From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>亜紀ちゃん サン..
by alexsea at 02:26
いいねいいね〜サンフラン..
by 亜紀 at 08:28
>海老原くん えー..
by alexsea at 03:52
もう、きっと覚えてないと..
by 海老原吉晶 at 00:05
>るうこさん うひ..
by alexsea at 06:32
以前の記事
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


<   2003年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2003/5 - 3
■2003/05/31 (土) パーティー

昨日はTimの家でちょっと大規模なパーティーがあった。いろんな友達が来てて楽しかったな。初めての人にも何人か知り合えたし。ウォッカ+クランベリージュースを何杯もがぶ飲みしてたんだけど、あまり酔わなかったのは何故だろう? 話に集中してたからかな? でもアルコールもかなりカロリーが高いらしいから気をつけなければ…。

今朝は桜の木に付いた毛虫の巣の駆除。1本の木に3箇所くらい巣があったらか、大きなガーデニング用のハサミで枝ごと切って、ビニール袋の中に入れて捨てちゃう。気持ち悪かったぜぃ。這い出されるといやなので、ビニール袋も二重にしたりして。来週にはどこかに電話して薬を撒いてもらった方がいいな。

家を持つと、こういうことも全部自分でやらなきゃいけないから大変。面倒くさがり屋な僕にとっては本当に苦痛だ。家の側面を覆ったIvyも、これ以上覆いつくしてほしくないので、植木屋さんに頼んで全部取ってもらおうと思ってるんだけど、いったいどれだけ金がかかることやら…。あぁ、金がどんどん出ていってしまううう。

■2003/05/30 (金) ご近所

僕の友達Timの学校時代からの友達で、年末・年始のパリ旅行にLAから参加したMichaelが、仕事の都合でシアトルに1~2年住むことに。んで借りたアパートってのが、ウチから1ブロック坂を上がったところ。いきなりご近所になってしまった。場所は知ってたんだけど行ったことはなかったんだよね。でも昨日外から帰ってきたらTimからのメッセージが入ってて、Michaelのアパートで飲んでるとのこと。早速走って行ってきた。

3階建ての2階で、ウチと同じようなLake Unionの景色が見えるけど、さすがにウチから1ブロック離れてるってことで、フリーウェイのノイズはかなり低い。いい景色が見える側にデッキがついてるんだけど、そこに出て話をしていても全然ノイズが気にならない感じ。ウチは外に出るとすごい騒音だからくつろげないんだよね。景色を見ながら外でゆっくりできるって、羨ましかったなぁ。2ベッドルームのアパートですごくいい場所なんだけど、値段がスゴイ。1ヶ月$1800だってさ。まぁ彼はLAに2軒くらい家を貸し出していて、それからの家賃が少しは入ってくるとはいえ、$1800を毎月払うってのはスゴイよなー(僕と同じくらいの給料のハズなんだけどな?)。家具もLAから持ってこないでこっちで借りるらしいし。うーん、どうやって金を工面してるんだか。

でも友達が近所にいるってのはいいことだ。これからちょっと飲みたくなったときなんかは、気軽に電話でもかけてみることにしよう。

■2003/05/29 (木) 毛虫、ムシムシ

っぎゃあああああぁぁぁっ!
今朝母に言われて家の外の桜の木を見てみると、白い綿のようなものが何箇所かに付いていて、その周りには何十匹という毛虫が…。ニュースで今年は当たり年(10年に一度くらいこういう大量発生があるらしい)だって言ってたんだけど、人事のように聞いてたんだよね。まさかこんなことが自分の身近に起こるとは思ってなかった。退治するにはその枝ごと切ってビニール袋に入れて捨てるか、あるいは虫退治屋に頼んでスプレーしてもらうんだってさ。でも今はその退治屋さんも大忙しらしい。明日ルームメートが出張から帰ってくるので、そしたらみんなで一緒に枝を切り始めよう。

あー、あのウジャウジャと群がる毛虫が目に焼きついちゃったよ…。虫は嫌いなんだぁぁぁぁっ。

~いきなり次回予告~ http://ikinari.pinky.ne.jp/
(BBSから最近のお二方の名前を借りてやってみました)

「嫌だリエル!俺は君とは戦いたくない!!」
「フン、甘いなAlex。俺はもう、昔の俺じゃないのさ!!」
振り上げられるサーベル。Alexは目を閉じた…。
…その時、どこからとも無くSaikoの悲鳴が?!?
次回、ついに2人の戦いに終止符が!そして水を差したSaikoの運命は?!
明日に向かってプラグイン!!

■2003/05/28 (水) あれから1年

そういえば、去年サンタフェ近辺を旅してからちょうど1年経ったことになるんだよね。もう5年くらい経っちゃったように感じるのはなぜだろう? 年末のパリ旅行とか、コーラスのニュージーランド・オーストラリアツアーとかも、かなり昔のことのように感じてしまう。やっぱり仕事のストレスが溜まってるのかなぁ。昔から旅行は好きだったんだけど、こんなにいつも旅を心待ちにしてるのって、最近になってからのこと。ストレス自体が大きくなっているのか、ストレスの許容量が少なくなってきてるのか…。

旅行中毒になっちゃうのは困るけど、新しいものを見たい、新しい体験をしたいっていう欲求があるってのはいいことだと思う。まだまだ行きたい場所はたくさんある。

エジプトのピラミッドは絶対に見てみたいし、北欧にも行ってみたい。そうそうスウェーデンにある全て氷で造られたアイスホテルにも泊まってみたいな。南米はチリとペルーは年末に行くけど、ブラジルやアルゼンチンにもいつか行きたいし。SARSの脅威が去ったら中国の桂林あたりも見てみたい。そういえばフランスのワイナリー巡りもかなり優先順位が高いし。

数えてみれば行きたい場所はキリがない。うーん、なんとか全部実現させたいんだけど、金と時間が心配だなぁ。あ~あ、すごく大きな宝くじでも当たって、働かなくても暮らせるようになれば、全部実現できるんだけどなぁ(笑)。

■2003/05/27 (火) 停電!

会社で働いている時、昼の1時半頃、突然ビルの電気が全部消えた。僕はプログラム中じゃなかったからよかったけど、あちこちから聞こえてくる悲鳴は、プログラム中やデバッグ中の人もかなりいたらしいことを物語っている。

しっかしこんなにバチンと全部消えちゃうのって初めてじゃないかな。それもこんな天気のいい日に(笑)。嵐が来てて風がすごく強かったりするときには瞬間的に電気が切れることもあったけどね。それに今回は長かった。15分くらいで少し電気が復旧したみたいなんだけど、なんか電圧が正常じゃないらしくて、電灯はなんとなく暗いし、モニタの電源も入ったり消えたりしてた。その状態が15分くらい続いた後、また全面的な停電に。それから1時間くらい直らなかった。

コンピュータ業界の仕事って、停電が起こったりネットワークが死んだりすると、本当に何もできない。仕方ないから今度行くカンクンやペルーのガイドブックを眺めてたりしたんだけど、やはり出荷前の追い込み時期というだけあって、早く電気が戻ってくれることを願うばかりだった。結局3時には全面復旧して、みんな仕事に戻ったんだけどね。

いやー、なんか楽しかったな。廊下の非常灯だけがついてるオフィスって、かなりシュールな感じで。これで外が暗かったらかなり怖い状態だったんじゃないかな。いやはや、電気の有難さを改めて思い知った感じだね。

■2003/05/26 (月) 天気のいい休日

今日はMemorial Day。

HerbfarmのあるWoodinvilleというところで、今日Taste of Woodinvilleというイベントがあるというので、母を連れて行ってきた。これはTaste of Seattleと似たような感じで、Woodinvilleにあるワイナリーのワインを試飲できたり、Herbfarmをはじめとするレストランの食事を楽しんだりできるイベントらしい。正午から4時までの4時間だけのイベント。12時ちょっとだけ過ぎた頃にWoodinvilleのHerbfarmあたりに着いてみると、人、人、人の行列! 300人以上はいたんじゃないかな。隣にあるかなり大きな駐車場も満杯で、まるでディズニーランドを思わせるような人の列が駐車場の中まで達してる。この人数だと中に入るまでに2~3時間はかかるんじゃないかな。…というわけで、すぐにUターンをして帰ってきた。並ぶのが滅法嫌いな僕としては、なにもせずに2時間も待つ気にはならない!

ってなわけでどこで昼を食べようか迷ったんだけど、外でランチな気分だったんで、シアトルまで戻ってLake Unionの湖沿いにあるChandler'sというシーフード屋で外に座ることにした。天気がとてもよくて、日差しが強くて気持ちよかった! ここ、味はまあまあ程度なんだけど、なんといってもロケーションがいいよ。湖でボートやカヤックに乗ってる人が見えるし、水上飛行機の離陸・着陸なんかものんびり眺めることができる。

夕食はいつものメンバー、TimとTomと3人で、ウチから歩いてすぐのVicinoっていうイタリア料理屋で食べることになってた。やっぱりこのメンバーが一番楽しいな。Sex And The City男版といった感じで、最近何があったかとか、誰と誰の色恋関係はどうだとか、食事をしながら本当にいろんな話ができた。これでサンフランシスコに引っ越してしまったEdがいれば完璧な四銃士なんだけどな。Edもシアトルが恋しくてしょうがないらしいので、もしかすると戻ってくるかもしれないとのこと。そうなったらいいな。

なーんか食べることばかりで終わってしまったこの休日。明日からはランチをSlim Fastにして、本格的なダイエットに取り組むぞ!

■2003/05/25 (日) Chiso

今日は遅起きしてStar Trek: NemesisのDVDを観た後(うーん、まあまあ、だったかな。でもあれくらいのエピソードなら本放送の時にでもできる感じ。映画にした意味がいまいち…)、ちょっと会社に行って本当にちょっとだけお仕事。あ、そうだ。その前にスーパーマーケットに寄って、ダイエット用のドリンクを買ってきたんだった。朝・昼食のかわりにこれを飲むってヤツ。最近特に脂肪が気になり始めているし、それに来月にはカンクンに行かなきゃならないので、それまで頑張ってちょっとは痩せるつもり。前にこのダイエット用ドリンクを使ったときにはちょっと成功したんだよね。

帰ってきてから、夕食はFremontにあるChiso(馳走)という日本料理レストランで。すごく雰囲気のいい場所。色の濃い木で店内を統一してある感じで、なんとなく京都にある場所みたいな雰囲気だったな。アピタイザーにエビのすり身の入った餃子と、「パン粉ホタテ」を頼む。エビ餃子は最高に美味しかった。ニラの香りとエビのすり身がすごく美味しくて、これだけでお腹を一杯にしたい感じ。パン粉ホタテは、いわゆるホタテのフライ。マスタードの入ったソースをつけて食べる。美味しかったことは美味しかったんだけど、ホタテって結構重い味じゃん? それをフライにしてソースをつけて食べるって、どんどん重くなっていっちゃう感じで、ちょっとだけ残念だった。もっともっと衣を薄くして、ソースじゃなくてタイ風かなんかのちょっとピリッとしたヤツをつけて食べる風にした方がいいんじゃないかな。

メインはチラシ寿司を頼んだ。…んだけど、最初から醤油がかかってるんだよね、これ。かかりすぎって感じがあって、最後の方はしょっぱくて醤油のかかったご飯を食べられなかった。これは本当に残念。醤油を全くかけないか、もっともっと軽くかければよかったのに。雰囲気がいいだけに、ちょっと残念だったな。

でもすごく可能性を感じさせる店だった。また今度行ってみて別のものを頼んでみたいもんだ。

■2003/05/24 (土) ミニミニOFF

今日はウェブ仲間で、超ご近所(徒歩5分程度!)であることが発覚したSaikoさんとウチでミニミニOFF。僕の大好きなSix Feet Underの最初の話を無理やり見せた後(笑)、その後は台所でワインを飲みながら色々な話をした。

やっぱりウェブで彼女の文章を読んでるからだろうか、なんだか初めて会った気がしない。普通は初めての人と会うときには緊張しちゃう僕なんだけど、今回は全然そんなことを感じずに話ができた。彼女のサイトから感じるエネルギーそのままの人ですごく安心してしまった。

Saikoさん、楽しかったよ~。これからもよろしくね!

■2003/05/23 (金) 一つの季節の終わり

今日は僕の行きつけのカントリー・ウェスタンバーの最後のカントリーナイト。今度の日曜日には閉店してしまう。3ブロックほど離れた場所に移るだけなんだけど、場所と建物から来るエネルギーが僕は大好きだっただけに、かなり落ち込みぎみ。

95年の2月に最初に行き始めてから8年以上、僕のストレス解消の場所であると同時に、色々な人に出会えて、色々なダンスを習えた場所だった。この場所がなかったら、僕の人生、かなり今とは変わっていたと思うな。

いつもは9時頃行くんだけど、今日はドレスシャツを着て7時半に行った。もうかなり人が来てて、結局僕は12時半ごろまで踊りまくってたと思う。いつになくたくさん踊ってたので、最後にはもう両足の裏がビシバシに痛くて、今でも足全体が疲れの膜に包まれているみたいだ。

フォトンが終わっちゃった時のように感情的になっちゃうかなと思ってたんだけど、この場所が全くなくなってしまうわけではないからか、かなり平静でいられたと思う。でも踊りながら、このラインダンスをこの場所で踊ることはもう二度とないんだとか思うと、やっぱり感慨深いものがあったりして。こういう特別な場所って、誰にでも一つや二つはあると思う。

今の場所でのバーが閉まることによって、僕の中での一つの季節が終わりを告げる。同じ場所に留まっていては何の進歩もないということを、世界が教えてくれる。All good things must come to an endという言葉を自分に言い聞かせながら、次の季節がもっと輝いたものであることを願うばかり。

■2003/05/22 (木) なんということもない木曜日

今日はただ会社から帰ってきてSex And The Cityを見終えただけ。とりたてて何もない木曜日だった。平和でいいんだけど、こういう日は書くことがなくて困るぞ(笑)。
[PR]
by alexsea | 2003-05-01 00:02 | 過去日記
2003/5 - 2
■2003/05/21 (水) 母帰国

今日は日本から母が帰ってきた。「帰ってきた」って言い方は変かもしれないけど、母がいてくれると、犬の散歩もしてくれるし食事も作ってくれるし洗濯もしてくれたりするので、僕の生活がすごくラクになるのでとても嬉しい。30過ぎてまで母親におんぶにだっこかよって言われるかもしれないけど、母にとっては必要とされていると感じることが嬉しいらしいので、思い切り甘えてそういうことをやってもらっちゃってる。

でも時には喜んでくれるようなことも考えてる。今年はイエローストーンに連れて行くし、来年の夏あたりにはヨーロッパ旅行もさせてあげようかと思ってる。他の文化に触れることや旅行することが全然苦痛に思わない人間なので、そういうことはとてもやりやすい。

母の母、いわゆる僕の祖母は僕が20歳の時に死んだんだけど、その時に母が「まだ全然親孝行してないのに…!」って泣きながら言ってたのを覚えてる。人間なんて本当に明日には何があるかわからない。僕が事故にあって死んじゃうかもしれないし、母にも何があるかわからない。母が一年一年歳をとるにつれ、避けることのできない別れというものがいつか必ずやってくるということを、今までにも増して考えるようになってきてる。

■2003/05/20 (火) Sex And The City

本日の購入DVD:
-Sex And The City: Season 4
-Star Trek: Nemesis

Star Trekは買おうとは思ってなかったんだけど、なんとなく買ってしまった。好きなシリーズなんだけどこの映画は観たことがなかったんだよね。

今夜観ようかと思ったんだけど、なんとなくSex And The Cityなムードだったんで、そっちの方を何本か観てしまった。この番組はかなり頑張って毎週見てたんで全部覚えてるストーリーばかりだったけど、それでも本当に面白い。これは脚本が本当にスゴイよ。いろんなことに引っ掛けてあるし、セリフの一つ一つがすごくよく考えてある。この脚本を書く人は天才だと思う。新しいシーズンは僕がカンクンに行ってる間に始まるから、誰かに頼んでビデオを録ってもらわなきゃな。

あ、そうそう。MM9終わった~。後半のストーリーはなんかいまいちだったけど、自由度の高いゲームは大好き。

■2003/05/19 (月) ワインと日常

今日は夕食にピザを食べた。ルームメートが会社帰りに買ってきた、ガーリックのたくさん乗ったヤツ。んで白ワインと一緒に食べてたんだけど、ふと思ったのが、アメリカに来てからワインって本当に日常生活に溶け込んだってこと。

日本に住んでるときは、まぁ今のような食生活とは全然違ったけど、ワインなんて家に置いてることなんて滅多になかった。時々会社帰りにワインを買ってきて、ピザを頼むか、またはフランスパンとチーズとサラミで夕食にするくらいのときしか、家ではワインは飲まなかった。でも今はほとんどいつでもワインは常駐してるし、食事と一緒じゃなくても、飲みたいなって思ったときに気軽に開けて飲めるようになってる。これってよく考えるとスゴイことだよな。

日本でも一時期ワインブームがあったらしいから、今では家庭にワインを常駐してるところがあるかもしれないけど、アメリカではそれがほとんど常識のようなところがあるし。まぁこっちの食べ物にワインが合うからっていうのが大きな理由なんだろうな。

しっかしワインが好きでよかった。DVDを見ながらとか、ゲームをしながらワインを飲んでると非常に気持ちいい。昔はワインの学校に通ったりして本格的に勉強しようかと思ったときもあったけど、僕はコレクターでもなんでもないんで、美味しいワインが飲めるならそれでいいっていうお気楽ワインドリンカーです。

■2003/05/18 (日) MM9三昧

なんか最近また時間を無駄に使ってるぞ(笑)。

今日は本当にMM9ばっかりやってた。こういうのって一気にやっちゃわないと、もっと時間を使っちゃいそうでさ。Might&Magicシリーズは6と7が大好きですごく入れこんでて、でも8はダーク系統の話だったから感情移入できなくてスキップ、んで今の9というわけ。MM9になってからグラフィックエンジンが完全3D化したみたいなんだけど、今の3Dゲームの標準から比べるとどう見ても見劣りするなぁ。でも音楽もいいし、ストーリーラインもなかなかいいんでハマってるけど。

バーでちょっとCosmopolitanを飲んだ後、安いタイ料理のディナー。この後またちょっとMM9やっちゃいます。

■2003/05/17 (土) 買い物&ディナー

今日は午後までSex And The Cityの以前のDVDを見ながらだらだら過ごしてたんだけど、急にダウンタウンに買い物に行きたくなって出かけてしまった。

お目当ては僕のお気に入りのKenneth Cole。ここって手頃な値段でちょっとヒネリのあるデザインの服を売ってるから好きなんだよな。結局シャツを2枚と、こんな寒い日に着るような薄手のジャケットを買ってしまった。後で気がついたんだけど、10%オフのメールをもらってたんだよな。これをプリントして持って行ってれば、セール価格よりもさらに10%引きだったのに…。ちぇっ。でもいいシャツが手に入ったからいっか。

Kenneth Coleの後はゲーム屋さん。何かを買おうって気はなかったんだけど、Might&Magic IXが目に付いてしまって、衝動買いしてしまった。…こーゆーことやってるからいつまでたっても金が貯まらないんだよなぁ。単発RPGはすごく久しぶり。FF10(だっけ?)やってたんだけど、どうもあの一本道路線はもうヤル気がしなくなっちゃって。FFに比べると、Might&Magicは伝統的RPG。いろんなクエストがあって、どれからやってもOK。パーティーの人数も4人+NPCに固定されてるから、誰を出して誰を引っ込めるなんてこと考えなくていいから気軽にできる。やっぱさー、「ロールプレイング」ゲームは感情移入できなきゃダメだよ。FFは人数多すぎ。どれに感情移入していいのかわからなくなってくる。

ちょっとプレイした後は、僕、Korey、Todd、CesarとJunichiくんの5人でOceanaireにシーフードを食べに行った。僕はSeafood GumboとTak River Salmonを注文。どちらもすごく美味しかった! やっぱりここはシーフードではピカ一だな。でも食べ物の値段もワインの値段も高すぎ! あれだけ出すんだったらLampreiaでもっといいもの食べられる。なんだかなぁ。でも美味しかったからいいけどさ。

■2003/05/16 (金) なんか最近

天気はいい日が続いてるんだけど、寒いんだよなー。今日なんかは2月を思わせるような気温。こういう日は車の上を開けようか閉めようか迷ってしまう。暖房をがんがんに効かせながらオープンで走るってのも気持ちいいんだけどね。そしたら閉めてるときみたいに大声で歌うことができなくなっちゃうけど(笑)。

今日は僕の好きなカントリー・ウェスタンンバーが閉まる1週間前。移転するんだけど、この場所から受けるエネルギーは失われてしまう。今週も結構たくさん人が来てたけど、来週の最終日には他の街に引っ越した人たちも何人か来るみたいなんで、かなり楽しい夜になりそう。ちょっとだけドレスアップしていこうかな。タキシードを着ると暑くて踊りにくいから、ドレスシャツにジーンズとか?(笑) あー、でもなんか最終夜は泣いちゃいそうだな…。

■2003/05/15 (木) X-Files三昧

いつもそうなんだけど、X-FilesのDVDを買った時って、全部見終わるまで夢中になっちゃうんだよね。特に今回のシーズン7はほとんど本放送を見ていなかったので、僕にとっては90%新しいストーリー。やっぱり面白い。

それにしても「政府の陰謀」ストーリーはもうええかげんにせんかい!って感じ。なんかさー、面白いって思うより先に、イライラが募るばかりなんだよね。誰を信じていいのか、誰が利用しようとしているのかってのがいつも頭の中で交差してて、見終えた後にはドッと疲れてしまう。Mulderの妹の話もさー、そういう重要人物は見つかるとしても最後の最後じゃん? だからストーリーの中で妹を探す場面とかが出てくると、「あーまたやってるよ彼。こんな段階で見つかりっこないのに」とか変に冷めて見てる。

逆に面白いのが、政府の陰謀とは全く関係ない単発ストーリー。今回一番よかったのは、前にも見たことがあったんだけど、古いラグの中から3つだけ願いを叶えてくれる女の人が出てくるってヤツ。見終えた後は、自分だったらどんな願いを叶えてもらうかってのを真剣に考えちゃう。「もし自分だったら」って印象を後に残してくれる作品って、とても大切だと思う。

来週の火曜日にはSex And The CityのDVDが発売される。これも楽しみだっ!

■2003/05/14 (水) 蟻・蟻・蟻

だーーーっ、オフィスが蟻だらけでイヤになる! もう今日は20匹近く殺したぞ。足を這い上がってこられたりすると仕事に集中できやしない。上半身でバグ殺し、下半身で本物の虫殺しだなんて、シャレにもなんねーぞ。これがオフィスビルディングの全域に渡ってのことだったらすぐに対処してくれると思うんだけど、限られた一角のオフィスだけっぽいから対応が遅い。むー、マジで早く始末してほしいぞ、これは。

■2003/05/13 (火) X-Files!

今日は待ちに待ったX-Files Season 7 DVDの発売日! 会社の帰りにTower Recordsに寄ったんだけどなぜかまだ入荷されてなくって泣きたくなっちゃったよ。でも家の近くのFred Meyerに電話したらあるらしいってことで大急ぎで行った。そしたらどこにも見当たらないのでまた泣きそうになって、「今日X-Files入荷した?」って聞いたら、「さっき電話くれた人?」って聞いてきたので頷いたら、「ここにとっておいてあげたよ」ってレジの裏から出してくれた。もう嬉し泣き。なんか2個しか入荷してなくて、これが最後のヤツだったんだってさ。危ないところだったぜ。今夜はX-Filesを見まくろうと思ってたので、もし手に入らなかったらプランが狂いに狂うところだった。

最初のDVDに入ってる4本を見たんだけど、やっぱり面白いや。シーズン7はほとんど見てなかったから、全部僕にとっては新作みたいでよかった。でもやっぱり僕は政府の陰謀ストーリーよりも、それとは別の単発ストーリーの方が好きだな。陰謀ストーリーはなんか大きくなりすぎちゃって、ドロドロしてて、見ててもういいかげんにしてくれって思っちゃう。明日は2枚目のDVDを見ることにしよう。…あ、でもWorkaholic Wednesdayだった…。

一言:くどいようだけどMulderは「マルダー」。モルダー禁止(笑)。

■2003/05/12 (月) The Fifth Element

久しぶりに観たくなって、今夜The Fifth Elementを観た。やっぱ面白いや、これ。なんとなくバカっぽいところがいい。Bruce Willisもあの犬みたいな表情が好きなんだよな(笑)。

今日はそんだけだったなぁ。あーなんかこれだけしか書くことがないって悲しひ…。
[PR]
by alexsea | 2003-05-01 00:01 | 過去日記
2003/5 - 1
■2003/05/11 (日) 料理な一日

今日は沢山料理しちゃったぞ。って料理って言えるほどのもんでもないけど、インスタントラーメン以外を作るのって久しぶりだから、かなり自分的には本格的料理なんだと思う。

まず朝・昼兼用のごはんは、ビーフ・ガーリックライス。にんにくを細かく刻んでバターで炒めて、それに昨日のレストランから残り物で持ってきたビーフを細かく刻んで入れて、それに今朝炊いたご飯を入れる。よく炒めて、味付けは塩コショウ。最後にネギをパラパラッと入れて、もうちょっとだけ炒めて出来上がり。思ったよりも美味しくできてビックリ。きっと昨日のビーフにスパイスがついてたからなんだろうな。こんな簡単なことでも僕にとっては一苦労。でもやっぱりレストラン好きなら、もうちょっと料理作れないとダメだよなぁ。

5時くらいまで家であれこれ片付けとかした後、急に「カレーが食べたい!」って思って、宇和島屋まで材料を買いに行く。ビーフと玉ねぎ、ジャガイモを煮込んでる間、Six Feet Underを観て(うぉぉぉ、なんかスゴイ展開なんですけど。今シーズンはあと2回だけらしいけどどうなっちゃうんだよぉー)、その後カレーを入れてもうちょっと煮込んで出来上がり。うーん、美味しいぞ。ミックスのルーを2種類ブレンドして使ったんだけど、なかなかの出来。これからはこのブレンドで行くとしよう。でもじゃがいもを入れた後かなりの時間煮込んだから、肉は柔らかくなったんだけど、じゃがいもがボロボロに崩れちゃった。これからはもうちょっと後で入れないとダメだね。僕のカレーにじゃがいもは必須。

本当はもっと手の込んだこともやってみたいんだけどさ、なーんかキッカケがないとできないんだよなぁ。材料費とかあれこれ工面しながら残り物なんかも上手く使って、毎日料理している世界中の人たちに「尊敬」の気持ちです。

P.S. シアトルのレストラン3件のレビューをアップ。ついでにニュージーランド・オーストラリア旅行のレストランレビューも全て終了! なーんか今日は本当に食べ物づくしの日だったぞ(笑)。トップの写真も変えたので、もしまだチューリップが表示されていたら、[F5]を押してリフレッシュさせてくださいませ。

■2003/05/10 (土) 盛り沢山の土曜日

今日はちょっとだけ会社で仕事をした後、友達と2人でBuenos Aires Grillというアルゼンチン風ステーキのレストランへ行った。予約はしてなかったんだけど、いきなり2人用のテーブルが空いてたんですぐに座れてすごくラッキーだった。すごく雰囲気のいい場所。アピタイザーのソーセージがすごく美味しかったんで期待してたんだけど、メインのビーフが香りはいいんだけど味が薄い! 確かにソースには味はついてるんだけど、肉の中には全然味が浸透していないし、肉自体の味もなんだか弱々しい。ちゃんと熟成させた肉なのかなぁ? 塩をかけなきゃとても食べられなかったもん。途中で店内をぬうようにして2人のダンサーによるタンゴが始まったりして雰囲気がすごくよかっただけに、この味の弱さはとても残念だった。フレンチフライはガーリックがきいてて、もう言うことなしの味だったけど。

その後はMadison Parkのあたりにある、近所のCliffがオープンしたワインバーに行ってみた。Cliffはいなかったんだけど、甘いデザートワイン(Muscat)はとても美味しかった。店内もとても洒落てていい感じ。これから夏になるとMadison Parkのあたりはとてもいい雰囲気になるから、もっと頻繁に行ってみようかな。アメリカでワインバーってこれが初めてかもしれない。

家に帰ってきてからは、観たかったThe Emperor's Clubを鑑賞。感想は…うーん、期待しすぎてたからか、なんとなく「あれ?」って感じだった。俳優たちの演技はみんなすごくよかったんだけど、なんかストーリーラインがどこをとっても中途半端な感じで。頭にDead Poet Societyの感動があったから、その影に隠れちゃったのかもしれないな。でも良いことは良かった。子供時代と大人時代であまりにも顔が違うので、すごく違和感があったのが残念だったな。それにしてもKevin Klineはやっぱ好きだ。あの普通っぽさがなんともいえない。考えてみればA Fish Called Wandaから結構注目してたんだよな。Daveは僕のお気に入り映画5本指に入ってるし。これからも期待しちゃおう。

■2003/05/09 (金) 購入DVD

-The Emperor's Club
-Someone Like You

昨日帰りにEmperor's ClubのDVDを買いに行ったら、僕の好きなRomantic Comedyタイプの映画で、最近のお気に入りHugh Jackman(X-MenのWolverine役とか)が出てるSomeone Like YouっていうDVDがあったので、聞いたこともなかったんだけど衝動買いしてしまった。

買いに行ったTower RecordsでちょうどX-Menを流してたんで、急に観たくなって家に帰ってすぐに観ちゃった。Emperor's Clubを観るんじゃなかったのか?(笑) でもX-Men2を今劇場でやってるから、それを観に行く前におさらいってことでいいか。早くX-Men2を観に行きたいんだけど、まだまだ混んでるだろうってことでちょっと様子をみてる。人ごみと並ぶことが非常に嫌いなので、劇場に映画を観に行くことが最近は少なくなったもんだ。

X-Menを観た後は当然Emperor's Clubでしょうとか思ってたんだけど、X-MenからのHugh Jackman続きってことでSomeone Like Youを観てしまった。Ashley Judd、Greg Kinnear、Hugh Jackmanが主役。たぶん僕Ashley Juddの映画を観るのは初めてかも。でもかなりいい演技してたと思う。ストーリーラインはいまいちだったけど、脇役のMarisa Tomeiも光ってたし、俳優軍団の力でなかなかの作品に仕上がってるって感じだった。Hugh Jackmanってさ、X-Men、Swordfish、Kate & Leopoldとかでいい役ばかり演ってるんだけど、この人絶対深い演技もできると思うな。表情や言い回しがすごく上手い。要チェックアクター。Kate & Leopoldでの役が一番好きだったかな、僕は。

てなわけで、主役のEmperor's Clubはまだ観てない。今夜も出かける予定なので観れるかどうか…。週末には必ず観るぞ!

■2003/05/08 (木) マッサージと蟻とKevin Klineと

今朝は会社に来る前にマッサージのセッションを受けてきた。先週カイロプラクターの先生が「なんか全身こってるみたいだからマッサージ受けた方がいいんじゃない?」と提案。それだったらということで、今日行ってきた。いやー、気持ちいいんだけど、かなり深いマッサージなもんで時々痛い痛い。まーこれでコリが解れて後で気持ちよくなるのはわかってたから我慢してたけど。マッサージの後は頻繁にトイレに行きたくなるよね。体の中の老廃物を外に出すからなんだってさ。だから水もたくさん飲まなきゃいけないらしい。

突然だけど、会社の僕のオフィスの周りは蟻によって侵食され始めている。3階だっていうのに、蟻がたくさん上がってきてるんだよね。そういえば何年か前にもこの同じ場所でこういうことがあった。その時の蟻退治は成功したはずだったんだけど、また今回同じ問題に悩まされている。元々昆虫類は大嫌いだから、たかが蟻とはいえ、オフィスの中をチロチロと動き回られると不快でしょうがない。早くなんとかしてくれぇぇぇ。…そういえば以前舞台で蟻の役を演ったことがあったけど、それとこれとは別(笑)。

そうそう、Kevin Kline主演のThe Emperor's ClubのDVDが出てるみたいだから、今日帰りに買っていこう。あれ観たかったんだよな。Kevin Kline大好き。

■2003/05/07 (水) Financial Advisor

そういえば昨日の朝、僕のファイナンシャル・アドバイザーに会ってきたんだった。彼はアメリカン・エクスプレスのファイナンシャル・アドバイザーグループに属していて、3年くらい前から僕の投資計画とかをやってくれてる。投資とか僕は全く興味がない方なんだけど、会社の株だけを持ってたりしたら、もし会社が何かのダメージを受けたら一気にお金を失っちゃうってことで、他のマーケットとかにも賢く分配するディバーシファイ(Diversify)ってことをやってもらってる。

今回のミーティングは、最近の生活環境や経済状況なんかによってかなりゴールとかが変わってきたので、今のままの投資方法でいいかどうかを見極めるためのもの。現在の給料や持ち株、あとお金をどんなものにどのくらい遣ってるかってのを全部情報として彼に伝えなきゃいけない。普段は「気がついたらお金がなくなってた」ってほど管理に疎い僕なので、今の家の中にある家具とかの全ての価値とか、1年間に外食にどれくらい遣ってるかなんてことが全然わからなくて赤面。

むー、もっとちゃんと管理しなきゃダメだってのはわかってるんだけどね。なんてったって、食べ物でも魚とかカニとか食べるまでに苦労が必要なのは好きじゃないし、庭とかもケア・フリーじゃないとダメな人間なので、こういう細々したことは得意じゃないんだよなぁ。でもDVDのインベントリーをちゃんと取ってたりとか、旅行計画をちゃんと立てたりするときとかはマメだと思うんだけどね。これからはそのマメさを他のところにもまわさなきゃだな。

そうそう、今日会社の友達にとても面白い絵日記サイトを教えてもらった。もー、死ぬほど面白い。リンクフリーらしいので今度の更新のときにリンクさせてもらっちゃおう。こんなものをWorkaholic Wednesdayに教えてもらっちゃったら、仕事ができなくなっちゃうぢゃないか~。
http://members.jcom.home.ne.jp/hsnym/

■2003/05/06 (火) Cache Me If You Can

…を買って今夜観た。なるほど評判通り面白かった。さすがSteven Spielbergが監督だけあるなっていう演出が所々にあって楽しかったし。Tom Hanksもいい演技してた。Tom Hanksって最初の頃あんまり好きじゃなかったんだけど、最近は大好き。あの表情とか演技の深みはそうそう出せるもんじゃない。

Leonardo DiCaprioはやっぱりまだあまり好きじゃないなぁ。標準以上の演技はするんだけど、なーんか僕の趣味にしっくり来ない感じ。なんでだかよくわからないけど。Titanicのときもこんな風に感じたんだよな。これからどんどん演技に箔を付けていくことを期待。

ストーリーは、実話を元に作られただけあって楽しかった。ただこれはストーリーラインからかLeonardo DiCaprioの演技からかどうかわからないんだけど、結婚するっていう女の子と出会ったときに、今まで色々と付き合ってきた女の子たちとの対応の違いがよくわからなかったんだよな。だからいつも通り遊び的な付き合いだろうと思ってると、いきなり本気で結婚するとかいう話になっちゃってて、え?いつそんなに好きになっちゃったわけ?とか思ってしまった。だからそれから数々の危険を乗り越えてまで女の子と結婚しようとしてる姿になんか無理を感じちゃって。あの出会いはもっと運命的なものを感じさせてほしかったな。

まーいろいろ不満はあるけど、楽しかったことに変わりはない。オススメです。

あ、そうだ。Indiana Jonesの3本セットが11月にDVDで発売されることになったらしい。すんげー楽しみ!!

■2003/05/05 (月) 最近

聴きまくってるCDがSpirited Away(『千と千尋の神隠し』の英語版)のサントラ。これいいよ! 特にOne Summer DayとProcession of Spiritsが最高! どーして久石譲ってこんなにいい音楽作れるんだろうなぁ。One Summer Dayの途中のピアノソロ部分のメロディは一度聴いたら忘れられない感じだし、Procession of Spiritsは、なんとなく沖縄風のメロディに日本の昔の風味を付け加えてるみたいだし。良すぎ。

ただねーサントラってこともあって、いきなり途中で盛り上がったり盛り下がったり。映像がついてなくて音楽だけ聴いてるとなんかヘンって思うことがしばしば。だいたい僕はあまりこういうことがあるからサントラって好きじゃないんだ。イメージアルバムの方が好きかな。僕の好きなこの2つの曲も、普通の音楽としてリメイクしてくれたら嬉しいんだけどな。

■2003/05/04 (日) 悲喜こもごも

今日はコーラスのSteveの呼びかけでウチでブランチパーティーを開くことになっていた。Steveはほとんど毎月のようにブランチパーティーをあちこちの家で開催していて、僕の家でもぜひやりたいということだったので2月くらいの時点でOKしていた。2時から開始予定だったので、12時くらいにSteveがやってきて色々な料理の準備。さすが手馴れたもので、野菜のディップとかハッシュブラウンとかを手際よく作っていく。ワッフルメーカーでワッフルも作れるようになってるし、エッグス・ベネディクトも作れるみたい。僕は隣でミモサを飲みながら見てるだけだったけどね。あ、エッグス・ベネディクトに使うホランデーズソースは作ったぞ!(笑)

いろいろ準備を頑張ったんだけど、結局来たのは7人だけ。Steveの不手際で招待が遅れちゃったし、みんな色々と用事があったらしい。でも少人数だけあって深い話ができて面白かった。話をしてる最中にふと思ったのが、周りは英語ネイティブな奴らばかりの中で会話してる自分なんて、10年20年前は想像できなかったってこと。なんかちょっと自分の成長に嬉しかったな。

パーティーの後片付けを大急ぎで済ませた後は、レドモンドのタイ料理屋まで日本人友達に会いに行った。本当は日本からYさんが来る予定だったのでみんなで食事をしようってことだったんだけど、彼女が急に来れなくなってしまって一度はキャンセルしかかったこのディナー。やっぱりみんなで集まりたいってことで復活したのだった。今回のディナーの主役はなんといってもMさんとHくんの婚約のニュース! いやはや、全然知らなかったよ。でも食事の間中質問攻めに遭ってるなか、お互いの顔を覗き込むように見ながら話をしてた二人が印象的だったな。幸せそうで僕も嬉しくなっちゃうよん。Kちゃんはあと2週間で日本に帰ってしまうってこともあって、なんとなく悲喜こもごもといった感じのディナーだったけど、あんなに楽しい友達と知り合うことができて本当によかったと思う。

MさんとHくん、TちゃんとTくん、お幸せにね。
Kちゃん、日本に帰っちゃっても元気で頑張ってね。

■2003/05/03 (土) カークランドの大きな家

今日はFさんに招待されて、彼がカークランドに買った新しい家のオープンハウスに招待された。カークランドのダウンタウンからすぐのところなんだけど、大きな家を建設中の高級住宅街といった場所の奥にあって、とても静かな場所。ものすごくモダンな造りの家に上がらせていただくと、まず気づくのが天井の高さと共にとてもオープンな空間を上手く使っているってこと。キッチンはとても大きくて真正面からワシントン湖が見える。湖を見ながら料理できるというわけ。パーティーとかって、人はキッチンに集まる傾向にあるから、これってそういう時にピッタリの場所だなぁ。

またスゴイのがFさんのA/Vシステム。50インチのHDTVプラズマディスプレイに始まって、そこからの音声と映像をCAT5ケーブルで各部屋に送っていて、どこからでもアクセスできるようになってる。キッチンにはそのメインシステムからリアルタイムMPEGエンコーディングで、ワイヤレスで映像と音声を送ってるし(これはエンコーティングのせいでちょっとディレイがあったけど)。目を丸くするようなものばかりで、こんなの見ちゃったらもっといいA/Vシステムが欲しくなっちゃうよ~。やばいっす。

Fさんの小さい頃からの趣味、鉄道模型も一部屋いっぱいに作ってあるし。模型の動きとシンクロさせて汽車の音が出るようになってるのには感動。趣味もここまで行くとスゴイ。汽車の写真を撮るのもFさんの趣味らしく、本に名前つきで載ったりしてた。

Fさんのスゴイところって、なんでもとことん追及するところなんだよね。広く浅くな僕がちょっと恥ずかしく思ったお宅訪問だった。僕も頑張らねば!

■2003/05/02 (金) カウボーイブーツ

カントリーウェスタンバーで踊るときに使っているカウボーイブーツがもう寿命近くらしい。先々週には内側の皮が剥がれたのでボンドで接着しなきゃいけなかったし、先週踊ってるときになーんか足の裏に違和感があるなぁと思ってたら、釘が頭を出してたし(笑)。ヒールも何度取り替えたかわからないけど、もう磨り減っちゃってるし。でも新しいブーツを買うとまた慣れなきゃいけないから大変なんだよな。だから新しい靴とか買うのはいつも億劫だし。

てなわけでブロードウェイマーケットの中にある靴修理屋さんに頼んで、釘をへこまして新しいヒールを付けてもらうことにした。会社に行く前に渡して、夜にはもう出来上がってた。ちゃんと外側はキレイに磨いてあったし。中には新しいソールも入れてあって、なんだか新品みたいだ。ヒールも新しいんで、ブーツを履くとなんだかちょっと背が高くなった気がする。これで踊るのは気持ちいいぞぉ。

今のカントリーウェスタンバーは実はあと3週間で閉まってしまう。その場所の契約が切れて、美術学校がその場所の権利を取得したんだそうな。バーはそこから3ブロックのところに移る予定なんだけど、工事もしなきゃいけないからいつ開くかわからないし、それに今の場所にある楽しかった思い出やポジティブなエネルギーは消えてしまう。あの場所で踊れるのもあと3夜だけ。忘れることのないようにじっくりとあの場所を心に刻み込んでおきたい。

■2003/05/01 (木) Dahlia Lounge

今日はいきなりSan Joseに住んでる友達のHalから電話があって、出張でこっちに来てるという。彼とはシアトルにあるカントリーウェスタンのバーで知り合ったんだけど、彼はSan FranciscoにあるカントリーウェスタンのNon-profit Organizationの幹部をサイドでやってて、そこでDJをしたりもしてる人。彼とは去年10月にSan Franciscoに行ったときに、チラッと会ったっきり。DJをやってる最中だったからあまり話せなかったんだよね。だから今回一緒に夕食に行こうということになった。

2人で行ったのは、僕の好きなレストランの一つDahlia Lounge。僕がレストラン狂いになったキッカケの場所。シアトルに来てすぐくらいの時にこのレストランに食べに行って、あまりの美味しさとその独創性の高さに感動してしまって、それから僕のレストラン巡りの旅が始まってしまった。シェフはTom Douglasって言って、シアトルのレストラン業界ではほとんどトップの有名人。レストランを3つも持ってて、ラジオ番組まで持ってるって人。一度会ってみたいな。

予約はしてなかったんだけど、5分待つだけで入れてよかった。Shrimp~scallion potstickers, sweet chili dipping sauceから始まって、僕は子羊、Halはマグロの料理を頼んだ。最初のPotstickers(餃子)はもう涙が出るくらいの美味しさ! これだけでお腹を一杯にしたいくらい。メインの子羊も感動的。ガーリックのソースがとてもいい味を与えてるんだよな。子羊にガーリックソースを使うなんて、普通の店ではあまりない。やっぱり僕の好きなDahlia Loungeはまだオリジナリティに溢れる食事を出してくれててよかった。Halとも色々な話ができて楽しかったし。

やーっぱり僕はレストラン巡りが好きだなぁ。もし金が無尽蔵に使えるとしたら、あっちこっち旅行しまくって毎日美味しいレストラン巡りをしたい。…やっぱり宝くじ買うべきかな?(笑)
[PR]
by alexsea | 2003-05-01 00:00 | 過去日記