From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
Alexさん、お久しぶり..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 21:23
昭和後期こどもの歴史研究..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 23:29
>亜紀ちゃん 最近..
by alexsea at 05:31
素敵な夏の週末だね〜(^..
by 亜紀 at 11:26
>昭和後期こどもの歴史研..
by alexsea at 14:38
以前の記事
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


<   2004年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
英語
 なぜだかわからないけど、僕は小さい頃から英語に興味があった。今から考えてみても、どうしてなのかわからない。ただ漠然とした興味が最初にあって、それから全てがスタートしたんだと思う。

 一番最初に英語に触れたのは、小学校3~4年くらいのときに通ったLL教室だったと思う。これもどうして通うことになったんだか全然覚えてないんだけど、その頃よく遊んでいた山下くんという同級生と一緒に通っていた。でも英語を真剣に勉強するっていうよりも、遊び友達と一緒に学校と違う環境にいれるってのが楽しかったからだと思う。先生が若い女の人だったんで、授業中に先生をからかって遊んだりしてた。そういう面で楽しかったのは覚えてるんだけど、ここで英語を覚えたかどうかはちょっと不明。ただアルファベットというものに抵抗感を抱かないようになったのは、もしかしたらこのお陰なのかもしれない。

 次の英語との出会いは劇団に入ってからかな。劇団でみんなの世話を焼いてくれた西村先生が英語好きな人で、先生が僕の台本に書いてくれた筆記体の僕の名前が、すごくカッコよく思えたのをよく覚えてる。それと、運命的とも言えるある仕事との出会い。『学研のLくん』って知ってる? その頃学研は色々な教材を出してたんだけど、その『Lくん』シリーズで英語のカセット教材を出していたらしい。その“ケン”役で僕が声を当てることになった。この時のLくん役が、NHKの英会話番組で知ってる人もいると思うマーシャ・クラカワーさんだった。英語に対しての抵抗感はないものの、本格的に英語を声に出して“読む”のはこれが初めてだった。マーシャさんも先生役の男の人もとても親切に、根気強く僕に英語の発音の基礎を教えてくれた。僕が間違った発音をしたときには、「マーシャの口見て」と自分の口を指差して、ゆっくりと発音してくれた。このときに、TH、V、Rの発音なんかの基礎を覚えたんだと思う。スケジュールの関係上そういうリハーサルができないときには、マーシャさんが次の台本の英文をどう発音するかってのをわざわざ僕のためにテープに録音してくれていて、それを自分で聴いて練習することができた。今から思うと、ものすごく贅沢な体験をしたもんだと我ながらビックリする。この仕事があったからこそ、英語の発音の基礎を抵抗なく学ぶことができたんだと思う。これがなかったら、今の自分はなかったかも。それにしてもマーシャさん、どうしてるかな。もう一度会ってお礼を言いたい。

 「洋画の吹き替えをやってたのも影響してるんじゃない?」って母は言うんだけど、これは全く関係ないと思う。洋画の吹き替えは片耳で原音を聞きながらセリフを読むんだけど、原音を聞く理由は、セリフの出だしと終わりを合わせるためと、オリジナルの抑揚を掴むため。日本語のセリフを喋ってる間に英語を聞いている余裕なんてないし。他の人がセリフを読んでるときには原音を聞いていられるけど、英語を知らなければただの「外国語」だし、それを注意深く聞こうなんて気にもならなかった。

 同時期に出会ったのが、兄の買ってきた洋楽のレコードと、竹内まりや。兄はビートルズをよく聴いていたし、『幸せの黄色いリボン』なんて曲も聴いてて、僕は歌詞カードに書いてある対訳に感動してたことを覚えてる。竹内まりやは今でもよく聴いてるんだけど、最初に聴いてからすぐに彼女の唄が好きになっちゃって、よく一緒に歌ってた。一枚のアルバムの中には必ず一曲は英語の曲が入ってて、それも彼女の発音を真似しながら歌ったことを覚えてる。今でこそ彼女の発音にはほんのちょっとだけ日本人的な匂いを感じ取っちゃうけど、その頃は本当にキレイな発音だと思ったもん。“勉強する”英語と違って、まさに“歌いたいから”、“楽しいから”という理由で発音を覚えていった。

 またまた同時期に出会ったのが、タンディ・ラジオシャックという会社のTRS-80というコンピュータ。“コンピュータ”というものが、一般庶民の手に届くようになってきた最初の一歩の“パソコン”(その頃はマイコンって呼ばれてたけど)だった。アメリカ製だけあって、全てが英語。なにせ英語を読まなきゃ操作できないので、ここでも英語を勉強するハメになる。でもこれは会話英語とは全く違って、いわゆるコマンドとエラーメッセージを覚えるくらいだったけどね。本格的に英語を「読む」ことになったのは、あるアドベンチャーゲームを手に入れてから。アドベンチャーゲームってのは、自分がその物語の主人公になった感じで、コンピュータの中の仮想世界を冒険できるゲーム。今のゲームのように素晴らしいグラフィックなんかまだ可能じゃない時代だったから、その仮想世界を表現するのは全て英語。「あなたは四角い部屋の中央にいる。北には通路が続いていて、西側には鍵のかけられた窓がある。南にはクローゼット、東には壁にポスターが貼られている。どうしますか?」というような、画面一杯に出てくる英語を読まなければならなかった。でもさすがゲームというだけあって、これを遊びたい一心で、知らない単語を辞書で引きまくりながら、頑張って遊んでたことを覚えている。まだこの頃は小学校6年生か中学1年くらいだったから、文法なんかは全然知らない。でもなんとか単語を繋げて、あーこれはこういう状況なんだなってのを理解しながら、少しずつゲームを進めていった。思えばこれで辞書を引くのが速くなったんだなぁ。中学の英語の時間に、辞書を引いて訳を書いていくっていうテストがあって、他の人たちの倍くらいのスピードで終わらせたときには、先生が驚いてたことが思い出される。

 こうして考えてみると、僕って英語と本当にラッキーな出会い方をしたんだなって改めて思う。なぜ英語を学ばなきゃいけないのかわからないまま詰め込み式の教育をされたんじゃ、英語に対して悪印象を持つのも当たり前。もう少し違った出会いをしていれば、もっとたくさんの日本人が英語好きになってたかもしれないのに。僕は英語といい出会い方をした上に、歴史や高度な物理とは違って、英語だけは将来絶対に役に立つと思っていたので、英語を勉強することも苦にならなかった。いや、自分にとっては“勉強している”という気さえなかったのかもしれない。

 旅行記『初めての海外旅行 オーストラリア』にも書いたけど、オーストラリアの飛行機の中で、隣に座った韓国人の人と英語を媒介にして話ができたのは本当に感動だった。お互いに片言だったんだけど、ちゃんと意思の疎通ができたんだもん。日本語と韓国語という二つの言語だけだったら全く話せなかったのに、英語という共通な言葉を使うことによって、本当ならば話ができなかったであろう国の人とちゃんと会話ができる…。これは本当にショッキングな出来事だった。

 英語の読み書きは小さい頃からの興味によってかなり自信があったものの、英会話となると話は別。最初にアメリカに出張したときには、本当に心臓ドキドキ状態だった。英語の話せる上司と同室だとはいえ、ミーティングなんかも全て英語だったし、おまけに車の免許まで取る決心をしちゃったもんだから、運転の練習を教わるのも全て英語。かなり最初は緊張した。特に怖かったのが電話。顔を見ながら会話をするときには、相手のボディランゲージなんかで聞き取れなかった単語を補うことができるんだけど、電話ではそうはいかない。特に早口でバーッと喋られると、「???」な感じでパニックに陥ってしまう。こちらから電話をするときにも、まずメモに自分の言いたいことを全部英語で書き出しておいて、電話の前でゆっくり深呼吸をしてからダイヤルするようにしていた。電話は今でも僕の苦手領域の一つ。特に電話で名前を言われても、初めて聞く名前だと全然わからないんだよね。

 アメリカに住むようになって、僕にとって本当にラッキーだったことは、レドモンドからシアトルに引っ越してすぐに、いつも行動を一緒にできる友達と知り合えたこと。Timはフィリピン系だけどアメリカ生まれアメリカ育ちの完全なアメリカ人。Tomはアイルランド系のアメリカ人。Edはフィリピン育ちだけど、まだ10代の頃にアメリカに来て、アメリカ国民になってるし。毎日とはいかないまでも、ほとんど2~3日おきくらいにみんなと会って遊んでた。会話は彼らと付き合い始めてから急に力がついた気がする。英会話のクラスでは絶対に学べない微妙なニュアンスは、実際に体感してみないとわからない。誰かに会うというシチュエーションだけにしても、日本で学ぶ”How are you?” “I’m fine, thank you, and you?”という受け答えだけじゃなくて:

“How are you?”
“What’s up?”
“What’s new?”
“How’s it hanging?”

 なんていうバリエーションがあるし。最初の頃は”What’s up?”や”What’s new?”に対する答え方がわからなくて苦労したなぁ(一般的な答えは”Not much”や”Same old”など)。

 最初のうちは頭の中で日本語を考えて、それから英語に訳して話すって感じだったんだけど、最近ではほとんど反射になってる気がする。話をするとき、英語で考えて英語で話すって感じかな。これって難しいことのように思うかもしれないけど、長く英語に浸かった生活をしていると自然なことなんだと思う。理論で考えるよりも、その場の雰囲気で理解する。日本語だって、いちいち頭の中で「これはこういう意味だ」なんて理論的に考えてるなんてことはないしね。でも未だに慣れないのがジョークを言うときのタイミング。日本語だと相手の言葉に対してすぐにボケとかツッコミを入れられるけど、英語だとやっぱり少しタイムラグがあるので、「あっ!ここでこういうツッコミをしたい!」と思っても、それが口から出る頃にはもう会話の流れが変わってしまっていることが多々ある。これは悲しい。もっと慣れて、ポンポン冗談を言えるくらいになりたいな。

 もう世界の共通語になっている感のある英語。これによってどんなに世界が広がるかってのを、もっと多くの人に知ってもらいたいなぁ。同じ旅行をするにしても、現地の人と会話ができるのとできないのとでは、楽しみ方が全然違う。英語圏以外の国に行くと、本当にそれがよくわかる。“英語を学ぶ”っていう気の入れ方じゃなくて、“外国の人と話をしたいから、そのツールとして英語を使いたい”って姿勢の方が楽しいかも。英語はただの道具。それをどう使うかは個人次第。日本でも、この楽しさを前面に押し出した英語教育をお願いしたいな。


(おまけ)

 こっちでよく耳にするホメ言葉が、「君の英語は日本人的発音じゃないね」という言葉。逆に「日本人的発音ってどういうの?」と聞いてみると、やっぱりTHの発音とRの発音の間違いのことらしい。英語には日本語のような「あいうえお」の母音だけじゃないので、それを極めようとすると難しいんだけど(僕も鋭意勉強中)、子音の発音は実はポイントだけ押さえればすごく簡単な感じなんで、そのポイントをご紹介。子音の発音さえちゃんとしてれば、「日本人的発音」なんて言われない。母音の勉強はそれから後でも全然OKだと思う。

“TH”
 これは歯と歯の間に舌をちょっとだけ入れて、そこから空気を出すことによって発する音。”This”とか”That”は、「ディス」「ザット」じゃない。単語の中に”th”が現れたら、そこで歯と歯の間に舌を入れて息を出す。

“R”
 「らりるれろ」の”R”ではなく、舌を口の半分くらいまで巻いて音を出す。巻きすぎると逆に外国人っぽい発音になってしまうのでご用心(笑)。”Rice”は「ライス」ではなく、最初に舌を巻いてから「アイス」と言ってみるのがいいかも。「ライス」と日本語発音で言うと”Lice”(シラミ)のことになってしまう。

“L”
 これはあまり気にしなくて日本語の「らりるれろ」と同じ発音だと思ってればいい。実際にはちょっと違うんだけど、”R”の発音さえしっかりしてれば、”L”の発音は「らりるれろ」で全然おっけー。

“F”, “V”
 どちらも上の歯で下唇をちょっと噛んでから音を出す感じ。これは”TH”や”R”の発音に比べたら簡単だよね。でもこれをやるとやらないとじゃ意味がまるっきり違うことがある。下唇を噛まない”Base”と、下唇を噛む”Vase”とでは意味が全然違う。

 この4点さえ気をつけて意識しないで発音できるようになれば、きっと相手にもっとわかってもらえるようになるはず。…考えてみれば、学生時代の英語の先生の発音、最低だったなぁ(笑)。
[PR]
by alexsea | 2004-06-28 00:00 | エッセイ | Trackback | Comments(0)
2004/6
■2004/06/28 (月) まっかっか~

昨日はすごくいい天気だったし、一日中太陽の下にいたので、顔と腕が真っ赤に日焼けしてしまった。天気のいい日には車の上を開けて走ってるので、もうベースになる日焼けがあるから大丈夫!なんて思ってたのが大間違いだった(笑)。左腕も時計の跡がくっきりと残ってるし、顔もまだヒリヒリしてる。あー、今度の日曜は7月4日のパーティーだというのに、その頃皮が剥けちゃったりしてたら困るなぁ。アジア人は日焼けに強いと思ってたんだけど、これからはちゃんと少しはサンブロックを塗っていかなきゃな。

昨日はTomやBettyたちと、あるバーのストリートパーティーに行ってきた。オーナーを知ってるもんで、ゲストリストに名前が載ってて無料で入れたのはラッキー。この日は様々なバンドをゲストに呼んでるらしかったんだけど、あまりストリートパーティーでの音楽には興味がない僕は、ふーんそうって感じだけで、太陽の下ぐびぐび飲んでるだけだったんだよね。でも最初のバンドが登場したときに、その考えを根底から覆されてしまった。Afrodisiacsっていうバンドなんだけど、文字通りアフロのかつらを被ったり70年代のファッションで、70年代のディスコ音楽を演奏してたんだけど、これがもういいのなんのって。Monkey Townとか、Dancing Queenとか、もうパーティー会場はノリノリの極致。僕の大好きな映画Greaseからも何曲か歌ってくれて、やっぱり他のみんなも好きな曲だったらしく、ものすごい歓声だった。ステージのすぐ脇にいたんだけど、もう自然に体が動いちゃうんだよね。とにかくストリートパーティーであんなに興奮したのは初めて!

Afrodisiacsの演奏が終わった後、バーのオーナーが何人かプライベートな場所に連れて行って、バンドのメンバーに紹介してくれたりした。それとその日のMCを勤める、テレビシリーズ『Queer Eye For The Straight Guy』のFab Fiveの一人Jai Rodriguezにも会わせてくれた。この番組はほんの数回しか見たことがなくて彼のことは全然覚えてなかったんだけど(笑)、彼は舞台『Rent』のAngel役をやったことがあるそうな。この後彼も唄ったらしいんだけど、僕はかなり飲んでたし疲れ果てていたので家に帰っちゃって、残念ながらパフォーマンスを見ることはできなかった。

いやはや充実した一日だった。でも焼けすぎた肌の手入れをしなければ…(泣)。

■2004/06/22 (火) 日本人ポトラック

こないだの日曜日、会社の同僚の結婚式でSalish Lodgeに行ってきた。ここはテレビシリーズ『ツイン・ピークス』の滝で有名な場所で、僕も滝には何度も行ったことはあったんだけど、このSalish Lodgeに入るのは初めてなんだよね。ものすごくいい天気で、崖っぷちのテラスでの結婚式。花嫁さんが誓いの言葉を言うときに涙で声が詰まってたのを見て、なんとなくこっちも感動じぃん。とても爽やかでいい式だったし、その後の料理も想像以上に美味しかったし、一緒のテーブルになった人たちとも話が弾んだりして、本当にいい時間を過ごせた。お幸せにね。今度またどっか一緒に食べに行こうね。

さてその結婚式のすぐ後は、シアトルの日本人BBSで知り合った人たちとポトラックパーティー。記録破りの暑さのこの日、車をオープンにして走ってるともう顔がじりじりと焼けてるのがわかる。Yちゃんのアパートにみんなで集まって、メニューは焼肉、Yちゃんの作ったトマト煮と豆の料理、HとMちゃんが作ってきたインドネシアのチャーハン(なんて言うんだっけ? なんとかレン? なんか「レン」っていうのが「蓮」に思えて、ちょっと宗教がかって聞こえるよねとかTちゃんと言ってた(笑))、あとNさんの旦那さんの作った本格的中華風ヌードルみたいなヤツとか、もうこれでもかってくらい料理があって感動。結婚式の料理がまだ腹にあるにも関わらず、たくさん食べてしまった。

話は今度日本で結婚するKちゃんの話とか(もう話題の中心だったぞ~!)、ピンクなAさんの話とか、今までとは違うタイプのYちゃんの話とか、なんかいない人の話題でばかり盛り上がってた気がする。それとH&Mコンビの新生児とNさんの子供もいたから、出産時のエピソードとかも聞いて楽しかったし。やっぱり日本人連中でこういう風に集まってワイワイできるのって、本当にいい気持ち。みんな本当にいい人たちばかりで、楽しいし、話も尽きない。シアトルまで来てこんな人たちと出会うことができたってのは本当にラッキーだと思う。みんな、これからもよろしくねー。

■2004/06/02 (水) バンクーバー

久々のバンクーバーは結構楽しかった。残念なことに雨が降ってたんだけど、ロブソン通りでショッピングも楽しんだし(シャツを3枚買っちった)、ホテルも改装直後らしくかなりキレイな場所だったし、レストランもなかなか楽しめたし。

バンクーバーってなんか惹きつけられるものがあるんだよな。住みたいとは思わないんだけど、ちょくちょく行きたいと思わせるような魅力があって、シアトル人は特に頻繁に行くみたい。なんでなんだろう。別に特にキレイな場所があるわけでもないし、素晴らしいショッピングエリアがあるわけでもない。“雰囲気”としか言いようがないんだよな、これが。今回の旅行でもシアトルでの知り合いに何度も会ったのが笑えた。ご近所のSaikoさんも同じ時にバンクーバーに行ってたことを日記で知ってビックリ。向こうでバッタリ会ったりしたら大爆笑だったろうね。

さて期待していたレストランのLumiereだけど、後で詳しくレストランのセクションに書くと思うけど、かなり満足のいく食事だった。食材や雰囲気、サービスもすべてが超一流。でもなんでだろう、ちょっと期待しすぎてたのかもしれないけど、少しだけオリジナリティに乏しいような気がした。確かに美味しさはトップレベルなんだけど、「これは!!」と思うような一品がなかったような気が。また今度行って別のメニューを注文してみてから、最終的な判断を下そうと思ってるけど。でもキール・ロワイヤルが$25ってのはどうかと思うぞ。レシート見てショック・ビッグ・ラージだったもん(笑)。

あー、まだ僕の中の旅行の虫がムズムズしてる。今年はもう忙しいからあまり大きな休暇は取れないけど、今度はどこに行こうかなぁ…。
[PR]
by alexsea | 2004-06-01 00:00 | 過去日記