From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>るうこさん お久..
by alexsea at 14:08
お久しぶりです♪日食です..
by るうこ at 12:53
>FIELDSATAN ..
by alexsea at 00:35
おお、シアトルでも見られ..
by FIELDSATAN at 22:49
>amyさん お久..
by alexsea at 12:27
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


<   2011年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Spotted Lake (スポッテッド・レイク)
d0113429_17151728.jpg

またまた行きたい場所が見つかってしまった。その名はSpotted Lake。ウェブで「変な風景」を集めたサイトを発見して、そこに載っていたのがこの場所。

冬には水で全部覆われてしまう湖なんだけど、夏になるとその外側の水が干上がって、ミネラル色の水が溜まった池がたくさん出現するらしい。とても変で不気味な景色。この写真には人が歩いてるけど、ここは私有地なので一般人が立ち入ることはできないらしい。でも道路からその景色を見ることができるみたい。Google Mapsでもちゃんとその姿を確認することができる。

これ、家から車で5時間ちょっとのところなんだよなぁ。そんなに近くもないけど、飛行機で行かなきゃならないほど遠くでもない。ひょっとしたら、近日中にフラッと行っちゃうかもしれない。近くのOsoyoosという街も、ワイナリーが結構あったりして1、2泊くらいしたら楽しめそうだな。

ウェブサーフしてると、こういう行きたい場所が後から後から出てきて困ってしまうぞ。


[追記]
他にも「妙な景色」で行きたい場所がたくさんあるので、覚え書きしておこうと思う。他にも僕の好きそうな(笑)不気味な風景の場所をご存じの方、ぜひ教えていただけるとありがたいです。

d0113429_10462471.jpg
Mono Lake, California

Mono Lakeはヨセミテ国立公園にほど近い湖で、ミネラルが析出していて、なんともいえない地獄的な風景を作り出している場所。

d0113429_10463369.jpg
Lake Berryessa (Monticello Dam), California

これはLake BerryessaにあるSpillwayと呼ばれる穴。ダムに溜まった過剰な水を排出する機能がある。なぜか不安を誘う風景。

d0113429_10464482.jpg
Fly Ranch Geyser, Nevada

ネバダ州にある間欠泉。様々なミネラルのため不気味な色に輝いている。

d0113429_10465223.jpg
The Wave, Arizona

これは昔からずっと行ってみたい場所。アリゾナのWaveと呼ばれる場所。過度の観光客を防ぐために、ここを訪れるためには、かなり前から予約を入れておかなければならないらしい。

d0113429_1047038.jpg
Embalse de Los Bermejales, Spain

スペインにある湖に立つ塔。

d0113429_1047790.jpg
Dragon Blood Tree, Socotra, Yemen

イエメンのSocortaという島にある、奇妙な形の木々。

d0113429_9451646.jpg
Mima Mounds, Washington

我がワシントン州にある、マイマ・マウンズ。

d0113429_1042429.jpg
Marfa Lights, Texas

テキサス州Marfaで見られる、一種の鬼火現象。

d0113429_1575323.jpg
Abandoned Mill, Sorrento, Italy

イタリアのソレントにある製粉所の遺跡。40°37'30.06"N, 14°22'35.29"E
[PR]
by alexsea | 2011-09-27 01:15 | 日記 | Trackback | Comments(4)
バイファム
d0113429_17104769.jpg

なんとなく思いついて、『銀河漂流バイファム』のDVDを観てみることにした。最初の何話かだけちょっと観ようと思ってたんだけど、始めたらなんだか止まらなくなってしまって、週末にシリーズ前半を全部観ることになってしまった。こんな風にシリーズを最初からずっと通しで観るっての、もしかしたら初めてかもしれない。

作品に関わった人間がこんなこと言うのはなんだけど、あらためてよくできた作品だったなって思った。子供同士の打ち解け方とか、一人ひとりの成長の様子、葛藤なんかがよく表現されていて、その世界に引き込まれてしまう感じだった。キャラクター一人ひとりの個性が輝いていて、彼らがどんどん困難を突破していくのを観るのはとても楽しい。僕も完全に観客の一人となってたもん。あの頃はあまり気に留めなかった、作品中の子供たちの「成長」というものも、この歳になるとはっきり見えてきた気がする。

オープニングテーマを観ているときに、昔渋谷のエピキュラスであったバイファムの第一話上映会のことを思い出してた。僕としてはそんな感じのイベントは初めてで緊張してたけど、バイファムのトレーナーを貰えてすごく嬉しかったっけ。確かTAOの生演奏とかもあったんじゃなかったかな。なんだかそんな昔のことを考えていたら、「あの頃は二度と戻ってこない」ってことが心にのしかかってきて、軽いパニック・アタックのような感じで、ちょっと息苦しくなっちゃったりした。そういえばあの頃は、後先も考えずに、なんでも一所懸命にやってたよなぁ。なんだか十代の頃の自分が、ちょっとまぶしく思えたりした。後ろ向きかな?(笑)

さあ、彼らはやっとタウト星に着いたところ。ストーリーも結構忘れちゃってるから、これからの彼らの冒険が楽しみだ!
[PR]
by alexsea | 2011-09-12 01:43 | 日記 | Trackback | Comments(14)
ホームビデオ
d0113429_129133.jpg


1991年に初めてビデオカメラを買ってから、主な旅行はもちろんのこと、ちょっとしたイベントなんかにも持って行って、ビデオの撮影をすることが僕の趣味になっている。

最初にビデオカメラに興味を持ったのは、フォトンのアメリカ遠征で、友達のELRICがハンディカムを持ってきてたときかな。今のビデオカメラに比べるとその頃のは二回りくらい大きかったんだけど、それでも個人がビデオカメラでホームビデオを撮影できるっていうのは、スゴイことに感じた。

その頃は確かソニー陣営のVideo8と、VHS陣営のVHS-Cのビデオカメラが対峙していた時代だったと思う。僕としてはVHSの画像の悪さはわかっていたし、一つのカセットで20分から40分しか撮影できないというのも、僕にとっては大きなネックの一つだった。カセット自体も大きかったし。だからELRICのハンディカムを見せてもらったときに、これなら!って気になっていた。

僕が初めてビデオカメラを買うことになったのは、SONYがHi8のハンディカムを発売したときのこと。最初の機種はCCD-TR705。普通のVideo8に比べて、Hi8の画像の綺麗さは歴然としていたことを覚えてる。それから手振れ補正が効くようになったCCD-TR900を買って、それでかなり長い間ビデオを撮ってた。光学式手振れ補正も素晴らしかったし、画像もとても綺麗だった。手を抜いてないなっていう感じがビシバシ伝わってくるような製品作りだった。結局Hi8のフォーマットは1991~1998年の間、とてもお世話になった。

DV(デジタルビデオ)のビデオカメラが出始めてからは、DCR-TRV9に続いてDCR-PC100というビデオカメラを購入。どちらも手振れ補正が電子式になってしまったのでガッカリ。光学式の手振れ補正は筐体が大きくなりがちだとはいえ、電子式は手抜きのような気がしてならなかった。でもさすがデジタル、画像の綺麗さには感動した記憶がある。1998~2009年まで、旅行に行くときにはずっとDVカメラを愛用していた。

2009年からは今使っているHDR-CX520V。このカメラはフルHDなので、画像の綺麗さは今までとは比べ物にならない。今までのビデオが子供だましに見えてしまうほど。内蔵メモリーに記録する方式なので、筐体もとても小さいし。かなり気に入ってたんだけど、あまりワイドに景色を撮ることができないので、次にSONYが新しいハンディカムを発表したら、それに買い替えようと思ってる。

写真と違い、動きや音も記録するビデオ。昔のビデオを見ると、その時の温度や匂いまで蘇ってくるような臨場感がある。昔の旅行のことをよく覚えていられるってのも、時々ビデオを見ているからなんだろうな。

ホームビデオの面白さをかなり早いうちに気づいて本当によかったと思うけど、惜しむらくは僕の最初の海外旅行や、卒業旅行のビデオがないってこと。特に卒業旅行の時点では、ハンディカムのようなビデオカメラももう発売されていたと思うので、無理してでも買って持っていけばよかったなぁと後悔。ビデオがあったらかなり楽しかっただろうにな。

ブラジルのレンソイスのビデオをYouTubeにアップしたときに、それがどんなに簡単かっていうのにビックリした。リミットは15分と決まってはいるものの、もしかしたら昔の旅行の面白い場面も、これからアップロードするかもしれない。


今日2.5TBのハードディスクが届いた。今までのホームビデオ+写真などで1TBのドライブがいっぱいになってしまったため。今コピーしてるんだけど、コピー終了まであと10時間ってどうよ??(笑) 早くUSB3.0かサンダーボルトが主流になって、転送速度が上がりますように~!
[PR]
by alexsea | 2011-09-07 21:03 | エッセイ | Trackback | Comments(0)
突然の出費
d0113429_428798.jpg


ブラジルから帰ってきた翌日、なんとなく上の前歯に妙な感触があった。まるで何かにぶつけたかのように、ちょっと敏感になってる感じ。時間が経つとそれがだんだん激しくなって、鈍い痛みが常駐しているようになってしまった。痛みは鼻の穴の裏側の方まで広がってる感じだし。外からは見えないけど、これは内部で炎症を起こしてるんじゃないかなぁ……。

そんなに激しい痛みじゃないんだけど、ずっとそこにあるというのはイヤなものなので、月曜日に歯医者に電話して診てもらうことにした。レントゲンを撮ると、やっぱり歯の上の内部で炎症を起こしているらしい。随分前からの差し歯なんだけど、そこから菌がだんだん漏れてこんなことになってしまっているみたい。その歯医者のすぐ近くのRoot Canal専門の歯医者で診てもらうと、すぐにでも差し歯をやり直した方がいいらしい。スケジュールが開いているらしかったので、痛んでいる方の前歯を一本、裏側に穴を開けて昔の根幹治療のやり直しをしてもらった。その隣の前歯は痛んではいないものの、同じような炎症がレントゲンで見られるらしいので、そっちもやり直した方がいいと言われる。

根幹治療のやり直しが一本$1300。開けた穴をちゃんと塞ぐのが$185。(1300+185)*2=2970。……いきなりの$3000近い出費ですかっ!!

あーもう落ち込み激しすぎ。まぁ旅行中にこれが起こらなかったのが不幸中の幸いだけど、それにしても突然の出費は痛すぎるよー。旅行中の出費もまだ払わなきゃいけなかったり、来月には家の税金も払わなきゃいけなかったりで、もうなんか泣きたい感じデス。こういう突然の出費にも対処できるようにしておかなければ!
[PR]
by alexsea | 2011-09-02 12:27 | 日記 | Trackback | Comments(6)