「ほっ」と。キャンペーン

From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
Alexさん、お久しぶり..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 21:23
昭和後期こどもの歴史研究..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 23:29
>亜紀ちゃん 最近..
by alexsea at 05:31
素敵な夏の週末だね〜(^..
by 亜紀 at 11:26
>昭和後期こどもの歴史研..
by alexsea at 14:38
以前の記事
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


カテゴリ:映画・DVD( 4 )
An Inconvenient Truth
d0113429_534511.jpg

NetFlixで "An Inconvenient Truth" を借りて見た。Clinton政権時代の副大統領Al Goreの、地球温暖化に関するドキュメンタリー。

温暖化についてはかなり前から知識としては知っていた。でもグラフで年々の気温の上昇を見たり、南極やグリーンランドの氷の融解地図なんかを見せつけられると、背筋が寒くなってしまう。

このドキュメンタリーの中で、人間が地球温暖化を真剣に受け止めない理由として、面白い例を挙げていた。もしカエルを熱湯の中に入れるとビックリして飛び出すけれど、カエルを水の中に入れてそれをだんだんと暖めていくと、危険な温度になっても飛び出さないらしい。人間も急激な変化がない限り、それを問題だと受け止めない。

それに気温の上昇にもあるポイントがあって、それを超えると氷の中に閉じ込められていた二酸化炭素が溶け出して、温暖化をいっそう加速させてしまうらしい。そのポイントを超えてしまっては、温暖化を逆転させることはすごく難しくなってしまう。

温暖化については専門家やAl Goreが(副大統領になる以前から)かなり前から警鐘を鳴らしてたけど、最近の異常気象や天変地異の増加によって、やっと人々が気づき始めたみたいだ。あまりポリティカルなことには首を突っ込みたくない僕だけど、この問題に関しては注意深くフォローしていきたいと思ってる。
[PR]
by alexsea | 2007-07-30 13:49 | 映画・DVD | Trackback | Comments(4)
4 DVDs
d0113429_441761.jpgBig Fish
現実とファンタジーが入り混じった不思議なお話。Ewan McGregorは結構ハマリ役だったように思う。でもフレキシブルな頭を持っていないとストーリーが難解かも。僕は結構好きな感じの映画だったけど、これは評価が分かれるかもしれないなぁ。

d0113429_4441195.jpgFinding Neverland
Johnny Deppはあまり好きじゃないんだけど(いい役者なんだけど、なんで好きじゃないんだろう??)、これは感動できた! 実話に基づいたストーリーで、いかにしてピーターパンのお話ができたかってやつ。昔からピーターパンとかHookとか、ああいうファンタジー系統は大好きだったので、これは本当にスッと心に入ってきた。全ての人の演技も最高に良かったし。ただ惜しむらくはレンタルの悲しさよ、ディスクに傷がついていて、2度洗っても最後のエンディングでスキップしてしまう。ちょうど肝心なところが見れなくてストレス溜りまくり! でもこれは買ってもいいレベルの作品だから、買ってからゆっくりまた観たいかな。NG集が最高に笑えた。
d0113429_453893.jpgThe Fountain
妙。はっきり言って妙。画面はすごくキレイ。とてもアーティスティックな映画作りしてるなって感じだけど、肝心のストーリーが変すぎ。Hugh Jackmanは大好きで、彼はいい演技してるんだけど、映画としてはちょっとなぁ…。僕の中では駄作の内に入ってしまうかもしれない。好きって人もいるかもしれないけど、NetFlixでのユーザーレビューがなんであんなに低いのかってのが観てみてわかった。スピリチュアルなのはいいけど、ちょっとストーリーがわけわからなさすぎ。オススメできないなぁ。

d0113429_501939.jpgCatch and Release
"Alias" で好きだったJennifer Garnerが主役のドラマ。テンポがあまり良くない上に、彼女の相手役のTimothy Olyphantがなんか僕の精神的に受け付けないタイプなので、最後まであまり感情移入できずに終わってしまった。僕は普通映画を観始めると、のめりこんで時計なんか見ない方なんだけど、この映画は何度も何度も時計を見てしまった。同じストーリーでも、もうちょっとテンポを良くできると思うんだけどなぁ。
[PR]
by alexsea | 2007-06-11 13:10 | 映画・DVD | Trackback | Comments(0)
Pan's Labyrinth / Shortbus / The Holiday
d0113429_5372967.jpgPan's Labyrinth
これは評判が良かったらしいから観たんだけど、ちょっとだけ期待ハズレだった気がする。「大人のためのファンタジー映画」と言われてたらしい。確かにファンタジー部分はよく出来てたと思うし、CGや特撮も独自の雰囲気があってなかなかだった。でもそれと現実の世界の組み合わせが「なんでこうじゃなきゃいけなかったの?」って感じで、なんとなく頭の中の「?」が消えないまま終わっちゃった雰囲気。エンディングもちょっとナンだったし。一回観る分にはいいけど、これはもう一度観る気にはならないなぁ。ちょっと重いよ。

d0113429_542433.jpgShortbus
これはコーラスの友達に勧められて観た映画。「変わった映画」だとは聞いていたけど、まさかあそこまで変わっているとは思ってもみなかった。アメリカではUnratedだったんだけど、XXX指定(って本当にあるのかな?)されてもおかしくないような内容。いわゆるニューヨークに住む人たちの「性」についてのストーリー。最初からポルノグラフィックな衝撃的なシーンで始まった時には、あー大失敗か??なんて思ってたんだけど、そうこうしているうちに物語に結構引き込まれてしまって、最後には「へー! 意外にもなかなかよかったじゃん」とまで思ってしまった。XXXな場面がイヤってほど出てくるんだけど、途中から全然気にならなくなっちゃってた。それだけストーリーに引き込まれてたんだろうな。なんでも役者をネットで集めてオーディションした後、ストーリーを作っていったらしい。主役の一人に中国系カナダ人の女性がいて、カナダのCBCラジオのある番組のホストらしいんだけど、この映画に出ると決まったとき、その内容のあまりの過激さから、ラジオを取るか映画を取るかの選択をCBCに迫られたらしい。でも多くの署名運動と著名人(フランシス・コッポラとか)からの多大なるサポートによって、ラジオを辞めなくてもよくなったらしい。でもはっきり言って、ここまで直球勝負(意味はご想像にお任せ)の映画って初めてだった。観る人によって意見がはっきり分かれる作品だと思う。僕は思いのほか楽しめたけどね。

d0113429_559129.jpgThe Holiday
おっけー、これ、超イイ。DVD購入けってー(笑)。とにかくね、ストーリーラインがいい上に、役者もいいのが揃ってる! Jude Lawってあまり好きじゃなかったんだけど、この映画では本当にいい表情をしてて、かなり見直した感じ。っていうか、この映画に出てる人の表情、みんなすごくいい。あまりにもキャラクタとストーリーに引き込まれてしまって、映画が終わった時には、長い間放送していて大好きだったドラマが最終回を迎えたときのような、なんともいえない悲しさを感じてしまったほど。結局最終的に物事は解決していないとはいえ、こんな終わり方でもいいかって思えてしまう。あまりにも個人的ツボにはまりすぎて、こんなことはあまりないんだけど1日のうちに2回も観てしまったほど。いやはや、よかったよかった。早速DVDを買ってこよう。
[PR]
by alexsea | 2007-06-03 05:36 | 映画・DVD | Trackback | Comments(12)
最近のDVD
NetFlixが固定課金制になってからDVDのレンタルってしたことがなかった。いつも興味のある映画はDVDを買ってたんだけど、気がついてみるとDVDのラックが一杯一杯になってる。ただ興味があるだけで買って、観て大失敗したDVDもたくさんあるし。そんなことで、「興味はあるけど買うまではいかない」映画が今はたくさんあるので、NetFlixに再加入することにした。3タイトルまで同時に手元に置いておけて月$17.99。最初にガガッと観れるだけ観て、後は月$9.99のプランにしようかと思ってる。

キューの最初の3つが届いたので早速観てみた。

d0113429_3542761.jpg"Music and Lyrics"
どこかのウェブで発見するまで、この映画のことは全然知らなかった。予告編とかやってたのかなー? 見たけど印象に残らなかったとか? ラブコメっぽい映画は大好きなんだけど、これは想像以上に良かった! Hugh Grantのあの「間」は誰にも真似できるもんじゃないし、Drew Barrymoreも今回初めていいと思った。80年代的な音楽をとても上手く使ってたし。ハッピーな気持ちになりたいときに観る映画としてピッタリって感じ。これはおススメだと思う。

d0113429_3584353.jpg"Just Like Heaven"
予告編がTVで流れているときから観たかった映画なんだけど、こういうラブコメは当たり外れが激しいから、わざわざ映画館に観にいく気にもDVDを買う気にもなれなかったんだよな。いわゆる "Ghost" のパクリというかもじりっぽいんだけど、上手い具合にアレンジしてあって、Reese Witherspoonの軽いノリも手伝って、思った以上に楽しめた。まあ何度も観る気になるかというとそうでもないんだけど、軽くハッピーになるにはお手頃な映画だと思う。相手役もなかなかいい演技してたんだけど、この人、舞台での下積みがとても長かったらしい。確かに派手な顔じゃないけど、演技的にこれから要チェックかも。

d0113429_466100.jpg"Dreamgirls"
これはすごくいいって評判だった映画なんだけど、どうしても観る気にならなかったんだよなー。NetFlixでも借りようかどうしようか迷ったくらい。でも評判になってるやつは観なきゃ!ということで借りた一品。結果から言うと、良かったことは良かったけど、評判ほどいいか~?って感じ。American Idolにも出たらしいJennifer Hudsonがこれで助演女優賞を取ったらしいけど、えー??みたいな。確かに彼女の歌唱力はスゴイ。でも表情が全然ついていってない。3人のDreamgirlsの中で一人だけ浮いてる感じ。それにストーリーもナンだしなぁ。絵はさすがに綺麗だったけど。舞台の映画化だけあって、"Chicago" のように場面転換とかがとても劇場風になってる。あー、でも僕 "Chicago" もあまり好きじゃなかったからなぁ。これは僕にとっては、一回観たらもういいやって感じの映画だった。買わなくてよかった。

キューの中の次の映画、早く届かないかなぁ。
[PR]
by alexsea | 2007-05-25 12:16 | 映画・DVD | Trackback | Comments(8)