From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>るうこさん お久..
by alexsea at 14:08
お久しぶりです♪日食です..
by るうこ at 12:53
>FIELDSATAN ..
by alexsea at 00:35
おお、シアトルでも見られ..
by FIELDSATAN at 22:49
>amyさん お久..
by alexsea at 12:27
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


ポルトガル2016: ポルトの散策
8時にモンサントを出発するために、ちょっと早く起床。7時半頃ダイニングルームに下りると、僕ら専用の朝食が用意されていた。ハムやサラミやチーズなんかのプレートに、パンが2種類、フルーツ数種に、ポットに入ったコーヒー。覆いをかけてくれてたんだけど、パンは少しだけドライになっちゃってる。でも何も食べないで出発するよりはずっといい。おばあさんたちの親切に感謝!

8時の教会の鐘を聞きながら宿を出ると、かなり雨が降ってる! ポルトガルに着いてから、こんなまとまった雨は初めてだな。雨の中を車まで歩いて、ポルト(Porto)に向けていざ出発。今回のドライブが一番長くて、だいたい3時間半くらいはかかる予定。途中雨は降ったりやんだりで、すごく霧が濃いところもあったりした。モンサントからは高速道路に乗るまでが結構長くて、一度乗ってしまえば後はスムーズ。2回くらいトイレ休憩したのかな。ポルトの景色が見えてきたのは12時近くになってから。ヴィラ・ノヴァ・デ・ガイア(Vila Nova de Gaia)という川の対岸の町からポルトが見えたときには感動した。全体が丘になっていて、その斜面に所狭しと建物が並んでる。かなり大きな街なんだけど、ゆったりとして見えるのは、やっぱりドウロ川(Rio Douro)があるからなのかな。でもドン・ルイス1世橋(Ponte de Dom Luis I)を渡る頃になると、観光バスと共に観光客もたくさん見え始めた。橋から見るポルトの街は綺麗だったー!

d0113429_5553970.jpg
ポルトが見え始めた!

ボルサ宮の目の前の地下駐車場をネットで予約しておいたので、そこに車を止めて地上へ。まだ宿にチェックインはできないと思うので、荷物は車に残しておく。駐車場のすぐ隣のO Mercadoの中にあるレストランでピザのランチ。あまり美味しくなかったなぁ。このO Mercado、昔はその名の通り市場だったらしいんだけど、今ではイベントスペースとして使われているらしい。コンサートとかのポスターがたくさん貼ってあった。

この後はすぐそばのボルサ宮(Palácio da Bolsa)に行ってみた。ここはツアーでしか入れないところで、入口のディスプレイに何時にどの言語でツアーがあって、何%予約済みということが表示されてる。すぐ入れることを期待してたんだけど、英語のツアーが3時からと6時半からしかないので、今日は諦めることにした。

次の観光候補は、お隣のサン・フランシスコ教会(Igreja de São Francisco)。中は写真撮影禁止だったから残念なんだけど、あらゆる全てのものが金色で3Dな感じで、豪華なことこの上なかった。写真撮りたかったなぁ…。宝物庫やクリプトの方は写真撮影OKだったのになぁ。クリプトの中には床の下の人骨が覗ける場所があった。ここといいエヴォラといい、ポルトガルってこういうの好きだなぁ。エヴォラでのこともあったし、死者の怒りに触れるんじゃないかと、僕はちょっと怖かったりした。

d0113429_5554499.jpg
サン・フランシスコ教会の中が撮影禁止で残念!

ここを出てすぐに、宿から部屋が用意できたとの連絡があった。Oporto Golden Viewというアパート。ポルトの中心部はホテルもすごく高いんだけど、ここはドウロ川沿いの繁華街まで歩いて5分という素晴らしいロケーションなのに、2日で€144。ネットで見て即決してしまった場所。車に荷物を取りに行って、アパートまで3分くらいの道を歩いて行くと、建物の入口の前でオーナーのEduardoとElisabeteが笑顔で出迎えてくれた。建物の中に入ると、工事とかペンキの匂いがする。部屋に入ると、何もかもが新しくてすごく綺麗! このアパートの建物全体を改装したんじゃないかな。街中のアパートだからそれほどゆったり広いわけじゃないけど、キッチンからリビングは広々してるし、ベッドルームも快適なサイズだし、バスルームも広いしで、感動してしまった。それにオーナーの2人がすごくいい人たち! ウェルカムドリンクとしてポートワインをカラフェで用意しておいてくれたし、地図もちゃんと用意してどこに何があるかを教えてくれたし。この宿を選んでよかったと思う。

d0113429_5554769.jpg
新しくて居心地のいいOporto Golden View

d0113429_555507.jpg
宿のすぐ外。ここから川辺の繁華街までは徒歩5分以内

ポートワインを飲みながら一服した後は、街に繰り出すことにしよう。まずは坂を上ってクレリゴス教会(Igreja dos Clérigos)の方へ歩いていく。ポルトは本当に坂が多い。こんなに坂が多いとは思ってなかった。やっぱり大都会だけのことはあって、広場になっているような場所では多くのレストランやカフェがテーブルを外に出してるし、通りを歩く人の多さも新宿を思い出させてくれるくらい。それでも変にせかせかしたところがないのは、古い建物と新しい建物が違和感なく融合してるからかもしれない。こういう雰囲気、前にエディンバラで感じたな。あそこも新旧がいい具合に混ざった場所で、僕にとってはとても居心地がよかった。

d0113429_5555328.jpg
こういう雰囲気いいよなぁ

いくつかの坂をゼーゼーいいながら上って、やっとクレリゴス教会に到着。と、教会の外には花びらと一緒にたくさんの米粒が落ちてる。結婚式の直後なんだ! 教会の中にも結婚式用と思われる白いブーケが飾ってあったし。式自体は見られなかったけど、教会の外は結婚式に参加したらしい人たちで溢れてたし、車を待つ新郎新婦も見ることができた。教会自体はバロック様式でドーム状の天井が綺麗だけど、そんなに大きい教会じゃない。ここの本当の名物は、クレリゴスの塔(Torre dos Clérigos)。この塔に上ると、ポルトの全てが見渡せるらしい。でも受付に行ったら30分待ちと言われて、あえなく玉砕。やっぱり週末の午後だからなのかな。30分も時間を無駄に使えないし、ただでさえ坂を上ってきて疲れてるのに、76mもある塔に上るのはキツそうだし。まぁポルトを離れるまでに来る時間があったらしいけど、別に上らなくてもいいやってのが本音だった。

d0113429_555565.jpg
こんな感じの坂をどんどん上がっていく

d0113429_5555922.jpg
クレリゴス教会は結婚式の直後だった

次はここから歩いて5分ほどの、レロ・エ・イルマオン書店(Livraria Lello & Irmão)へ。世界で一番美しい書店として有名らしい。ハリーポッターの作者のJ. K. Rowlingも、ポルトに住んでいたときにここで執筆したこともあるとのこと。中に入るにはチケットが必要で、道の反対側の落花生を横に倒したようなブースで買うらしいけど…、20人以上の人が並んでるのを見て、ここでもまた玉砕。やっぱり週末の午後の観光は、こういうことを覚悟しなきゃいけないなぁ。中に入っても写真撮影は禁止らしいので、まぁいいや。

なんだか一筋縄ではいかない感じだけど、めげずに観光を続けよう。ここからまた繁華街を歩いて、次はサン・ベント駅(Estação de São Bento)に向かう。ここはただの電車の駅なんだけど、ポルトに来たら絶対行かなきゃいけない場所とまで言われている場所。とにかく駅構内のアズレージョがスゴイ! まるで美術館にでも来たかのようなスケールの大きさに、しばらく見入ってしまった。ただ綺麗なだけじゃなくて、それぞれにストーリーがある感じ。地元の人たちは気にも留めてないみたいだけど、観光客にとってはやっぱり堪えられない場所だった。

d0113429_556211.jpg
サン・ベント駅の素晴らしいアズレージョ。これは一見の価値あり

この後は休憩も兼ねて、有名なMajestic Caféに行ってみることにした。この1921年創業のカフェは、ポルトの大ショッピングストリートであるサンタ・カタリーナ通り(Rua de Santa Catarina)にある。通りに入った瞬間にすごい人ごみ! これは新宿や秋葉原の歩行者天国を思い出させるな。だからMajestic Caféも観光客で溢れてて、こりゃダメかなと思った頃、ラッキーなことに通りに面する外のテーブルの一つが空いたので座れた。カフェの中でもいいけど、やっぱり外でピープルウォッチングしながら休憩したいもんね。ビールを頼んだんだけど、さすがにここは観光地価格で高かった。でも日本ほどじゃないかな。リスボンを出て以来こんな都会は久しぶりなので、リズムに慣れるのにちょっと時間がかかった気がする。ここでのピープルウォッチングで、感覚を調整できたんじゃないかな。

しばし体を休めた後は、カテドラル(Sé do Porto)まで歩く。中に入ると、今まさに結婚式が終わったところだった。なんだか今日は結婚式づいてるな。さっきの結婚式とは違って、今度は新郎新婦がカテドラルの奥の方から歩いてくるのが見えた。二人とも入口の脇のテーブルのところに立って、結婚式の客に挨拶をしてるみたい。そんな様子を眺めながら、カテドラルを見学しようと前の方に歩いて行くと、いきなりパイプオルガンから曲が流れ始めた。すごいー! なんだかこういうことが多い気がするなぁ。教会で突然音楽が流れ始めるの。音楽の神様が歓迎してくれているような気持ちになって、涙が出そうになってしまった。

d0113429_556622.jpg
カテドラルでも結婚式が終わったところだった。お幸せに!

お金を払って回廊と宝物庫にも入ってみた。回廊は小ぶりだけどアズレージョの壁が見事だったし、屋上にも上ることができて気持ち良かった。宝物庫は小さかったし、修学旅行っぽい少年少女たちがたくさんいて激混みだったけど、まあまあ面白かったんじゃないかな。

d0113429_556911.jpg
カテドラルの屋上から回廊を眺める

カテドラルを堪能した後は、そこから坂をどんどん下って川沿いに戻ることにした。カテドラルからちょっと下ったところには小さな広場があって、そこから見た街はすごく綺麗だった! やっぱりこの街、リスボンとはちょっと違う、しっとりとした魅力があるな。下っていく階段も、地元の人たちの家々も、すごくいい雰囲気を出してた。

d0113429_5561283.jpg
都会なのに落ち着いた雰囲気

d0113429_5561639.jpg
どんどん階段を下って川辺へ行こう

カイス・ダ・リベイラ(Cais da Ribeira)という川沿いのプロムナードに出たときには、あまりのギャップにビックリした。レストランやカフェがびっしりと川沿いに並んでいて、とにかく観光客だらけ。ここに来る地元の人はいるんだろうかって感じの大混雑状態。まぁ大都市だもんね。カイス・ダ・リベイラからはドン・ルイス1世橋が綺麗に見えて、川の対岸にはポートワインのワイナリーのサインがたくさん見える。明日はいくつかのワイナリーに行く予定なんだ。ドウロ川のクルーズもここから発着するみたいだけど、天気もいまいちパッとしないし、観光客で混みあった船に乗りこむのもちょっとためらわれたので、今回はパス。まぁ明日そういう気分になったら行けばいいかな。

d0113429_5561973.jpg
カイス・ダ・リベイラから見るドン・ルイス1世橋

d0113429_5562271.jpg
とにかく観光客だらけ!

歩き通しで疲れたので、川沿いのレストランのテラス席に座ってマティーニを注文。でも忘れてたよ、ヨーロッパでマティーニ頼んでいいのはイギリスだけだって…。ベルモットが入りすぎで甘くてまずーい。チビチビと飲みながら、カイス・ダ・リベイラを行き来する人並みを眺めてた。本当にポルトは新旧がうまく融合した街って感じで、僕にとってはとても居心地がいい。ポルトガルだったら住めるなぁって、本気でちょっと思った。

さてこの後は徒歩5分で宿に戻って、30分ほど昼寝。今日はポルトで一番という評判のレストランを予約してある。ちょっと街の中心から離れたところにあるので、部屋のオーナーに教えてもらったように、アパートからちょっと坂を下ったところの角にあるホテルの前でタクシーを拾った。15分くらいで到着。O Paparico(訪問記へ)は評判の通り、とてもいいレストランだった。でもやっぱりリスボンのBelcantoで食べた後だから、どうしても比べちゃうんだよね。ちょっと垢抜けてないというか、なんというか。美味しいことは美味しいけど、感動の薄い料理だったかもしれない。それでも十分に来た甲斐はあったけどね。

帰りのタクシーを呼んでもらって、外に出てビックリ。バケツをひっくり返したような豪雨! 本当にスゴかった。地面に叩きつけるような雨だったもん。こんな雨が昼間に降らなくてよかったー。アパートに着く頃にはだいぶ普通の降りになってたけど、入口の前の道は川のようになってて靴が濡れちゃったよ。明日は雨じゃなきゃいいけどな。

d0113429_5562534.jpg
宿の前の道は豪雨で川になった

Koreyは近くのバーにまた遊びに行ったけど、僕は部屋でちょっと旅行記を書いた後、すぐに寝ることにした。
[PR]
by alexsea | 2016-10-22 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://alexsea.exblog.jp/tb/23855021
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ポルトガル2016: ポートワ... ポルトガル2016: 岩の村、... >>