From Seattle, WA, USA
by Alex
プロフィール
シアトル在住のAlexです。
ソフトウェアデベロッパーをやっていましたが現在は休憩中。日本にいるときには役者をやってたりしました。歌ったり踊ったり、食べたり飲んだりが大好きです。

詳しいプロフィール
旅行記メニュー

(個人的に連絡を取りたい方は、メールアドレスの入ったメッセージを非公開コメントとして残していただけると嬉しいです)
カテゴリ
[一覧] 旅行記
日記
旅行記
エッセイ
パリ生活2018
夢日記
映画・DVD
レストラン
過去日記
以前の記事
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 03月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 06月
2022年 04月
2021年 12月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 05月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 10月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 06月
2003年 05月
2003年 04月
2003年 03月
2003年 02月
2003年 01月
2002年 12月
2002年 11月
2002年 10月
2002年 09月
2002年 08月
2002年 07月
2002年 06月
2002年 05月
2001年 03月
2001年 02月
2001年 01月
検索
ブログジャンル


草加の観光

Foxの夢を見た。どこか知らないスタジオのような屋内の場所。隣の部屋から出てきたFoxの首や背中を掻くようにしてあげると、すごく気持ち良さそうに目を細めて笑ってた。後ろ足も気持ち良さで動いてたんじゃないかな。Foxがいることに何の不思議もなく、いつものことのように接してた。Foxが死んでから、こんな風に夢に出てきたのって初めてかもしれないな。4年弱前、最後にFoxが立てなくなってしまった時に、獣医に連れて行ってお別れをしたことに罪悪感を抱いているので、夢に出てきて笑ってくれることがすごく嬉しかった。

今日は普通よりちょっと早く支度して、9時半には家を出た。初めて乗るんじゃないかと思われる東武伊勢崎線で草加まで。待ち合わせの11時にはちょっと早く着いてしまったので、駅ビルの中にあるMUJIでシャツを物色したりしてたんだけど、この間買った長袖のシャツもまだ着てない状態なので、もう少し気温が下がってから考えることにしよう。

11時に星野さんと改札で待ち合わせ。彼とはアニメ『タッチ』の収録で知り合ったから、僕が18歳の時だったかな。ひょんなことから誕生日が一緒だということがわかって(星野さんは8つ年上だけど)、それ以来お兄さんのように仲良くしてもらっていた。誕生日が来る度に思い出してたんだけど、もう会うことはないんじゃないかと思ってたんだよね。でもこの間の『タッチ』や『陽あたり良好!』の音響監督の藤山さんの誕生日パーティーで偶然に再会して、また会おうということになったわけ。今は白い髭も生やしてダンディーになった星野さんだけど、それ以外は全然変わってなかった。

ちょっとまだレストランが開く時間までには間があったので、ビルの中のベンチに座って昔話と近況報告。最後に星野さんに会ったのは僕が21歳の時だったかな。それから僕は会社に入っちゃって芸能界とはさよならしたんだけど、その頃星野さんは色々なことがあって大変だったらしい。母のことも話したんだけど、彼のお母さんも何年か前に亡くなって、その前に介護施設を探すのに大変だったという話を聞いた。僕の母はちゃんと病院に入院していられるけど、病状によっては僕もそういう施設を探さなきゃいけなかったと思うから、他人ごとではなかった。

ランチは近くの『焼肉 虎(タイガ)』へ。僕はハラミ御膳の肉大盛り(¥1,500)、星野さんはカルビ御膳の肉大盛りを注文。ハラミの美味しさは、ついこの間知ったばかり。ランチだからってこともあるけど、安いのにとても美味しくて、最高に満足できたランチだった。食べながら、『タッチ』の打ち上げ旅行で行った箱根の話なんかをしてた。懐かしいなぁ。

草加の観光_d0113429_16370248.jpg
とても美味しくてリーズナブルな焼肉ランチ!

草加の観光_d0113429_16370881.jpg
『タッチ』の打ち上げ旅行は箱根に行った

ランチの後は、食後の運動を兼ねて散歩。草加って駅前はすごく栄えててレストランもたくさんあって、でもちょっと歩くと静かな住宅街になって、すごく便利な場所だなって思った。上野までは10kmちょっとらしく、結構長いけど歩けない距離じゃないなぁなんて考えてた。

星野さんに色々と案内してもらったんだけど、『神明排水機場』の建物に僕はなぜか大興奮。僕って工場萌えする方なんだけど、こういう感じの機械が入ってるっぽい建物にも心が騒いでしまう。後で調べたら、「綾瀬川の水位上昇により伝右川への逆流の恐れがある際に、水門を閉じて伝右川の水を綾瀬川へと強制的に排水するための施設」らしい。シンプルなモダンさがFrank Lloyd Wrightの建築物を思い出させて、僕のツボにはまりまくりだった。30分くらいずっと眺めていたい感じだったもん。また行ってみたいなぁ。

草加の観光_d0113429_16371248.jpg
神明排水機場の建物に、なぜか大興奮

この近くには文化財に指定されている『甚左衛門堰』もある。これはこの辺りが水田だった時代に、その水位を調節する役目があったらしい。1983年まで実際に使用されてたっていうのには驚いた。なんかこの辺、色々と面白いものがあってスゴイ。草加ってお煎餅だけじゃなくて、観光できる街だったんだね!

草加の観光_d0113429_16371689.jpg
甚左衛門堰は1983年まで使われていたというから驚き

『札場河岸公園』には望楼という、木造のタワーがあった。星野さんいわく、ここはいつもは扉が閉ざされていて入れなかったらしいんだけど、今日は開いていたので入ってみた。一番上からは周りの景色が一望できて、とてもいい感じ。窓ガラスがなきゃもっとよかったのにな(笑)。この辺りには桜がたくさん植えられていて、桜の時期にはたくさんの人で賑わう場所らしい。とてもゆったりしていい気持ちの場所なので、ぜひ桜の時期に一度来てみたいなぁ。

草加の観光_d0113429_16372264.jpg
望楼の上からは景色が一望できる

この辺には松尾芭蕉の像とか、巨大な半円形の矢立橋とか、綺麗な綾瀬川河畔とか、本当に見どころがたくさん。予想していなかった場所なので余計に驚いた。すぐそばには交通量の多い道路があってちょっと賑やかだけど、のんびりと散歩するには素晴らしい場所だ。今度は本当にまた桜の時期に来て、綺麗な桜を見てみたいな。

草加の観光_d0113429_16372934.jpg
松尾芭蕉の像

草加の観光_d0113429_16373557.jpg
矢立橋はデカイ!

草加の観光_d0113429_16374004.jpg
橋の上でセルフィー

草加の観光_d0113429_16374750.jpg
本当に気持ちのいい散歩道

草加の観光_d0113429_16375326.jpg
綾瀬川の河畔には綺麗な彼岸花が

帰りは途中でリサイクルショップを見たりした後、駅前のビルのフードコートで人生初のタピオカドリンク体験! こんなヤングでナウなもの、実際に試してみる機会が訪れるとは思ってなかったよ。結果は……、うーん、あんまり美味しくない…。ミルクティー自体は美味しいんだけど、タピオカには大した味がついてないので、そこだけ味が空白のように感じてしまって違和感がある。それにタピオカも大きすぎ。最初のうちは、いつ口に飛び込んで来るのかとハラハラしてたよ。タピオカがもう少し小さめで、ちゃんと味がついてたら良かったかな。でもオジサン2人でタピオカティー飲んでるっていう風景が、何よりもスゴかったかも(笑)。

草加の観光_d0113429_16375893.jpg
オジサン2人でタピオカドリンク!

いやいや、本当に楽しかった。久しぶりの星野さんとじっくり話ができたのも嬉しかったし、草加をあこちこ歩いて観光できたのも楽しかった。今度はいつ会えるかわからないけど、LINEで繋がれたことだし、もう一生会えないなんてことはないかもしれない。本当にありがとうございました!

電車で帰る途中で母にLINEを入れると、コンビニで買った牛丼が食べたいらしいので、病院の下で買って温めて持っていった。もう16時過ぎだということもあってか、半額くらいになっていてラッキー。

病室に入ると、今日転んでしまったということを母から告げられた。トイレに行こうとして立ち上がるときに、下に車輪があって動くテーブルに手を置いてしまって、それが動いて地面に転んでしまったらしい。看護師を呼んでなんとか立てたらしいけど、腰が痛いんだと言う。看護師さんに貼り薬を頼んだけど、これから痛みが酷くなっていくようだったら、先生がレントゲンでも撮って判断してくれるだろう。骨に異常がないことを祈るばかりだ。

転んで気落ちしていたとはいえ、持って行った牛丼は美味しい美味しいと1/4くらい食べてくれた(ミニ版の丼物だったし)。何にしても食べられるのが一番。残りを捨ててしまうのがもったいなかったけど、僕も今から食べたら夕ご飯が食べられなくなっちゃうし、仕方ないよね。

今日は病院に行ったのが遅かったので結局45分ちょっとしかいなかったけど、家に帰ることにした。帰ってからは、いつものようにチューハイ。でも今日は歩き回ったからか、とても美味しく感じた。やっぱり運動は必要だね。

星野さんに今日のお礼のLINEを送ると、「先日の会がなければ今日もないわけで、人の縁、めぐりあわせ、思い、想い、まわって来る、かえって来るものだと、しみじみ感じました」との返事を貰った。本当にその通りだと思う。縁というものは不思議なもので、引力や重力にも似た力なのかもしれない。それにシンクロニシティが掛け合わさったら、すべての偶然は必然になってしまうのかもしれない。同じ誕生日の星野さんが、同じようなことを感じていたのがすごく嬉しかった。

夕食はしょうが焼きと肉じゃが。食事の後はちょっとテレビを見てたんだけど、なんだか疲れて眠たくなってきたので、23時には消灯した。

草加の観光_d0113429_16380897.jpg
夕飯は美味しいしょうが焼き

by alexsea | 2019-09-26 00:00 | 日記 | Comments(2)
Commented by 大宮 at 2019-09-28 19:49 x
どの要塞を目指すか

いずれもクロスバイクでいけるサイクリングコース沿いまたは近傍(フレンチバルブのチューブを推奨、内圧7気圧をキープ 往復100kmぐらいはいける)

https://00m.in/H5qVC

近くで見ると写真より遥かに巨大
http://www.ktr.mlit.go.jp/arajo/arajo00152.html

https://00m.in/APmRm

https://00m.in/P0jUM
Commented by 大宮 at 2019-09-28 20:04 x
第22話 ジェイナス応答せよ! 地球軍からの通信

https://bunshun.jp/articles/-/14366
<< 大学の仲間たち ターーイム・ショッック!! >>