「ほっ」と。キャンペーン

From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
Alexさん、お久しぶり..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 21:23
昭和後期こどもの歴史研究..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 23:29
>亜紀ちゃん 最近..
by alexsea at 05:31
素敵な夏の週末だね〜(^..
by 亜紀 at 11:26
>昭和後期こどもの歴史研..
by alexsea at 14:38
以前の記事
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


<   2007年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
今年のコンサート
d0113429_518854.jpg

今週末がウチのコーラスのホリデーコンサートのスタートということで、今週一週間は"Hell Week"。月曜日は舞台上の細かな動きを設定するテクニカル・リハーサル、火曜日はドレス・リハーサル(いわゆるゲネプロ?)、土曜日がEverettでコンサート、日曜日がSeattleのBenaroya Hallでコンサートのスタート。でもあまりにも僕達シンガーが準備できてないってことで、木曜日にはエクストラ・リハーサルが追加されてしまった(泣)。

いやー、ホントにまずいっすよ。昨日のドレス・リハーサルで、いかに僕達がまだ曲や歌詞を覚えられてないかってことが明らかになっちゃった感じ。楽譜を見ながら唄ってるときには「もう大丈夫だな」とか思っちゃうんだけど、楽譜から離れるととたんに、どの曲のどのパートがハチャメチャだとかが浮き彫りになってくる。ある曲なんかは、みんな歌詞を覚えてないもんだから、最初から最後までモゴモゴだったし。

でも! この危機感を全員が感じたことに意味がある。これからコーラス全体が必死になって、今週末の本番に備えて勉強することだと思う。全部で9回あるコンサート、せっかくお客さんがお金を払って来てくれるんだから、生半可なものを見せるわけにはいかない!

レパートリーは、最初はなーんかちょっといつもに比べて甘い感じ?なんて思ってたんだけど、全体を通してみてみるとなかなかに仕上がってると思う。今回はBarbershop的な曲が多いから、そういうのが好きな人にはたまらないコンサートだと思う。映画『Home Alone』の中で流れていた "Merry Christmas, Merry Christmas" から始まって、"I 'Saw' Three Ships" ではノコギリをバイオリンの弓で弾いてメロディを奏でるミュージシャンが登場するし、"Be A Santa" ではコーラスの何人かがサンタになった経験を語るし、"Teddy Bear's Christmas" では様々なスタイルのテディ・ベアのクリスマスを、コーラス全体が熊耳をつけてお届けしちゃいます(笑)。

でもなんといっても見所はアンコールの曲かもしれない。超有名なクリスマス・ソングを、コーラス・ディレクターが特別に「Westminster Chorus風に」とアレンジャーに頼んで作ってもらった曲。ハーモニーも最高だけど、これについたコリオグラフィーもスゴイ。Westminster Chorusのビデオはココにあるので、ぜひ観てみてください。こんな感じでクリスマス・ソングを唄っちゃいます。

来てもらう全ての人に楽しんでもらえるように、頑張らなければ…!
[PR]
by alexsea | 2007-11-28 12:16 | 日記 | Trackback | Comments(8)
18年前の今日
d0113429_5134885.jpg

日付を見てふと気づいた。18年前の今日は、『フォトン・オフィシャル・トーナメント '89』のファイナルラウンド。

フォトンとは、その頃南町田にあったゲーム施設のこと。ヘルメットやバッテリーパックなど総重量10Kgにもなる装備を身に着け、薄暗い迷路のようなフィールドの中に入り、7対7に分かれて6分30秒の間、光線銃で敵チームと撃ち合うゲーム。一般の人が入って遊ぶパブリックゲームが主体だったんだけど、チームを結成してチーム同士で戦うこともできた。そして月に一回は『オフィシャル・トーナメント』が開催されて、それでポイントを獲得。その上位16チームが11月のファイナルラウンドでアメリカ行きをかけて戦うことができる。

僕らのチームBackSlashは、当時「パソコン通信」の草分けだったASCII-Net PCSから生まれた。5月にみんなで集まって初めてフォトンをプレイして、6月にBackSlash結成。7月のラウンド5からオフィシャル・トーナメントに出場し始めた。

7人のメンバーで作戦を練るのは本当に楽しかった。ストラテジーゲームとスポーツが組み合わさった感じかな。相手チームの作戦傾向をみんなで話し合って、それに対抗するような作戦を考え出す感じ。やはりコンピュータ・ゲームが好きな連中が揃ったせいか、ファイナルラウンドの前のオフィシャル・トーナメントには4回しか出場していないのに、ファイナルに出場するには十分なポイント数は獲得できたし、強豪チームからも一目おかれるくらいのチームになってたんだと思う。「ポッと出」のチームだってことで、たぶん古参チームからは煙たがられていたかもしれないけど(笑)。

ファイナルラウンドのことは、今から考えても夢のような感じ。素晴らしいくじ引き結果から始まって、「二強」の一つと呼ばれたチームを途中で破り、最後の決勝戦では苦手中の苦手チームに当たって、最初のラウンドは敗れたものの次の2ゲームを勝ち取って、BackSlashが優勝。アメリカ行きが決定したんだった。

ゲームのことはかなりはっきりと覚えてるんだけど、優勝した後のことは本当にぼんやりとしか覚えていない。ハチャメチャなパーティーの後、賞品の山を抱えて近くのすかいらーくに行ったことは記憶にあるんだけど、ゲームの疲労感からか、優勝であまりにも舞い上がりすぎたせいか、その頃のことは全然覚えていない。まぁもう18年も前のことだしね。

フォトンで何がすごかったかっていうと、今までスポーツ関連は大嫌いで、それもチームゲームは不得意中の不得意だった僕が、初めて人と競える腕を持てたこと。それと同じチームの仲間と笑ったり泣いたり、作戦を立てたり練習したり、素晴らしい時間を過ごせたこと。あんな風に「チーム」ということを体感できたのって、フォトンが最初のことだと思う。チーム編成でもめて悲しくなったりしたこともあったけど、「青春してるなー」って自分で思えるほど幸せな日々だった。

あの時ほど心を傾けられるものには、残念ながらまだ出会えていない。

(フォトンのことはずっと前にここに書いたりしました)
[PR]
by alexsea | 2007-11-26 13:19 | 日記 | Trackback | Comments(6)