From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

プロフィールはこちら
レストラン訪問記はこちら
旅行記はこちらからどうぞ。
カテゴリ
全体
[一覧] 旅行記
旅行記
パリ生活2018
日記
夢日記
エッセイ
過去日記
映画・DVD
レストラン
検索
最新のコメント
>亜紀ちゃん あり..
by alexsea at 21:00
いよいよ最終週だね。残り..
by 亜紀 at 00:35
>るうこさん いや..
by alexsea at 04:04
うわー、今パリに住んでる..
by るうこ at 03:18
>亜紀ちゃん あり..
by alexsea at 04:50
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
ブログジャンル


ドイツ&オーストリア2017: ヴュルツブルクでフランケンワイン
まだ薄暗い7:30頃、ホテルをチェックアウト。昨日の女の子たちが、またロビーでWi-Fiを使っていた。値段の割にはいいホテルだったと思うけど、インターネットは今や必需品なんだから、部屋で使えなかったっていうのは大きなマイナスポイントだなぁ。

昨日のパン屋Brot & Zeitまで荷物を引きながら行って、そこで朝食。僕はフォカッチャにチーズと野菜を挟んだサンドイッチ。温めてくれるオプションがあったのでそれを頼んだら、パニーニ用の器具で温めてくれたのでペチャンコになってしまった。まぁそれでも美味しかったからいいんだけどね(笑)。

ローテンブルクの駅からは、たくさんの人が電車に乗りこんだ。中でも目を引いたのが高校生くらいの団体。引率している人が彼らに言っていることを聞くと、アンスバッハ経由でニュルンベルクに向かうらしい。学生たちはちょっとアクセントのある英語で喋ってる。オーストラリアからの修学旅行なのかな? 海外に修学旅行に行けるなんていいなぁ。違う文化をたっぷり体験して、視野を広げてきてくれ!

d0113429_9152870.jpg
ひっそりとした朝のローテンブルク駅。でもたくさんの人が電車に乗りこんだ

Steinach Rothenbuで乗り換え、さらに約45分電車に乗って、10:16にヴュルツブルク(Würzburg)に到着。実はプラニングの段階では、今日はシュトゥットガルト(Stuttgart)に行く予定だった。大きなクリスマスマーケットで有名な場所なんだけど、よくよく調べてみると、それ以外に観光できるものがあまりないらしい。なんとなくしっくりこなかったので、ヴュルツブルクに変更することにした。本当はフランクフルトの後に訪れたかった場所なんだけど、クリスマスマーケットが12月1日オープンとのことで、日程が合わなかったんだよね。

予約してあるHotel Poppularは駅から歩いて5分ほどの場所。まだチェックインはできなかったので、荷物だけ預かってもらった。ヴュルツブルクでの観光の目玉とも言われている、レジデンツ(Residenz)の英語ツアーが11時から始まる予定なので、そっちの方に向かうことにしよう。

レジデンツは世界遺産にも登録されている場所で、18世紀に大司教の宮殿として建てられたもの。外観はなぜかパリのルーブル美術館の建物を思い出させる。15人ほど全員アメリカ人のツアーに参加して、ガイドの説明を聞きながらあちこちの部屋を見てまわった。写真撮影禁止だったのが残念! 『階段の間』のフレスコ画は疑似3Dになっていて、端の方の人物や犬が飛び出しているように描かれていたのが面白かった。4方向に各大陸を象徴する絵が描かれてるんだけど、発見されたばかりのアメリカが野蛮な土地として描かれていたのが興味深かった。『白の間』の天井のスタッコで作られた「布」は見事だったし、『皇帝の間』の豪華さも素晴らしかった。一般人の僕でもこんなに楽しめたんだから、建築やデザインに興味のある人にはたまらない場所だろう。

1時間以上のツアーの後はお腹も空いたので、クリスマスマーケットの方向に行くことにしよう。大聖堂やノイミュンスター教会の前を通り過ぎて、マルクト広場(Marktplatz)の方に向かうと、その広場の前のOberer Marktと呼ばれる歩行者天国の広場の辺りから、マリエンカペレ(Marienkapelle)教会をぐるっと囲むような感じで、クリスマスマーケットの屋台がたくさん出ていた。まずは腹ごしらえ。常設スタンドで売られているソーセージの店の前には、かなりの長い行列ができていた。後でガイドブックにも載ってたのを見つけたんだけど、ここはBratwurst Knüpfingと呼ばれる店で、€2.20という破格の値段と美味しさで有名な場所だったらしい。僕らは長い列に並ぶのが嫌だったので、クリスマスマーケットの中を散策。すると、大きな豚肉をローストして、それを切ってパンに挟んで売っている店を発見。ポルケッタだ! 即決! 豚の脂の香りがして美味しいんだけど、ちょっとだけドライな気がするかな。シアトルのSalumiという店で、これ以上ないというくらい美味しいポルケッタを食べたことがあるので、どうしても辛口評価になってしまう。お腹がふくれた後は、近くにFeuerzangenbowleのスタンドがあったので、そこで一杯飲むことにした。これはフランクフルトでも飲んだけど、こっちの方が美味しく感じた。ラムのショットを追加したからかな?(笑)

d0113429_9153182.jpg
クリスマスマーケットの賑わい

d0113429_9153395.jpg
ポルケッタのサンドイッチはなかなか美味しかった

いつものごとく、クリスマスマーケットには夜帰って来る予定なので後回しにして、まずはアルテ・マイン橋(Alte Mainbrücke)まで行って、観光しながらホテルの方向に戻って行くことにしよう。橋に向かう途中には、小さな塔と時計や日時計のついた、可愛い市庁舎の建物があった。入口はRatskellerというレストランになってたんだけど、上の方は今でも市庁舎として機能しているんだろうか? この小さな広場からは大聖堂まで真っすぐ道が伸びていて、いかに政治と宗教が結びついていたかを物語っているかのようだった。

d0113429_9153688.jpg
市庁舎は昔ながらの可愛い建物

アルテ・マイン橋は、12体の聖人像が立ち並ぶ立派な橋。なんとなくプラハのカレル橋を連想してしまう。ここからは南にマリエンベルク要塞(Festung Marienberg)、北の丘には葡萄畑が見えて、とても気持ちのいい景色が楽しめた。マリエンベルク要塞は残念ながら冬は閉鎖中なので行くことはできないけど、あそこまで上らなくていいのかってちょっとホッとしたことも事実(笑)。

d0113429_915383.jpg
ヴュルツブルクの守護聖人・聖キリアンの向こうにはマリエンベルク要塞が見える

さて、ここから来た道を引き返しながら観光していくことにしよう。まず最初はクリスマスマーケットの隣にある教会、マリエンカペレ。入口には、リーメンシュナイダー作のアダムとイブ像のコピーが飾ってある。それにしてもリーメンシュナイダーの作品は、ドイツのどこに行っても見れる気がするな。よほど売れっ子だったんだなぁ。教会の中はさっと見ただけだったんだけど、中にもリーメンシュナイダーの作品があったらしい。

次はノイミュンスター教会(Neumünster)。ここは入ってすぐに息を呑んだ。白を基調とした内部はエレガントな装飾がしてあって、夢の世界を描いたかのような色とりどりの絵が、アーチの上にいくつも埋め込まれている。シンプルすぎることもなく、ゴテゴテしているわけでもなく、本当に「エレガント」という言葉がピッタリ。教会の内装としては、個人的に今までのトップかもしれない。

d0113429_9153946.jpg
ノイミュンスター教会の内装は個人的に大好き!

ここにもやはり、リーメンシュナイダー作の『美しいマリア像(Schöne Madonna)』が飾ってある。これもエレガントで美しかったけど、赤ん坊のキリストの顔が白目を剥いた感じに見えてしまって、ちょっと怖かった(笑)。

d0113429_9154167.jpg
リーメンシュナイダーの『美しいマリア像』。
キリストの顔がちょっと怖い気がする

次はすぐ隣の大聖堂。こんなに小さいエリアに3つも教会があるなんて、どんだけ教会好きなの?!と言いたくなるくらい(シアトルだったら、その3カ所はスターバックスになってると思う)。内部はやはり大聖堂らしく豪華なんだけど、ここもゴテゴテした感じがなくて、重鎮ながらもシンプルな感じ。教会なのに大きなメノーラが置かれていてビックリした。ハヌカが近いせいなんだと思うけど、キリスト教の教会でユダヤ教のアイテムを見るのはこれが初めてだった。

d0113429_9154599.jpg
キリスト教の大聖堂にユダヤ教のメノーラが!

立て続けに3つも教会を見学した後は、近くのカフェで休憩した後、レントゲン記念館(Röntgen-Gedächtnisstätte)に向かう。ここはX線の発見者であるヴィルヘルム・レントゲンが研究をしていた大学の実験室で、彼の実験器具や昔の実験装置なんかを見ることができる。レントゲンはこの発見によって、物理学で初めてノーベル賞を受賞したらしい。大学の一部なので近くの教室から講義の声も聞こえてきたりして、なんだか大学を見学に来てる気にもなったな。科学には小さな頃から興味があって、レントゲンのことも『発明・発見のひみつ』というコミックで読んだことを覚えてた。子供の頃の科学に対するワクワク感が蘇った感じで、ちょっと興奮してしまった。

d0113429_9154630.jpg
昔の実験器具。こういうのを見ると胸がワクワクする

さあ、今日は朝から歩き回り続けて、よく観光しました。ホテルにチェックインした後は、シャワーを浴びて昼寝することにした。今夜は20時に夕食の予約を入れてあるんだけど、それまでは完全にフリーだ。

じっくりと休んで、19時ちょっと前にホテルを出発。夕食前に、夜のクリスマスマーケットを散策することにしよう。今夜行くレストランの近くから、マルクト広場の方まで歩行者専用の道が伸びてるんだけど、そこにもズラッと出店が立ち並んでいた。Koreyはその中で帽子屋を発見。気に入った帽子を買うことができて嬉しそうだった。

d0113429_9154882.jpg
光り輝く、夜のクリスマスマーケット

やっぱり夜のクリスマスマーケットは綺麗だー! グリューワインの匂いで溢れてる。人々が食べたり飲んだりワイワイやってる笑顔を見ると、世の中に起こっている暗い出来事も、遠い世界のことのように思えてしまう。

d0113429_9155117.jpg
美味しそうな食べ物やグリューワインの香りで溢れてる

d0113429_9155580.jpg
市庁舎前から大聖堂までの道も、色とりどりで綺麗

アルテ・マイン橋からは、ライトアップされたマリエンベルク要塞が見えてとても綺麗だった。要塞の向こうにライトアップされているのは、Wallfahrtskircheと呼ばれる教会らしい。

d0113429_9155667.jpg
アルテ・マイン橋から見た夜の景色

d0113429_916162.jpg
小路がイルミネーションで華やかに

20時に予定していたレストランBürgerspital-Weinstubenに入店。ヴュルツブルクを代表するワイナリーが経営するレストランで、ものすごく忙しそうだ。フランケンワインで有名な場所なんだから、たくさんの種類のフランケンワインを飲みたい! ということで、6種類のワインをテイスティングすることができる€25のフライトを選択。食事はパンプキン・ジンジャースープに続いて、仔牛肉のミートボールを注文した。観光客がたくさん来るレストランみたいな感じがしたから、はっきり言って味はあまり期待してなかったんだけど、このスープが文句のつけどころのない味でビックリした。仔牛肉のミートボールもとても美味しかったけど、量が多すぎて半分でギブアップしてしまったのが残念。でもやっぱり、ここでのハイライトは6種類のワインだろうな。シンプルな味わいだけど、ミネラルが効いていてキリッと引き締まったワインが多く、食べ物によく合う感じ。一杯一杯性格が違うフランケンワインを楽しめたのはすごくよかった。テイスティングっていってもグラスに半分くらい注いでくれるから、6種類のワインを全部飲み切る頃には、結構いい気持になってしまっていた。うん、満足満足。ここのレストランに来てよかった!

d0113429_916471.jpg
美味しいワインと美味しい食事!

いい気持ちになった後は、歩いて5分ほどの距離のホテルまで帰って、そのままベッドに倒れ込んで寝てしまった。いい一日だった!
[PR]
by alexsea | 2017-12-05 00:00 | 旅行記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://alexsea.exblog.jp/tb/26256746
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ドイツ&オーストリア2017:... ドイツ&オーストリア2017:... >>