From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>るうこさん お久..
by alexsea at 14:08
お久しぶりです♪日食です..
by るうこ at 12:53
>FIELDSATAN ..
by alexsea at 00:35
おお、シアトルでも見られ..
by FIELDSATAN at 22:49
>amyさん お久..
by alexsea at 12:27
以前の記事
2017年 10月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


<   2007年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧
へー! Microsoft Surface
d0113429_153976.jpg

Microsoft Surfaceなるものが今夜発表されたらしい。このリンクに行って、ぜひビデオを見てみてくだせーまし。

まーいわゆるテーブル型コンピュータなんだけど、タッチセンサーによって指だけで色々なことができる。でもこれだけのことなら他の人も考えてた。画面上の写真を指で自由自在に動かしたり、二本の指を使って写真を拡大縮小したりとか。AppleのiPhoneも同じようなインターフェースがあるし、AdobeもTEDで同じようなインターフェースを発表したりしてた。

Microsoft Surfaceで「へー!」と唸らせてくれたのが、ワイヤレス端末との提携。MicrosoftからはZuneっていうiPodっぽいヤツが出てるけど、これをこのSurfaceの画面上に置いて、音楽のタイトルを指でつまんでZuneのところに持っていくと、それだけで音楽をZuneにアップロードできたりとか。

デジカメをSurfaceの上に置くと、中に入っている写真を自動的にダウンロードしてバサッとテーブルに置くかのように表示される。携帯電話もSurfaceの上に置いて、画面上の気に入った写真を指でつまんで持っていくと、自動的にコピーされる。

オンラインの地図で今夜のイベント情報を探し出して、好きな情報をSurfaceの上に置いた携帯電話に指でドラッグ。全ての情報を教え込むことができる。

レストランでの注文も画面上で行えるし、支払いもカードをSurface上に置くだけ。何人かで勘定を分割するときにはSurfaceの上に何枚もカードを置いて、どのアイテムをどのカードにチャージするか指でドラッグして決めるだけ。

テーブル型のコンピュータだけじゃ感動しなかったけど、携帯機器との連携を前面に押し出したことで、21世紀に生きているんだってことをすごく感じてしまった。こんなにワクワクしたのは久しぶりかも!

これがまだ一般に出回るようになるにはもうちょっとかかるかもしれないけど、誰かがまず一歩を踏み出さなきゃ普及はしない。金と影響力のあるマイクロソフトのような会社がこのプロジェクトを後押しして、一日も早くホテルやレストランで実際に使えるようになることを祈っちゃいます(ちなみにマイクロソフトじゃなくて他の会社が同じことを発表してたとしても、僕は感動してたと思うよ)。

P.S. 今年の冬にはホテルやレストランで使えるようになるらしい
[PR]
by alexsea | 2007-05-29 23:18 | 日記 | Trackback | Comments(8)
最近のDVD
NetFlixが固定課金制になってからDVDのレンタルってしたことがなかった。いつも興味のある映画はDVDを買ってたんだけど、気がついてみるとDVDのラックが一杯一杯になってる。ただ興味があるだけで買って、観て大失敗したDVDもたくさんあるし。そんなことで、「興味はあるけど買うまではいかない」映画が今はたくさんあるので、NetFlixに再加入することにした。3タイトルまで同時に手元に置いておけて月$17.99。最初にガガッと観れるだけ観て、後は月$9.99のプランにしようかと思ってる。

キューの最初の3つが届いたので早速観てみた。

d0113429_3542761.jpg"Music and Lyrics"
どこかのウェブで発見するまで、この映画のことは全然知らなかった。予告編とかやってたのかなー? 見たけど印象に残らなかったとか? ラブコメっぽい映画は大好きなんだけど、これは想像以上に良かった! Hugh Grantのあの「間」は誰にも真似できるもんじゃないし、Drew Barrymoreも今回初めていいと思った。80年代的な音楽をとても上手く使ってたし。ハッピーな気持ちになりたいときに観る映画としてピッタリって感じ。これはおススメだと思う。

d0113429_3584353.jpg"Just Like Heaven"
予告編がTVで流れているときから観たかった映画なんだけど、こういうラブコメは当たり外れが激しいから、わざわざ映画館に観にいく気にもDVDを買う気にもなれなかったんだよな。いわゆる "Ghost" のパクリというかもじりっぽいんだけど、上手い具合にアレンジしてあって、Reese Witherspoonの軽いノリも手伝って、思った以上に楽しめた。まあ何度も観る気になるかというとそうでもないんだけど、軽くハッピーになるにはお手頃な映画だと思う。相手役もなかなかいい演技してたんだけど、この人、舞台での下積みがとても長かったらしい。確かに派手な顔じゃないけど、演技的にこれから要チェックかも。

d0113429_466100.jpg"Dreamgirls"
これはすごくいいって評判だった映画なんだけど、どうしても観る気にならなかったんだよなー。NetFlixでも借りようかどうしようか迷ったくらい。でも評判になってるやつは観なきゃ!ということで借りた一品。結果から言うと、良かったことは良かったけど、評判ほどいいか~?って感じ。American Idolにも出たらしいJennifer Hudsonがこれで助演女優賞を取ったらしいけど、えー??みたいな。確かに彼女の歌唱力はスゴイ。でも表情が全然ついていってない。3人のDreamgirlsの中で一人だけ浮いてる感じ。それにストーリーもナンだしなぁ。絵はさすがに綺麗だったけど。舞台の映画化だけあって、"Chicago" のように場面転換とかがとても劇場風になってる。あー、でも僕 "Chicago" もあまり好きじゃなかったからなぁ。これは僕にとっては、一回観たらもういいやって感じの映画だった。買わなくてよかった。

キューの中の次の映画、早く届かないかなぁ。
[PR]
by alexsea | 2007-05-25 12:16 | 映画・DVD | Trackback | Comments(8)
風邪×2
d0113429_8314844.jpg

レスポンスが遅れてすみません。風邪を引いてました。っていうか、先週引いてた風邪がやっと治ったと思ったら、月曜日にまた風邪になってしまいました。

でも今回はインフルエンザっぽくて、熱が38.5℃くらいまで上がって、この状態がずーっと続いてたもんで寒くて寒くて震えてました。熱のせいで苦しくて寝ることができずに、朝6時くらいまでベッドの中でもがき回ることしきり。やっと微熱程度まで下がったので日記を書いたりしてます。……でも二週間続けて風邪って、一体何?!

なんか最近ネガティブな日記が多いな~(笑)。悪い「気」をあまり発することのないように、今度はポジティブな話題を書きたいと思っております。

でもその前にもう一個ネガティブな話題。新しい携帯が届いたんだけど、オーバーナイトで送るとの約束はどこへやら、普通便(2nd day)で今朝届きました。送ったとの報告も何もないもんだから昨日電話してみたら、「メモにはオーバーナイトで送るように書いてあるんだけど、普通便で送られたようだ。部署が違うからなぜかはわからない」とのこと。

いやー絶対最後に何かあるとは思ってたんだけどね。メモには「普通便で送るように。問い合わせがあったらオーバーナイトで送るように書いてあったと言え」と指示してあったに違いない(笑)。

でもやっと携帯が使える。嬉しい~!(←ポジティブ)
[PR]
by alexsea | 2007-05-22 16:43 | 日記 | Trackback | Comments(10)
続・新しい携帯(イライラ編)
d0113429_155099.jpg

1) 火曜日、携帯が届く
2) 充電後、嬉々としてアドレス帳を全部入力
3) 水曜日、携帯がOFFになっていることに気づく
4) ONにできないし、充電器を繋いでもウンともスンとも言わない
5) 壊れたと諦めてCingularのサポートに電話
6) Warranty(保障)セクションにまわされる
7) 買ったすぐ後のことなので、交換するためにWeb Salesセクションにまわされる
8) 木曜日、Web Salesセクションに電話
9) 会社の特別割引で買ったということで、そのセクションにまわされる
10) サポートの若い女性が、その症状だったら本体が悪いのかバッテリーが悪いのか充電器が悪いのかわからないから、テックサポートにまわすとかぬかす
11) Warrantyセクションから交換するためにここにまわされてきたことを説明
12) 「待たす」との予告もないまま3分ほど待たされる
13) 交換してもいいが、僕が古い電話を送り返すまでクレジットカードがチャージされるといわれる
14) それでいいから交換してくれと頼む
15) プロセスに24時間、送るのに2日かかると言われる
16) その間携帯がなくなるわけだから、近くのCingularストアに行って交換することはできないのかと聞く
17) 行ってもいいけど彼らが交換してくれるとは限らないと言われる
18) 交換してくれるという保証がない限り行く意味がないでしょ?と言う
19) "Then answer is NO!" と声を荒げて言われる
20) 送るのに2日かかるのは納得できない。オーバーナイトで送ってくれと頼む
21) $14.95かかると言われる
22) それを払う意志はないことを伝える
23) それだったらオーバーナイトで送ることはできないと言われる
24) スーパーバイザーに替わってくれと伝える
25) 急に声のトーンが大人しくなり、何について話すつもりですかと聞かれる
26) 3日間携帯がないのは納得できない、せめてオーバーナイトで送るべきだと伝える
27) それでも24時間のプロセスタイムがかかるから、明日携帯を受け取ることはできないと言われる
28) でも2日間待つのは3日間待つよりもいいでしょと伝える
29) ちょっと待ってくれと言われて保留にされる
30) 無料でオーバーナイトで送るようにすると言われる
31) "Thank you very much" と伝える
32) 大きなため息の後、「他に何か私にできることはありませんか」などのお決まり文句を棒読みで言われる
33) 会話終了

サポートの人たち、たらいまわしにされたけど最初の3人はそれでもよかった。特にWarrantyセクションの彼は、届いてすぐ後のこの状況にかなり同情的だった。

信じられないのが最後のビッチ。僕の言ってることを遮ってまでテックサポートにまわそうとしていたし、最後まで失礼な喋り方だった。

届いて翌日の故障。古い携帯は番号移管によって自動キャンセルされちゃったから、交換の携帯が来るまでは手元に電話がないという事実。このフラストレーション。

それなのに、なにあのため息は。ため息をつきたいのはこっちの方だよ。
[PR]
by alexsea | 2007-05-17 10:27 | 日記 | Trackback | Comments(27)
新しい携帯
d0113429_6152062.jpg

日本の人からすれば信じられないような話かもしれないけど、僕はここ3~4年ほどずっと携帯は同じものを使っていた。僕個人としては、携帯はあまり使わないんだよね、実際。だから今までも最低額のプランで、使った分だけ払うって方法をとってた。

でも母がグリーンカードを取ってこっちにずっと住むようになったことから、やっぱり母にも携帯を持っておいてもらわないと不安だと思うようになった。なにせ英語ができない母のこと。どこかで迷子にでもなったら、たまったもんじゃない。今はファミリープランで結構いいのがあるし、この機会に僕の携帯も買い換えましょうということになった。

最初はね、AppleのiPhoneが出るまで待とうかと思ってた。カッコいいし、なんてたってUI(ユーザーインターフェース)が抜群にイイ。でもよく考えてみると、僕個人が使わない機能ばっかりなんだよね。テキストメッセージとかWebアクセスとかを頻繁に使おうと思ったら、それなりにオプショナルなプランを追加しなきゃいけなくて月々の使用料が高くなっちゃうし(変なところで貧乏性な僕)、それに結構本体がデカイし。胸ポケットにならスッと入る薄さっぽいけど、パンツのポケットにはちょっと大きいかも。でも、3月くらいにもうiPhoneが出てたら衝動的に買っちゃってたかもしれない。

んで買ったのはMotorolaのKRZR。テキストメッセージはほとんどやらないし、MP3プレイヤーのように使うこともないので(アメリカでは歩くことがほとんどないから)、とにかく小さくてスタイリッシュなものを探してたんだ。KRZRはさすがに前の携帯に比べると薄くて小さくてカッコいい。青色が大好きな僕にとっては、ストライクゾーン真ん中のデザイン。これだったらポケットに入れてどこにでも持って行ける感じ。今まで携帯はあまり使わなかった僕だけど、新しいものが手に入るとなんか嬉しい(笑)。今回のプランは平日の夜9時から朝6時までと土・日は通話料がタダなので、今までよりももっと使うことになるかもしれない。でもそんなに電話かけることってあるのかな?

考えてみると、この携帯は僕がアメリカに来てから14年の間で、たった3代目。最初はモトローラのどでかいフリップ・フォン。2代目が今まで使ってたヤツ。日本の人はもっと頻繁に携帯を換えたりするんだろうなぁ。

新しい携帯って、箱に入ってくるときには傷がつかないように薄いビニールみたいなものに覆われてるじゃん? 外側のはさすがに取ったんだけど、内側のディスプレイとキーボードを保護するビニールを取る勇気がまだない。こんなところでも自分って貧乏性なんだなと思った一瞬……。
[PR]
by alexsea | 2007-05-16 14:33 | 日記 | Trackback | Comments(23)
自信
d0113429_3144742.jpg

なんかさーこの頃(っていっても随分長い間だけど)、自分に対する自信が無くなってきてる気がする。外見も、内面も。

昔は役者やってたから、ちゃんとした笑顔の作り方は知ってるつもり。でも最近その笑顔で写真に写ると、想像とのあまりのギャップに愕然としてしまう。だから最近はカメラを向けられることが怖くなってしまったほど。自分の外見に自信が持てなくなると、外に出ようという気も薄れてきてしまう。昔は友達に誘われてバーに行くのは好きだったんだけど、最近では人がたくさんいる中に行くことが憂鬱でしょうがない。時々行くカントリーダンスのできるバーでも、踊っている途中にバーにある鏡に自分の姿が映ると、目をそらしてしまう。これはかなり重症かもしれない。

内面もしかり。ずっとやってきた仕事がもう惰性になってしまっていて、でもこれを辞めたら何ができるのかと考えると、それが全くわからなかったり。っていうか、自分のやりたいこと自体がわからない状態? 心から打ち込めるものがわかれば、それに向かって突き進んで行けると思うんだけど、今の状態では八方塞がりな感じ。ここ数年ずっと探し続けてはいるんだけど、いまだに見つからないんだよなぁ。

ずっと続いているこのミッドライフ・クライシス、何かで打破しなければマジで鬱になってしまいそう。

まーとりあえずは、ジムにちゃんと通うことから始めますか(笑)。
[PR]
by alexsea | 2007-05-15 11:30 | 日記 | Trackback | Comments(27)
ロスリン教会の音の暗号
d0113429_261739.jpg

不思議つながりでもう一件。YouTubeで面白いビデオを発見した。

The Rosslyn Stave Angel - Music Cipher

映画『ダ・ヴィンチ・コード』の一番終わりで出てきたロスリン教会(Rosslyn Chapel)は、スコットランドのエディンバラ郊外のRoslinという町にあるんだけど、この教会の中にはたくさんのキューブ(立方体)があって、その表面には13種類の幾何学的模様が刻まれているんだそうな。その模様については様々な議論が交わされていたようだけど、決定的な結果は出ていなかったんだって。

でもこのビデオの作者は、この一つひとつの模様が「音」だと考えた。薄い板の上に粉を乗せて音の振動を加えると、周波数に応じてその粉が幾何学的模様を形成する。これはCymatics(サイマティクス)と呼ばれるものなんだけど、ビデオの作者はこのCymaticsによる模様とロスリン教会のキューブ模様が似ていることを発見。一つひとつの模様に、音の周波数を当てはめていったらしい。

またこの教会には "Stave Angel" という天使の彫刻もあって、この天使が持っているものが楽譜だと考えると、指は楽譜上の3つの音を示している。この3つの音は、奇しくも天使の頭上にある最初の3つのキューブの「音」と一致していたらしい。天使の指している音は、B(シ)-C(ド)-A(ラ)なんだけど、これは教会の70%のキューブのシーケンスと同じらしい。

なんだか本当に『ダ・ヴィンチ・コード』の謎解きみたいで、ワクワクしてきてしまう。

ビデオのバックグランドにはコーラスが流れてるんだけど、これも作者が作ったもので、キューブのシーケンスが元になっているらしい。「B(シ)-C(ド)-A(ラ)」というテーマが繰り返し出てくる。この作者は、今年の5月18日にロスリン教会でこの音楽のコンサートを行う予定らしい。くそー、もっと早く知っていたら飛んでったかもしれないのに(笑)。

ロスリン教会、いつか行きたい場所のリストに追加!っと。
[PR]
by alexsea | 2007-05-13 10:38 | 日記 | Trackback | Comments(6)
シンクロニシティ
d0113429_14393356.gif

やっぱりシンクロニシティ(関係のない出来事が次々と繋がって起こること。偶然の一致)があると楽しくなってしまう。

日記に吉野の天河神社に行きたいって書いて、京都の某Lさんにそのことを話してたんだけど、そしたら「天河さんといえば某Fさんだなぁ」ということを教えてもらった。

Fさんはネットで知り合った人で、日本にいるときにホームパーティーやらディズニーランドやらでお世話になった、フワフワな雰囲気がとても素敵な人。この頃全然連絡を取ってなくて、昔のホームパーティーでのビデオを見たときにどうしてるかなぁなんて思ってたんだけど、なんと彼女は天河さんエキスパートらしい! もう30回近く行ってるそうな!

んでFさんの日記にお邪魔したところ、僕が日記を書いたのと全く同じようなタイミングで、「天河さんに行きたいけどタイミングがつかめない」とのこと。これは本当に笑っちゃいました。これは絶対、揃ってお呼び出しがかかってるのかもしれない!

というわけで、もしFさんの都合がつけば一緒に行くことになるかもしれません。いやー、どういうところで、どんな風に物事が繋がるかわからないもんだねぇ。

「シンクロニシティ」で思い出したんだけど、アメリカに来るちょっと前にネットである人に知り合って、その人がスピリチュアルなことをよく知ってる人だったので、色々と教わったことがある。その中でも僕の興味を引いたのがマヤ暦に関すること。誕生日から「銀河の署名」というものがわかるんだけど、僕の銀河の署名は「赤い宇宙の地球」。これには「私は超越する力をもとにして、シンクロニシティをコントロールすることを担う」という言葉がついている。

僕の "219" という数字とのあまりにも多くのシンクロニシティも、もしかしたらこの一環なのかも。こういう不思議、好きすぎ。死ぬほど好きかも(笑)。
[PR]
by alexsea | 2007-05-10 22:56 | 日記 | Trackback | Comments(10)
墓参りということ
d0113429_8523129.jpg

9月にちょこっとだけ日本に行く予定を立ててる。メインの理由は、急に墓参りに行きたくなったから。

ふと気がついてみれば、僕の祖母が亡くなって今年で20年。母が働いていたので、子供の頃は祖母にかなり面倒を見てもらっていた。突然の死だったので祖母孝行できてなかったことが悔やまれたんだけど、亡くなる半年くらい前に三ツ矢雄二さんのミュージカルに客演させていただいたのを見せてあげられたのが、せめてもの救いかな。

何回忌かのときにはお墓参りに行ったんだけど、それ以来全然行ってなかった。「おばあちゃんならわかってくれるだろう」っていうような気持ちが心にあって、ずっとそれに甘えてたんだと思う。

でも最近『魔百合の恐怖報告』やら『永久保怪異談』やらのコミックを読んでいると、墓参りに行っていないから起こったといわれる霊障の件がわんさか!(笑) 別にそれが怖くなって行くってわけじゃないけど、こういうコミックを読んで「行きたい」っていう気になったことには意味があるように感じる。

『永久保怪異談』に出てくる「気」の専門家によると、墓参りには別の意味もあるそうな。感謝の気持ちを持って墓参りすると、その「気」がお墓に溜まって、自分にもいい影響を及ぼしてくれるんだそうな。なるほどねー。

まぁそういう二次的な要因はおいといても、20年近く墓参りしていなかったので気が咎めていたしね。今、元気で暮らしていることの感謝を、祖母と先祖の方々に伝えたいと思う。

ちなみにこの『永久保怪異談』、面白すぎ。気を使ってお酒の味を変えたりとか、雨を降らせたりとか、実話のはずなんだけどあまりにもかけ離れちゃってる。もしこれが本当だったらスゴすぎだぞ。こういう不思議モノは小さい頃から大好きだったから、色々なことを聞いてみたい気持ちでいっぱい。あーん、寺尾玲子さんとか永久保貴一さんとかと一緒に飲んでみたいー。どなたか知り合いの方、紹介していただけません?(笑) そのためだけにでも日本に帰りまーす!

国外の永住者だということでJapan Rail Passというモノが使えて、¥28,300で新幹線を含めたJR全線に7日間乗り放題なので(のぞみは除く)、墓参りに行く途中で京都と奈良にも寄っていきたいと思ってる。なんか吉野に行きたくってねー。呼ばれてるのかな? 天河神社ってとこがパワースポットらしいから行ってみたい気持ちなんだけど、なんか結構遠そうで……。
[PR]
by alexsea | 2007-05-09 17:21 | 日記 | Trackback | Comments(6)
動物占い
d0113429_4405920.gif

最近色々な人のブログのプロフィールを読んでて、「動物占い」の欄がいかに多いかに気がついた。以前すごく流行ってたのは知ってたんだけど、まさか今でもこんなに定着しているとは思いもよらなかった。もう星占いと同じようなレベルなのかねぇ。流行ってる頃には「アレでしょ? 動物占いなんて、血液型とかと一緒であてになるわけないんでしょ?」なんて思ってたんだけど、今日ふと思いついて自分の誕生日を入れて調べてみて、すげー笑っちゃった。

「ライオン」

●自分に対しても他人に対しても厳しい
うーん、確かに当たってるかもしれない。他人に求めるレベルが高いかなとは最近思ってたんだけどね。

●VIP待遇が大好き
いやー、これは本当に大好き。VIP待遇とまではいかなくても、レストランとかで顔や名前を覚えてもらえると、それだけでひどく幸せになってしまうもん。

●嫌いなことは無視されること
これは120%当たってるし。無視されることがなによりも一番嫌いデス。

●値段が高いものが好き
んー、これはちょっと違うかも。ブランドにはあまり興味ないし(ブランドを求めるものって車くらい。てもそれはサービスがいいから)、安いものがいいのは絶対だし。でもあまり安すぎて品質が悪いってのはダメ。安くて、品質もよくて、服とかだったらちょっと普通よりも一風変わってる感じのが好きかな。

●世間体を気にする
当たってるかもしれないけど、周りの意見に流されて自分を失うことはないかもしれないなぁ。

●睡眠不足と空腹は大敵!
大当たりだけど、これってみんなそうじゃないの??(笑) 空腹時には無口になって、イライラを周りにぶつけてしまいがちの僕。睡眠不足はもう問題外。1日8時間は眠らないとダメ。

●家の中ではルーズ!?
はい、すみません。外ではちゃんとしてるように見えても、部屋の中すごく散らかってます(少なくとも今は)。本棚を整理しようとして途中で力尽き、そのまま一年以上が経ってたりとか(笑)。だからウチに来ても、ベッドルームには入らないでね。

●口癖は「スゴイ」「絶対」
昔々会社の人に、『難波くんのものまねします! 「わー、すごーーい!!」』って言われたことがある(笑)。そういえばアニメやってるときにも、「絶対に!」っていうのが口癖のキャラクタだったしなぁ(これは違う)。


動物占い、あなどれません。
[PR]
by alexsea | 2007-05-04 13:04 | 日記 | Trackback | Comments(11)