From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>るうこさん うひ..
by alexsea at 06:32
>亜紀ちゃん お子..
by alexsea at 06:30
お久しぶりです♪ポルトガ..
by るうこ at 21:30
今回の旅行記も楽しく読ま..
by 亜紀 at 18:22
Alexさん、お久しぶり..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 21:23
以前の記事
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


ポルトガル2016: サグレス観光とのんびりした午後
朝7時半頃起床。大学のときの親友の夢を見たんだけど、今となってはどんな夢だったか思い出せない。ベランダから外を見ると見事な朝焼けが! 今日もいい日になりそうだ。近くのパン屋でKoreyが買ってきてくれたクロワッサンとパステル・デ・ナタで朝食。食べるものは豪華じゃなくても、海の見えるベランダで食べる朝食は満足度100%!

d0113429_662068.jpg
綺麗な朝焼け!

このホテルでも洗濯してくれるらしいので、本当はナザレで出そうと思っていた洗濯物をここでお願いすることにした。昨日海水に浸かってしまったジーンズもあることだし、気になってたんだよね。そして9時すぎにサグレス岬に向けて出発。途中にポツポツと町はあるんだけど、結構何もないのどかな風景が続く。約20分の旅だった。

サグレス要塞(Fortaleza de Sagres)は9:30オープン。駐車場にもまだあまり人がいなくて気持ちがいい。要塞までずーっと続く道を歩いて中に入ると、バーンとものすごく広い大地が目の前に広がる。これって、この岬のほとんどが要塞ってことか。建物は所々にあるだけなんだけど、とにかく場所的にはデカい。まず目の前にあるのが風向盤。ポルトガル語では『風のバラ』と呼ばれるもの。直径40mほどの巨大な円が地面に刻んであって、40分割してある。風の向きを読む巨大なコンパスらしいけど、これがどのように使われていたかは不明らしい。

d0113429_662386.jpg
サグレス要塞の風向盤

入口の建物の上には、鉄の砲台がたくさん外を向いて置いてあった。やっぱりこれをみると要塞って感じがするなぁ。リスボンのサン・ジョルジェ城にもあったけど、砲台はヨーロッパのどこの国に行っても見ることができる感じ。

ここから海沿いの崖の近くを歩く道もあるけど、ずっと向こうに見える灯台にまっすぐに続く道もある。ちょっと迷ったけど、海側は後でも歩けそうなので、灯台に続く道に行ってみることにした。まっすぐな道の脇は、ゴツゴツした岩ばかりの平原。どうしてこんなに贅沢に土地を使おうと思ったんだろう? やっぱり要塞って守りの要だからなの?

d0113429_662699.jpg
灯台までずーっと続く道

10分近く歩いてやっと灯台に着いてみると、周りにロープで囲いがしてあって立ち入り禁止のサインが立ってる。この灯台は今でも使われているのかな? ちょっと残念だったけど、コンパクトな灯台が見られてよかった。この灯台、高さ10mもないんじゃないかな。高い岬のほとんど端に立ってるので、高く作る必要がなかったんだと思う。

ここから横に道を辿っていくと、地面に大きな穴が開いている場所があった。周りに囲いはしてあるけど、一部には展望台のような感じで木製のステージがあって、そこから穴を覗けるようになってた。穴からはゴーッという風の音とともに、水の音も聞こえてくる。ビデオカメラでズームしてみたら、一番下に水があるのが見えた。どうやらこの穴は海まで通じているらしい。こういうの、なんとなくアメリカの国立公園の展示物みたいな気がして、すごくいいなぁ。しばらく足を止めて見ていたかったもん。

d0113429_6629100.jpg
海にまで達する風穴

そこからまた道を進むと、コンクリートの円をいくつも重ねたような建造物があった。中は簡単な迷路のようになっていて、中心の円形の部屋の床は鉄の柵で覆われていて風穴が見え、時々ゴーッという音と共に風が吹きあがってくる。さっきの大きな穴のミニバージョンといった感じ。それをアート作品のようにしてしまうなんて、すごく面白い演出だと思った。

d0113429_663392.jpg
風穴を中心にしたアート作品のような場所

海を望む崖の上の道を歩くと、あちこちの岩の上に石を積み上げたものがたくさん見えた。道から外れちゃいけないのに、観光客が積んでいくんだろうな。まぁ景観をそれほど損ねるわけじゃないし、ちょっと笑ってしまうような風景ではある。崖の上には、釣りをしている人たちがたくさんいてビックリした。どうも地元の人みたいだけど、こんな高い崖から釣りをするなんてスゴイ。ここじゃなきゃ釣れない魚がいるのかな? 釣れた魚はどうするんだろう? 売るんだろうか、それとも自分で使うんだろうか。

d0113429_663545.jpg
崖っぷちは岩場

d0113429_663819.jpg
たくさんの人が釣りをしていた

出口に向かう途中で、かわいい礼拝堂を見つけた。とても質素なんだけど、外も中も落ち着いた感じで、すごく雰囲気がよかった。教会がゴテゴテした飾りつけで鼻持ちならない贅沢品のように思うこともあれば、こういう小さな礼拝堂に美しい信仰心が沁みついているかのように思うこともある。宗教自体は嫌いだけど、人々の信仰心は純粋なのかもしれない。

d0113429_66404.jpg
かわいい礼拝堂

9時半に着いて、要塞の観光が終わったのは11時近く。1時間半もあっちこっち歩いてたのか。気持ちのいい景色がたくさん見れたし、本当に天気のいい日でよかったと思った。

この後はサン・ヴィセンテ岬(Cabo de São Vicente)まで車を走らせる。10分もかからない道のりだった。外には土産物屋が連なってるし、中もレストランや店ばっかり。しかも観光客がさっきの10倍くらい多い。みんなやっぱり、ここがヨーロッパ大陸の南西端だということで見に来るんだろう。人は多かったけど、気持ちのいい景色が見れたからよしとする。でもやっぱり『南西端』という謳い文句がなかったら、サグレス要塞だけで十分な気がするなぁ。

d0113429_664435.jpg
サン・ヴィセンテ岬の入口

d0113429_664718.jpg
ここがヨーロッパの南西端!

d0113429_664961.jpg
観光客も多かった

もうお昼も近いので、ランチに行こう。サグレスの町にあるA Sagres(訪問記へ)というレストランを決めておいた。行ったときにはまだランチは準備できてなくて、とりあえずコーラを飲みながら注文だけしてしまうことにした。このレストランは昔からずっと家族経営でやってきた場所らしく、昔の白黒写真がたくさん壁に掛けてある。いい匂いがするし、店のおじさんはにこやかですごく印象がいいし、ここは期待できるかな。12時過ぎまで待った後、僕らがいたカフェの隣のレストランに通された。この時点で初めてカフェとレストランが別々だってことがわかったんだよね。頼んだのはポルトガルを代表する料理の一つ、フィッシュライス。エビ、イカ、タラ、アンコウなど、盛りだくさんのシーフードのスープの中に、ご飯も入ってる。これがねー、もう本当に堪えられない美味しさ! スープには魚の旨みが十分に溶け出していて、全く文句のつけられない味。シーフードは美味しいし、ご飯も美味しいし、もう本当に最高だった。自家製のピリピリソースをちょっとかけて食べても、またちょっと違った雰囲気の味になっていい。ポルトガルで一番印象に残った味だったなぁ。帰途についてからも、ずっとこの料理のことで盛り上がってたもん。

今日の観光はこれで全て終了。サレマに戻ることにしましょう。帰ってからは、昨日買ったサイダーを飲みながらベランダでまったり。その後はまた海岸まで行って漁船を見たり、店に入ってワインを飲んだり、昨日は歩かなかった村の奥の方も歩いてみたりした。白い家々がずっと続いていて、とてもいい雰囲気だった。

d0113429_665328.jpg
サレマのビーチに置いてあった漁船

d0113429_665630.jpg
使い古されたタコ壺

d0113429_665948.jpg
海を見ながらワインでリラックス

d0113429_67238.jpg
村の奥の方もいい雰囲気

ディナーの前にはAtabuaというバーでカクテル。Água na Boca(訪問記へ)でまあまあのディナーを食べた後は、またAventura Barに行ってカクテルを飲んだり、もう本当に贅沢な時間の使い方をしてた。今夜はAventura BarはKarlの奥さんが切り盛りしていて、明日エヴォラへ行くってことを言ったら、その途中のいいワイナリーの情報とかを教えてくれたりした。

昨日、今日とすごくゆっくりと過ごしたせいで、リスボンでの疲れが抜けたみたい。今夜も10時前にはベッドに入って寝てた。
[PR]
by alexsea | 2016-10-17 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/23818078
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ポルトガル2016: エヴォラへの旅 ポルトガル2016: 車を借り... >>