉に瑕だった。

d0113429_8432867.jpg
リヴァでゆっくりするのは、スプリットで最高の時間の使い方

この後は朝スキップした宮殿の地下に行こうと思ったけど、団体が入っていったのでまた後回しにすることにした。ここはやっぱり静かにじっくりと探索したいんだよな。ホテルでしばらく休憩した後、18時くらいに宮殿の地下を覗いてみると観光客はほとんどいなかったので、入ることにした。建設当時は、上の宮殿を支えるだけの役割だった地下も、その後は倉庫として使われたり、ワインやオリーブオイルを作るのにも使われてきたらしい。オリーブオイルを搾るために使われた石造りの装置なんかは、奈良の飛鳥にある酒船石を思わせたな。

今回面白いと思ったのは、この地下のあちこちの部屋にアートが置かれていて、ちょっとした美術館のようになっていたこと。大昔の雰囲気の中に、現代のアートが無造作に飾られていて、そのミスマッチ的なところが最高に面白かった。部屋の一つでは、モダンダンスのレッスンか何かがあって、若い学生たちが練習してた。宮殿の地下は、今ではこんなことにも使われているんだなぁ。

d0113429_8433158.jpg
いきなりモダンアートが飾られてたりして、このミスマッチ感がいい

明日の朝はツアーで早いので、レストランが開いているかどうかわからないから、今日のうちにパンでも買っておこうということで、リヴァ沿いにあるパン屋でいくつか購入。美味しそうな匂いだけど、もうすぐ夕食なので今食べるわけにはいかない。でも明日になったら味が落ちちゃうだろうなぁ。

スプリットで一、二を争う魚料理の店Konoba Matejuška(訪問記へ)で美味しいディナーを食べた後は、ゆっくりとアパートに歩いて帰った。途中の広場にある彫像には、誰がイタズラしたのかビール瓶を持たされていて笑ってしまった。「このビールの銘柄は何というんだったかな?」とでも言っているような感じ。こういうイタズラは本当はいけないんだろうけど、このユーモアは結構いいかもしれない。

d0113429_8433391.jpg
ビール瓶を抱えた彫像

d0113429_8433626.jpg
ヨーロッパの街の夜は、本当にどこも綺麗だよね

今日は朝早くから観光しまくったので疲れてしまって、アパートに帰り着いたらすぐに寝てしまった。明日はクルカ国立公園へのツアーを予約してある。天気予報は雨らしいけど、なんとかちゃんと観光できますように!
[PR]
by alexsea | 2015-10-13 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/22802400
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< イタリア・クロアチア・パリ20... イタリア・クロアチア・パリ20... >>