From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
Alexさん、お久しぶり..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 21:23
昭和後期こどもの歴史研究..
by 昭和後期こどもの歴史研究会 at 23:29
>亜紀ちゃん 最近..
by alexsea at 05:31
素敵な夏の週末だね〜(^..
by 亜紀 at 11:26
>昭和後期こどもの歴史研..
by alexsea at 14:38
以前の記事
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


<   2010年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Bite of Seattle 2010
シアトルの夏といえば "Bite of Seattle"。シアトル近辺のレストランがシアトル・センターに集まる、美味しい食べ物や音楽でいっぱいの週末。僕にとっては毎年欠かせないイベントだ。

今年も例年に続いて、"The Alley" からスタート。これは僕が尊敬するシェフ Tom Douglas が監督している場所で、シアトルのいくつかのレストランがそれぞれ小さなコースを提供して、$10で皿いっぱいの食事ができる場所。

11時にオープンするんだけど、10:50くらいに行ってみてビックリ。もうかなり長い行列ができてる! 今まではこんなことはなかったんだけど、今年はかなり宣伝したのかなぁ? 例年ならば11時前に着けば並ばずに入れて、出る頃には大行列になってるんだけど。

d0113429_4595528.jpg

20分ほど並んで$10を払い、カフェテリア方式でそれぞれのレストランから一つひとつ食べ物を皿の上に載せてもらう。Tom DoulasのレストランPalace Kitchenでは、ポーク&シュリンプ・ソーセージを提供。特殊な木でスモークしながら焼いてるみたい。見るからに美味しそー!

d0113429_4595918.jpg

一つひとつの店からは少しずつなんだけど、それを全部集めると結構な量になる。やっぱりダントツに美味しかったのはPalace Kitchenのソーセージと、コーンとミントのサラダ。二番手はDaily Grillのステーキ・スライダー(ミニ・ハンバーガー)かな。他のコースも全て美味しかったんだけど、なんとなく甘い料理が多かったのが気になった。最後にはお腹もふくれて、すごく満足できたけどね。

d0113429_50442.jpg

それでもちょっとまだ食べられそうだったので、今度は他の店でチキンの串焼きを注文。これがねー、東南アジア風な味付けで本当に美味しかった!

d0113429_5099.jpg

やっぱりこの Alley で食事すると、シアトルにも夏が来た!って感じられるなぁ。今朝は最初は曇りで肌寒かったんだけど、Bite of Seattle にいるうちに青空が広がってきて、最後には快晴になったし。

このイベント、もちろん食べ物がメインなんだけど、それ以外にも色々なショップが出たり生バンドの演奏があったりして、客を飽きさせない。ゆっくり楽しもうと思えば、何時間でも飽きずにいられる場所だと思う。来月の中ごろには Edmonds という町で同じようなイベントが開催される予定なので、もうちゃんとスケジュールを入れてある。短いシアトルの夏を目いっぱい楽しまなければ!
[PR]
by alexsea | 2010-07-17 13:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)
ファイル関係
d0113429_1385019.jpg

先日ネットで注文した WD TV Live Plus が届いた。これはいわゆる「メディアプレイヤー」で、これをTVにつなげて、USBかネット経由でビデオファイルや画像・音楽ファイルを再生することができる。一階のテレビ室にはこの古いバージョンがもうつながっていて、USBハードドライブには今までハンディカムで撮った全てのビデオとか、VHSで保存してあった昔の番組とかのファイルが入っていて、いつでも見られるようになってて重宝してた。僕のベッドルームにも欲しくなって、新しいバージョンを買ったというわけ。

今回買ったものはイーサネット・ケーブルでネットにつなげることができて、そこから僕のメインコンピュータ上のビデオ/画像/音楽ファイルを読むことができる上、インターネットからNetflixやYoutubeのビデオファイルを再生することができるという優れもの。これでNetflix上の映画も、ずっとコンピュータの前に座って見るんじゃなくて、ゆっくりとソファで見ることができる。これは嬉しい。

ハンディカムで撮りためていたビデオたちも、一度コンピュータで取り込んでデジタル化しさえすれば、もう劣化する心配がない。DVDのメディアとかも寿命があるらしいから、ハードドライブに置いておくのが一番安全なのかもしれない。もちろんバックアップは絶対に必要だけど。

それにしても便利な世の中になったもんだ。これからはどんどんメディア・レスの時代になっていく。後は、ハードディスクとかの大容量記憶装置や、ネット上のクラウドにアクセスするスピードの改善が必要だよなぁ。一つのビデオファイルをハードディスクにコピーするのに10分もかかってたんじゃナンだし、写真のファイルをネット上でシェアできるのと同じように、大きなビデオファイルでも簡単にネットに置くことができるようにならなきゃだよな。でもそうなるとインターネットのインフラストラクチャを変えなきゃいけないから、あと5~10年はかかるかなぁ。

画像や音楽、ビデオはもうファイルとして簡単に扱うことができる。次はなんだろう? SF映画にあったように、人間の体験そのものを記録して再生できるなんていう時代も、いつかはくるのかもしれないな。
[PR]
by alexsea | 2010-07-17 09:38 | 日記 | Trackback | Comments(2)
シアトルの夏
d0113429_3473716.jpg

7月5日まで凍えるような寒さだったシアトル、6日からようやく夏が訪れ、ここ数日は記録破りの暑さになってる。5日までは「夏はいったいどこなんだ??」って言ってた人たちが、最近は「いくらなんでも暑すぎる!!」って不満タラタラ。シアトルに住む人は温度の許容範囲が狭いのかもしれない(笑)。

今朝、なにか花火が上がるような音がしてるなと思って外を見てみると、ユニオン湖に二船の帆掛け船が出ていて、大砲を撃ち合っているみたい。これは今までにも何度か見たことがあるんだけど、どうやらこれは『木造ボートフェスティバル』の一環で、観光客のために「バトル・セイル」をやっているらしい。

青空と青い湖、それに白い帆がすごく映えてとても綺麗。こんな日には、シアトルに住んでいて本当によかったと思う。そりゃ夏以外の季節は曇りや雨の日が多くて、それでイヤになってシアトルを逃げるように飛び出す人も少なくないと聞くけれど、やっぱりシアトルの真価を知るには夏を味わわなきゃ!

というわけでみなさん、シアトルには夏にお越しくださいまし。
[PR]
by alexsea | 2010-07-10 11:47 | 日記 | Trackback | Comments(2)
独立記念日とメキシコシティと
d0113429_1444032.jpg


僕にとって14回目の独立記念日パーティーも終わり、ホッと一息。7月だというのに寒くて、半袖で花火を見ていたら風邪を引きそうになってしまった。でも花火自体は、今までの中で一番よかったかな。音楽ともピッタリ合ってたし、クラゲみたいにフワフワと上に行ったり下に行ったりする花火も面白かったし。それに今回のゲストはすごくよかった。トラブルも全くなく、みんなフレンドリーで心からパーティーを楽しんでるみたいだった。

今までの花火の大スポンサーが降りてしまったので、今年の花火は寄付金で賄われた。できれば来年もちゃんと花火のお金が集まるといいなぁ。花火がなかったら、パーティーをやる意味も半減しちゃうから。

メキシコシティの旅行記、アップしました~。「メキシコシティ2010: 到着 (Day 1)」から "< 前のページ" を辿ると時系列的にいきます。
[PR]
by alexsea | 2010-07-06 22:04 | 日記 | Trackback | Comments(0)
霊能な夢
夢の中で僕は霊能者の寺尾玲子さんと、彼女の仕事を漫画に描く山本まゆりさんと一緒にいた。なんでそういう状況になったのかはわからない。霊能者の人の仕事にすごく興味があったので、今度どこかに霊能の仕事をしに行くときには、一緒に行って見学させてもらっちゃダメですかと山本まゆりさんに尋ねると、それは勘弁してと断られる。あーやっぱそうだよなーと落胆してた。

でも場面は変わって、なぜかその二人ともう一人の外国人霊能者の人と一緒にいる。その仕事はその外国人霊能者の特別な力がなければ難しいものだったらしい。仕事を終えた後、その外国人霊能者は「私はもう行かなければならないけど、もしこういう事態になったときのために君に力を授けよう」と、額をくっつけてきて何か力を入れているようだった。

それが終わって建物の窓から外を見てみると、薄暗い風景の中、小さな家々が赤や黄色や様々な色にボーッと光っているのが見えた。色はその場所の霊的な強さを表しているんだよと教えられる。これが霊能者の視る世界なのか!って感動してた。

寺尾玲子さんたちに、これから足手まといにならないようにお手伝いしますと言った後、みんなでその場を離れることにする。途中誰かが立っているのを見たんだけど、それは生きた人間じゃないと教えられる。僕には普通の人にしか見えなかった。力を与えられると責任も増すので、こういうことも経験を積んでわかるようにならなきゃなって思った。

……ところで目が覚めた。


普通だったら幽霊なんて恐くてしょうがないのに、夢の中では全然恐がってなかったのが不思議。逆に、頑張って足をひっぱらないようにしないと!って使命感に溢れてた。

ちょっと面白い夢だったので書き留めておきます。あー、でも一度寺尾玲子さんとか漫画家の永久保貴一さんと会って、そういう世界の話を聞いてみたいなぁ。
[PR]
by alexsea | 2010-07-03 10:25 | 夢日記 | Trackback | Comments(4)
メキシコシティ2010: 帰国 (Day 7)
 朝、二日酔いの症状が全くなくてビックリ。昨日眠りにつく前に一錠飲んだアスピリンが効いたかな。

 今日はチェックアウトして、午後2時過ぎには空港に向けて出発しなければならない。ランチを食べにみんなでコンデサ地区に繰り出し、ちょっと良さそげな店をみつけて入る。僕はビールに、裂いた豚肉のタコス。可もなく不可もなくといった味で、ちょっとガッカリだったかな。

d0113429_1354546.jpg
裂いた豚肉のタコス

 空港にホテルの車で行って、シアトルまでのフライトにチェックイン。その後は免税店でテキーラを買って、底をついていたコロンとフェース・ローションも買ってしまう。フライトは順調だったんだけど、乗り継ぎのLAの空港で、シアトル行きのターミナルのセキュリティ・ラインがすごいことになってる! 長蛇の列もいいところで、溢れた人々はターミナルの外までずーっと並んでる。こんなんじゃセキュリティを通り抜けるのに一時間以上かかっちゃうよ。

 幸い今回はファーストクラスだったので、ファーストクラスとMVPメンバー専用の入り口から列に入ろうとすると、ユニフォームを着た黒人の姉ちゃんが、「あんたたち、外から並ばなきゃダメ!」とか言ってくる。僕らはファーストクラスだと言ってるのに、聞く耳を持たないみたい。これじゃらちが明かないということで他の空港職員に相談すると、やっぱり僕らはちゃんとそのファーストクラス専用の入り口から入れるらしい。その人が黒人の姉ちゃんに何か言うと、彼女は謝りもせずにここから入れと言ってくる。その後外で並んでいる人々に、ファーストクラスとMVPメンバーは入ってこいと叫んでるし。なんだかなぁ。頼むからちゃんと仕事してくださいよー。

 トラブルといえばそのくらいで、あとはシアトルまで順調なフライトだった。シアトル到着は午後11時半頃で、結局家に帰りついたのは夜中の12時半をまわってからだった。

 今回の旅行、観光スケジュールが結構きつきつで大変だったけど、一緒に行動した人たちのお蔭で今までで5本の指に入る素晴らしいものになった。そりゃ一人で観光地を見てまわるのも楽しいけど、やっぱりこういう同行者や地元の人たちとの交流が、旅行の経験をより一層素晴らしいものにするんだよね。今回はお隣さんの友達サークルに入ることができて本当によかった。いい人たちだったし、みんなリッチな人たちばかりだったので、自分も頑張らなきゃ!って励みになったし。それにスペイン語って結構楽しそうだ。ラテンアメリカでは広く使われているし、これから役に立つかもしれないから、ちょっと学んでみようかな。

 なんだか色々とモティベーショナルな旅になって、よかったよかった。
[PR]
by alexsea | 2010-07-01 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(6)